トラウマケアとその考え方

テーマ:
福岡大学 精神医学教室の 斎藤陽子先生のお話を聞きました。
 
 
斉藤先生はPTSD治療の認定セラピストで、
専門に外来を受けてらっしゃる数少ないトラウマのプロ。
 
教えていただいたことと、感じたことを、書いてみました。
長いのですが、よかったらご覧ください。
感想・・・★
 
===
・発達障害とトラウマの影響は似ている。
 
発達障害とトラウマの影響による症状は似ていて、
特にトラウマの場合、その人(子ども)自身が周りに分からないよう
カモフラージュすることもあり、区別を難しくさせています。
 
成育歴、養育環境、養育の時の難しさなどを慎重に
見ていくことで、発達障害との区別ができます。
 
「もしやトラウマ?」という「トラウマレンズ」を通して症状を見
区別して診断できる医師は、まだ少数。
 
★「トラウマかな?」と感じる時には、トラウマについてよく理解した
医師を選んで相談することが大事なようです。
 

・逆境的環境で育った子どもの特徴
 
自分の感情を気づくこと、言葉にして表すこと、感情のコントロールが苦手です。
 
自分の感情をコントロールできず、予測もできず、急上昇したり
急降下をしたりして、無力感に襲われます。
そんな自分で自分の気持ちが分からない、伝えられない、制御できない
苦しさを味わっている子に、相手の気持ちを考えることは、難しすぎること。
 
なので、「相手の気持ちを考えてごらん」は禁句。
 
この子は大変な環境で育った、体験をしてきたんだなと思う子、
厄介な行動が目立つ子に対して、どう接したらいいんだろうと思ったとき、
「感情を育てること」を意識するといいそうです。
 
どんな気持ちでも(殺してやりたい!!というような反社会的なものでも!)
気持ちが気持ちである限り、害はありません。
感情にはとことん共感し代弁するのはOK。(でも行為には共感を示さない)
 
例:むかむかして、怒りで殺してやりたくなる!
→ そんなことがあったら本当に腹立つよね。怒って苦しくなるよね。
 
また、どんなひどい気持ちでも、時間が経てば必ず終わることを
気づかせてあげる。
 
もしかしたら、自分は誰にも理解されないと思っている、
自分の反応がおかしい、ダメだと思っている子。
 
その子の感情を代弁したり、共感したり、その反応はおかしくない
(自分を守るために体が自然にそうしているんだよ)と気付かせて
あげることがいいそうです。
 
★まずは、その子が安心して、自分の心の声、感情に気づくのを助けること
ジャッジせず、まずは受け止めること
ライフスキル教育の「お絵かき」のコーディネーター研修で
奥村先生が、まず受け止めることの重要性を言われていました。
あの極意が役立ちそうです。

・チャイルド・マルトリートメント
 
日々の生活で繰り返され、長期間に及ぶ、不適切な関わり。
虐待とは言い切れないようなものも含まれます。

こうした関わり方や扱いを受けると、ストレスホルモンである
コルチゾールが慢性的に放出されて、
脳の中の扁桃体(警報スイッチ)が暴走し、視覚、聴覚、
知的能力、語彙力などに影響します。
 
★フィリピンで仕事をしていた時、困難を抱えている子どもや
そのご家族と接するとき、なぜこうも、みんな会話が続かないのか、
語彙が出ないのか、一貫性、論理性に欠け、聞き取りが難しいのか、
その共通性を感じていました。
そしてそれを、子ども時代の栄養不足と片づけてしまうことが多々ありました。
 
置かれた環境や体験によって、自分の感情への気付きが弱くなり、
言語化できず、制御できない…すごく腑に落ちます。
 

・トラウマ反応
 
過酷な体験をしても、体験者の多くは、自然に回復します。
でも、災害では数%、性暴力では60%、PTSDに苦しむと言われています。
 
トラウマ反応となって残ってしまうかどうかは、
その「こと」が決めるのではなく、その人が自然に回復できたか
そうではなかったかの違い。
 
1年後の時点で軽減していない場合は、治療しない限り、
その苦しみはずっと続くのだそうです。
 
★実際は、苦しむことがあっても、病院まで行かないケースの方が
多いのでしょうね。上記の数値は一部かもしれません。
災害、目で見る、耳で聞く暴力、抑圧…人は(私自分を含め)
誰しも大なり小なり、自分の中だけで自然回復させられなかった
トラウマ反応を抱えているものかもしれません。
 

・成長後の問題行動とマルトリートメント、トラウマ
 
トラウマやマルトリートメント、つまり環境が、脳の機能低下を起こし、
これらに影響しています。
 
勉強できない、言葉にできない、いじめ、非行、不登校。
 
★決めつけはいけませんが、もしや背後にトラウマの影がないか、
トラウマレンズで見てみる大人が、周りに1人でも多くいると
その子の対応は変わるのかもしれません。
 
ACE研究では、勉強や行動だけでなく、
健康・病気との関係も指摘しています。
肥満、肺の疾患、鬱などなど。
 
 
・希望 - 脳の可塑性
 
安定した環境、安心できる大人の存在で、脳は回復を見せてくれます。
特に子どもの間の可塑性は目覚ましいもの。
 
★一人でも多く、信頼できる、安心できる、受け止めてくれる大人が、
増えるといいです。
 
そうなりたいです。
 
でも、その大人自身、自分で自分を安心、安定させていられる
大人でなくてはいけないんですよね。
セルフケア、とっても大事です。

 
・トラウマ・インフォームド・ケア(Trauma informed Care TIC)
 
トラウマや逆境的体験が及ぼす影響について、知識を持った人が
増えていくことが大切。
 
★専門医師でなくても、情報としてトラウマを知っている人が増えることで、
子どもを、大人になっても苦しみ続けている人を取り巻く環境が
少しづつ変わってくるでしょう。
「知ったら変わる」これは、他の様々なことで証明済みですよね。
 
・心をけがしたんじゃない?
 
「心をけがしたんじゃない?」
「あなたがダメなんじゃないよ」
「けがしているからうまくいかないだけ」
 
心の免疫力を高める、言葉がけ。心理教育。
 
★自分に起きたことを認知し、感情に気づき、その反応が
自然な反応であることを認める、それを何度でも繰り返し、定着させていく。
癒やしや回復には、安心して話せる人と一緒に、
自分自身で受け止める作業を繰り返し行うことが、効果的なようです。
 
 
・役立つ絵本(先生おすすめ!)
 
ねえ、話してみて
こわい目にあったアライグマくん
さよなら、ねずみちゃん
 
いずれも誠信書房
 
===
以上が、とっても有意義な2時間半の講座のごく一部と
その感想でした。
 
おしまいに・・・
 
子どもも大人も、自分の感情に気づくこと、
それが表現され、誰かに認められたという気持ちになると
「安心」しますよね。

でも、助けたい、力になりたいと思っても、自分の心が
安定していないと、かえって助けたい人の不安を高めてしまう
ことになるかもしれません。
不安や恐れがうつってしまったりすることは
支援や治療の現場ではよく見られること。
 
セルフケアが大事です。
 
自分で自分の心の声に耳をすませ、それを言葉にしてみること
そんな練習からやってみるといいかもしれません。
 
心の声を聴く、体の声を聴く、感覚から感情をコントロールする…
有効性をまた強く実感した夜でした。
 

今回の講座は、「子ども家庭応援(おせっかい)ワーカー養成講座2018」の
第7回目「トラウマケアとメンタルヘルス」の会でした。
全13回の講座の紹介文の冒頭には、こんなことが書いてあります。
 
「子どもの虐待が増加していく中で、地域にもっと子どもや家庭を応援する人が
必要だと考えるようになりました。困ったときに近くにいて支えてくれる、
面倒見のよいおじさんやおばさんが必要です。そのおじさんやおばさんが、
子ども家庭福祉や支援の専門的な知識やスキルをもっていると、より安全です。」
 
こんな気持ちがベースになっている学びの場。
 
40名定員の連続講座ですが、単発でも聴講可能(1回1000円)で、
私もそれで参加させてもらいました。
主催はワーカーズコープ九州沖縄事業部です。
 
素晴らしい、講座でした。
山口さん、日下さん、斉藤先生、ありがとうございました。
 
 
児童養護施設を出た後も、生きづらさを抱え、
社会の中で様々な問題に遭遇する若い人たち。
 
彼らを支える団体が全国各地にできているのですが、
今回、それをつなぐ輪、全国ネットワークが生まれ、
「えんじゅ」と名付けられ、活動が始まりました。
 
素晴らしい働きをされている人たちが
全国各地におられると知り、勇気づけられました。
 
基調講演は奥田知志先生。
胸に染みたことばを紹介します。
 
===
きずなということばの中には、傷(きず)が含まれている。
傷なくして、きずなは生まれない。
傷つきながら、きずなが深まる。
傷つくことを恐れてばかりいた結果、
今のような社会からの孤立の問題が
大きくなってしまっているのではないか。
===
 
家族は、ある、ないではない。
家族は、なるか、ならないか。
===
 
問題解決、PDCA、って何?
解決するがゴールじゃない、一緒に生きるがゴール
===
 
クロノス・・・時計の時間
カイロス・・・神さまが決めた時
===
 
今回は大学の用事で東京に行き、たまたま
タイミングがあったのでシンポジウムに行きました。
 
このタイミングで、こうした言葉に出会えるというのも、
「カイロス」だったのかもしれません。
 
会場では、福岡で先駆けて子ども食堂やユース支援の
活動をしていらした坪井恵子さんや、
10年以上ソルト支援をして下さっている久世さんとも、
お目にかかることができ、嬉しい偶然が重なりました。
 
福岡に戻る便の都合で、途中退席となってしまったのは
残念だったのですが、短い時間でも、行ってよかった催しでした。
 
傷つくことを恐れず
関わり、関わられ
一緒に生きていく
 
愛だな。
 
 
ホームページ: http://enjunet.org/
フェイスブック:https://www.facebook.com/enju2018/
 
 
子ども時代に不幸な体験をしたり
(Adverse Childhood Experience:ACE)
間違った扱いを受けたり
(Maltreatment)
育つのにふさわしい環境にいれないと
 
そのことは、脳や体に跡を残し
健康、行動、学習能力に影響し
その後の人生に影を落としていきます。
 
ストレスの多い環境や環境への反応の仕方が
DNAの転写に影響を与え
陰は、その当事者だけでなく
次の世代、またその次の世代へと
受け継がれます(Epigenetics)
 
極度の貧困、格差、差別、暴力…
個々の家庭の話だけで完結することではなく
学校や職場、地域、社会、国家による圧力
経済による暴力、抑圧…
様々なものがトラウマの種になっています。
 
ACEやエピジェネティクスを知る度
私には
フィリピンで出会った子どもたち
特にいなくなっていった子どもたちや
家族の姿が頭に浮かびます。
 
腑に落ちることばかりです。
 
私自身や家族のことでも、そうです。
 
だから、もっと知りたい、
知ってもらいたいという
気持ちになるのでしょう。
 
トラウマが作られる背景や
それが深く脳や体に刻まれるメカニズムを知り
次世代に引き継がせないようにするために
何ができるのか
いまここから。
 
興味というアンテナをたてていると
入ってきます、そうした情報が。
 
ECHO Parenting and Educationもその一つ。
 
環境を変えることは容易ではありませんが、
その環境にあって、傷を受けたとしても
お互いを癒やし、再生し、
不幸の連鎖ではなく、幸せの創造を
していこうとしている人がいます。
探せば、世界に。
 
科学を分かりやすい言葉にし
惜しげなくリソースを提供してくれる団体です。
よかったら、見てみてください。
福井大学子どものこころの発達研究センター教授の小児神経科医、
友田明美先生が、朝日新聞のフロントランナーに掲載されていました。
 
大人の不適切なかかわりによって子どもの脳が傷つくことを発信し、
治療と同時に、親への支援、社会全体でのおせっかいを
推奨していらっしゃる尊敬する先生です。
 
 
先生のTEDスピーチはこちら。
医師として、お母さんとして、
あたたかいお人柄も伝わってくるようです。
ぜひどうぞ。

 

 

友田先生は、インターンシップの行先を決める時、進路を考える時

助けていただきました。

 

改めて思います。

 

変わるのは、おとなから。

子どもたちのため
支え、守られるべきは、親、おとな。
 

試されているのは、自分

テーマ:
何度も読み返したくなる本があります。
この本もその一冊。
 
東田直樹さんの
「あるがままに自閉症です」
 
東田さんが18才の時
心の中に浮かぶ言葉を綴ったものです。
 
心が豊かになるような
切なくなるような言葉が
並んでいます。
 
教わること、気付かされることが
とても多くて、
だからきっと自閉症という枠を超え、
国を超えて
たくさんの人に読まれているのでしょうね。
 
読むたびに発見があります。
 
今日、今の私に響く1節はこれでした。
紹介します。
 
===
 
通じる
 
心が通じていると感じるのは、
相手との関係において、
とても重要ではないでしょうか。
 
話せない人にとっては、
話せないことが日常です。
 
話せない自分が、ありのままの自分なのです。
感覚的には、普通の人と違うところもあるかも
しれませんが、普通の人と別の種類の人間では
ないのです。
 
心が通じるということは、自分の思いを相手に
理解してもらうことではありません。
 
自閉症の人に対して、伝えたいことが
伝わらないのは、言葉が通じないという
理由だけではないと思います。
 
相手が心を開こうとしているのか、
相手も自分と同じように
心を通わせたいと考えているのか
 
そのことを忘れてはいないでしょうか。
 
本当に話せる人が何でもわかっている人で、
話せない人が何にもわからない人
なのでしょうか。
 
試されているのは、
自分の方かもしれないということを
忘れないでください。
 
===
 
おすすめしたい1冊です。