柴田昌孝の『販売道 即 人道』

柴田昌孝の『販売道 即 人道』

『Naissance Communications Club(ネサンス・コミュニケーションズ・クラブ』接客、販売トレーナー(元アパレルグループ社長)の柴田昌孝のブログ

NEW !
テーマ:

笑顔なんていらない。感じ良ければ。


『笑顔が出せないスタッフにどう笑顔を出させたらいいですか?」


販売セミナーをすると、よく質疑応答に聴かれます。


僕は、必ずしも、笑顔が必要とは思っていないから、素直に(笑)、


「笑顔を無理にさせなくても、良いんじゃないですか。」と素直に答えています。(どんな、講師やねん!💦


僕の言いたい事を聴いてください。


仕事はなんでもそうなんですが。


やる事よりも、やる事の意味(目的)がわかれば、やる事が見えてきます(哲学かっ!σ(^_^;)


なぜ販売員は、笑顔をするのか?


の意味(目的)がわかれは、必ずしも笑顔じゃなくても良い、という事を言いたい。


何事も、やってる目的がわかれば、必ずしもそのやり方でなくてもいいんです。


わかりやすく考えると、


🚗で東京まで、行きなさい。


と言われたら、まず、車が、ある、ない、から、議論は始まりますが


東京に行く事が目的であるとわかれば


必ずしも、車でなくてもいい、とわかるはずです。


東京に到着するなら、新幹線🚅でも、飛行機✈️でも、最悪、スクーター🛵でも、歩いて🚶‍♂️でも良いのです。


だから、何のために笑顔するんですか?


感じの良い印象を作るため。これが目的。


ならば、必ずしも、気持ち悪い笑顔(失礼!)や、作り笑いや、ひきつり笑いを無理にする必要はありません。


僕は、満面の笑みじゃなくても、顧客たくさんいたり、すごい売上の店員をたーくさん見てますから。


ただ、これだけは、忘れないで!


『笑顔なくてもよいけど、絶対に、感じ良くね』


これは、前例にあてはめると


『別に🚗車じゃなくてもいいから、東京には、絶対に、来てね』と同じです。


こう考えれば、


僕の冒頭の言葉の意味がわかるでしょう。


無理に、気持ち悪い笑顔で、相手を不快にさせるなら、笑顔じゃなくても、感じの良い自分を表現すればいいですよ。


個性とは、目的が同じだが、それぞれのやり方の違いをさす。


極論いえば、笑顔じゃなくても、その人にあった『感じ良さ』であれば、いい。それが個性。


カッコいいの条件は、キムタクじゃないでしょ(笑)。


目的が、わかっていれば、


笑顔でなくても


マニュアル通りじゃなくても


いいんです。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の写真 → 帰る娘に、心づけ。


昨日、長女が、今日から仕事あるから、東京に帰った。(次女は、大学生だから、まだいる💦)


で、交通費+金欠援助金を、まーくん(自画像💦)を描いた封筒で、渡す。


今回は、長女と次女に、ジャケットにネクタイ姿、きもの姿、のまーくん©️描きました。


気持ちは、目に見える方が、わかりやすい(笑)。


長女が24歳。次女が21歳。わかい頃、この子らのオムツ替えやら、沐浴をして風呂に入れてたと思うと、親心がわく。


子供はいつまで経っても子供だな。とつくづく。








テーマ:

販売は、だから難しい。(その1


販売員の教育というと、どうしてもマニュアルに頼りがちになります。


まぁ、最初は仕方ないにしろ、結局は、評価は、『マニュアル通りにやれてるか?どうか?』となり、


マニュアルを頭に完璧に叩きこんだ店員が、優秀となる。


果たしてそうですか?


例えば、こう言う事です。


1万円お買い上げで、ノベルティプレゼント。


マニュアル通りにすれば、1万円ちょうどの買い物客には、お渡しするが、


9.999円の方には、「申し訳ありません。1円足りないもので、お渡しできません」


となる。(極端にいえば。笑)


僕なら、

「うわ!1円足りないです!(笑)。でも、こんなに買っていただいてますから、入れときますね。また使ってください」


と、絶対に言う‼️間違いなく(笑)。顧客なら特に。


マニュアルを守らない。(笑)

(くれぐれも、誤解なきよう、お願いしますね、苦笑)


でも、『人仕事の教育』で1番難しいとこは、実はここ。


これを明文化できない。事。


大多数の店員に、ノベルティの説明するのに


1万円以上お買い上げの方に、渡してください。でも、顧客さんや、1万円くらいの方には、そっと渡してください」

なんて言えないし、もちろん文字にできない。


だいたい、1万くらいって、いくらからだ?

だいたい、顧客の定義はなんだ? 

だったら、1万以上って意味ないじゃん!


って事になる。


だから、僕の9999円のお客様にノベルティを渡した行動は、肯定できないんですよね。


教育上は。💦


だから、臨機応変な対応の、1番大切なとこは、教えられないんです。


でも、店員の、マニュアルにない臨機応変な対応こそ、1番大切なとこなのに、ですよ!


ここが、人仕事の教育、そして、販売の難しいとこだ。


だから、実際に顧客がたくさんいる販売員が、マニュアル通りか?といえば、逆の事が多い。


当たり前です。


タイプも、好みも、買い方も、違うお客様達を、マニュアルという、決まった接し方で対応しましょう!と言ってたら、顧客なんてできません。


たいてい、マニュアルにない臨機応変な対応に顧客つくりの秘訣がある。


人と深く関わる事に、マニュアルなんてないんです。


恋愛マニュアルなんて、実際その通りやっても、恋人できないっしょ?(笑)。むしろ、逆効果。


心理カウンセリングにも、マニュアルがあったら、ビックリでしょ。


結局は、対応を店員の技量に任せるって事自体が、危険だから(「何しでかすか」)、建前マニュアルが必要になってくる。


それだけのこと。


明文化しないことを、明文化しますが(笑)

『人と深く関わる、販売含め、全ての事に、マニュアルなんてない。 


これだけは、頭の隅に(真ん中でもいいですよ・笑)置いておいてください。


マニュアル覚えて、販売を覚えた事にはならない事を。


マニュアル否定じゃなく、

マニュアルは、まだ、道半ばです。


マニュアル通りしなくて、怒られてた僕でも、1億販売したのが、何よりの証明です。(苦笑)。


(このテーマは、後何回かやりたいです。今日は第1弾です。)

ーーーーーーーーーーーー

今日の写真「ピカソ買ったよ。」


僕は柄にもなく、絵画が好き。


今年、オランダの画家「フェルメール」の絵が来て、盛り上がってますが、前々回の10年前。


フェルメールの「牛乳を注ぐ女」が、六本木の新美術館に来た時も、むりやり、東京出張いれて、1人でみてきた。くらい、フェルメールは好き。


で、ピカソのスケッチ画レプリカ(複製画)をネットで買いました。題は、『dog』。(そのまんま。)


犬好きにはたまらん。しかも、A4サイズで、1900円!(額は別売)。

1900円で、ピカソを楽しむ。よくないっすか?


問題は、この絵が飾れる、素敵なシンプル空間がないことだな。(笑)。





テーマ:

客数は、接客を磨く。~不振な施設に学ぶ~


昨日、帰ってきた娘たちと、ランチしに、北陸の某商業施設に行きました。


三連休の初日。天気は、曇りのち晴れ。気温23度。最高の客数日和じゃないか!


と、ついアパレル社長目線で考えるのは、長年のしみついた癖(笑)。


特に、気温商材を売るアパレル専門店にとって、気温で考える癖は一生治りそうにもありません。(笑)


蛇足ですが、人間が1番過ごしやすく、気持ちよく感じる気温知ってますか?

科学的に裏付けもあるみたいですよ。


気温22‼️です。


ネットで「1番心地よい気温」で、検索してみてください!22度が、山ほどでますよ\(^o^)/


そう!実は、今なんです。


昨日なんです。今日なんです。


話を戻します。


そんな最中、さぞ客数がすごいだろうと思ったら、あれ?ズルッと(吉本新喜劇のズルッ、です。😰)。


大変言いづらいが、

お客さんが館内にいない。

いても、買物袋持ってない。(この施設は、いつも、予想を下回るので有名だが。💦


実は、この施設にも、社長時代、自社店舗で、出店してたので、だいたい予想したが、ここまで、実売日に、お客様がいないとは、、、。やってる人は、頭痛いな。(@_@)


そして、どの店入っても、声出しもなければ、店番?とききたくなるような(笑)、警備員な販売員ばかり。


(やはり、元社長、今流通の現場コンサルとして、この目線になる。苦笑)。


今日は、ズバッと、一言で、感じたまま言います‼️


『客数は、(店員の)接客を磨く!』


誤解なきよう聴いてもらえば


(たいてい)繁盛してる店の店員はいきいきしてる。


(この館では、スタバ店員がだんとつに感じよし


逆も然り。


(あまり書きたくないが。)客数のない店の店員は、客目線に欠ける。


ま、仮に、客数ない店に、すごいスキルの店員がいても、それはそれで、『宝の持ち腐れ』だが(失礼!苦笑)


お客様が、良き販売員を育ててくれるとは、この事だね。


客数ある店の店員は、より好循環が生まれ

客数ない店の店員は、より悪循環となる。


では、長くなる前に、ぼちぼち締めましょう(笑)。


鶏が先か🐔?卵が先か🥚

繁盛店が先か? 感じ良い接客が先か?


どちらにしても、お客様が入らない店の接客スキルと、繁盛店の接客スキルの差は広がるばかりだ。

 

そこで、まず、客数ない店にもっとも必要なのは、お客目線。


自分がお客様にどう映るか?


ここだけ考えて立ち振る舞いましょ。


だって、あなたの売れない店のドクターは


本部のマネージャーでも

商品部のディストリビューター(商品分配役)でも

館のフロア担当でも

コンサルでもない。


最高のドクターは、お客様ですよ!


だって、客数こそが、接客スキルを磨いてくれるのです。

ーーーーーーーーー

今日の写真『なんか、寒くない?』


最近、涼しくなった、ってよりも、寒い‼️ついに、羽織りものは当然ながら、長袖プルオーバーまで着た。


イギリス🇬🇧ラブ❤️な、僕の大好きブランド『ナイジェルケーボン』と、あの『フレッドペリー』がコラボした、プルオーバー薄地フリース。


羽織りなしで、快適に過ごせました。


今日の3連休中日も、アパレルは、売れそうですね!アパレル以外の業種は、便乗しちゃいましょう!では、皆様も、良い週末を‼️( ^_^)/~~~











テーマ:

好きだけなら、趣味の世界。


今日は、ワールドカップとオリンピックの違いから学びたい。


『店仕事に限らず


仕事と趣味の違い

プロとアマチュアの違い


それは、

結果が求められるか?否か?

だから、

お金を頂くレベルか?否か?

の違い。』


いつも講演で、僕が話してる事です。


仕事として、やる限り、我々は、数字から避けて通れません。(ここは絶対に押さえておきたい)


販売でお給与を頂く限りは。


『売上はないけど、販売が楽しいんです。』と言う店員とたまーに、出会うけど、僕は違うと思う。


販売は楽しい、販売が好き、なだけなら、副業の『フリーマーケット』で好きなだけ販売をしてください(笑)となる。


副業のフリマ販売と、正業の店頭販売は、違う。


著書にも書きましたが、売れないのは、店員の販売技量が、お金を頂くレベルではない。と言う事。


売上と言う数字が、お客様満足の唯一の証明だとしたならば、


『売上がないけど「販売が楽しい」』って店員は、自己満足にすぎないんです。


話は変わるが、今年のサッカー、ワールドカップのロシア大会。


我等、日本代表は、決勝トーナメントに進出する為に


ポーランド戦で、負けているにも関わらず、


残り時間をパス回しに使うと言う前代未聞の策に出た。


(あえて、試合に負けて、結果、勝つ的な)


記憶にまだ新しい。


その『?な勝ち』の賛否はわかれた。


『醜い勝ちよりも、美しい負け』の方がいい、


と大多数の日本人は思った。


その時の西野監督の言葉が全てを語る。

『我々は、プロとして、勝ちにこだわった』と。


プロ意識の名言!

ぼくは、この勝ち方、ありだと思う。プロである限りは。

プロサッカーの祭典『ワールドカップ』と、アマチュアの祭典『オリンピック』は違うんです。


ぼくは常々、『売りたいなら、売らない事』を唱える。講演でも、セミナーでも、コンサルでも、講師でも、著書でも、『月間ファッション販売』の寄稿でも。


が、『数字はいらない』と言った事は、一度もない。


『数字は、お客様が喜んだ副産物として、振り返ると必ず残るもの』と伝えているつもりです。


『急がば回れ歩道橋』と言う標語があるが、


なぜ、急いでるのに、目の前の道を横切らず、違う方向の歩道橋に向かうのか?


道を直接渡るより、結果的に早いから。


なぜ、まず売上を追わないのか?


売上をすぐ取りに行くより、お客様満足をまず考えた方が、売上には、早いから。


話を戻します。

どっかのCMみたいですが。

好きを形に!が求められます。


お客様が喜び、やりがいも持て、会社も喜び、

取引先も喜び。

そして、褒めてもらえて、貢献意識と承認欲求が満たされる。

さらに、お給与まで、頂ける。


そんな売上って、やっぱり大切。


最後に

店仕事やるかぎり、売上からは逃げられない。

ならば、楽しく売上をとれる考え方を学び、

身につけちゃいましょう。


それが1番、腹に落ちる

ーーーーーーーーーーーーーー

今日の写真。『長女と次女が帰ってきた。」


昨夜、東京で働く長女と、東京の女子大に通う次女が、3連休で、帰省。

北陸新幹線🚄の、新高岡駅まで迎えに行き、目の前のイオンで、食事した。


僕は、回転寿司を押したが、イタリアンの『ぶどうの木』になる。はー、今時の女子には、かなわん。(って、昔から、女性は強し)










テーマ:

誠意で収まらない大苦情ベスト5。~大苦情から学ぶ~


苦情は店には必ずおこる


理由は様々だが、大なり小なり。


が。大苦情になる原因のほとんどは、その対応のまずさです。苦情対応が、更なる苦情を、うむわけです。


だからこそ、苦情にどう対応するか?苦情をどう扱うか?でその店の店格がきまる、と言っても言い過ぎではないと思います。


が、ここで、どれだけ誠意を尽くした対応でも収まらない苦情がある。その事を販売員は知っておきましょう。


それは、お客様の自尊心(名誉)、プライドを傷つけた苦情です。


いわゆる、名誉毀損な苦情。法律違反にもなるくらいですから(💦


そこで、僕の30年の現場店仕事で、実際に起きた、おさまりきらなかった苦情を紹介したい。


(信じられないものも、ありますが、全て実話です。)


今日は、僕の頭に残る、収まらなかったベスト5苦情から学ぶ。


苦情度ベスト1

「太ったお客様を、妊婦と間違えた。」


我が社の学生アルバイトが起こした苦情。


段差のある試着室に、太ったお客様を誘導する際に、「段差ありますから、つまづかないようにご注意ください。今、何ヶ月目なんですかぁ?」

と、聞いてしまった。思い込みはダメ‼️


苦情度ベスト2

「歳の離れた姉妹を、親子に間違えた。」


僕が、呉服新人時代に思い込みで起こした苦情。


15歳違いの姉と妹を、若い母親と娘に間違える。

当時の店長と2回謝罪に言ったが、許してもらえず。考えて発言する大切さを学びました。


苦情度ベスト3

「ご主人に内緒で買物されたお客様宅に、ハガキでサンキューレターを送った。」


我が社のパートさんが起こした苦情。


ハガキは誰でも読めますから。💦。

お客様は、2度と買物に来られませんでした。


苦情度ベスト4

「プレゼント包装した商品に、値札がついていた。」


我が社のアルバイトが起こした苦情。

お客様からの激怒り電話で気づく。当然、贈り主である購入されたお客様の顔に泥を塗った形となり、2度と来られなかった。


苦情度ベスト5

「地黒のお客様に「お客様は、肌が黒い方なので。」と言ってしまった。💦


入社1週間程度の試用期間社員が起こした苦情。


店員は、見た目に対する表現には特に注意を!言葉は、人を喜ばすが、逆に、苦情の種にもなります。


以上。


信じられないのもありますが、実話で、どれだけ謝っても、お許しいただけなかった苦情たち。


「覆水盆に返らず」ということわざ通り、1度言ってしまった失言は、戻りません。


特にお客様のプライド、名誉を傷つけた発言は、特にです。


お客様仕事は特にそこを肝に命じて、店に立ちましょう。


また、商品の傷なら、交換すれば苦情は収まりますが、お客様の心につけた傷は、誠意では収まらないこともある。


お客様が牙を剥かれたら、どうなるか。その姿を胸に、お客様に敬意を持って接客する事こそが、苦情の意義であると思う。


最後に

苦情を言ってくれるお客様(クレーマーは論外)ほど、大切に、ありがたく思いましょう。


店仕事30年から学びました。

ーーーーーーーーーーーー

今日の写真「注射は何回しても嫌だ!」


昨日は、病気の経過の定期診断日。

寒かったんで、パーカー着て病院に。学生ファッションやん!💦


いやー、毎回採血💉してますが、歯医者と注射は、なれることが、ない。


まぁ、注射が、イヤだーって言ってるうちは、まだ、幸せな患者な証拠ですね!笑







テーマ:

●AB型のすすめ。~「取り置き内金」を考える


「お取り置きさせて頂きますが、少しお内金頂けますか?」


これは、呉服販売でよく使われる、お取り置きしておくから、お金ください。ってシステム。


実は、僕は呉服販売の時代、これが嫌で、ほとんど言った事がない。(マニュアルには、言えと書いてある。)


僕はそれでよく店長に怒られた。👊


僕には、たかが取り置きにお金を頂く意味がわからなかった。


なんか、売ってあげるという「上から目線」を感じると共に、断るにも、お金を口実にまた来店させるという、企みが見え隠れして、好きになれなかった。


だいたい、買ってもいないのにお金を出す意味がわからん。と思った。


基本、取り置きして、戻って来られなくても、販売員に腕💪がなかっただけでしょ?が持論。


僕が、お客様だったら、嫌だ。


で、販売マニュアル無視してた!(^^;)。今思っても、扱いづらい新人。💦


AB型の僕は(💦)どうしても売り手思考が強い考えには、同居する反対思考(お客様目線)が働き「そりゃねーだろ!」となる。


まだ、お取り置き内金、って、やってるんですかね。わかりませんが。


僕が言いたいのは、販売員ほど、常にお客様目線を同居させながら、売上を考えないとダメだと思うんです。


自分がお客様なら?どう思う?


この思考をもち、売る事、売上を考えると、本当の販売が見えてくると、僕は信じてやみません。


間違った販売の世界の慣習がたくさんある。昔の「売ってあげる」時代の古い意味ない慣習。


そこで、相反する考えで、バランスを取る事は大切なんじゃないかな。


いつもは、相反するA型とB型を同居させ、嫌われるAB型ですが、こんないいとこもあります。(笑)


(昔から、AB型というと「えー‼️」と、あんまりいい記憶がありません。>_<


ようやく、タイトルに来ました。


販売員ほど、相反するお客様目線で考える。


「売る」立場と、「買う」立場を同居させよう。


AB型のように。(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーー

今日の写真。久々に綺麗な夕陽。


最近雨が続いてて、夕陽もなかったし、夕方散歩もしてなかった。昨日、久しぶりに、綺麗な夕陽みながら、ルクと散歩。


この時間が、1番落ち着く。






テーマ:

鑑定士から学ぶ。~本物を知る大切さ。~


人は、見たこともない事をイメージできない。


そして、頭に描けないイメージを具現化できない。


最初からズバッと結果から書きましたが、


売れる販売員が育たない理由の一つに、


売れる販売員を見たことがない。があると思う。


売れる店が作れない理由に、


売れる店を知らない。があると思う。


僕が恵まれていたのは、常に売れる店を見れた、その環境にあったからだと思う。


著書にも書きましたが

大学まで、地域1番店の実家で育ち、体感し、


大学は、日本1リーバイスが売れる、新宿ど真ん中のメンズでアルバイトをし、


就職してからは、呉服売上日本1位『やまと』の180店舗のNo. 1店舗で、販売を学んだ。


常に1番のつく店に学ばせてもらった。  

僕に売る才能があった訳じゃなく、

本物の店が目の前に、常にあり、

環境が育ててくれた。


話はいきなり変わりますが、


絵画や美術品の鑑定士は、本物か?偽物か?を見分ける際、


その訓練は、本物しかみない事らしいです。

本物を知らなければ、偽物は見抜けないからです。


本物に軸足を作り、偽物の違和感を感じる。


これに学ぶ事は、比較するものがあって初めて、ダメなものがわかるんです。


店仕事も一緒。


が、、残念ながら、売れる店が少ないのが現実。


だから、売れる店を見れる人が、今じゃまれ。


じゃどうするか。


売る販売員の話を聞いたり、売る店の話を聞いたり、


アパレルなら『月刊ファッション販売』を読んだり(日本で唯一のアパレル教育情報誌です。)


また、売れる店に行き体感したり、

売れる販売員の接客を受けたりして、


頭にイメージを描く練習をするんです。


そのイメージが具体的であればあるほど、目標が叶う確率は増します。


人は、頭の中に描いたイメージ目標に向かって走るからです。


イメージがなければ、走ることさえできません。


(この時、大切なのは、販売が大好きな人の販売じゃなく、販売で結果を出してる人の販売を受けましょう)


売れる店を知らないのに、売れる店を作れない。


売れる販売員をみた事ないのに、売れる販売員になれない。


だから。売る為の情報が大切なんです。


最後に言いたい事、まとめます!


目標を叶えたいなら

目標の具体的なイメージ像を作る。

目標の売れるとは何か、売れる店、人から学ぶ。


それが、一番早い。

------------------------------------------

今日の写真ひさびさの散歩!ファミマまで。


ここんとこ、雨で、散歩に行けてなかったので、今朝は気持ちいい散歩をしました。


いつもいいますが、朝日を浴びる事には、気持ち活性化する効果があるらしい。


僕の主治医いわく、

「お酒を、ストレス解消にする人は多いが。


お酒をやめ、夜飲んでた時間を、朝に回し、飲んでた時間を朝日を浴びる散歩につかう。


この方が、100倍ストレスがなくなる」


医学的に根拠あるみたいです。


主治医、信じてあるいてます。信じるものは救われる。(笑)!では!






テーマ:

本当に欲しければ、買う理由は、お客様が探す。


このブログで「我々、販売員の仕事は、買う理由を提案することです』と書きしたが、その進化系です。


お客様は、本当に欲しくなったら、買う理由なんて、自分から探し出して来られます。


例えば、僕の実例でいえば。


呉服チェーン「やまと」時代の事。


足袋を買いに来られた50代(?)くらいの女性に、足袋を買われたレジの後、


僕は、お着物を提案させてもらいました。


最初は

◎「見るだけよ。今日は、足袋買いに来ただけだから。」と、お客様。


僕は、

◎「もちろんです!気に入られても、買っちゃダメですよ(爆笑)。」(ガハハ・笑い声)


と、僕。接客が始まる。


そのうち、お客様の目が変わってきて、最後は、こう。


◎「どうしよう。欲しくなってきたわ。あー、もう!すぐに帰れば良かったわ!(笑いながら)


でも、実は、今日、亡くなった主人の命日なのよねー。なんか、主人が(着物に)出会わせてくれたのかしら(笑)。


これ、出会いと思って、買っておくわ。もー、柴田さんに出会わなきゃ良かったわ!(笑いながら)。』


お客様が、本当に欲しい商品と出会いを感じられた時、このようになります。


(1500円の足袋を買いに来られて、35万の買物をして、笑って帰られる。)


もちろん、ご主人様の命日だんて、僕は、知りませんでした。


お客様が、自分で自分に買う理由を探し出されたのです。


お酒好きが、何かと、飲む理由を探してくる、あれと一緒です。(例えが悪いなー・笑)


嬉しいことがあれば、祝い酒。


つらいことあれば、忘れ酒。


何もなければ、何事もなく過ごせた祝い酒。


(結局、365日飲める、理由を作り出す・笑)


話を戻します。(⌒-⌒; )

この売り方ができなければ、トップ販売員にはなれません。


この売り方ができれば、今日お店に出勤して良かった、と思います。


何を言いたいか。


売れる販売員は、欲しくなってもらう事だけに集中する事です。


売上は、その丘を登った先に見えます。


最初から売上は、見えない、考えない。まずは、何をすべきか?

売上の先に、そこが、きちんと整理できれば。


その時、あなたは、ありがとう」と言われるトップ販売員の入り口にいます。


是非、「出会わなきゃ良かったー」と笑って言われる販売員になってください。

ーーーーーーーーーーーーーー

今日の写真「早朝、足枕なルク」


今朝、ルクがやってきて、僕の股間に(表現がいやらしい。失礼❗️汗)、入り、足を枕に、考えごと⁉️


そのうち、寝た。起きようと思ったのに、起きれんやーん。そのうち、僕も二度寝。


なんか、幸せな時を感じた、犬バカです!







テーマ:

ダイヤモンドは、ダイヤモンドでしか磨けない

 

この言葉は、『やまと』社長から、僕の本を読んだ感想として、頂いた手紙の、しめくくりにあった言葉です。

(メールじゃなく、自筆の毛筆手紙ってとこが、やまとの社長らしい。)

 

(僕の著書の3分の1は、いまや呉服売上日本一の企業『やまと』での販売日記です。

 

その社長から、僕の本を読んで、「やまと、を宣伝してくれて、ありがとう」と、直筆の手紙を頂きました。)

 

文字通り、地球上で最も硬いダイヤモンドを磨くのは、同じダイヤモンドでしか、できない。って意味で、

 

(すいません。そのまんまで。(--;

 

人も、人でしか磨かれない。

 

人間力を成長させてくれるのも、人。

 

人の心を造るのも、人。

 

日々、誰と出会い、誰の言葉を食べて、体の血や、肉にしていくか。

 

それで、決まる。

 

『やまと』の社長から頂いた、最高のプレゼント。

 

すごく僕の好きな言葉です。

 

つくづく最近感じるのは、言葉は食べ物である、と。

 

食べた瞬間に、その効果はでないけど、

 

毎日、食べ続けると、必ず違いが表れる。

 

問題は、続くか?と、何を食べるか?

 

人は、毎日、ネガティブな人の言葉を聞き続けると(食べ続けると)、必ず、病む。

 

逆も、然り。

 

どうせ食べるなら、体に良い食品を食べたい

 

どうせ聴くなら、心に良い言葉を聴きたい

 

そう考えると、オーガニックで、ポジティブな食べ物(言葉)で、毎日、心の食べ物を提供し続ける、ブログにしたいと切に思います。

 

言葉は、力があります。

 

今日は、『やまと』の矢嶋社長からいただいた手紙から学ぶ。

 

ダイヤモンドは、ダイヤモンドでしか磨かれない。

人は、人でしか、磨かれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の写真昨日は、3年前に他界したJOYの命日。

 

JOYの命日に、花を🌸買ってきました。花🌸より、団子🍡な、愛犬でしたが、ま、命日ぐらいは、綺麗な花で。

 

 

 

JOY、またいつか会いましょう!それまで、こっちでがんばるわ!では!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーマ:

こんな会話の店員は嫌だー‼️~お客様目線


今日は、結構、「あるある」が好評だったんで、


リアルに、お客様から見た、ありがちな店員の会話を。


()内には、お客様の心情を表現して、ざっくり思いついた順にあげて見ました。


いつも着てるMサイズがなく、Lサイズを着て、やっぱ大きいな、って時

◎店員「オーバーサイズで着るのもいいですね!」とすすめる店員。(って、嘘つけ‼️・笑)


同じく、Mサイズなく、Sサイズ着た時「タイトな方がいいですね!」な店員。(嘘つけ。2回目・笑)


・柴田から→サイズだけは、真摯にダメならおすすめをやめましょう。そこ、信頼です。


★◎店員「お仕事は、何してらっしゃるんですか?」

◎店員「今日は、お車ですか?」

◎店員『お一人で来られたんですか?」

やたらと質問してくる割に、名札もなく、一切身元を明かさない店員

(人として、どーよ)


柴田より→ 名札しない店員は、お客様に聞く資格なし‼️


★◎店員『お住まいはここらへんなんですか?」

◎客『はい。●●です。」

◎店員『あ!僕、出張で、こっちに来てるんですよ。」

(じゃ、なんで、きいたん?・笑)


★◎店員『まだ、暑い日、続きますねー」

◎お客様『来週は、雨みたいですよ」

◎店員「へーっ。そうなんですね。」

…….….….….(沈黙)

(投げた話題ぐらい、拾えー。・苦笑)


★◎店員「何度か見にいらしてますよね。」

(少しこわい。)


★◎店員『僕も持ってます」な店員(だから?)

◎店員『最後の一点です」な店員(だから?2回目)

◎店員『なにかお探しですか?」な店員

(だいたい最初から言う人いねーだろ。)


★◎店員『こちら気に入ってる感じですか?」な店員。

(言わない(笑)。気に入ってるって言ったら、すすめるでしょ。)


★◎店員『よかったらお気軽にご試着~」な店員

(へりくだりすぎてて、逆に気軽に聞こえず、こわい)


★これまで強気販売してたが、店長には「はい、はい!」と敬語で話す店員。

(ってか、気づかいする方、逆だろ。・苦笑)


★◎お客様『どっちが似合うと思います?」

◎店員『逆にお客様はどっちがお好きです?」

(って、会話キャッチしよーよ。)


★◎お客様『どっちが似合うと思います?」

◎店員『逆にお客様はどっちがお好きです?」

(って、好きって言った方を「似合う」って言うでしょ!笑)


★◎店員『デニムシャツは、よく売れてますねー』

◎僕『えっ⁉️これシャンブレーシャツですよね」

◎店員『あー、そうですね。(軽い間があり)何にでも合わせやすいんで、よく出てますねー、」

と、明らかに知らない事は、「そうですねー」と、スルーする店員。(実話です)


★◎店員『デニムシャツは、よく売れてますねー」

◎僕『えっ⁉️これダンガリーシャツですよね」

◎店員『あー、そうですね。」

◎僕『いや、シャンブレーシャツか。」

◎店員『あ、はい。そうかな。」


と、ボロがでる店員。(いじわるな覆面調査の時の客僕。笑)


(実話です。シャンブレーと、ダンガリーシャツと、デニムシャツの違いぐらいは、カジュアルショップの店員は勉強しとこうね!某店員に)


★◎『似合ってるんですけどね。カッコいいですし」なクロージング店員。

(『似合ってる』と『カッコいい』だけですすめ。他に買う理由言えないのか笑)

(レディスの場合は、『可愛いー❤️』以外のおすすめ)


★◎お客様『あ!先日は、お見立ていろいろありがとう。パンツのお直しできてますか?」

◎店員『あ、はい。先日はありがとうございました!」

少しして

◎店員『間違いないか、確認のため、お名前と商品言っていただけますか?」

(って、絶対、名前おぼえてないだろ笑)


最後に、、、。先日もブログに書きましたが


★(ネイビーのカーディガン見てる僕に)

◎店員『そちら、ネイビーのカーディガンになりますね、はい。」(知ってる。笑)

◎店員『ボタンが4つのタイプになりますね」(知ってる)

◎店員『すごく柔らかい素材で、肌触りもいいです」(それも、わかる。)

(って、そのまんまな事しか言ってないやーん。(-⌒; )


以上。お客様目線、あるある会話編でした。


こう反対側から見ると、接客が、見えてくるでしょ。


さ、今日の店内会話、お客様にこう思われないような、会話で、


お客様を楽しませましょうよ。


三連休の中日。では、行ってらっしゃい。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の写真 三女と、映画行ってきました!


昨日は、娘(三女)から、上映されたら絶対に行きたい、とねだられてたプーさん実写版『プーと大人になった僕』を観てきました。


主役は、先週みた20年前の名作映画『トレインスポッティング』の主役のユアンマクレガー!


今回は、クリストファーロピン。ドラック中毒の若者役で、ブレイクして、いまや、ディズニー映画。両極端な演技。脱帽です。


大人になって忘れてしまったモノを、プーさん達が、思い出させてくれる、映画。


内容どおり、子供より大人が楽しめますね。


忘れ物。今の販売員に、1番必要な事です‼️是非、みてください!


僕は、ふみや眼鏡。娘はプーさんのロンT着て行った。どんだけプーさん好きやねん!笑。