ShopUの店長日記ブログ

ShopUの店長日記ブログ

個人的なちょっとした日常のことなども、
気軽にアップしていきますね。

再入荷したので在庫数を更新しようとしたら、なぜかYahoo店には商品載せていなかった。(^_^;

なので、改めて新登場コーナーに掲載します。

 

 

 

 

人気のUSB扇風機、 BIGFANシリーズに、“ゴム足付き”バージョンという上級(?)モデルが登場しました。

たかがゴム足でしょう? ところが、されどゴム足だったんです??

 

ゴム足が付いたことによりファンを自立させたり、ノートPCやゲーム機、HDDなどの下敷きにして冷却台に使用することができます。

ShopUに出入りしている宅急便の兄ちゃんが「スマホ冷やしたい。充電しっぱなしだから、熱いんっすよ。警告出て動かなくなっちゃう…」とよくこぼしてますが、これ使えるんでしゃないかなぁ~。
 

ケーブルはON/OFFスイッチ付きで、風量の強弱を切り換えることができます。 

 

しかも、USBの延長コネクタが付いているので、BIGFANを2個、3個と連結して使用することも可能とのこと。オモシロイじゃないですかぁ~。 

サンプル品で商品ページの撮影をしていたのですが、このゴム足付きBIGFAN、なかなか楽しい。でもって季節もちょうど真夏の猛暑の最中ということで、上の写真のように、ワニぐちクリップのケーブルを使って、思わず首にぶら下げてみました。

そうしたら、これが非常に具合が良い。USBバッテリーをジーンズのポケットに入れて5Vの電源供給。お~、涼しい、涼しい風がクールって、胸を張ると、なんだかアークリアクターを胸に埋め込んだアイアンマン気分。

ブーン!ブーン!とBIGFANをまわしながら、そのままデスクを離れて、快適な涼風感を味わいながらウロウロできてしまうではないですか。(^O^)
 

手もとのスイッチで、風量の強弱やOFFもできるし、さらにUSBコネクタまで生えているので、まだまだ拡張できそう。

アイアンマン・スーツとまではいかないけど、なんか次代のウェアラブルUSBなんとか(?)を狙っているのか? というくらい実用的に使えそうなのでした。これ楽しい、涼し~い、いいですわ~、ホントおすすめです。
 

仕様:
●軸受け: 1ボールベアリング
●外形寸法: 120×120×25mm
●USBケーブル全長: 約90CM(コネクタ含む)
●USBケーブル延長コネクタ部ケーブル長:約13CM(コネクタ含む)
●定格電圧 : DC5V
●商品重量 : 約300g
●低速 :回転数 約1500rpm/ 消費電流 : 約0.26A/ 最大風量 : 57CFM
●高速 :回転数 約1850rpm/ 消費電流 : 約0.32A/ 最大風量 : 70.35CFM

※連結した場合、各FANのスピードは単独でのご使用時と比べてスピードが遅くなります。
3個以上つないだ場合、スイッチの風量、弱ではファンが動かなくなります。これはUSBポートの電圧供給の規格のためでございます。予めご了承頂きますようお願い申し上げます。
※ゴム足は、ファンガードを固定するネジと一体になっております。ガタツキがある場合、ネジを回すことにより微調整してください。
※怪我防止のこめファンガードを外してのご利用はお控えください。
 

 

 

 

 

断捨離、少しずつすすめています。

 

今回は、アナログテスター。

 

 

 

SANWA(三和電気計器)のアナログテスターです。

1962年製(メーターパネル右下に表記あり)、今から60年前に作られた年代物の逸品となります。

 


今となっては、めちゃデカイです、縦156×幅106mm ケースとかも鉄板製のため異様に重いです。約650g

 


でも、レンジ切替のロータリースイッチを回す時の、カチン!という重厚な音と感触が何とも余韻を含んだ高級感があり、使うたびにニンマリします。(^_^;

 


ずっと愛用していましたので、電圧や抵抗測定、ゼロΩ調整もOK、普通に使える完動品です。

 


過去、私のブログ等でも紹介しており記事があります。
↓↓
●22.5V電池を自作。テスターのメンテのため。SANWA 360-YTR

 

●手帳のメモから テスター
http://mstart.private.coocan.jp/note/20090507.html

 

 

 

 

PCのデスクトップには、よく使うソフトや、定型文のドキュメントなど、ついつい多くのアイコンを置いてしまいがち。

 

そこで私の場合、「ランチャー」という名前のフォルダをひとつ作り、その中にツール類のアイコンを入れて整理。工具箱的な使い方をイメージして、毎日ひんぱんに開いて作業を行っている。


ところが、複数の窓(ウインドー)を開いて作業するため、デスクトップ全体を窓が覆ってしまい、この「ランチャー」フォルダが裏側に隠れてクリックできなかったりする。

そのような問題を解消するために、Windowsの場合は、タスクバーという機能がある。
よく使うソフトのアイコンを画面最下部のタスクバーにドラッグすれば、いわゆる「ピン留め」されて、いつでもアイコンをクリックでき起動できるようになっている。

 

ところが、このタスクバーは、ソフトのアイコンはドラッグできるのに、フォルダはドラッグすることができない。タスクバーはソフトのためのメニュー的なものなので、そのような制限のある機能になっているのだろう。

 

しかし、自分としては、多用するソフト類をまとめた「ランチャー」フォルダを、どうしてもタスクバーに置いて使いたかったので、強引に登録し便利に使っている。

 

その手順を以下にまとめて、メモとして掲載しておく。


まず、デスクトップ上の開いたところで、右クリックし、「新規作成」→「ショートカット」を選ぶ。

 

新しいショートカットのアイコンが現れるので、ここで、「参照」ボタンを押して、希望する「ランチャー」フォルダを選択。

すると、「項目の場所を入力してください」の部分にフォルダーの位置が「C:\Users\DELL_User\Desktop\ランチャー」というような具合に現れる。
そこで、その先頭に「explorer 」という文字を追加入力する。

※最後の半角空白も忘れずに入れること。

 

つまり、「explorer C:\Users\DELL_User\Desktop\ランチャー」となります。

 

これは、フォルダの場所と名前を指定しながらソフトのエクスプローラを起動しろという意味。

名前を聞いてくるので、ここでは「ランチャー」とします。

 

これで、タスクバーにドラッグすることができるようになります。

 

しかし、タスクバー左端のエクスプローラと同じアイコンなので、区別するため、アイコンを変更します。

 

デスクトップにできたアイコンの上で右クリックし、「プロパティ」を選択する。

そして「アイコンの変更」でフォルダのアイコンを選択し「OK」。

 

アイコンが変更されたので、タスクバーにドラッグして完了。

 

※タスクバー登録後も、デスクトップに残ったままのショートカットのランチャーのアイコンは削除して構いません。

これで、いつでもタスクバーのフォルダアイコンをクリックすれば、速攻でランチャーフォルダーを開けます。

(^_^)v

電子工作や教育実習用に最適なコンパクトサイズの直流電源です。

 

こちらで販売しています。

↓↓ショップユーYahoo店

 


出力電圧を1.5〜15Vまで8段階に可変できます、ロータリーセレクト方式なのでさまざまな用途に使えます。

 

【この商品のポイント】
前面パネルに小さなデジタル電圧計(赤色表示)を両面テープで貼り付けて、実際の電圧値がひと目でわかるようにしてあります。擦り傷や使用感のある中古品ですが正常動作します。必要な方お使いください。(店長)

 

 

 

 

 


定格入力電圧:AC 100V 50/60Hz
定格出力電圧:1.5V、3V、3.3V、5V、6V、9V、12V、15Vから選択。誤差±5%
最大出力電流:0.8A
外形寸法:W91×D164×H93mm
質量:1.4kg
適用規格:電気用品安全法対応

こちらで販売しています。

↓↓ショップユーYahoo店

 

 

※メーカーHP
実験用直流電源 DK-910
https://www.sunhayato.co.jp/material2/ett02/item_926
メーカー価格:12,870円(税込)の品です。

毎日ではないが、気が向いたら、開いて読むようにしている本がある。

「1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書」

 

 

タイトル通りの本で、1日1ページ形式で、365人のさまざまな話が載っている。

 


たまたま開いた8月3日のページは、ものまねタレントのコロッケさんだった。

 

物心ついたときから、父親はいない母子家庭。生活は苦しく、1日のおかず三食がもやしだったこともあるという。そんな子どもの頃から、母に言われ続けたのが「あおいくま」の教え。

せるな
こるな
ばるな
さるな
けるな

中学生の時に、右の耳が聞こえなくなった時も、気持ちを切り替えることができ、この教えのおかげで、お笑いの世界に入ってからもやってこれたという。

ちなみに、私はこの本を読んで初めて、コロッケは左耳しか聞こえないということを知り驚いた。

 

コロッケの爆笑ものまねメッセージ!〈美川憲一&淡谷のり子篇〉
21,556 回視聴 2012/01/12

 

心の支えになったという「あおいくま」については、コロッケの自叙伝にも詳しく書かれている。

 第五章 「あおいくま」の本当の意味

 

 『ものまね王座決定戦』優勝 自分に負けるな 勝手にくさるな 「あせるな」の落とし穴 威張る人、怒る人はいい手本 僕の原点

 



かといって、コロッケの母がストイックな人だったということではなく、実はまったく正反対。明るく前向きで、大声で笑う“いい加減”な性格の人だったという。

 

例えば、
------------
貧乏だなぁ……とか、惨めだなぁ……と思ったことはない。
当時の近所の人たちも、僕ら家族がそれほど貧乏だとは思っていなかったという。
なぜか?
母が無類のきれい好きで、僕たちを毎日、必ず銭湯に行かせたからだ。お金がないときは、
「持ってくっとば忘れました」と言わせて入らせた。
たとえ着ている服がボロボロでも、清潔にしていれば大丈夫──母の知恵だ。
------------

------------
人の悪口は言わない。別れた夫(僕の父)への文句や愚痴も言わない。たとえ身内でも金の無心はしない。
そして、あいさつや片付け、食事のマナーなど、しつけにもうるさかった。幼少の頃は、とにかくよく怒られていた。
でも、僕がいじめにあっていると知ると、小さい体で相手の家や学校に、何度も乗り込んでいってくれた。
僕と姉のためには、文字通り、体を張ってくれていたと思う。
こう書くと、行い正しき理想の母のように思えてくるのだが、僕が今やっているものまね。そのルーツも、実は母にあるといってもいい。
とにかく「笑い」のツボがズレているというか、独特なのだ。なんでそういう発想をするのだろう、と思うことばかり。
おかげで僕の家にはいつも、笑いがあった。笑い声がしない日なんてなかった。
反抗期もなかった僕が、人生で一度だけ、母の言うことに逆らったのは「芸能人になる」といって東京へ出て行ったとき。
母が言ったように、芸能界は決して楽な世界ではなかった。楽しいこともあるけれど、つらいことやいやなこともたくさんあった。
------------

 

貧しくても、きれい好き。

きちんとした生き方。

笑いが絶えない家庭。

コロナ禍で経済が厳しくなり、何というか、お先真っ暗的な雰囲気が漂うこの時代、コロッケの母の教えには、これから努力すべき貴重なヒントがあるように感じる。

 

 

 

先日の日曜、知人がパソコンを1台増やしたいというので、お手伝いに行った。

事前に用意していたのは、DELL Core i5 16GB SSD 256GB 正規版Office付き Windows10Pro 64bit の中古デスクトップ。そして大型液晶モニター、メカニカルスイッチの高級キーボード付き、という組み合わせ、これで予算通りの3万円、かなりお得なセットだ。

CPUは少し前の世代だが、メモリは16GBと十分な上、新品SSD仕様なので、軽快に動作する。
セットアップ作業はあっという間に終わった。

それで、「可能なら動画編集もやりたい。」という。
詳しく尋ねると、教室で使う手作り教材の動画に「字幕を入れたい」とのこと。

動画編集ソフトは、有名どころもいろいろあるが、字幕さえ入れられればいいというので、ネット検索し物色していたら、「vrew」という字幕に特化した動画編集ソフトがあったので、それをダウンロード。試しに入れてみた。


https://vrew.voyagerx.com/ja/

そうしたら、これがすこぶる使いやすくて、びっくりした。

長所
●無料
●対応OSはWindows・Mac、iPhone・Android、Web版もある。
●操作が直感的で簡単、わかりやすい。


動画(MP4等)を読み込めば、AIが音声認識し自動で字幕をつけてくれる。
字幕の文字は、細かくクリップごとに表示されて、一目瞭然。
誤字の修正は、その文字にカーソルを合わせて直接入力するだけ。
文字の色や大きさ、フォントも変更可能。
動画内の無音部分を自動カットすることもできる。
クリップごとに画像の挿入も可能。
字幕を追加した動画のMP4ファイル書き出し。

 


また、字幕のテキストファイルのみの書き出しも可能なので、テープ起こし、文字起こしソフトとして利用可能。例えば、mp3などの音声ファイルの場合でも、mp4の動画ファイルに変更してからこのソフトに入れれば、自動で文字起こししてくれるので、誤字の修正だけ手作業で行えばよい。

 

字幕に特化した動画編集ソフトだが、テープ起こし作業の大幅な時間短縮にも効果的なツールになりそうだ。

短所としては、
●韓国製ソフトらしい

VoyagerX inc
https://www.voyagerx.com/?lang=ja

 

●ネットが接続されていないと使えないかも
というあたりでしょうか。

 

しかし、技術は知らない間に進歩していくなぁ…。

つい先頃、OSのWindows365も発表されて、何かとオンライン型、クラウド型、サブスク型になっていく傾向になりつつあるみたいだが、良い悪いは別で、時代の移り変わりを強く感じてしまった。


今年の夏も、事務所の夏さ対策として、東面の窓側に「アルミスクリーン製のよしず」を立てかけている。

 

 

 

風に吹かれるとバタつくので、先日、よしずの上部を壁に固定することにした。

ハシゴに登って、ペンチを使って、ステンレスの針金でくくり付ける作業を始めた。

 

途中、ハシゴの位置を変えようと、いったん降りて、ハシゴを横へ移動させた時…、頭に軽い衝撃があり、何かが当たったようで、痛みが走った。

 

落ちたものを見ると、それはペンチだった。

なんと、ハシゴの上に、とりあえず置いたペンチが落ちて来て、自分の頭を直撃したみたい。(^_^;

頭を押さえた手を見ると、真っ赤な血がべっとり。

出血してる、これはヤバいかも!? あわてて洗い場に走り、鏡でキズをみようとするけど、ケガの場所が後頭部だったため、洗面所の鏡ではよく確認できなかった。

 

しかたがないので、自宅に帰り、頭を軽く洗ってから、おそるおそる後頭部を確認すると、どうやら1cmもないキリ傷で、ペンチが頭をかすめた程度で済んだようだった。

あと数センチずれて頭上に落ちていたら…、と思うと、ぞっとした。

 

で、作業を再開すると、何だか、やけにハチが寄ってくる!?

見上げると、なんと至近距離にハチの巣が!!!

 

あいにく駆除用のスプレーがなかったので、今度はハチの巣用のスプレーを買いに走り、長袖の服装に着替えて、ハチの巣の駆除作業を行ったという次第。

 

 

ちょっとした休日の軽い作業のつもりが、延々と長時間かかってしまった。

 

油断大敵、気をつけなければ。

 

 

ガレージ改・事務所の暑さ対策。すりガラス編
https://ameblo.jp/shopustart/entry-12395568388.html

ガレージ改・事務所の暑さ対策。よしず編
https://ameblo.jp/shopustart/entry-12395389608.html

 

 

 

USB電源をON/OFFする小型スイッチケーブルです。

 

 

 

 

全長29cm、両端はUSBのオス、メスとなっています。

 

真ん中にあるスイッチは、押すたびにオン、オフが切り替わるプッシュ式です。
普通のUSBケーブルの先端に付けられます。BIGFANに限らずUSBバッテリー充電やUSBライトなど、さまざまな環境で気軽に使うことができます。

 

商品名:USBA-Switch
JAN:4943508091810

●USB A(オス)-- USB A(メス)
●ケーブル中央にON/OFFスイッチ
●サイズ・重量:全長290mm・21g
●素材:プラスチック樹脂
●通電専用スイッチのため、データ通信(リンク)には対応しません。

 

 

電子工作や教育実習用に最適なコンパクトサイズの直流電源です。

 

こちらのショップユーYahoo店にて販売しています。
↓↓
【中古】未使用品 サンハヤト Sunhayato 実験用直流電源 DK-910
https://store.shopping.yahoo.co.jp/vshopu/u217-1901.html

 


【この商品のポイント】
出力電圧を1.5〜15Vまで8段階に可変できます、ロータリーセレクト方式なのでさまざまな用途に使えます。

未使用品ですが、買取商品のため保証書なし、メーカー保証ありません。説明書は付属しています。外箱などに若干の汚れ等がある場合があります、あらかじめご了承ください。(店長)

 


定格入力電圧:AC 100V 50/60Hz
定格出力電圧:1.5V、3V、3.3V、5V、6V、9V、12V、15Vから選択。誤差±5%最大出力電流:0.8A
外形寸法:W91×D164×H93mm
質量:1.4kg
適用規格:電気用品安全法対応

※メーカーHP
実験用直流電源 DK-910
https://www.sunhayato.co.jp/material2/ett02/item_926
メーカー価格:12,870円(税込)の品です。



玄関先で、
脱皮中のセミに出くわした。

 

 

しかも、なんと、このセミがへばりついているのは、自転車のタイヤ!!

まさに、命がけの脱皮。

 

 

おまえ、すごいなぁ~!

ガンバレ~!

なんとしても、生き残れよ~!!

 

思わず、真剣に応援してしまった。