カラダに優しくおいしいスイーツお届けします!

カラダに優しくおいしいスイーツお届けします!

アトピーやアレルギーでも美味しいスイーツ食べたい!
美味しいだけじゃない。カラダも喜ぶスイーツを愛情こめてお届けします。
安心して食べていただけるよう、素材にこだわって作っていきます♪


こんばんは。
ここ数日は梅雨らしく雨の日が続いていたことと、娘が体調を崩したり色々と予定がありなかなか落ち着いて見に行けなかった畑。
今日久しぶりに梅雨の晴れ間が広がり、夫と共に作業してきました。



4月と5月に種まきして、初期の草取りまで終わらせていた落花生。
順調に成長してくれており、可愛い黄色の花が次々に咲いています!


ただ、栽培している作物が元気ということは、周りの草たちも元気ということです笑い泣き
前回5月22日に投稿した草取り完了の時と随分様子が変わり、緑の範囲が広がっていますアセアセ
でもこれは想定内の出来事。落花生の株元の草は小麦藁など敷いていたため、だいぶ抑えられています。

写真両脇の草が生えている部分は通路部分。

これからの時期は咲いた花が地中に潜っていくタイミングですので、落花生の植わっているゾーンはあまりいじらずそっとしておいた方が良いため、ちょこちょこ出てきている大きい草だけ取って様子を見ていきます。

順調にいけば、8月のお盆の頃に収穫予定です。その後、調整などして初秋にはお菓子や念願のピーナッツバターに加工して皆さんにお届けできればと考えています。
お楽しみにラブ






こんばんは。
今週末は店舗での予約販売の為、今日はクッキー類の製造でしたが、週の前半は栽培中の落花生の手入れをしてきました!


4月11日に種まきをした落花生
どこにあるのか?と思われそうですが、ここに落花生はしっかりと育っていますにやり
当店のあたりは鳩が多く、出芽したばかりの落花生を見つけるとすぐに食べられてしまう為、ネットを張って守っていました。

ネットを外すと。
ほら!なんとなく落花生の植わっているラインが見えて来ますよね。
5月に入り気温が上がって来て、雨も十分に降ってくれた為、落花生はすくすく育って来ていますが、それと共に草もどんどん生えて来ています。


当店の畑では、農薬と化学肥料はもちろん、動物性の堆肥は使いません。
その為、畑の中に生えた草は刈って作物の周りに敷き、それを肥料として栽培する方法をとっています。しかし落花生の場合は少し方法を変えて栽培しています。


理由として落花生は花が咲き、それが枯れ、子房柄というものが土に潜っていき地中で鞘を膨らませて実が付く作物です。
土にびっしりと草が生えた状態だとうまくその子房柄が土に刺さって行かず、実がしっかり育ってくれない為、毎年栽培初期の除草は根っこから抜く方法で丁寧に行なっています。
(もちろん根から抜いたこの草たちも積んでおいて、堆肥として活かしています。)



びっしり生えているので、結構根気のいる作業です。
でも育ってくれている落花生を見ると頑張れます!

約2日かけてやっと4月11日に種まきを行った第一陣の除草が終わりました〜!


除草したところには乾燥を防いだり、雨による泥のはね返り防止の為、先日刈り取った小麦藁を敷いて保護してあげます。
これでひとまずホッとしました。

しかし、左手に見える草のゾーンには、5月1日に種まきした第二陣の落花生が控えていますアセアセ


4月は気温が上がらずゆっくり成長した第一陣とは違い、暖かく雨も十分に降った5月に蒔いた第二陣の成長は早く、それに伴って草取りも早めにしなくてはいけなさそうです。
(来週はまた落花生の草取りに追われそう笑い泣き

全て手作業の為、指が痛くなったりきつい面もありますが、今回除草したところの落花生、ちらほら花が咲いていて嬉しくなりました!
いいタイミングで除草が出来て良かったな!


このまま順調に育ってくれますように。

こんにちは。今日は雨降りの鹿児島県です。
ゴールデンウィーク明けの7、8日に栽培中の小麦の刈り取り&脱穀作業を済ませる予定にしていましたが、予想外の事態が起こりだいぶ遅れて昨日やっと刈り取りだけ終える事ができました。
五月晴れ!とても気持ちのいいお天気でした!



しっかりと熟して刈り取りのタイミング的にはバッチリでした!


ではなぜ作業予定が大幅に遅れたかというと…
草です。春先から心配していた草の勢いがやはりもの凄く…

小麦を刈るためのバインダーという機械に草が絡みついて小麦をうまく刈り取れず、小麦と小麦の間の草を鎌で刈り除く作業の手間が加わったことでだいぶ予定がずれ込んだのですアセアセ

刈り取りしていた数日は急に夏の様な日差しになり、絶好の小麦刈り日和ではあったのですが、その間にも小麦の乾燥が進み作業の後半には穂からポロポロ実が落ちるくらいまでになっていました。


そしてその落ちた実を鳩が食べに来たり、まだ穂についているものをスズメが突きに来たり。。。
初めは『来ないでくれー!』と思ったりもしましたが、次第にみんなで分け合って食べればいいか。と開き直っての作業となりました笑い泣き
↑小麦ばたけ横の民家屋根から見る鳩の群れ

なんでここまで草に悩まされたのか?私なりの見解としては、本来小麦は寒い時期に根を伸ばし、その根の近くには他の草はあまり茂らないものなのです。
しかし、今年の冬は暖かかったため、小麦が思う様に根を張れず、他の植物(ここでは雑草)が繁茂してしまったのではないかと考えています。

今年の冬は寒くなく過ごしやすかったぁと思う方もいるかもしれないのですが、自然はよく出来ていて、やっぱり冬は寒く夏は暑くなってくれないと、作物はうまく育ってくれないのでしょうね。


こういう経験であったり、ここ数年特に感じる異常気象によって以前にも増して環境問題にも興味を持つ様になってきました。

作物を育て、お菓子を作ってお届けするのが私たちの仕事ではあるのですが、それによって出てしまうゴミの事だとか。
今後お菓子の包装や商品の販売方法なども見直して、少しでも環境に負担の少ないものづくりをしていけたらなと考えています。

話が少し逸れた感がありますが、とりあえず雨降り前に小麦の刈り取りだけは済み少しホッとしたところです。


昨日、雨降り前にとりあえず軽トラックの荷台に小麦は避難させブルーシートをかけて待機中。
梅雨入りしたのかな?と思えるほどこの先数日雨が続きそうですが…合間に脱穀作業まで済ませたいところです。

さぁ今年の小麦はどのくらいとれるのでしょうか!