漆喰九一のブログ

名古屋市北区の左官屋です。
国産天然素材のみを原料にした漆喰を、オリジナルで開発・製造・販売・施工しています。


テーマ:

いつも漆喰サロンでお出ししている珈琲のことを、すこしご紹介したいと思います。

 

漆喰サロンの珈琲は、名古屋市北区にある「チャレンジ」という自家焙煎珈琲屋さんの豆を使っています。

 

 

実直なマスターがひとりで焙煎している珈琲は、どれもとても美味しいです。

中でも漆喰九一のお気に入りは深煎りブレンドで、ほぼこればかり買っています。同じ深煎りとして売られていても、焙煎の度合いはお店によってさまざまなので、深めがお好きな方はぜひお試しください。サロンで味見してからでもいいと思いますよ。

深い=苦いと思われがちですが、いい焙煎の豆は、ほんのり甘みを感じるんです。

 

これが焙煎機。

 

お店で珈琲を飲むこともできます。

この日は取材にかこつけて贅沢に焼きカシューナッツつき♪

 

この方がマスター。お顔からも珈琲に対するストイックさが伝わりますね。

 

いつもこんな感じでまっすぐ目を見て、いろんなお話をしてくださいます。


マスターは人を褒めることしかしません。その人柄と器の大きさに、頭が下がります。
「強い人は人に優しくなれるよね」
「悪いことは捨てていかなあかんわね、空っぽにせんと、新しいものが入ってこんでね」
「あんたは子どもみたいな大人だね、そのままでええんだて。人を惹きつける魅力があるんだて」

褒められて伸びるタイプの方、ぜひマスターに会いに行ってください。


マスター、いつもありがとうざいます。
これからもずっと、美味しい珈琲をつくってくださいね。

 

名古屋でおいしい珈琲豆をお探しの方、一度覗いてみてください。

 

『珈琲豆店 チャレンジ』

名古屋市北区瑠璃光町3-4-3

電話:052-915-1811

無休

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月のサロンのご報告です。

 

おいしいものをたくさんいただきましたよ。

これはわっぱんのパン。手のひらサイズでかわいいです。

 

これは手づくりの「アガー」だそうです。涼し気で夏にぴったりですね。

 

そのアガーに黒蜜をかけていただきました。冷たくてつるつるでなめらか。おいしー!

 

おいしいものが集まると幸せですねぇ。

 

暑い中足を運んでくださってありがとうございます!

通りがかりの人が入りやすいように入り口開けっ放しでエアコンの意味がないですが、意外と過ごせましたよ。

 

終了間際のギリギリセーフで来てくださったのは、ベルリン在住のピアニストの方(!)

ご自宅の水場がカビてお困りとのこと。がんばって漆喰をDIYされるそうです。漆喰がベルリンでもお役に立てたらうれしいです。応援してますよ~。

 

いつも夕方ごろフラっとやってきて、黙ってお花をくださるMさんにいただいた睡蓮。次の日咲きました。

かわいいお花に癒やされますね。いつもありがとうございます。

 

次回のサロンは9月16日(土)13時~17時です。

社長は出張で不在ですので、静かなサロンになると思いますが(笑)、のんびりゆったり開けていますので、お気軽にお茶を飲みにきてください。

お待ちしています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

現場報告です。

 

弊社は、宣伝広告用のDMはがきというの(↓こういうやつ)を、

 

いろいろな飲食店や雑貨屋さん、公共の施設などに置かせていただいているのですが、

今回これを見てご連絡くださったお客さまの新居に、漆喰を施工させていただくことになりました。

はがきは、覚王山にある「いち倫」さんという古民家カフェでご覧になったとのこと。

ご縁をいただけてうれしいです。

 

施工の前に、仕上げをどうするか、現場で打合せをしました。

 

これが弊社の漆喰の材料です。

 

見本板で試し塗りをしますのでテイストを見てください。

 

壁にするとこんなイメージになりますよ。

 

角部の仕上げ方はこんな感じでどうでしょう。

 

お好みの仕上げを確認し合って、いよいよ施工です。

こちら施工前のお部屋。

 

施工後。

明るくなりましたね。

 

写真だと白くなっただけにしか見えない方のために、近づいてみましたよ。全体的にこのようなラフな仕上げです。

 

こちらが施主のOさん。名古屋市名東区にある「名東建築事務所」の社長さんです。

写真からも伝わる実直な方で、お得意先に毎年、手書きのお手紙を添えたカレンダーを自ら配ってみえるのだそうです。

Oさんに少しお話を伺いました。

「仕事柄、漆喰がいいものだということは知っていたのですが、なかなか予算などの都合がつかず、諦めかけていたんです。そうしたら、妻がこちらのはがきを見つけてきて、なんかその気になっちゃって。しょうがないなぁと・・・(笑)

今の時期、締め切ったこの部屋に入っても、ムッとする暑さは感じないです。やっぱりビニールクロスの部屋とは違うなぁとわかりますね。仕上げもとても満足しています。」

 

うれしいお言葉をありがとうございます。

今回の現場はとても段取りがよくて、仕事がしやすかったと社長も喜んでいました。

素晴らしいご縁をありがとうございました。

この夏、漆喰のお部屋で快適に過ごしていただけたら、うれしいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月の漆喰サロンのご報告です。

今回も初めて遊びに来てくださったお客様で賑わいました。

 

弊社のフライヤーを置かせていただいた、フェアトレードショップ「風''s」のオーナーと、今は閉店されていますが東区白壁にあった、とても居心地のいい静かなカフェ「風の家」のマスターご夫妻。天然素材に精通されているおふたりに興味を持っていただけてうれしいです。

早速、うちの漆喰に触れていただきましたよ。

 

 

ちょっと体調を崩されていたムードメーカーのKさんが、脅威の回復力(笑)で元気になられて、自転車で来てくださいました。

おみやげにいただいたこれ。「生しるこサンド」!そんなのあるの!?名古屋に住んでいるのに知らなかった。

なんか上品でやわらかくて高級感があって、でも味は確かにしるこサンド(笑)

さっすがKさん、新しいもの見つけますねぇ~。

 

そして社長の前に座ってみえるのが千葉大学の加納教授。分子科学を研究されています。なんだか場違いなところに・・・と思ったら、学生の頃、ここに下宿されていたのだそうです。

漆喰の吸着のしくみとか、解明できたらおもしろいですね。

そしてそのお隣は、杉本プラスターの杉本さん、鈴鹿市の左官屋さんです。アートと技術を融合して、巨大なオブジェを制作されたり、これまたおもしろい方です。

 

未来に残していかなければならない、素材や技術のこと、職人カタギとかいって頑なに守ることだけではなく、その時代やニーズにに合わせて変えていくことの大切さ、今回はちょっと、サロンらしからぬ??高尚なお話もお聞きすることができました。

やればできる(笑)

 

とはいえ、やっぱりお菓子と珈琲と笑いがあふれる漆喰サロンです。どなた様も、お気軽に遊びに来てくださいね。

次回の開催は8月19日(土)13時~17時です。

お待ちしています!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月の漆喰サロンのご報告です。

 

朝、多治見の左官屋さんから、素敵なお届け物がありました。

朴葉寿司がいっぱい。わーい、おいしそう!みんなでいただきます。

 

そしてなんだか続々と、おいしいものが集まりましたよ。

虎屋の羊羹に、きた川のへそくり餅、Oさんが収穫してきてくれた梅・・・

 

さらに手づくりおにぎりも。

おいしいものいっぱいで、パーティーみたい。

 

今回初めて遊びに来てくださったのが、最近知り合った青木静香さん。画家さんです。少し前に偶然、カフェでの展示を見たばかりでした。すごく繊細できれいな作品なんですよ。なんとお家が漆喰九一のご近所とのこと。またちょいちょい覗きに来てください。

そして、先日漆喰DIYを完了されたFさん。新居を全室(!)塗り終わられました。お疲れさまでした!HPでお部屋をご紹介できたらうれしいなぁ。

いちばん小さなお客さまは、生まれて1ヶ月のIくん。ようこそようこそ。お兄ちゃんのNくんもたくましくなったねぇ。

 

Nくんの近所のお友だちが参加してくれましたよ。先回遊びに来てくれたときに漆喰塗りをしたことを覚えていてくれて、今回もなんか塗りたーい!ということで、土塗りに挑戦中。うまくできるかな?

 

そして最後にいただいたのが、ダンボールに入ったスイカ・・・(笑)

横にしないで開けてと言われて、仏壇のように開いたら、こんな感じでした。なんか、ありがたや。

 

今回も賑やかなサロンでした。遊びに来てくださったみなさま、ありがとうございました。

そして、たくさんごちそうさまでした。お腹いっぱいになると幸せですよね~。

 

次回の開催は、7月15日(土)13時~17時です。

ほんとにあの、手ぶらでお気軽に来てくださいね。お待ちしています!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今やってる仕事、これからやんなきゃいけない仕事をみんなで書き出してみよう!

 

わー、いっぱいあるねー。(でかい魚になったな~と思いながら眺めて満足)

 

ちょっと、いけませんよ、そんなことでは。

 

ということで、今回はプロのお力を借りようと、ミラサポの専門家派遣という制度を活用することにしました。未来の企業を応援してくださる制度だそうです。心強い。

 

今回は、事前に今やってる仕事を全部洗い出すという、これやんの何回目だよという下準備をしておいて、それを業務フローに落とし込む、という作業をしました。

 

中小企業診断士の宿澤さんから、業務フローをつくると、どんないいことがあるかをご教授いただいて、これ社長に聞かせたかったなぁ~・・・と悔しい思いをしつつ、作業開始です。

得意のポストイットですよ。(買ったけど使ってないのがたくさんある)

そしてお気づきでしょうか、1年前は新聞紙だった台紙が、今年はなんと!カレンダーの裏。

進歩してるなぁ・・・。誰がなんと言おうと、してるなぁ・・・。

 

登場人物と、それぞれにからむ仕事とその流れ、そのとき必要になる書類なども含め、フローに落としていきます。私はこれを眺めながら宿澤さんの質問に答えているだけだけど、みるみる仕事が「視える化」していきます。すご~い。

 

いや~、お見事ですなぁ・・・と、感心している場合じゃありません。

まだまだ私だけでは分からないブラックホールがたくさんあるはずなので、これをみんなでつくりこまなければです。

 

ということで、後日、集合をかけました。3人なのに、なぜかなかなか全員集合できない私達。

なんか久しぶりですねぇ・・・元気でした~?どうすか最近~?とか挨拶を交わし、本題に。

 

私からみんなに、うろ覚えの主旨を説明して、作業開始です。主旨から外れたり、雑談したり、珈琲飲んだり、写真撮ったり、社長、マジックでヒゲ書いたらバカボンのパパじゃないすか、って言ったりしながらも、一部ブラックホールを明るみに出すことに成功しました。

これすごいですよ、宿澤さん。

なにが一番すごいって、社長が次これいつやる?って言ったんですよ。

いや~、今度こそ、結果出しますよ。出さないとですよ。

 

ということで、引き続きがんばります。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前、すぎのこ漆喰について尋ねてきてくださったのをきっかけに、社長と意気投合した左官の名工、井嶋左官の井嶋親方から、希少な左官の本をいただきました。

井嶋親方は長年、「浅野祥雲作品再生プロジェクト」の監督指導をされています。浅野祥雲作品をご存知でしょうか、日進市の五色園や犬山市の桃太郎神社などにある有名なコンクリート像です。あの、誰もが1度見たら忘れない、とても個性的な人形たちと向き合う井嶋親方は、ぱっと見仙人のような・・・でもとても優しい目をした、ちょっとアウトローで魅力的な左官職人さんです。

社長が見初められるのも・・・・分からなくもないというか。

親方、うちの社長もなんとか修復してもらえないですかね、あちこちいかんところがあるんですけど・・・。

 

それはさておき、その希少な本というのが、初版発行が昭和27年、タイトルに「宝典」とか書いてある、社長が言うには、裏技集みたいなものだそうで。

おそらく、当時の左官屋さんが実際の現場で編み出した、誰も教えてくれない大切なノウハウを、集めて残したものじゃないかということです。

 

長年使い込まれたその本は、いただいた当初はこんな状態でした。

もはや本っていうか、バラバラの紙の束・・・

 

裏表紙はなくなっていて、ところどころ破けています。

 

背表紙の綴じ糸もモシャモシャ

 

これを、山形にある本のお医者さんブックスドクター」さんに修理していただきました。

1ヶ月ほどして、戻ってきた本がこちら。

 

しっかりとした新しい表紙に元々の表紙が貼り付けてあります。違和感がまったくない。

 

見返しもきれい。

 

頑丈な背表紙がついて・・・

 

くしゃくしゃになっていたページもピシっと直ってます。

 

欠けてしまっていたページは、丁寧に継いでありました。

 

すごい!想像以上にきれいな仕上がりでした。これは会社の財産として大切にしなければです。

 

パラっとひらいて、導入部分を読んでみましたよ。

当時、左官の技術に関する著書がほとんどなく、技術の伝承は口伝に頼るしかない状況だと。これをなんとかしようと、出版元に戦前からある書籍や雑誌・新聞などの蔵書を元に、内容を当時の社会情勢に併せて改定したり、その筋の権威から新たに寄稿していただいたりしてつくられたものらしいです。まさに知恵の宝庫。貴重な左官技術を絶やすまいという、熱意を感じますね。

 

そして今も、現場で実際に使える技術は、現場で「見て覚える」しかない、という実情は、変わっていないと思います。

弊社も、なんとか、少しずつでも現場の記録を残していけるよう、また技術を共有できるよう、HPでの発信や、技術研修会など、地道にがんばりますよ。

困ったときはこの「宝典」を開いて、先人に教えていただきます。

 

井嶋親方、貴重な本をありがとうございました。これからいろいろな現場で、役立てたいと思います。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、木工家ウィークNAGOYAで開催されている「木の家具40人展」(於 伏見 電気文化会館)に行ってきました。

実は、弊社と関わりの深いものが展示してあるんですよ。

その展示ブースがこちら。静岡県の「すまうと」さんです。

 

 

真面目にお話されているのが、すまうとの代表、野木村さん、真面目そうにしているのが、うちの社長です。

 

そして弊社と関わりの深い商品のひとつが、こちらの「天使の椅子」です。

 

近くに社長を置いてみましたので大きさなど参考にしてみてください。

 

脚が取れるので持ち歩きできますし、脚の長さをオーダーメイドできるのだそうです。

 

それで弊社となにがどうつながっているのかといいますと、ここのところに使われている接着剤が、「ミルクカゼイン接着剤」なのです。100%天然素材でつくられている椅子なんですよ。

少し跳ね上がっている後方と、座面の絶妙なカーブにほどよくお尻が収まって、とても座り心地がいいんです。

 

他にも、ぜひとも実際に座ってみてほしい、デザインだけでなく機能もすばらしい椅子がたくさんあります。

 

こちらはいろんな使い方ができそうな、天使のコシカケ。かわいい。

 

お尻の形に凹んでいる椅子はよく見かけますが、こちらは座面がかまぼこ型に少しカーブしている椅子。これがねー、なんともしっくり落ち着くんです。背もたれが厚みのある革なので背中がすぽっと包まれるし、触れるところ全部にやさしい椅子です。

 

繊細なカップやお洒落な小物もありますよ。

 

あ、私これがいいです、社長。社長ー?

 

木工家ウィークNAGOYA2017は、明日6月4日(日)までです。

他にもいろいろなところで展示や催しがされているようですよ。木に触れると、なんだかとてもほっとしますよね。

野木村さん、素敵な展示を見せていただきありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月の漆喰サロンのご報告です。

今回は、弊社のホームページをご覧になったというお客さまが、初めてご家族で遊びに来てくださいました。うれしいです!ありがとうございます。

 

さっそく、刷毛塗り漆喰をお試し。

やわらかいから楽々でしょ?

 

お。お姉ちゃんはコテですか。さすがですねぇ。

 

お父さんにも手伝ってもらって・・・

 

上手に塗れたら今度は手形です。

 

もうひとり、ちっちゃいおててでがんばれ。

なんか妙に躍動感ある写真になってますが、落ち着いてやってます。

 

最後は、なかよしご夫婦で。

 

日付を書いたら・・・

 

できあがり!やったー。

家族の手形、素敵じゃないですか。

 

一方部屋の中は、落ち着いた雰囲気ですよ。

古き良き時代のお話から、最近の趣味のお話まで、みなさん話題が幅広いです。毎回、知らないお話が聞けて、とても新鮮で楽しいです。

 

今回もお越しくださってありがとうございました。

 

次回のサロンは6月17日(土)13時から17時です。

梅雨ですかねぇ?漆喰の部屋はたぶんジメジメしてませんよ、みなさん明るい方ばかりなので(笑)

ぜひ遊びに来てくださいね。お待ちしています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

去年の10月に開催された「建築技術フェア2016」で、漆喰九一ブースにお越しくださった独立技術士交流委員会の方から、セミナーで講演会をしてほしいという、ありがたいご依頼をいただき、行ってきました。

 

こちらが委員会の方々。前におりますのが、借りてきた猫・・・ではなく、相変わらずのぶっつけ本番を迎えている社長。

 

真剣に聞いてくださっています。

 

九一漆喰とすぎのこ漆喰を触り比べていただいてます。九一漆喰はひんやり冷たく、すぎのこ漆喰は温かく感じます。杉のおが粉が空気の層をつくっているからなのですが、同じ漆喰なのにこんなに違うんだなぁと、思っていただけたかな?

 

 

こちらは、現在施工中の古民家改修で使っている「ねずみ漆喰」。鈴鹿墨を混ぜているので黒いです。塗って乾くと、落ち着いたグレー色になりますよ。

 

 

漆喰について知っていただく貴重な機会なので、あれこれいろいろ(出かけるギリギリまで)準備してきました。見ていただけて、触れていただけてよかったです。

 

今回はとても貴重な機会をいただきありがとうございました。

引退されてからも、いろいろな専門分野の技術を積極的に学ばれているみなさんに頭が下がります。

すごいなぁ。

これからも漆喰九一は、地道に漆喰の普及に努めていかなければと、改めて思いました。あと、準備は慌てず騒がず、大人の余裕でこなしたいと、つくづく思いました。

がんばりまーす。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。