『現場に飛び込み、声なき声を聴く!』 しげとく和彦のブログ -3ページ目

テーマ:

昨日朝7時からの仏教懇話会にて、「椅子座禅」を体験しました。
 
①まずはじめに骨盤を立て、背骨を自然に積み上げ、使いっぱなしの筋肉を解放しリラックスして座る「調身」。
 
②静かにゆっくりと呼吸をする「調息」。
  
③そして、様々なオモイにとらわれず、追いかけず、身体と息を調える「調心」。
 
の3ステップを椅子に座ったまま行います。
 
なるほど~と感じたのが、③の調心です。
座禅というと、雑念を払うとか、心を無にするとか、精神を統一するというイメージがあります。
 
しかし、そんなことを無理にする必要はないのだそうです。
 
座禅中に様々な想いが浮かぶのは、生きている限り当然のこと。
大切なのは、それを追いかけたり、とどめたりせず、遺憾だものはそのままそっと流して手放す。
これが「調心」の極意だそうです。
 
たった2分間でしたが、椅子座禅で、良い時間を過ごせました。ありがとうございます。

Ameba人気のブログ