ShopUの店長日記ブログ

ShopUの店長日記ブログ

個人的なちょっとした日常のことなども、
気軽にアップしていきますね。

リモートやテレワークなど、在宅ワークに威力を発揮しそうなのが、USBフットスイッチです。

 

 

USB接続のペダル式入力装置「USBフットスイッチ」です。

文字通り足で踏むスイッチで、マ ウスやキーボードの特定の動作を代行させることができます。


用途としては、キーボード・マウスが使えない、もしくは使い難い~など手が使えない状況で入力作業を足で行ったり、ゲームやオフィスなどでキーボードやマウスに次ぐ第3の入力機器として拡張的に使う方法などがあります。

 

付属品は、ミニCD-ROMが1枚のみ入っています。

 

CD-ROMからキー設定用のソフト「Hid FootSwitch V4.0」をパソコンにインストールすれば…、


 

※ミニCD-ROMが読めないパソコンの場合は、メーカーHPからダウンロードすることもできます。

↓↓

設定ソフトウェアV4.0ダウンロード (LZH 圧縮形式)
http://route-r.co.jp/File/HidFootSwitchV4.0.lzh

設定ソフトウェアV4.0ダウンロード (ZIP 圧縮形式)
http://route-r.co.jp/File/HidFootSwitchV4.0.zip

 

 

下のような設定画面でキー操作を割り当てることができます。


【STEP 1】
Pedal quantity

ペダル数の選択 本品の場合は1ペダルなので「1」を選択します。

 

【STEP 2】
Keyboad/Mouse

キーボードのキー操作、マウス操作を設定できます。Alt/Ctrl/Windows/Shiftキーにチェックを入れれば、そのキーとの組み合わせとして設定できます。例:Ctrlキーにチェックを入れてCキーを指定すれば、コピー操作(Ctrl+C)が設定できます。

 

※英語キーボード用のソフトのため、日本語キーボード特有のキー(半角/全角キー、無変換キー、変換キー、カタカナ/ひらがなキー等)は割り当てできません。

マウス操作は、Mouse_Left(左クリック)、 Mouse_Right(右クリック)が設定できます。

 

String
テキスト(文字列)を登録できます。例:ShopUという文字列を設定しておけば、フットスイッチを踏むたびにShopUと入力されます。※かなり長い文字列でも登録できますが、漢字や仮名文字などの日本語の文字列は登録できません。

 

【STEP 3】
OK

設定する操作を決めたら、OKボタンをクリックして登録します。

設定内容はフットスイッチ内部に書き込まれ保存されるので、一度設定するれば他のPCに接続しても登録した通りに動作します。

 

この商品は、タイムリー社・ルートアール社の共同販売商品となります。
タイムリー型番 [TM-FS1B]、ルートアール型番 [RI-FP1BK]、共に操作方法は同じです。

 

商品概要
■パソコンのUSBコネクタに接続して、割り当てたキー入力やマウスの機能を足で操作できる入力装置です。
■アイデア次第でゲームや事務作業がはかどります。
■設定には付属のCD-ROM内にある専用ソフトを使います。
■設定はフットペダル本体に記憶され、使用時にソフトを起動させたり、常駐させたりする必要はありません。
■装置はパソコンから普通のUSBキーボードのように認識されるため、ドライバのインストール作業は必要ありません。
  (つまり一度機能を設定したフットペダルは、別のパソコンに接続するだけで使用することができます。)
■本装置を2~3台同時に接続して、違う操作を割り当て使うこともできます。

 

仕様

●インターフェース : USB
●対応OS : Windows XP(32bit),Vista,7,8,8.1,10(各32/64bit)
●ケーブル長 : 約170cm
●本体サイズ : W61×D100×H38mm
●重量 : 99g (ケーブル含む)
●付属品 : CD-ROM 、 簡易日本語マニュアル

※一部対応していないキー操作があります。
※本体はプラスチック製となっております。 強く体重をかけたり、蹴ったりすると破損する恐れがあります。
※ケーブルを椅子の足などで踏まないように注意してください。断線の原因になることがあります。
※英語パッケージ、日本語簡易マニュアル付き。

 

 

 

本日、新しく入荷した何かと便利なスタンドです。
実は、以前から社内で便利に使っているもの。今回買い増しも兼ねて取り寄せました。

 

 

もともとは防犯カメラなどを、天井や壁などに取り付けるためのスタンド金具ですが、しっかりしたアルミ製なのでカメラやマイク、ファンなどの、多目的なスタンドとしても使えます。

 


楽天市場 ショップユー 価格 2,249円 (税込)

Mother Tool ストレート型カメラスタンド SD-224A
https://item.rakuten.co.jp/vshopu/2195-2501/

 


先端には、一般的なカメラ共通の1/4インチネジを使った自由雲台がついています。

下部はネジ止めも可能な幅広い台状のため、このまま置いて使うこともできます。

 

 

カメラのコード等を軸の中を通して収納できるようになっています。

 

 

仕様
●材質 アルミニウム
●カメラ接続部 共通取付ネジ1/4インチ
●最大負荷荷重 約2kg
●寸法 径120×高さ135mm
●重量 約260g

 

毎日、デスクでは、このmp3プレイヤーでBGMを流している。

 

手の平に乗るほどの小さなサイズなのに音が良い。

 

マイクロSDカードに音楽ファイル(MP3形式)を入れて、裏側にあるカードソケットに差し込むだけでOK。

 

電源を入れた時にマイクロSDカードが入っていれば、自動的にカード内のMP3ファイルを再生してくれるので使い勝手がよい。

 

 

ただ、音はよくても小さな音でしか鳴らさないので、ボリュームつまみは、いつもほとんど最小の位置。
 

で、この手のBGMマシンで良く思うのが、このmp3プレイヤーに限らず、

小音量時のボリューム調整を

もっと幅広くしたいということ。
 


ボリュームをほんの少し回すだけで、音がすぐ大きくなってしまうため、小音量の微調節が非常にやりにくいのだ。
 

最近のmp3プレイヤーは音量調節もプッシュボタン式になっているため、手を加えることは難しいが、このmp3プレイヤーの場合は、昔ながらの手回し式ボリュームで行うようになっているため、ボリュームを改造して、そうした小音量域での調節がスムーズにできるよう、トライしてみた。

 

まず、裏返す。

 

黒い裏ブタの周囲にビスの穴があり、固定されているので、6本のビスを外す。

 

このように、裏ブタを外すことができる。

 

mp3プレイヤーの基板と、リチウムイオン充電池、2つのスピーカー。

 

左から、充電用のマイクロUSB端子、マイクロSDカードソケット、外部入力用のAUX端子。
下側には、モード切替ボタン、戻る・進む、再生・停止ボタンなど。

 

音量調節用のボリュームにテスターを当ててみる。どうやら50KΩのようだ。

 

このボリュームに、↓このように補正抵抗を追加するのだが、どのくらいの値の抵抗にすればよいか半固定抵抗を仮付けし、実際に鳴らしながら、具合のよさそうな抵抗値を探っていく。

結果、3KΩくらいの抵抗を接続すると、小音量域が広がり、ちょうどよい感じだった。

なので、手持ちの抵抗の中から3.3kΩの小さな抵抗を選び取り付けた。

↓↓

 

もともとの50KΩのAカーブ型のボリューム(青線)に、3.3kΩの抵抗を並列に接続した場合、全体の抵抗値としては上のグラフ(赤線)のように0Ωから約3kΩまで底を這うように徐々に上がるだけの抵抗特性になる。

 

これでは補正抵抗の働きが良くわからないので、INPUT側に5Vの電圧を加え、OUTPUT側に出てくる電圧を測定するスタイルでこのボリューム回路の特性を測定してみると、下のグラフのように、Aカーブ型のボリューム特性(青線)が、さらに小音量域のみ変化がゆるやかな特性(赤線)になっていることが見えてくる。

実際、このグラフ(赤線)のとおり、ボリームつまみの回転角度が70%あたりまで小音量域が広がり、小さな音のボリューム調整がやりやすくなった。

 

ただ、何ていえばよいのか。

確かに、ボリュームのつまみを大きく回すことができるようになったのだが、実際の音量の変化は、回転角度とスムーズに連動していないみたいで、つまみを回していく途中で段階的に音量が変わる感じ。

↓↓こんな印象。

 

アンプの回路等によるのだろうが、どうもアナログ的でなく、デジタル回路特有の設計になっているみたいで、成果はいまひとつ、という気がする。

 

でもまぁ、勉強にもなった(?)ので、これでよしとしよう。(^_^;

 

 

Q.
こちらの商品と着ぐるみ用 強力ファン 電池ボックス付き オレンジは最大風量はどちらが強力でしょうか?

 

 

 

 

 

A.
実際に並べてテストしてみます、しばらくお待ちください。

 

テストしてみたところ、
着ぐるみ用ファンのほうが強力な風が出ていました。

 

比較できるよう風速計で測ってみたところ、
次のような感じでした。

DCブロアファン 秒速 4.4m/s

 


着ぐるみファン 秒速 6.9m/s


秒速ではよく分からないので時速モードで測ってみたら、

DCブロアファン 時速 15.9km/h

 


着ぐるみファン 時速 26.8km/h


2倍までは違いませんが、1.5倍くらいの違いがありそうです。

 

ちなみに電流も測定してみると、次のような感じで、

DCブロアファン 電流 0.32A

 


着ぐるみファン 電流 0.62A

 

ということで、着ぐるみファンは
強力なだけに、約2倍の電気を喰うようです。

 

それでは、ご検討のほど、よろしくお願いいたします。

Q.

こんにちは。ドウシシャDC扇風機のACアダプターをさがしています。
商品型番FBS-191D、アダプターの物番646592です。24Vー0・25Aです。
(略)
お手数ですが、汎用品で使えるものはありますでしょうか?

 

A.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。

ネット上で検索してみましたところ…

メーカーHPに、
https://e-doshisha.com/

 

DC ボックスファン FBS-191D の取扱説明書があり、
https://e-doshisha.com/manual/pdf/FBS-191D_Web.pdf

なかを見てみましたが、
 



ACアダプターに関する詳しい記述はありませんでした。

 

ネット上にある幾つかのACアダプターの画像を眺めていると

ACアダプターの型番は、
MODEL:TEKA006-2400250JP
となっているようで、

24V 0.25A 出力というのは間違いないようですね。

 

ただ、かんじんのDCプラグの径の大きさが不明で、
該当する情報を見つけることはできませんでした。

しかし、ネットにある写真画像をみるかぎり、
おそらく外径5.5/内径2.1mmあたりの最もよく見かけるプラグではないかな(?)と
思います。


そういう推測の判断では、これで使えそうに思いますが…
↓↓

 

もし、間違っていて刺さらなかったら、ゴメンテサイm(_ _)m

では、ご検討ください。(店長)

 


Q.

調べてくださりありがとうございます。注文してみました。


A.

ご注文いただき、ありがとうございます。
無事に使えますように。
本日の発送予定です。(^_^) (店長)

 

 

Q.

おかげさまで使えました。明日かなと思っていましたが、午後に届いていました。丁寧そして迅速な対応ありがとうございました!

 

A.

お~、使えましたか。良かったですね!!
こちらこそ、ご利用いただき、ありがとうございました。
ではでは、今後ともよろしくお願いいたします。(^_^)/~~ (店長)

 

これから雨の日が多い、梅雨のシーズンを迎えていくわけだが、

 

倉庫の湿気対策として使っている除湿器が壊れそう。(^_^;

 

電源を入れるとファンのモーターからガーガーという大きな音が出るようになった。

 


そろそろ寿命なのかなと思って、調べてみたら、

 

2017年10月購入だったので、使用期間は約2年半。

 

寿命というには早い気がするが、安価な製品で、当たり外れもあるだろうから、こんなものかも知れない。


で、新しい除湿器を購入、取り替えることにした。

 


今度も安価なペルチェ式の除湿器。このタイプは、5千円前後で安く購入でき、電気代も少なくて経済的。

 

今回購入したものには、七色に変化するLEDライトがついていた。ナイトライトとしても使える装備とのこと。

 

 

ショップユーでは、倉庫用として使うため、ライトは不要なのだが、動作していることがひと目でわかるし、せっかくなので点灯させて使うことにした。

 

 

ペルチェ式除湿器 Dehumidifier DH-CS01
●定格電圧/電流:DC 12V/3.5A
●消費電力:40W
●サイズ:150 x 150 x 256mm
●重量:約1.3Kg
●排水タンク容量:1000ml 
●定格除湿能力:400-450ml/日
 ※室温30度、相対湿度80%を維持し続けた時の1日(24時間)あたりの除湿量 
●除湿可能面積の目安:8-14畳(13-24㎡) 
●電源コード長さ(cm):150 
●運転音:39dB



 

今度は、長持ちしますように。

 

最近、画面上の、マウスポインターを見失うことがよくあって、気になっていた。

 

老眼のせい、ということもあるだろうが、大画面モニターをマルチで使っている影響が大きいみたいだ。

 


私の場合、デスクでは、モニター2台を並べて作業しているが、

モニターの解像度は、

左側が1600 x 1200、右側は1920 x 1200

という20インチを超える大画面のため、マウスのポインターが相対的に小さく表示されてしまい、行方不明になりがち。

 

そこで、試しにマウスのポインターが大きく表示されるよう、マウスの設定をいじってみたら、

 

 

これが、大正解。

マウスを見失うことがなくなり、すこぶる快適に作業できるようになった。

 

 

マウスの矢印が大きいということだけで、こんなにも安心感が出てくるものなんだなぁ~、と実感。

パソコンの安定度が増したというか、何か信頼感が増したような感じ。

ちょっと意外。予想以上の効果があったことに、少し驚いた。

 

 


以下、マウスポインターに関するまとめ。


マウスを見失ったら…

●右クリックする。
マウスの右ボタンをクリックすれば、通常は、マウスポインターの右側にメニューが表示されるので、マウスの位置がすぐ見つけられるはず。

 

 

マウスを見失わないために…

●大きな矢印。
あらかじめマウスポインターを大きくしておく。設定→簡単操作→カーソルとポインター→ポインターのサイズを変更する。今回やったのがこれ。サイズ1を2にした。

 

●目立つ色にする。

あらかじめマウスポインターを目立つ色に変えておく。設定→簡単操作→カーソルとポインター→ポインターの色を変更する。※私はサイズ変えただけで効果あったのでコレやってないが好みの方はお試しを。

 

●場所を知らせる機能。
キーボードの「Ctrl」キーを押すだけでマウスポインターの位置を波状の円で知らせてくれる機能。

設定→デバイス→マウス→その他のマウスオプション→「Ctrlキーを押すとポインターの位置を表示する」にチェックを入れる。

コピペ操作(Ctrl+Cとか)とキーがダブルのではと心配したが、とくに支障なく機能することがわかった。Ctrlキーを押して離す瞬間にこの機能が働くため。


 

以前にも一度、記事にしたことがあるが、

サーマルプリンターで、速攻印刷。
https://ameblo.jp/shopustart/entry-12575424991.html

 

ビジネスの時間短縮から、バレットジャーナルなど個人メモの印刷まで、サーマルプリンターの活用をおすすめしたい。

 

サーマルプリンターとは、熱で印字を行う、感熱式プリンターのこと。
コンビニや喫茶店のレジなどでもらうレシートを印刷しているやつね。


それの何がよいのかっていうと…

 

サーマルプリンターのメリット

(1)早い。
印刷時間が、メッチャ早い! とにかく早い!! 印刷ボタンを押した、ほぼ瞬間に印刷が始まり、1、2秒後にはプリント完了。この小気味よさが何よりのメリット。

 

(2)静か。
印刷している時の動作音が静か。ほとんどシャーッ、カシャッ!という感じで終わる。うるさくない。熱で印字を行う、感熱式プリンターならではのなせる技だ。

 

(3)小さい。
普通の感熱ロール紙を使うものは、プリンター本体が小柄。幅80mmの大きめなロール紙を使うものでも、デスクの上にちょこんと置ける。ジャマにならない。

 

(4)安い。
ランニングコストが安い。何しろインク不要。コストの高いドラム交換やトナー交換もなし。必要なのは感熱ロール紙のみ。ゆえに、さまざまな業務で使われている。

 

 

サーマルプリンターのデメリット
(1)色あせる。
時間が経過すると文字が色あせてくる。したがって印刷物として長期保存するような用途には向かない。通常使用なら問題なし、使い方しだいの欠点。

 

(2)高額。
通常は業務用製品のため、プリンターとしては高価。売れ筋の日本メーカー品とかの場合、数万円だったりする。それだけに堅牢で長寿命ともいえるが。

 

 


小さな事務所や個人で導入となると、最後の「高額」という点がネックとなるのだが、長寿命の製品だけに、中古品に目を向ければ、安心のメーカー品を安価に購入することも可能だ。
 

実際、先日、数千円の日本メーカー製の中古サーマルプリンター(USB接続版)を見かけたので、ついつい、また注文ボタンを押してしまった。(^_^;

 

で、届いたのがこれ。

↓↓


NEC MultiCoder 300S

標準モデル MultiCoder 300S2DCU(USB対応)

 

仕様概要: MultiCoder 300S

https://jpn.nec.com/printer/label/compact/300s/spec.html

 

 

USB接続タイプなので、使い勝手も良さそう。

と購入したのだが、安かったため、プリンター本体のみ。ACアダプターなしだった。
 

 

※通常中古品(ACアダプター含む)はこのくらいみたい。

↓↓ACアダプター付きで1万円未満ならお値打ちといえそう。

 

 

 

ACアダプターは電圧の合う適当なものをあてがえば良いだろう

と安易に考えていたら…

↑↑

左から2番目、ACアダプターのコネクタが丸型の珍しいタイプだった。

↓↓

昔のキーボードなどに使われていたDINコネクタのようだが、3ピンしかない…。
これでは、どのピンがプラスかマイナスかも、わからない。(^_^;


ネットでさんざん調べてみたところ、このコネクタは、

「パワーDINコネクタ」と呼ばれているものらしい、ことがわかった。

パーツ単体としても売られており、ここで入手可能らしい。

↓↓

PD-30
3ポジション、 7.5A、 水平型、 スルーホール、 パワーDINコネクター
https://jp.cuidevices.com/product/interconnect/connectors/dc-power-connectors/din/pd-30

MODEL: PD-30 │ DESCRIPTION: POWER DIN JACK
https://jp.cuidevices.com/product/resource/pd-30.pdf

 


PDP-30
3ポジション、 7.5A、 垂直型、 プラグ、 パワーDINコネクター
https://jp.cuidevices.com/product/interconnect/connectors/dc-power-connectors/din/pdp-30

MODEL: PDP-30 │ DESCRIPTION: POWER DIN PLUG
https://jp.cuidevices.com/product/resource/pdp-30.pdf

 

しかし、あいかわらず、どのピンがプラスかマイナスか、ピンアサインが不明のまま。

これでは、たとえプラグ単体を購入しても配線できない…。

 

しかたがないので、本体を分解して極性等を確認してみることに…。(^_^;



まずは、USBポートの基板を引き抜いて…

 

底板を外したら、DCジャックが見えてきた。

外観だけでは、プラス・マイナスがわからないので…

基板のGND(アース、マイナス側)とつながっているピンがどれか、

こんな風に、テスターで導通テストしてみる。

どうやら、このピンがGNDと判明。対極に位置するピンが+24Vピンだろう。



で、実際にDC24Vを供給してみて、極性が正しく、動くことも確認した。

FEEDボタンを押しながら電源スイッチをオンにすると、

テスト印刷兼メニューモードになる。うまくできているなぁ。

 

で、例のDCプラグを注文しようと思ったが、ひょっとしてハードオフとかに、ぴったりのACアダプターあったりしないかな、なんて思いつき、ブラリと出かけてみた。



そうしたら、すべてピッタリではなかったが、電圧だけが異なる、同じ規格のプラグがついたACアダプターを発見!

購入価格は、なんと、100円だった。

コネクタのピンアサイン図が載ってた、親切。



さっそくこのプラグ・ケーブルを切り離して…

プリンターが動作する手持ちのACアダプターにハンダ付け。

純正のACアダプターは24V出力だったが、19V以上なら動くことを先のテストで確認していたので、手持ちのACアダプターのなかから、DC20V出力のものを流用した。

 


ということで、一式セットが完成。

 

ミニ領収書をプリントしたり…

 

エディターで書きかけの文章やメモをプリントしたり…

ホント、これ便利。

お気に入りです。(^_^)v

P.S.

そうそう、書き忘れていたが、オマケのような利点がひとつあった。

このプリンター、USBハブ機能も備えていて、裏側に2つのUSBポートを搭載していた。

なので、不足しがちなパソコンのUSB端子が増設されて、とても便利、助かった。



今朝のネットニュースで知った。

↓↓

 

親指シフトキーボードおよび関連商品の販売終了について
https://www.fmworld.net/biz/fmv/whatsnew/20200519/index.html

 

--------ここから---------------------

平素は、富士通製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

当社では、1980年5月の日本語ワードプロセッサ「OASYS100」発表以来40年間、親指シフトキーボードおよび日本語ワープロ・入力ソフト製品を提供してまいりましたが、JIS配列キーボードがデファクトスタンダードとなり、親指シフトの機能優位性を十分に訴求できない状況が続いていました。これまで事業継続のため、業務効率化や商品の価格アップなどの施策を講じてきましたが、この度やむなく、親指シフト関連商品の販売・サポートの終了を決定いたしました。

これまでのご愛顧に感謝申し上げますとともに、なにとぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

--------ここまで---------------------

 

 

 

 

 

 

以下、過去に掲載した親指シフト関連の記事リストです。

 

●カメログ
https://kame-log.com/
↓↓
2020-04-01 【ポメラDM200】あの親指シフトの環境づくりが苦もなくできる唯一の方法。
https://kame-log.com/pomera-d200/


●ShopUの店長日記ブログ
https://ameblo.jp/shopustart/
↓↓
2020-02-21 親指シフトシールが届いた。
https://ameblo.jp/shopustart/entry-12576827360.html

2019-09-13 超小型キースイッチに変身!
https://ameblo.jp/shopustart/entry-12524963795.html

2019-07-13 GPD Pocketで親指シフト。その2
https://ameblo.jp/shopustart/entry-12493558375.html

2019-07-06 GPD Pocketで親指シフト。
https://ameblo.jp/shopustart/entry-12491008126.html

2019-06-12 意外な環境整備、キーボード。
https://ameblo.jp/shopustart/entry-12479143901.html

2019-05-08 TWO-KEY-BOARD 作ってみた。
https://ameblo.jp/shopustart/entry-12459927986.html

2019-04-04 キースイッチのマウント考。
https://ameblo.jp/shopustart/entry-12451881686.html

2018-07-03 日本語マインド、再び。
https://ameblo.jp/shopustart/entry-12388011653.html


●START's HOMEPAGE
http://mstart.private.coocan.jp/
↓↓
日本語入力は、やっぱり親指シフト&キーボード! 夢中レポート
http://mstart.private.coocan.jp/dream/index.html

 


↓↓
リンク集ページ
2003-10-19 キーボード&親指シフト関連
http://mstart.private.coocan.jp/link/oya.html


↓↓
富士通 OASYS Pocket3 オアポケ3
2000-10  最後の雄姿
http://mstart.private.coocan.jp/itop/oap00.html


↓↓
IBM ThinkPad についてのあれこれ ThinkPad日記
↓↓
1999-12-01 親指シフト化とキートップ加工
http://mstart.private.coocan.jp/thinkpad/th15.html
1999-09-05 親指シフト化
http://mstart.private.coocan.jp/thinkpad/th02.html


↓↓
見たくもないオジンの実像を大披露! 自己紹介
↓↓
1996-06-25 昔の私 ビンボー青年
http://mstart.private.coocan.jp/kakizoe/kakizoe.html

 

富士通さんには、感謝しかありません。

本当にお疲れさまでした、ありがとうございました。m(_ _)m

 

 

2020/05/10 11:08 お客様

 

 

こんにちは 今回、購入しましたLEDは、電極の部分が少し膨らみ過ぎていて取り付け出来ませんでした。
システムライト SL-150

 

2020/05/11 18:46
お問い合わせを拝見いたしました。ショップユー店長の垣添です。豆電球の電極の部分は「口金」(くちがね)と呼びまして、形状やサイズが微妙にことなる幾つかの種類がありますので、その規格が合致していないと取り付けられないですね…。ご購入いただいたLED豆電球は、口金のタイプが「BA9s」の物となっています。ひょっとして、その口金のタイプが異なるものではなかったでしょうか? 口金のタイプが不明の場合は、ライトのメーカーさんに交換用の豆電球の種類をお尋ねして確認されるのが一番確実で安心かと思います。システムライト SL-150というのは、どこのメーカーのものなのでしょうか、わかりますでしょうか? こちらで何かわかればと思いまして、先ほどまで検索したりしてみましたが該当する情報がなく、あいにく参考情報をみつけることができませんでした。(^_^; このような返事しかできなくてすみませんが、何卒よろしくお願いいたします。m(_ _)m(店長)

 

2020/05/11 19:28 お客様

こんばんは 東京部品製作所で取り扱っています。今日、その取扱店に確認しましたが、LEDは今のところ予定がないとの事でした。
※口金が少し浅く他のLEDが合わないそうです。

http://takano-jidosya.com/acsa.html

 


2020/05/11 20:36
豆電球のお尻の部分が膨らみすぎているだけなら、その部分はハンダ付けされて盛り上がっているだけですので、ヤスリなどで削って低くすることは可能と思います。

ハンダはやわらかい金属なので、例えばカッターなどでも削り取ることはできると思います。どうにか使えるようになるとよいですね…。(店長)

 


2020/05/11 21:00 お客様

ちょっと試してみます。ありがとうございます。m(_ _)m


2020/05/12 8:32 お客様

おはようございます。ハンダ付けを削ったのは良かったのですが、電球部分の膨らみがないので指が入らず、どうにかに入って点灯したのですが、少し緩くなってもう一度抜こうとしたら壊れました。残念です。m(_ _)m

 


2020/05/12 9:08
あらら、そうでしたか…。私にひとつ考えがありますので、工作してみます。本日か明日、改造品をお送りします。届きましたらそれを再度お試しください。では、お送りする時にまた連絡いたしますね。(店長)

 


2020/05/12 9:25 お客様

販売する形で大丈夫です。宜しくお願い致します。


2020/05/12 9:37
了解しました、それでは余分に数個作って、試作品として売り出してみます。それでは、商品登録でき次第、また連絡します。(店長)

 




2020/05/13 8:29
先ほど、こちらに、昨晩試作した商品を登録、販売できるようにしました。
↓↓
※LED豆電球 DC 5V~24V 白色 口金BA9s 試作品(お一人1個限り)

 

とりあえず、3個しかできなかったので、一人1個限り販売としてあります。それでは、ご検討のほど、よろしくお願いいたします。(店長)

 


2020/05/13 8:34 お客様

おはようございます。1つ購入しました。宜しくお願い致します。


2020/05/13 8:57
さっそくのご注文ありがとうございます。m(_ _)m 本日発送予定です、のちほど発送案内メールをお送りしますのでしばらくお待ちくださいませ。ではでは。(店長)

 

 

2020年05月16日 お客様

こんにちは 試作品ピッタリ取り付け出来ました。点灯も問題ありません。ありがとうございます。