桧原湖ガイド最終日 | 浅瀬男の本音(野尻湖&桧原湖ガイド)

浅瀬男の本音(野尻湖&桧原湖ガイド)

野尻湖&桧原湖プロガイド奧泉悠介の日常を。

桧原湖ガイド最終日は


雨の恩恵で高活性!!!



40アップを皮切りに





連発モード突入☆




トップでボコボコ!





ボイル多発のナブラ状態!!!





中層をフワフワとサスペンドしてる個体には
ホットピンクのカットテールをカットしたライトキャロで中層攻め!






ライトキャロの中層攻めがハマリ



40アップのキロアップ!





今日一の魚は44cm1160g






ボイルが止んでも中層の映像はヤバかった!!!






次から次へと群れが入ってきて



ゲスト様はチャートの4インチグラブのライトキャロの中層攻めで連発ヒット!




入れ喰い~☆




僕はホットピンクのライトキャロ。









中層釣りは難しいけど、スモールでは必須テクニック。
(海釣りやると感覚が分かりやすいかも)




マーカーラインを使用することによって、釣りの基本である『タナ』をイメージしやすくなるので、中層釣りのライトキャロにはマストアイテムとなる
ザルツINDICATOR4ポンドを使用。
ちなみに、リーダーはフロロ8ポンド。



野尻湖、桧原湖ともに奥泉のライトキャロは
メインライン4ポンド、リーダー8ポンドと太めのスタイル。
(糸や針の大きさを変えても魚からの認識は変わらないので、釣果も変わりません)



糸や針を細く小さくすれば、魚が糸や針を見えなくなるというのはNOです。



小さくても大きくても、細くても太くても魚からは見えてます。


2ポンドが見えなくて、4ポンドが見えてるとか

マス針が大きい小さいで、見えてる見えてないなどは




どう変えても、スモールからは見えてます。



スモールが擬似餌を補食するかしないかは、もっと別の部分の話なんです(場所やタイミングなど)。







7時~11時までバンバン回遊してくるスモールを釣り続け、回遊が枯れたタイミングで移動。






午後は昨日見付けたシャローゲームを展開。
やっぱりシャッド強いねー!






シャローでも40アップ!








風とタイミングを見計らって、シャローのウィードエリアを巻き倒し



ポロポロと拾い釣り!
これにて、今年の桧原湖ガイドは全日程が無事に終了!









こっちに来てからの33日間は全て湖に浮き、釣りに釣って釣りまくりました。




今年も1ヶ月に渡る桧原湖ガイドをご利用してくださった皆様ありがとうございました。


また来年の桧原湖ガイドも楽しみにしてて下さい。



東北の楽園、最高でした。
さぁ、野尻湖へ帰ります!





#桧原湖
#東北の楽園
#ホットピンク#チャート
#ライトキャロ
#トップウォーター#ボイル
#シャッド
#釣れっ釣れの最終日
#雨の恩恵
#これも釣りなんだよ
#2020年よりガイド料金値上がります
#安いうちに遊びに来てね