『アテネのタイモン』リーディング公演ご来場の皆様、ありがとうございました。

今回得られた知見をもとに、少し時間をかけて、萬斎さんと相談しつつ狂言化してまいりたいと思います。

そして本日、シビウ国際演劇祭芸術監督キリヤック氏の講演会にご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

氏の激しく熱いエネルギーに圧倒されっぱなしでした。シビウ国際演劇祭、みんなで行きましょう!!!

 

さて、今年最後のNTLive語る会は以下のように決定しました!

先回は、知り合いの演劇関係者もいらしてくださっていて、何気ない会釈だけで失礼しましたがとてもつながっている感じがして、ありがたかったです。きちんとご挨拶していない方が大勢いてごめんなさい。でも、芝居という同じものをいっしょにじっと見つめて、時々その芝居について言葉を交わし合う関係を維持しようよっていうのが、語る会のようにも思う。

それってすごい幸せなことだよね。ただ芝居を観るだけじゃなくて、しっかり語り合うことで、自分の観方が一面的でしかなかったことを知り、自分の新たな生き方の一部に組み込むことすら可能かもしれないこと。シビウ国際演劇祭芸術監督キリヤック氏が演劇が経済的効果ももたらしているのだと強調していたけれど、国民全員が演劇を観て語ることの意義深さを知ったら、とても文化的な理想的な国になると思う。

語る会の輪を少しずつでも大きくするのにご協力ください!!!

まだ未参加の方は、ぜひ一度ご来場ください。「あなた自身が考え始めること」のきっかけを得るために。

語る会は、考える場です。私自身、いつも発見をいただいています。

なお、先回の語る会から日本シェイクスピア協会の共催をいただいています。協会では来年度9月に会員限定のイベントを企画しますので、今から来年度参加としてご登録下さい(どなたでも)。こちら。今年はもう終わっちゃいますので、2020年度分と記してください。

]

 

UTokyoBilioPlazaに『シェイクスピアの正体』が掲載されました。こちら。英語はこちら

読んでみてください。