☆★まゆの手帳★☆
にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
てんかんについて、少しでも多くの方々に理解をしていただけたら嬉しく思います。

※アメンバー申請はメッセージもお願い致します。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

サンタさんは小学生まで?

無事、我が家(次男)にもサンタさんがプレゼントを持ってきてくれたようだ。 

25日に近づくほど、テンションが高くなっていく次男…  
(おいおい、クリスマスに発作とかやめてよね…)

そんなテンション高めな次男に“ブラックサンタ”の話をした旦那くん。

「ブラックサンタはね、いい子じゃないところには石ころとか草をもってくるんだって。
もっとひどいと、プレゼント用の大きな袋に入れて連れていっちゃうんだって」ってね。

果たして、知的障がいのある次男に伝わっているのだろうか。

その夜、地響きのような音が聞こえた。

この音、日常茶飯事で聞こえてくるのだが
次男には「天狗がきたよ」とおどかしている。←意地悪な母ちゃん

すると、ビビりな次男は布団の中に隠れておとなしくなる。

そんな日常のやり取りからか、天狗とブラックサンタが一緒に来たと思い込んだ次男は
「まま!かもって!かもって!」と連呼。

ん?かもって??

どうやら“まもって”と言いたかったらしい。
相変わらずおかしな間違いをするから笑ってしまう♪


翌日、朝の4時すぎから「もうあさ?サンタさんきた?」と隣で眠る私を起こしてくる次男。

確かに朝ではあったけど
「まだだよ。まだ寝てないとサンタさんじゃなくてブラックサンタが来るよ」と言われ仕方なく再び眠る次男。

それから数時間後
「もうあさ?もうおきていい?」と我慢の限界を迎えた次男は1階へと降りた。

ニヤニヤとしながら玄関へ向かい、大きな袋を持ってリビングへと戻ってきた。

大きな袋からは、サンタさんへお願いをしていた仮面ライダーのオモチャを発見しご満悦。

そして、この日のために少しずつ買い貯めてきたオモチャ達をこの袋へ詰め込み、バーバ達にご披露しに出掛けて行った。


我が家、サンタさんからのクリスマスプレゼントは小学生までしか届かないと言い聞かせてきたのだが
そんな事、次男には通用するわけもなく
「じぇったいくるよ」と言い張っている。

優しい優しい長男からも
「とらは、中学生になってもサンタさんからのプレゼントあったほうがいいよ」とアドバイスが。

そうね。
母ちゃんもそう思ったわ。
サンタさんと要相談だな。

たどり着いた先

9月から度々起こる激しいめまいと動悸…

婦人科で内診やら血液検査をするも、これだ!という原因はわからず…
循環器内科を受診することになった。

循環器内科では起立性低血圧と言われ、自律神経の乱れが関係してるとのことだった。

ただ念のため、ホルター心電図やドレッドミルという検査をすることに。

初診から1か月先にようやく予約をとることができたのだが
その時はそれほど症状が出ていないという状況。
ま、そんなもんよね。

そんなこんなで検査の全てが済み、ドキドキしながら結果を聞きに行ったのだが。

全く異常なし!!

いいんだよ。それで。
それが一番いいんだけどね‥

でも、はっきりとした原因がわからないからモヤモヤが残ってるのよ。
それと、またこういう状況になった時の対処方法がわからないじゃん。


数日後、循環器内科の検査結果を持って婦人科を再受診した。

しかし、婦人科の先生も頭を悩ましていた。
そりゃそうだよね。
どこも悪いところないんだもん。

婦人科で出来る事があるとしたら、生理痛の症状を軽くするために低用量ピルを処方することだと言われた。

だけど、元々薬が苦手な私は即答することが出来ず
一度、家に帰って考えることにした。

だってさ、ピルって避妊する薬のイメージしかないんだもん。

だから、色々なサイトで検索して調べてみたら
低用量ピルは、危険性もそれほど高くなく
長期服用により、ガン予防にもつながるとか。

それでも中々踏ん切りがつかないので、かかりつけの脳神経の主治医に相談することにした。

次男を学校へ送り、急いで病院へ向かうと駐車場はガラガラだった。

が…、院内はそれほど混雑している様子ではなかったけれど
間隔をあけなければならないので、受け付け時間に手間がかかっているようだった。

それから、20分30分‥と待ち
ようやく診察室から私の名前が呼ばれた。

今までの頭痛よりもめまいがひどいこと
低用量ピルも服用して可能かを聞いていたのだが
マイペースな先生は「お!前回からMRI2年経ってるから、今日撮っていっちゃおう」と。

あ、ぁ、はい。としか返事が出来ず
案内させるままに私は移動。

MRIって苦手で、検査前は心構えが必要なんだけど
今回は流されるまま、あっという間に検査室へ案内されて検査も10分で終了。
(オデコにベルトを巻かれて、目がつり上がりヤバい顔つきで恥ずかしすぎる)

それから再び、しばらく診察前で待ち
ようやく名前を呼ばれて結果の説明を聞くことに。

独特な先生、お手製のグッズを使って分かりやすく説明をしてくれるのだけど‥逆にわかりづらい・・・

常に隣にいる助手?看護師さんが小声で私に説明してくれる。
多分、この看護師さんがいなかったら私は意味もわからず帰っているのだろうな。

で、MRIの結果
脳には異常がないけれど、鼻の内部が腫れていること
耳と鼻をつなぐ腺?耳石?が片方だけ無くなっているらしい。
それが原因して、平衡感覚がとれていない
自律神経がうまく働けてないために
激しいめまいや頭痛を繰り返してるとか。

どうりで、常にふわふわしているわけだ。
お酒を飲んでいないのに、二日酔いみたいな感じだったり
スマホで文字を打っていても、打ちたい文字とは違うところを触っていたりね…。


耳石って聞いたことはあっても、深く考えたことはなかった。
だけど、こんなに大事なんだなぁと実感。


新しい薬を飲み始めて約3週間
絶好調!!とまではいかなくとも、ふわふわフラフラすることは激減した。

“耳石”も“自律神経”も大事ね。




18歳ですけど

11月29日で18歳となった長女。

“長女”というよりは長男…いや、末っ子の弟のようなやつ。

よく、子育てに行き詰まったり
辛くなったりしたら
子供が可愛くて仕方なかった頃の写真を見るといいよ
なんて言われて、寝室に可愛かった頃の写真を何枚も飾っているけれど
私には全く効果なし!

むしろ、自分の子育てが失敗だったのではないだろうかとネガティブになったりもする。

お酒のチカラを借りてやり過ごしたいけれど
服用中の薬があるからアルコールなんて飲めないわ。

今日は飲むぞ!って時は薬を飲まなければ良いけれど
コンチキショーとか思う時って突然やってくるじゃない?
だから無理なのよ。

ま、“私”から生まれて“私”に育てられてるのだから
私が理想とするような人間にはならないよね。

でも、これだけは言える。
バカでアホだけど
わがままだけど
素直で優しい子には育ったかな。

まわりの同級生や一般的な女の子とはだいぶ違うけれど
人の痛みはわかる、わかってあげようとする人になってくれた気がする。

小中学生の時は、それをうっとうしく思われたり陰口叩かれたりもしたけれど
長女は決して間違っていなかったと思う。

そこだけは、ずっとブレずにいてくれたことに感謝。


少し前は、就活やら友達関係でかなり情緒不安定になっていたのか
「生きてるのがつらい…」って大泣きしたこともあったけど
第一希望の会社に内定がもらえてからは、もうすっかりそんなこと忘れている様子だしね。

なんていうか、いつまでも少年のような娘…

そんな娘に振り回されて18年…

4か月後には、もうこの家にはいないんだ‥って思うと少し寂しくもなるけれど
長女の新たな出発が楽しみでもある。


18歳の誕生日、だいたいの娘っこは彼氏や友達と過ごすのだろうけど
彼氏なし、友達との約束もなしの長女は見栄を張ってバイトの休みをもらったけど
結局、誰とも過ごす予定はなく
昼に美容室の予約をいれて
夕飯は家族と一緒に過ごすそうで。

学生生活、家族と過ごす最後の誕生日だからか
わがままな注文が多発!!

いつもお世話になっているケーキ屋さんにはこれを注文

自分の誕生日ケーキを指定してくるとは、さすがな長女ですわ。

あとは肉じゃがコロッケをお願いされたけど
お寿司やピザも注文しちゃったからコロッケは別日に。

そして、毎年恒例のお菓子グッズはこちら
エコじゃないエコバッグ。

中身はトレーナーや靴下等を詰め込んでみた。

喜んでくれたかどうかはわからないけど、完全に私の自己満足。笑


あと4か月で自立しなければならないのに
掃除はできない
料理はできない
時間にルーズ…
大丈夫なのかな…

心配でしかないよ。。。


でもでも
無事に健康に育ってくれて、ありがとう。
18歳おめでとう。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>