もっとブログ書くぞ!!!

 

頑張ろう!

 

努力は、する!

 

 

 

 

 

最近、とある事情でギターを練習しています

 

もともとSiMはVo&Gtでスタートしているんですけどね

 

あの頃は楽器のアンサンブルとかも全然気にしてなかったし

逆に楽器と楽器のリズムがズレてるところがSiMっぽくもあり

ちゃんと弾けてるのか?よくわからないままやってました。笑

 

楽器の基礎とかも自己流だったし

 

今でも作曲時にはギター弾くんですけど、

PCソフト内でいくらでも修正できちゃう時代なので

そこまで技術って要らないんですよね。

 

極論、コード押さえて「ジャーン」って一音鳴らせれば

それをコピペして曲にできちゃうレベル。

 

 

で、久しぶりにちゃんと練習すると

 

難しいんだこれが!

 

まじすげえと思うわ。SHOW-HATE。SINくんも。

GODRiのことも改めてすげえと思った。

 

楽器できるひとってちょうすごい!(しょうがくせい)

 

 

練習頑張るぞ!

 

努力は、する!

 

 

 

 

 

 

つづきは献上ネタから。

 

 

■献上ネタ抜粋■■■■■■■■■

あたしは20年以上ライブハウスで汗かくライブが大好きで、おばちゃんなのにモッシュも大好きツーステ最高!で帰りの体力無くなるぐらいはしゃいでアザだらけになって翌日仕事行くぜ!な人間なのですが、昔っから好きになるバンド好きになるバンド、ことごとく不幸な事が起こってきました。 

活動休止、ツアー中に骨折、メンバーが薬物で逮捕、解散、脱退などなどです。 

なので好きであればあるほどあまり応援しないようにしてきました。

ライブも3回に1回ぐらいにしてグッズも買わない、CD購入はアルバムのみ。

できる限り応援してませんよスタイルで良くない事が起きないようにと自重していたのですが、ある大好きなバンドのCDどころかDVDまで買い、ツアーにも立て続けに行ってしまいました。

そして、大好きだった笑顔の素敵なメンバーが亡くなってしまいました。ライブハウスの前で「もういい歳だしライブハウス卒業しようと思ってるんです」と言ったら「なんで?楽しいからまたおいでよ!」っていつもの満面の笑みで言ってくれて。今でも鮮明に覚えています。あたしのせいじゃないのはじゅうぶん分かっています。でもこれまでの事から、好きだからこそ応援しすぎちゃダメだと自分に言い聞かせていたのにそれを破り、結果不幸が起こってしまった事にどうしても後悔してしまっています。

あたしにとってライブって色んなこと吹っ飛ばして暴れまくって頭ん中「楽しい!」以外全部消しちゃうモノなのに、もしかしたらライブに行っても心の底から楽しい!ってならないんじゃないかなとか、あたしのせいでまた不幸が起こるんじゃないかとか色々考えてしまいます。もう何が言いたいのか分からなくなってますが、本当は好きなバンド、好きな音楽を心の底から楽しみたい…。 「またおいでよ!」ぐらいあたしに刺さる言葉を下さい…。

■■■■■■■■■■

 

 

 

まず、間違いなく、あなたのせいではないですね。

ご本人も十分わかっていると思いますが。

 

ただ、不安にはなりますよね。

 

 

 

 

何かが起こった時に、一歩ひいて他人として傍観「できる」人というのは

自己防衛能力、この社会でのサバイバーとしての能力が高い人だと思います。

何でもかんでも全力で向かって行っていたら、いざ本当の本当に自分のピンチになったとき自分や周りの人を守ることができません。全員が倒れてしまったら、助けも呼べませんからね。

時には何かを切り捨てる、というのも生き抜いていく上で必要な能力です。

 

 

対して献上者さんのような、

何かが起こった時に、自分も当事者だと(または当事者の気持ちになって)考えることが「できる」人

こういった人は、他人を思いやる気持ちがとても深い人なんだと思います。

「自分だったら、こうして欲しいだろうな」と思うことを他人にしてあげられる人の存在は、一言、尊いです。

だって、なろうと思って一朝一夕でなれるものじゃないですからね。

親御さんや、恩師の教育だったり、一緒に過ごしてきた仲間だったり、色々な要素が組み合わさって形作られた人間性ですから。

 

 

 

ただ、献上者さんについて気になるのは

 

前回のブログでも少し触れましたが

「悪いことに目が向いてしまっている」のかなぁ、ところです。

 

生きていれば色んなことが起こります。

 

もちろん良くないことだって起こります。

 

そういった時に落胆する分、良いことにもひとつひとつ同じくらい発奮できていますか?

 

大事だけではなく、些事にも。

 

 

と書いていて思いましたが、

もしかすると献上者さんはそもそも

「良いこと」とカウントするハードルが少し上がってしまっているのかもしれないですね。

 

例えば俺みたいに冷酷な人間からするとですね

基本的に人と関わらないようにしているので

 

逆に人と関わりを持ったときの反応、例えば

 

「ありがとう」って言われたとか

「なんかあいつ今日めっちゃ楽しそうだったな」とか

「MAHが良いって書いてたバンド、聞いたけどめっちゃカッコいいね!」とか

そういうほんの些細なちょっとしたことでも

 

「・・・お、おぅ!」(ほっこり)

 

ってなるんですよね。

「人と関わるのも・・・悪くねえかもなっ」(猛照)

みたいな。笑

 

まぁすぐ面倒臭くなってまた元に戻るんだけど

 

っていう繰り返し。

 

 

献上者さんは、普段から人に優しい分、感謝されることや周りに良い影響を与えたという実感に逆に鈍感になっちゃっているのかもなぁ・・・なんて思いました。

善人過ぎて、善行を善行とも思わないというか。

仙人ですね。

 

俺なんてちまちま「よし!一善クリア!」みたいにカウントしてますからね。ちっさい男ですわ。

 

 

 

話を戻しますが、

件のメンバーが笑顔でいられたのは、

あなたが足を運んで会いに行ったからですよ。

もちろん、あなただけではありません。

あなたのような人たちが、みんなでバンドを支えてくれているからこそバンドマンは輝けるのです。

 

 

 

バンドに何かあったとき。解散や脱退、死別が

ファンのせいだなんてことは

万に一つもあり得ません。

 

「ファンのためにやろう」

ということはたくさんありますが

「ファンのせいでできない」

なんて絶対にない。

 

解散は、バンドの

脱退は、一人のメンバーの (多人数の脱退だとしても、ひとりひとりの)

選択です。

 

きっと色んな人が、色んな言葉をかけたはずです。

 

それでも、辞める道を選んだ。

誰のせいとかではありません。

当人にしかわからない苦悩があったはずですから、周りは尊重しなくてはなりません。

 

 

 

死別に関しては、また更にデリケートな問題なのでこういった大まかな書き方はできませんが

やはり生前のことを考えて欲しいな、と。

 

生きているうちに、何をするかが全てです。

 

それは本人自身の行動もそうだし、本人に対して周りがとる行動もそう。

 

目の前にいる人が、目の前にいるうちに、自分の愛を伝えずにどうするのですか?

 

 

献上者さんは、本当は「もうそのバンドマンの輝く姿を見られないこと」を、悔やんでいるはずです。

事実としてそのメンバーは誰のせいでもなく、急に目の前から居なくなってしまった。

その他の、今まで応援してきたアーティストがトラブルに見舞われた時についても、そのぶつけようのない気持ちを「不幸を呼ぶ人間である私が、出過ぎた真似をしたからだ」と置き換えて後悔することで、自分を納得させようとしてきたのではありませんか?

 

本来、「応援する気持ちが、不幸を呼んでしまう」なんてことはありません。あなたもわかっているはず。

それでも、そう考える方があなたにとって少しでも楽なのであれば、無理に変える必要はないと思います。

それに、俺が「ハイ!そういうの今日で終了〜!」と言ったって切り替えられるものじゃないでしょう。

時間をかけて、自分の気持ちに整理をつけて、いつか乗り越えて欲しいなと思います。

 

あなたのように想ってくれるファンが居て、彼も幸せだったと思います。

ただ、彼はアーティストです。

「その人」を憐むのではなく、残された音楽をたくさん聴いてあげてください。

アーティストの本望とは、自分ではなく“自分の作品”が愛されることです。

 

そしてもし、また心惹かれるバンドと出会えた時は。

 

お互いが生きているうちに、ありったけの愛を注いでください。

 

 

 

愛が、毒になることは決してありません。

 

 

 

 

 

今日はこの辺で。

 

不定期更新していきますので

みなさんも

 

https://twitter.com/MAHfromSiM

 

TwitterのDMでのみネタの献上受け付けております。

 

 

 

以上でございます〜

 

BETTER THAN NOTHiNG TOUR 2020

 

東名阪の2部制ツアーが無事終了しました。

 

今回のツアーは、コロナ禍におけるライブのカタチとして

できる限りのものだったと思います。

 

椅子あり(観覧時はスタンディング可)、声援禁止

というSiMのライブではあり得ない規制の中ではありましたが

お客さんたちの嬉しそうな、楽しそうな顔、中には感極まって泣いている姿

そういうのを見ると、やってよかったなぁと思います。

 

バンドマンの中には、やはりコロナの前の「正常な」なんでもありの世界じゃないとライブする気にならないという人ももちろんいますが、個人的にはツアータイトルの通り「it's better than nothing」(無いよりはマシ)だと感じます。

 

何より、生で、目の前のお客さんに向けて爆音を届けられるという喜びは、バンドマンとしてぶっちゃけ泣きそうなくらい幸せだった。

 

 

あとまぁ、ライブやってみて気づいたことだけど

最前列や前方エリアで子供と一緒に観てる人がちらほらいたんだよね。

足が不自由なのか、同じく全方エリアで座ったまま楽しんでいる人もいた。

 

普段のライブだとどうしても2F席だったり、

遠方からライブを観るという選択しかできない人たちが気にせず前の方で観れるっていうのはすごく良いことだ。

今後「正常な」世界に戻ったとしても、そういう人たちのために定期的に椅子ありのライブはやってあげたいなぁと。

新しい発見でした。

 

来年も、しばらくはこのカタチになると思う。

それでも、俺らのライブは変わらないし、

何より生で感じる大好きなバンドのライブ、ぜひ観に来て欲しい。

早く元に戻るためにも、感染対策はみんなで徹底しましょう。

 

 

 

なんでもそう。

 

人間は、

 

できること の前に できないこと を数えてしまいがち。

 

これは、きっと生物学的に全てを洗練させて、より良くしていった方が全体の生存率が上がるから同族の平均能力の「底上げ」的な意味でどうしても粗探しをしてしまうんだと思う。知らんけど

 

 

仕事仲間や家族に対しても

「やってくれないこと」ばかりに目が行ってイラっとくるけど

それよりもまず

「やってくれたこと」を数えていくべき。

 

きっと自分にだって、「できないこと」はある。

それを気づかぬうちにどこかで助けてくれている人が絶対にいる。そうやって社会は成り立ってる。

そこに感謝できない、他人の力を「当たり前」と思っているような人には、他人をとやかく言う資格はないと思う。

 

話が逸れましたが、

昨今のライブ環境に於いて

・モッシュがダメ

・ダイブがダメ

・歌えない

とか、規制されていることを数えていていると絶対に後ろ向きになります。

 

それよりも、できること。

・生音を浴びることはできる!

・手は叩ける!

・ヘドバンはできる!

とか、許されていることに目を向けて、思いっきりそれをやり切る方が楽しいです。

 

ポジティブに、ね。

 

 

 

そんなこんなで、SiMの2020年の全てのライブが終了しました。

 

15本のライブ。うち6本はこの2部制ツアー。

#SiM神盤 リリースはなんとかできたものの、ツアーは全延期、DPFも中止、お呼ばれしていたフェスや対バンも軒並み延期/中止。

結成以来初めての、全然ライブをしない一年でした。

 

そんな中でも、バンドは存続し結果的に自分ら主催のツアーを敢行できたわけなのでまぁ、0点ではなかったかな。

 

来年はもっとライブしていきたいです。みんな来てね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

個人的には、

 

あ、そうだ

 

あんまり触れてなかったですけど

僕スペシャでゲーム番組やらせてもらってるんですね。

 

 

レベルズエンパイア、略してReMG(レムジー)っていうんですけど

 

ゲーマーなミュージシャンを中心に、eスポーツはもちろん、プロを目指す学生達の支援やゲーミングPCのリサーチなど多角的にゲーム業界を盛り上げていこうというプロジェクト。

 

 

毎月生配信をやっている中で、

 

10月のReMGに10-FEETのTAKUMAさんが来てくれて。

その時にAPEX LEGENDSを教えてもらって激ハマりしまして。

 

あれから毎日やっております。

 

 

FPS完全なる初心者&オンライン協力プレイ嫌いで有名な(?)私でしたが、二ヶ月とちょっとでプラチナランクまできました!!

 

ブロンズ → シルバー → ゴールド → プラチナ → ダイヤ → マスター → プレデター

(さらに各色 VI → III → II → I と分かれてる)

 

というランク構成、真ん中なのでまぁ、自慢できるレベルではまだないんですが

初心者にしては急成長してね!?!?!?なぁ!!!!

 

と、思っていたんですが

 

ちょうど今日の夜、ReMGの配信がありまして

その中でAPEX界の超憧れVTuber 渋谷ハルさんとパーティーを組ませてもらいまして

 

あの・・・

 

まぁ・・・

 

本当に穴があったら入りたい気持ちになりました。

 

それでも少しずつ成長はしているので

 

2021年は、下手くそなりのAPEX配信でもはじめてみようかなぁ、と思ってます。

俺と同じような感じの初心者向けのね。

 

 

 

 

 

 

 

2021年は、とにかくよりよい一年になりますように。

 

たまっている献上ネタもゴリゴリ書いていきますね。

 

 

 

 

Twitter

https://twitter.com/MAHfromSiM

 

こちらのDMでのみ受け付けておりますので

献上したいブログネタがある諸君はぜひ。

 

 

 

 

以上でございます〜

献上ネタたくさんありがとう。

むっちゃ助かる〜〜〜笑

 

シコシコ書いていきますので気長にお待ちください。

 

早速、その中から。

 

 

 

 

 

 

■■献上ネタ■■■■■■■■

おすすめの洋楽アーティストを教えてください!

 

最近ハマっているアーティストを教えてください!

■■■■■■■■■■

 

非常に多くリクエストをもらってますね。

 

過去にも色々書いたけど最近全然書いてなかったな〜

 

ちょっと書きますね。

 

あと、いくつか献上されてたんですが、

前のレゲエ講座みたいな、

ジャンルに特化したやつはまたそのうち書きます。

 

 

ただ、夢を壊すようで申し訳ないんですけど

 

 

基本、普段音楽聴かないので

あしからず。。。

 

 

 

 

 

 

■Dub Pistols

 

 

最近、というかここ3〜4年くらいずーっと聴いてる。

UKのレゲエ/ダブにブレイクビーツとかDnBとかをミックスしてるアーティスト。一応バンドなんだけど、ソロプロジェクト感も強い。

 

多分たまーに自分でもメインVoやっているバリー・アッシュワースっていう人が天才なんだと思う。

ちなみに歌声はちょっと微妙です。笑

 

これはSiMのツアーの会場内BGMとかでも流している曲なんだけど

 

基本はこの "Pistoleros" みたいに、

演奏をDub Pistolsがして、楽曲ごとにゲストVoが唄うっていうスタイルですね。

ちなみにこの曲の途中で「マツタケちゃん、マツタケちゃん」って連呼してるところがあるんですけど、「must like a shot」みたいです。歌っているSeanie Tさんは、個人での活動はあまりパッとしません。

 

Sex Pistolsオマージュの名前からもわかる通り、パンクやロックを通過した上でやってる感じもかっこいい。

「さぁ!クラブミュージックでぇす!!」

っていうより、生音もしっかり入っていてバンド感しっかりある。ホーンがめちゃくちゃかっこいいです。

US特有のド派手な感じじゃなく、UK!!って感じ。

 

最新アルバムもかっこいいので是非。

 

 

 

■Paloma Faith

 

 

こちらもず〜っと聴いてますね。

 

個性的な見た目は置いといて、

女優をはじめ、バーレスクで歌ったり、マジシャンのアシスタントしたり、舞台監督のMAを取得していたり、非常に多才なシンガーです。

 

基本的にはこういうアップテンポな曲よりは歌い上げる、壮大な感じの曲の方が多いです。レトロな雰囲気のジャズ、スタンダードポップスが特徴かな。フランク・シナトラみたいな。

 

ブリットアワードでのこのパフォーマンスは

マジ宇宙人かと思いました。

 

 

アワードでパフォーマンスするくらい本国UKでは有名だけど、ちょっと前まで日本ではまったく無名で(今も?)いくら調べても日本語の情報出てこないし、CDも全然売ってなかったんですけど最近では普通にCD買えるようになりました。Spotifyとかではもちろん聴けるけど。

 

 

■Elliphant

 

 

スウェーデンのラッパー/シンガーです。

 

この曲はSkrillexとのフィーチャリング、

彼女の2ndアルバムに収録されてます。

 

彼女を知ったきっかけは

 

Major Lazerのアルバムでした。

 

SiM神盤の解説書でもちょこっと触れてる曲です。

 

 

まぁトラックがヤバイのは当たり前(Major Lazerだし)なんだけど、

 

このラッパーやべぇ!!!誰!?

 

って衝撃でしたねー。

ソロアルバムの方は、いまいち(俺的には)パッとする曲がないんですけど、

 

"Player Run" はSiMのライブ会場BGMで流したりしてます。

 

 

 

■Andra Day

 

 

スーパーで歌ってるところを、

スティーヴィー・ワンダーの奥さんが目撃し夫に進言、

実際スティーヴィー・ワンダーがプロデューサーを紹介するというなんともシンデレラストーリーを歩んだUSのシンガー。

 

この曲を聴いていたらサビのファルセット(裏声)を奥さんが歌い出して、

女の人っていいなぁ〜〜!!!

って。出ないもんこんな高い音。笑

 

歌詞もめちゃくちゃ良くて、奮い立たされます。

 

オーディション番組とかでめちゃくちゃ歌われてるので、知ってる人も多いかも。原曲です。

 

この曲が入ってるアルバム "Cheers to the Fall" は名盤ですのでぜひ。

 

アリシア・キーズと一緒に歌ってる映像がやばいです。

 

 

 

 

■The Interrupters

 

 

これは釣り(笑)

 

 

 

もちろんBad Guyカバーでも出てますが、

スカパンクの超新星(ってほど新人ではもうないけど)。

 

思えば2015年のPUNK SPRINGでRANCIDと競演したときに、ティムにずっと憧れてたんですって話したら「おう!じゃあThe Interruptersもう聴いたか?うちから出したバンドなんだけど、めっちゃいいから聴けよ!」と言われました。

 

「なんやねんその返し!もうちょいフワフワさせろや!」

 

と内心ぷんぷん!してたんですけど

 

聴いて納得。こりゃやべえ。でした。

 

こういうジャンルのバンドは2000年初頭くらいまでマジでめちゃくちゃたくさんいたのに、今では本当に廃れちゃっていて。数少ないスカパンクバンドで、しかも鬼かっこいい。

とても貴重な存在です。

 

いつかDEAD POPに出てもらえたらいいなぁって思ってます。

 

 

 

 

 

ひとまずこんなところかな?

 

 

お気づきかとは思いますが

 

 

2015年前後の曲が多いなぁ!!

 

 

つーことはそれ以降新しい音楽全然聴いてないってことか・・・やばいな・・・時が止まってる・・・

 

 

とは言え「自分にヒットするアーティストがいない」だけで聴いてはいるんですけどね。

 

そういうアーティストに出会ったら、また書きますね。

 

 

 

 

 

以上でございます〜

 

Twitter

https://twitter.com/MAHfromSiM

 

こちらのDMでのみ受け付けておりますので

献上ブログネタがある諸君はぜひ。