シャローゲーム | 浅瀬男の本音(野尻湖&桧原湖ガイド)

浅瀬男の本音(野尻湖&桧原湖ガイド)

野尻湖&桧原湖プロガイド奧泉悠介の日常を。

台風後の桧原湖。



(浮いてる人にしか分からないけど)
全然、釣れないよね(*_*)




朝のフィーディングタイムの釣果が1日の釣果になってもおかしくない状況。




なので




朝しか釣れないから、早出してモーニングバイト狙いで!



朝だけは



釣れるんです(笑)







モーニングラッシュが終了してからは、長い長い無の時間。







ディープの4インチグラブのリアクションライトキャロで釣れた魚。
体は冬の魚のように曲がってました。


こーなってくると、リアクションが強くなるので

メタルジグのシューティングを試すと



獲れはしなかったものの、魚探の映像ではメタルジグを追い掛けまくり、好反応。


しかし、回遊の足が早く

出会うのが一苦労。




ここで得た情報が午後へと繋がります。




今年最後の『奥裏磐梯らぁめんや』の
塩らぁめん。
うまかった!また来年。





回遊の足が早く、出会ってもリアクションにしか反応しない。



しかしディープでは落とす時間が長いので効率が悪い。



ならばシャローのリアクションで出会いの効率を高める!




昔から桧原湖はそうなんだけど、全域の水が死んだ(台風やターンオーバー)時は、ウィンディーサイドのウィードエリアをスピナーベイトやシャッドを巻くとストロングになるんです。
(ウィードまわりは湧き水があったり、水質浄化が早い)





これがビンゴで、ウィンディーサイドのウィードエッジをシャッドのジャーキングで流していくと




いきなりヒット!







ビッグは43cm!
桧原湖では貴重なサイズ。





魚の体が曲がってるってことは、思うように体が動きにくいから、喰わせよりリアクションがストロング!



ナイスフィッシュが連発~♪




浅瀬男(シャローマン)は




シャローが得意っす。



トップから巻物、ビッグベイトからライトリグまで釣りの幅が広く




様々な釣りで楽しめるのが桧原湖の魅力☆
東北の楽園、最高です。





たくさんのTOP50選手から質問攻めな近日ですが(^-^)



長かった福島県生活も明日でラストです。



最後のガイドも楽しんでもらうぞ!



#桧原湖
#東北の楽園
#シャロー#浅瀬
#シャローマン#浅瀬男
#シャッド#ウィンディーサイド#ウィード
#これも釣りなんだよ
#2020年よりガイド料金値上がります
#安いうちに遊びに来てね