バーコードリーダーにTABボタンを取り付けた。 | ShopUの店長日記ブログ

ShopUの店長日記ブログ

個人的なちょっとした日常のことなども、
気軽にアップしていきますね。


テーマ:

 

ShopUでの商品管理は、すべてバーコードで行っている。

そのため、注文処理の作業はもちろんのこと、倉庫の在庫管理や、注文商品のピッキング、出荷チェック作業など、常にバーコードリーダーが欠かせない。

 

 

このバーコードリーダーを使うたびに、しばしば「これにTABキーが付いていたらなぁ…」と思うことがよくあった。

 

TABコードを入れると、次の入力欄にカーソルが移る。

 

もちろん、バーコードリーダー自身の設定機能を利用し、バーコードを読み取った時の後処理として、自動的にTABコードが出力され、次の入力フィールドに移るようにしてあるのだが、入力が不要のフィールドがあったり、すばやく幾つもの入力欄をジャンプして渡り歩きたい時など、TABキーだけを単独で打ったり、連続して打ちたい時があるからだ。

 

そのため、TABキーの付いたテンキーをバーコードリーダーの近くに置いたりし工夫しているが、いちいちバーコードリーダーから手を離さなければならないので面倒なのだ…。

 

そこで、最近入荷してきた「自作用USBスイッチケーブル」を使って、TABキーだけのUSBスイッチを作り、バーコードリーダーに取り付けることにした。

 

これが今回使用する便利グッズ

自作用USBスイッチケーブル(3ボタン用) RI-SWCB3

http://www.vshopu.com/item/2191-1201/index.html

 

今回は1キーを設定するだけだから、黄色と黒色の線だけを使う。

 

まずはパソコンに接続して、付属のソフトで黄色(Key1)にTABを設定。

Saveボタンを押せば、TAB専用USBスイッチの設定おわり。

あとは何か適当なボタンスイッチなどをつなぐだけでOK、実にカンタンだ。

 

適当なボタンスイッチのようなものが身の回りになかったので、引き出しを漁ったら壊れたマウスがあった。それを分解し、上のような小さなマイクロスイッチを入手。さっそくハンダ付けした。

 

収縮チューブでスッキリとまとめた。ハイ、TABキーひとつだけのUSBスイッチ完成。

 

このTABスイッチをバーコードリーダーの適当な位置に張り付けた。

 

こんな感じ。

人指し指はバーコードリーダーのトリガーを操作。

TABボタンは親指の腹で押すというスタイル。

使い心地、まずまず。実用的に使えそう。(^O^)v

 

出荷チェック用のノートパソコンに接続。これから出荷作業が多少はラクになるかも。

 

バーコードリーダーへのTABキーの追加、何年も前から思っていたけど、ようやく実現できた。

 

これはおすすめです。(^_^)

↓↓

自作用USBスイッチケーブル(3ボタン用) RI-SWCB3
http://www.vshopu.com/item/2191-1201/index.html

 

Hajime Kakizoeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります