魚作

テーマ:
ちょいと前のおもひで。



ススキノで北海道の美味しい魚を味わえる『魚作』さんでの一時。

まずは《お通し》の【はたはたの飯寿司】からのスタートですビール




【お刺身盛り合わせ】


『魚作』さんといえば、魚自慢のお店。

まずはお刺身を楽しみましょう。









【大ししゃもの天ぷら】


旬の本ししゃもですが、ここまでのビッグサイズはなかなかお目にかかれません。







【たちの変わり煮物椀】


実は〔おでん〕のブラッシュアップバージョン。
Notice! たち=真鱈の白子

おでんの汁ではなく、新たにひいた昆布出汁で〔吸い地〕を作っています。

特筆は出汁の美味しさと〈たち〉の火入れ。

啜った瞬間に感じる出汁のきれいさ、〈たち〉のとろける舌触りのおかげで尋常ぢゃない美味しさに。










【かにクリームコロッケ】


お店の名物。

やはり食べなくてはいけません(笑)。







【にしん漬け】


ここからは飲みモード。

北海道の郷土料理である《にしん漬け》。

上品な仕上がりで、この日のものは浅漬けぽくて、サラダのようにガンガン食べられます。









【玉子焼き】


大将のご厚意で出していただきました。

最高の酒の肴です。






いつも楽しく食事をさせていただいていますが、この日も色々な話題でお料理が一層美味しくなりました。

また日を改めてお邪魔します。

しみじみ

テーマ:


【こっさりしじみ正油ラーメン】@『しみじみ


ちょいと前のおもひで。

ずっと気になっていたラーメン店に初訪問。




場所柄〔味噌〕が一番人気のようですが、地元民なのであえて〔正油〕をチョイス。

《しじみ出汁》と《鶏白湯》を合わせたお店自慢のスープ。

これは飲んだ後にジャストフィットな一杯ですね🍜


深夜帯のラーメンは味が濃いことがほとんどですが、このお店は塩梅もスープの合わせ具合も実にバランスが良いのです💮。

あえてチャーシューを入れず、たっぷりの《岩のり》をトッピングしているのが、心憎いぢゃないですか。

麺が細めなのがスープとも合っていますし、なにより酔客には食べやすくてGOODですよ。




途中、卓上の【まほうのひとさじ】で味変させることを推奨しているんですが、これがとても美味し✨。

本当に「ひとさじ」入れることをオススメします!




次回はあっさり仕上げの《しじみ塩ラーメン》だなきゅぴーん

大番 北農店

テーマ:
【親子そば】を〔せいろ〕で。 



先日のランチ。

サラリーマンの強い味方、蕎麦居酒屋『大番』さんで《親子せいろ》を。


本来《親子せいろ》は券売機に設定されていません。

『北農店』だけかもしれませんが、〔温かいそば〕類は食券を店員さんに渡す際に「せいろでお願いします。」と伝えると汁と麺を分けて出してくださいます。


この〈親子そば〉、大きな塊の鶏肉が使われていましてボリューム感があるんですよ。

全体を覆っている玉子はふわふわで、辛めの汁と合わさってマイルドさが際立ちます。

アクセントに少しだけ細切りの〔ごぼう〕が入れられていまして、気に入っております。

当然、蕎麦はデフォルトでも一般的な大盛の量でやってきます。




食べ終わりますとかなりの満腹感。

また近々に伺います。

鮨処いちい

テーマ:
先日のおもひで。



すっかりお馴染み『鮨処いちい』さんでの一時。

この日はいつものパターンを少しだけ変更して、「おつまみ」よりも「握り」に重点を置いて出していただきました😁。



【水だこの酢の物】







【酒肴三点盛り】


〔穴子の煮こごり〕〔自家製からすみ〕〔熟成塩辛〕。

 








【いかのバター炒め】







【ししゃも】


さてここから、握りにスイッチ寿司
北海道ならではのネタですね。

右側が《生のししゃも》の握り。
左側が《ししゃもの昆布締め》の握り。

当然、どちらも美味しいのですよ。






【北寄貝・帆立・鮃・鮪】











【いわし・鯵・しめさば・にしん】







【いか・かんぱち・きんき・鮭】








《札幌産のクラフトジン》に合わせますのは……。





【玉子】







【うに・いくら】


〔いくら〕はやはり皮がやわらかいものでなくてはダメですよね。
もちろん、これはやわらかい逸品ですグッド!





この日も美味しく、楽しい時間をいただきました。

また近々にお邪魔しますウインク