新しい真綿ふとんの感じをご覧いただけたら……と思います!! | シルクふぁみりぃブログ

シルクふぁみりぃブログ

 シルクふぁみりぃの店主が日々の出来事や、新製品の情報など色々なことをお知らせしております。

 

野村克也さんが亡くなりました。

私は特に野球好きでもなく、特に監督さんに関心もありません。

 

でも、ナゼか彼には色々な思いがあるのです。

不倫の末、いわゆるサッチーと再婚。

後には「それもアリだったのかなぁ!」と思ったり。

 

サッチーというヒールを愛して悔やんでないのかなぁって思ったりもしていました。

でも、生涯ヒールを演じきった彼女もあっぱれでした。

彼女が亡くなった後のノムさんの憔悴を見て、彼女って案外いい人だったんだと思いました。

 

弱音を決して表に出さないスポーツ界で、いつも正直にボヤいたり。

サッチーを亡くした悲しみを、そのまま画面から感じたり……。

生きていくのも、大変そうな様子を最近は見ました。

ガックリと老いを表していました。

 

なんだか、親戚のおじさんを亡くしたような気持になるのは、私だけでは無いと思います。

 

ところで本題に入ります。

 

真綿ふとんは、多くのお客様からのご要望で作り始めました。

国産繭毛布などを作ってくれている工場にお願いしたのです。

 

そして、これまで本当に最適の良い工場で、匠技的な製品を作ってくれていました。

それが、どこの業界でも同じなのですが、職人さんが高齢になっているのです。

 

なので今まで作ってくれていた方が、ふとん工場を廃業されました……。

(どんな業界も同じような状況で、ほんとに困りますガーン

 

「残念ですけど、真綿ふとん作れる工場は、もう無いですねぇ!」

 

そんな寂しい状況だったのですが、なんと専務さんが探してくれたのです。

形状は少し変わるのですが、作ってもらえることに……!!

 

そして、これまでとの変更点をお伝え致します。

 

今まで側地と同じ生地でカバーを作っていました。

確かにそうすれば、あの柔らかさを保てます。

でも、オーガニックコットンのエアーニットガーゼでカバーを作ると、どうしてもバカ高くなってしまうのです。

 

それで、色々考えてサイズを変更することにしました。

大きく、つまり普通の布団サイズに変更してもらったのです。

そうしましたら、一般に売られている掛ふとんカバーを使えます。

できるだけコットンの薄地カバーを使うと、柔らかさを維持しながらお使い頂けます。

しっかりタイプの厚地コットンカバーだと、感触としての柔らかさは感じられなくなるので、ご注意願います。

でも、カバー生地が厚地も薄地も効果的には同じなので大丈夫です。

 

そして大きくなっても薄くなった訳ではなく厚さは、これまでと同じです。

今までのサイズの重さが1,2キロの真綿でしたが、今回の製品は1,5キロの真綿量になります。

 

サイズが140cm ✕ 200cmになりますので、カバーは一般に売られている150cm ✕ 210cm

でも、厚みを加えればちょうど良いようです。

 

重ねてお伝えしたいことは、カバーは必ずお付けくださいということ!

どうしても、側地のエアーニットガーゼだと、外側からの摩擦で中から微量ながら真綿が出て来てしまうのです。

でも、カバーを付けますと摩擦が少なくて大丈夫なのです。

滑りの良い薄地カバーがおすすめですニコニコ

 

右下矢印縫製に関しましては、以前の製品の方が匠技って感じです。

 

右下矢印でも実用性を含めて、今回の真綿ふとんがしっかりと作ってくれている感覚でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

価格は真綿自体の値上げもあり、価格は残念ながら上がっています。

 

なので以前の製品は¥34,830で数千円上がったのですが千円だけ上げさせていただき¥35,800で販売させていただくことになりました。

 

どうぞ、よろしくお願い致します。

いつも、お読みくださってありがとうございます。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
できましたら、クリックよろしくお願いします!!
いつもありがとうございますベル

 

にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ

こちらもできましたら、よろしくお願いします。