宝石の「神秘」!「作り」の極意!

$宝石の「神秘」!「作り」の極意!

注文創作身飾品 企画 制作 販売

【SERAPH&Co.】

有限会社セラフアンドシーオー

http://www.seraph-co.com


                      

 
宝石を扱っています。

http://www.seforce.jp/


本職は貴金属製品の企画、制作、販売。

どのようなご要望にも出来る限りお答え致しますので、何なりとご質問下さい^^。

メールは

seraph@seraph-co.com

です☆


フェイスブック
https://www.facebook.com/akira.kono1

  • 13Aug
    • そろそろ石の話をしましょう。

      さて。GSP(giorosical servey of pakistan)と知己になったのは昨日書いた通り。早速ディレクターが、あるマインオーナーをご紹介下さいました。帰路途中にそのオーナーのオフィスが有るということで早速アポを取り快諾。お邪魔しました。様々な石を見たのですが、断然目に留まる美人が・・・・・・交渉。僕「これなんぼ?」オーナー「なんぼなら買う?」僕「batakundiの相場作ったの俺って知ってる?」オ「うん。知ってる。」このような会話が2分ほど。「最良のフーシャ・カシミールサファイア」仕入れ成功。4.36ctと大粒です。正直、これだけ透明度とブルーシルクが両立していて、インクルージョンがほとんど肉眼では見えない奇麗なフーシャなどなかなか有りません。これを入手するだけの為にパキスタン来いってんなら行くレベルですwwwさすがマインオーナーってのも有りますが、いやあ。。。これは思わぬサプライズでした。今回は仕入れる予定は無かったのですが、これは見たら買うでしょ、ってレベル。明日にでも出しますが、そんなに高価でも無いですよ。

      4
      テーマ:
    • ラーワルピンディに。6年ぶり。

      はいどうもこんばんわ。えーっと、どこからだっけ?あ、ケウラ岩塩鉱山まで書いたなwメッセでイスラマバードジェム&ミネラルショーに誘われて翌日行きました。FBやリアルで知り合いになっている業者多数wwwここでとてもめずらしい石に出会ったのですが、それはまた後ほど。この催しはパキスタン政府が取り仕切っているのですが、会場で政府機関の方と知り合いになりました。「GSP」(giological servey of pakistan) 日本語にするとパキスタン地下資源調査庁?とでも言いますか。そこのディレクターと。「良かったら明日オフィスに来いよ」と。無論断る理由などありません。パキスタンの地下資源(宝石に限らず、石油や石炭や希土類元素、塩など)のリサーチを行っている政府機関です。ここで「我々がことさら国家戦略において重要では無いと考える地下資源のデータは全部アキラに提供する」とのお約束を頂きました。パキスタン全土の宝石に関するマップデータも頂きました。特に頼んでも無いのにw。でもこれは大きな一歩です。パキスタン政府お墨付きでのリサーチ許可が出たのですから。実はパキスタンのジェムマインは殆どが私有地で、いかにGSPと言えどもその権利は侵害できません。しかしジェムマイナーの殆どはGSPは把握していますから、GSPを通じてマインオーナーを紹介してもらうことは可能。これものすごいアドバンテージです。恐らく今回最大の収穫。しかもアザド・カシミールへの入境も手配出来るとのこと。。。ニーラムのリサーチが出来る可能性がぐんと高まりました。実際にはGSPの一存では決められず、軍や中央政府のパーミットが当然必要なので簡単では有りません。しかし可能性の一つとして今回のステップは大きいのです。更に旅は続きますが、後はちょっとこの土地の歴史について余談ながらに書きましょう。ともかくここは「ガンダーラ」なのです。

      3
      テーマ:
  • 11Aug
    • 災い?転じて。

      さて続きです。ビザが災いしてフンザ方面へ行けなかった僕らは首都イスラマバードのお隣ラーワルピンディにやってきたのは昨日書きました。ここはパキスタンでの宝石取引の要衝ペシャワールから僅か2時間の場所。歴史的にもタキシラに殆ど含めてもいい、シルクロードの交易拠点で、最も栄えたアレキサンダー大王の時代から紀元後3世紀頃までは仏教の中心地でもありました。さてピンディ1日目。2012年に行けなかったケウラ岩塩鉱山に行ってみようと。世界第二位の埋蔵量を持つ塩の鉱山。人間には塩は必須ミネラルですが、それは取り込むものです。はたして四方を塩で囲まれる事が一体どれだけの人が経験できますか?笑。この坑道の中、これ岩じゃ有りません。100%岩塩ですwwwある程度塩分濃度が上がると生物は生存出来なくなります。このケウラ地域は恐らく20億年くらい前に早々に塩分濃度が上がって同時に鉄の還元作用が加わり含鉄塩が形成されたと推測されます。塩がピンク、赤、白、そして透明なのは長い時間を掛けて塩の堆積岩(堆積塩)が形成された証拠です。それが斜めに走っているのはプレートテクトニクスでこの辺りも隆起を繰り返したからですね。とにかく人間に必須のミネラル成分がとても豊富な岩塩なのは間違いありません。日本でもヒマラヤ岩塩として気軽に買えるのは嬉しいですね。で、ホテルに帰りました。無論日本で言う「御三家ホテル」の一つに相当するパールコンチネンタルホテルですから?wifiはしっかり繋がります。すると複数のパキスタン友人から「アキラはイスラマバードジェムアンドミネラルショーには来ないのか?」との連絡が。そんなもん有るって知らんがなwwwwwこれが大きな転機になろうとはその時は夢にも思っていませんでした。旅は続きます。

      3
      テーマ:
    • 旅は道連れ世は情け。

      続きです、そんなこんなでアボッタバードまで送ってくれた警察車両とは高速乗り口でお別れ。これが首都イスラマバードまで続くと僕らは当局の監視対象?とも取れるのですが、どうやらそういう事は無かった様子。ほっと一安心です。イスラマバードの隣りラーワルピンディのパールコンチネンタルホテルは僕のお気に入りのホテル。我が家に帰ってきた気分です。そしてこれから起こる出来事こそ災い転じて福となす、を具現化した様な出来事となります。フィールドと共に宝石を愛でるセラフの本領発揮と言いますか、とてもふしぎな縁で色々な導きが有りました。旅は続きます。

      2
      テーマ:
    • 続きです。

      なかなか寝付けないのはまだ興奮覚めやらないからでしょうか。チラースでの足止めから続きです。ギルギットの入り口チラースで入境拒否を食らったウチ夫婦としゅんすけ。特別許可でチラースで一泊しましたが、そもそもチラースはパキスタン屈指?の秘境です。インターネット回線もとても脆弱で連絡もなかなか取れない地域。有線電話すらまともに繋がらない地域です。フンザより酷いかも知れない。そんな中翌日、無事にパスポートを受け取り、一路左回りでカラコルム・ハイウェイ(以下KKH)を南に向けて走ります。チラースからべシャームまでのおおよそ8時間。これがマジ危険なのです。何が危険かは写真で見ていただきましょう。もうこれだけで分かると思いますがwww全部「崖」です。ランドスライド、つまり崖崩れは日常茶飯事。道路はいたる所が陥没。まあ中国の施工なのでとても雑なのもありますが、それにしてもとても「ハイウェイ」では有りません。むしろ日本の農道のほうがマシ。チラースからべシャームへのKKHの地図。この区間はとても危険です。フンザに行くならチラースまで飛んでる飛行機の利用を強くお勧めします。ナンガ・パルパットも飛行機から見えるのでそれだけでも価値があります。僕らはビジネスビザを不幸にも?取得していたので各所で検問。そのたびにパスポートチェックです。ビデオで顔写真まで撮られるんですが、そこはフレンドリーなパキスタン人。ついでに記念写真とか要求されて何だか緊張感ってのは殆ど無いんですよね。それもこの国の良さです。「おい!お前ら早くクルマに乗らねーか!」(警察のえらいさん)「俺は今タバコ吸ってるんだ。2~3分待てよ」(僕)サムズアップで快諾する警察のえらいさんwwwww。こんな感じの緩い会話が続きます。べシャームのPDTC(軍の駐屯地)は一般にも開放されている宿泊施設。日本で言うユースホステル的な施設です。これはパキスタン各所に有ってリーズナブルに宿泊出来ます。そこで一泊。するとべシャームからなんと警察の警護付きでの旅が始まりました。前のトラックが警察車両です。リレー形式で工事中のべシャーム~アボッタバードまでの行程を計8台の車両が警護。これはKP州から早くビジネスビザ持ちの僕らを出したいってのと、万一僕らに何かあると責任問題になるのでとにかく安全に速やかに州境までお届けする、って配慮らしいです。まあだけど大概危ないです色々www。ともあれ警察の先導で通常8時間ほど掛かる渋滞路を1時間ほどでぬけられたのはすごい。旅は続きます。 

      3
      テーマ:
    • 無事帰国致しました!

      はいどうもこんばんわ。7/26~8/9までのタイ~パキスタン紀行、無事旅程を終え帰国致しました。濃い内容でした笑。時系列ではフェイスブックの僕のTLを見て頂くのがてっとり早いですが、ブログにも少々トピックを書いていこうと思います。そもそもタイランドはともかく、「パキスタン」って西側諸国のネガティブな報道しか日本では無いので「とっても危険な国」と言うイメージしか無いと思います。でもそれはある意味偏見。人々はこれでもかと言うくらい親切、いくつかの「お約束」さえ守れば、これほどホスピタリティに溢れた国もなかなか無いんじゃないかな。。。では時系列でちょっと書きます。まずタイランド。チャオプラヤー川下りw。後ろの黄色い服が船頭さんなんだけど、ものすごいデカイエンジンとものすごい長いペラシャフトを自在に操って船を動かします。水上マーケットまでの往復はとてもスリリング。防水カメラ(オリンパスTG4)の本領発揮な動画ですw案内してくれたのがタイ警察の警官だったのでお言葉に甘えて30年ぶりのガンシューティング。最新のグロッグのプラスチック製ハンドガンも撃たせてもらったけどやっぱ僕は1911コルトガバメントが好きだし、これがまた当たる。1911年デビューのハンドガンがいまだにタイ警察の標準装備品です。そんなこんなでパキスタンに移動。スワンナブーム国際空港から5時間。いきなり翌日。バタクンディ鉱山に。ここで標高4000mアップです。ここは通称「セカンドマイン」と呼ばれる比較的行きやすいマインなのですがそれでもこの標高では少し歩くだけで息切れ。高山病とはこういうもんか~~~ってのが分かりました。人間の体は脳に優先的に酸素を送る様に出来ていますので、こういう高地ではまず筋肉に酸素が行かなくなり筋肉が閉店します。氷河を横に進みます。なんとかヨメも同伴。しかしマインには入れません。山の神様が怒ります。ま、バタクンディ鉱山に日本人初として入れたのはとても嬉しかった。なんせフーシャサファイアの故郷だからね。マインでは小さな原石を拾って、許可を得て持ち帰りました。その後、チラースと言うギルギット、つまりフンザへの道のりをひた走るのですが、途中の難所「バブサル峠」、その頂点「バブサル・トップ」。  なんと標高4200m!富士山より高かいのは当然なんですが、これは経験しないと分からない感覚だな。時間が無かったので写真撮るのにダッシュしたら死にかけましたʬʬʬʬʬ。で。チラースに着くも州境の検問でストップ。僕らはビジネスビザだったのだが、バルチスタン州にはビジネスビザでは入れないとの事。すったもんだしたってまあアカンもんはアカン。なので特別に許可をもらい、チラースで一泊。無論パスポートは当局が一時的に預かり。明日州境で受け渡しする事に。カイバルパシュトゥーンクワ州に逆戻りを余儀無くされたのですが、KP州に入っても色々な出来事がありました。旅は続きます。

      1
      テーマ:
  • 03Aug
    • バタクンディ鉱山来訪。

      去る2018年7月31日。兼ねてから念願のバタクンディ鉱山見学に行って来ました。鉱山に入る手前の道路。先には標高4200m、世界屈指の自動車でパス出来る高い峠「バブサル峠」があります。この正にこの部分から、左に未舗装路が有りジープで登ります。最後は歩きです。氷河を横に歩きます。これがバタクンディサファイア、通称「セカンドマイン」です。ファーストマインは更に険しく、登山慣れしていないと厳しいとの事。とは言えこちらも標高4000mを超えますから富士山より高所、少し早歩きしただけで息が上がります。鉱脈に沿って大きな穴が。掘り進めた結果です。この黒いのが鉱脈です。鉱脈が途中で切れて堆積岩が乗っている。海底の火山活動で鉱脈が生成され、その後更に堆積し強い圧力が掛かり、更にプレートテクトニクスにより隆起したと容易に想像がつきます。お約束のVPポーズ笑w少し下がった氷河付近では夏の時期、ヤギの放牧が盛ん。氷河の横をジープでパスします。日本人から考えると凄い所です。しかし1次鉱床なマインとしては、ここは容易な部類。ただ、標高が高い為、1年に3カ月程度しか採掘出来ません。雪が深くなるし、気温はマイナス20℃にもなるそう。しかも大掛かりな重機も持ち込めないので手掘りです。スリランカの漂砂鉱床とはまるで違います。フーシャカシミールサファイアの故郷、バタクンディには現在、さまざまな宝石のマインが50ほど有り、そこでは約1000人が働いているそうです。しかし前述した通り3カ月しか働けません。この地方の宝石が、如何に貴重か。それだけでも分かって頂けるかと思います。

      3
      テーマ:
  • 01Aug
    • 日本人初。

      夫婦(めおと)フィールドジェモロジストʬʬʬʬʬ標高4000mオーバー。パキスタン、バタクンディ鉱山に行って来ました!現地のwifiがクソ遅いので詳細は追って書きます。ちな後ろは氷河です。鉱山の横。

      2
      テーマ:
  • 29Jul
    • タイランド3日目

      ふー、なかなか疲れたー。けど面白かったー笑タイランド3日目。バンコク市街に出てまずはジュエリートレードセンター。ま、しかし休日なので観光客相手の店しか空いてない。今回は仕入れはあまり考えて無いので別に残念感はありません。むしろバンコクで仕入れ出来る石など日本に居ながら仕入れ出来ますからね僕は。んでごはん。例によって恒例のチャレンジʬʬʬʬʬ生牡蠣なんとも無いどころかむっちゃ美味い笑。フカヒレまで出てきました。そして!水上マーケットへ船で❗️防水カメラで無いと撮れない動画をどうぞw休日なので船上マーケットの皆さまはほぼゼロでしたが、まあ行き帰り船ってのはなかなかアトラクションとしては楽しい。しかしタイの休日は酒の販売は基本的に禁止なのに。何故セラフの行く所には100%酒があるんだ?

      3
      テーマ:
  • 28Jul
    • タイランド2日目

      はいどうもこんばんわ。2日目。なーんもしてません笑まあ場所に「馴染む」リードタイムは必要。なのでホストファミリーにお任せ。お昼はオープン食堂。実はタイランドでは「仏教徒の日」てのがあり、その日はアルコール販売は禁止。だがまあ有るところには有る笑ひと息付き、SIMカードとか買ってタクシーでバンコク市街に移動ー必ず付いてる営業許可証?タイの伊勢丹wドナルドもサワディークラップ。で、またまた何故かお酒の出るイタリアンレストランに当たりʬʬʬʬʬテキトーか!ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ無事ゲストハウスに戻りました笑インドネシアのジャカルタよりはマシだけど、まあまあ大気汚染はキツいです。それと湿度は高い。かなり。だからかな?まあまあ疲れます。オマケ動画タイならぬ鯛の回転塩焼き。美味かったです笑

      3
      テーマ:
  • 27Jul
    • タイ1日目

      おはようございます。昨日は移動で疲れて寝てしまいました。宝石には全く関係ない一日も、たまにはいいですね笑。ご案内された自宅。同行の子供たちと「どれだけ辛そうな写真が撮れるか選手権」ʬʬʬʬʬ今日は少し動きます。

      1
      テーマ:
  • 26Jul
    • 明日から約2週間日本を離れます。

      「本当の宝石」の定義なんてのは人それぞれでしょう。ですが私は私の中での宝石を極めたいのです。三蔵法師が目指した天竺(ガンダーラ。すなわちカシミールです)、そこで21世紀になって産出した「仏教で最も高貴な色」である紫のサファイア。しかもその色は太陽光で青のヴェールを纏う。僕はこのサファイアは最も天に近い石だと思っています。極端な言い方だけど、これに触れるだけで天国に行けるとすら思います。その鉱山に行く。それはとても僕にとって意味の有ることです。2012年にパキスタンに行って、僕はそれが少し分かりました。あの時はマインまでは行きませんでしたが」、かつてここが世界の中心だった事は少し分かったつもりです。神が作り出した石は多くはパキスタンに有ります。物騒な話も多く聞きますが、それはほんの一部での話。日本人の感覚ではトライバルエリアとか分からんからね、ともあれ安全第一に行ってきます。マインからのレポートをお楽しみに。

      3
      テーマ:
  • 25Jul
    • 良いパライバは・・・?

      はいどうもこんにちわ。いよいよ明日から渡航。その前に一つ「目玉」をば出しておきましょうw。「これ以上ない」色とクラリティのパライバトルマリン0.488ctです。既に出しております。http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002350撮影はいつも通り5600kのLEDライトで行っておりますので、しっかりとエイトリータ・ブルー(オールドネオン)となっております。しかしこの手のパライバでちょっと知っている方々が誤解しやすいのは室内で見た時です。普通に室内で見たら実は「緑勝ち」なのです。あえてiphoneで撮影wだがしかし。LEDライトを当てますとバンバンにブルーこれが「正しいパライバ」でございます。ちな屋外。オールドネオンですねー。宝石は太陽光、もしくはそれに近い光源で見るのが基本ですが特にパライバの色を見るにはとても大切です。しかしこんな品質の高いパライバは、次いつ出会えるか・・・・・。

      2
      テーマ:
  • 24Jul
    • 前もってお知らせ。

      はいどうもこんばんわ。前もってお知らせです。7/26より2週間ほど日本を離れます。目的はパキスタン・フーシャカシミールサファイアの産地、batakundi(バタクンディ)鉱山への来訪です。今回は特に買い付け目的では無く、僕の原点とも言える「ガンダーラのサファイア」のリサーチ。恐らくバタクンディ鉱山に入る日本人は僕が初めてでしょう。麓のカガーンバレー。ここで既に標高3000m弱。バタクンディ鉱山は4700mです。高山病がいささか心配ですが、まあゆっくり体を慣らして行こうと思います。尚、ネットショップはそのまま開店しております。但し発送が8/9以降となりますので、その点のみご容赦ください。現地からのリアルタイム発信もこのブログ上やフェイスブックで随時行いますのでどうぞお楽しみに。あまり日本人が行く場所では無いので、そこそこお楽しみ頂けると思います。西日本豪雨へのチャリティキャンペーンは継続致しますので、どんな小さなものでも構いません。どうぞご購入ご検討くださいませ。

      1
      テーマ:
  • 23Jul
    • ラベンダースピネル2.77ct(出しましたw)

      ショップの商品ページにリンクさせるために先にブログを書かないといけないジレンマwwwしかしアメブロって何故PCから動画アップ出来ないんだろ。今時パソコンでブログ書く人少ないのか?wなかなかバチバチなラベンダースピネルです。ショップに出したらURL貼りますね。※出しましたwhttp://www.seforce.jp/shopdetail/000000002349これ激安ですw

      2
      テーマ:
  • 22Jul
    • ヴィヴィッド・ハート

      はいどうもこんにちわ。既に昨日出したのですが、こういうの久しぶりです。http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002347スリランカ産非加熱1.38ctのピンクサファイア。微細な透明インクルージョンを無数に含んだサファイア。特にこういう色ですと、日中とてもキラキラして奇麗なのです。ずいぶん以前に売れたhttp://www.seforce.jp/shopdetail/005001000050これと同系統。単なるトランスペアレントなだけの石(と言っても貴重且つ希少ですが)よりも輝きは数段上。と言うかギラギラです。こういうのに出くわすと嬉しくなります(笑)。しかし非加熱でこれだけヴィヴィッドなカラーってのもある意味凄いですよね。

      2
      テーマ:
  • 19Jul
    • 時々2個出る裏面照射型?w

      ふー、、、暑い。。。ここ大阪府和泉市でも37℃を記録。。。もう体温より高いやん。。。まあこればかりはガタガタ言っても仕方ないので皆さん熱中症にはくれぐれもご用心ください。特に被災地で活動されている方々はマジ注意してね。。。さて、今日の夜に出しますが・・・※出しましたwhttp://www.seforce.jp/shopdetail/000000002346「ザ・端正」なスリランカ産スターサファイア7.28ctまるで欠点のない比較的大きなものですが、この子ソニー製?って現象がwww(ソニーは裏面照射型のcmosセンサーで有名w)わかります?つまりスターが2個wこの現象は比較的透明度の高いスターサファイアに出ます。分類上は普通のスターサファイアです。(双晶では無い)。でもなんか得した気分になるwww「奇麗の奥には何か楽しいことがある」美しい天然宝石には押並べてこれがありますよね。

      1
      テーマ:
  • 18Jul
    • Look like Paraiba?

      はいどうもこんばんわ。今日の石はなかなか面白く、ちょっと宝石仲間が集まった時の「ネタ」になりそうな石です。http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002345まあどう見てもパライバトルマリンにしか見えない・・・・・グランディディエライト(笑)。まあそもそも色はパライバに似てるんですが、ネオン系のカラーのグランちゃんってなかなかキズキズなのが多く、この2.44でもアベレージよりはクリーンなのです。そこがよりパライバらしい?感じに見える要因???そう考えると昨今のパライバの価格からすりゃお買い得。レアストーンなのにwww。モース硬度もそこそこ(7.5)なので、この2.44はリングなどに仕立てたら面白そうですね。

      3
      テーマ:
  • 17Jul
    • 地球上で年間僅か・・・・・

      1.7万トンしか産出しないのがコバルト。これはクロムの400万トンよりはるかに少ないのは数字で明らかです。これに加えてコランダムやスピネルの産出する場所はとても限られていますね?これらの奇跡のコラボレーションによって生まれるのが「美しい宝石」という訳です。出しました。コバルトスピネル2.70ct。http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002344普通コバルトスピネルの一般的なものは少し緑を噛んでいるものが多いのですが今回の2.70はほとんど緑を感じられません。コバルトの比率が高いのでしょう。鉄の比率高くなるともう少しトーンが落ちます。とは言え様々な要因が絡むのが宝石の色なので詳細に調べなければ何とも言えません。まあそのための蛍光x線分析(EDX)ではあります。宝石が好きになると、まずその美しさに魅せられる訳なんですが、まあ僕は男の子(おっさん?)ですからそれを科学的に見てみたいってのも芽生えますねwww。それが仕事になるんだから、それはそれで大いに良いことですw。この石も当然・・・西日本水害チャリティキャンペーンとして、表示価格より無条件で1割引きです。

      2
      テーマ:
    • 西日本豪雨チャリティキャンペーンします。

      はいどうもこんにちわ。弊社トップページに記載いたしました通り、今般の西日本豪雨のチャリティキャンペーンをします。様々な災害の時に、弊社、私個人的共に「出来る範囲」でおこなってきた募金や支援物資送付ですが、今回は水害として、これほど甚大になるとは僕自身全く予測していませんでした。救援はスピードですので、早速物資はかき集めて送ったのですが必要なものは日々変化するので、今後も要請が有れば随時したいと思います。さてチャリティの内訳ですが、まず期間は今日からひと月。たった1割引きですが、弊社も1割を募金しますので実質2割引きです。これならご納得頂けるかと。。。。。安価なものでも一向に構いません。どうかご協力くださいませ。さて、本日の石。パチパチの高品質wホラナ産の6.001ct 大粒パープルスピネルです。もう最近スピネル自体が無茶苦茶値上がりしてまして、こんなの次いつ出せるのか?と言う代物ですね。とにかくサイズは無論、生地とカットも素晴らしく・・・太陽光で見ると超キラキラ。特にプリズム効果による「虹」がバチバチに出ます。「ん~~、一般的に言う宝石らしい宝石だな~」と独り言が出ますwwwhttp://www.seforce.jp/shopdetail/000000002343/011/X/page1/order/どうぞごらんください!

      1
      テーマ:

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス