飲食店SNSマーケッター・鵜沼聡志のブログ

飲食店SNSマーケッター・鵜沼聡志のブログ

北海道札幌市で飲食店さんのSNSのカウンセリングや細かな活用方法のお手伝いをしています。フリーワインソムリエ。漫画、ロック、歴史やワインの雑学が大好き。エクスマ54期・ヴィーノ。


テーマ:

 

書き留めておきたいことと、伝えたい人の大切な日だからブログに書いてみます。

 

先日本屋さんに行って特に読みたい本がなかったから店内をうろついていました。

 
そんな時に目に入った本。

サッカー日本代表として50得点も上げている岡崎選手の本「鈍足万歳!〜僕は足が遅かったからこそ、今がある。」
 
 
まえがきで共感し、パラパラとめくりながらところどころ読んでさらに共感。ボクなんかがおこがましいですが、ボクも岡崎選手みたいなところあるなぁなんて思って気づけば本を握りしめてレジに並んでいました。
 
基本ネガティブである。そう岡崎選手は書いています。
 
一般的には短所を克服するよりも長所を伸ばす方が良いとよく耳にしますが僕の場合は違います。短所=コンプレックスから目をそらさないようにしてきました。長所を伸ばすことに力を注がないと言うことではなく、長所を伸ばすことを意識しながらも短所も心にしっかり据えておくんです。ポジティブなイメージだけだと落ち着かない。
これすごくわかるんです。
 
ボクもソムリエとしてカウンターやフロアに立つ時は基本ネガティブでいます。
 
ネガティブだからこそお客様は「どう考えているだろうか?」「何をして欲しいだろうか?」という可能性をたくさん見つけ出せます。そしてそれを行動に起こせばいい。
 
ベストとワーストさえ予測できれば、その間はカバー出来るから。
 
岡崎選手はこう続けます。
 
これの良い点は2つ。負けた時に落ち込みすぎないで次に迎える。勝った時に勝ったという達成感よりもホッとできるので過度な開放感もなく次の試合、次のステージに迎える。
最悪の事態を想像して、気持ちは萎えさせておく。つまり、自分へのハードルを下げておく。そこまでして何とか試合に挑む。自分が臆病だとわかっているからこそ、謙虚に戦える。一見、僕は熱血漢に思えるかもしれないけれど、かなり冷めた部分を持って戦っているのだ。
 
ネガティブだからこそ謙虚に接することが出来る。ここに共感しました。
 
もちろんポジティブなのは悪くないことだと思うし、そうありたい。
 
でもそこが落ち着かないのであれば、別に無理してポジティブに考えて隙が生まれるよりは良いと思う。
 
そして更に岡崎選手はこうも書いています。
 
例えば誰かに褒められたいそういう気持ちがあったからこそ僕は強くなれた。
極度のアマノジャク「僕は人気がないですから」とか「へたくそな選手ですから」と口にする事で自分の人気や注目度をいちど下げてみる。上手くなればみんな驚かせたり、理解したりすることができるはず。そうやって、自分を鼓舞している。期待されたりするのが怖い。
常にブレブレである。不器用だから長所を伸ばしつつ、短所を克服するなんてできない。その両方を見てしまい、何をすべきなのか悩んでしまう。
ここもわかるんですよね〜。
 
自分のためっていうより人のための方が一生懸命になれる気がするのは褒められたいから。
 
だからこうしてボクはブログがかけるし(笑)動機はキッカケに過ぎない。
 
講演のシナリオを作る時も全く自分のことがわからなかった。人のやってきたことや良いところはよくわかるのにね。笑
 
 
自分のためにと思ってやることよりも人のために動けることが多い。でもそんなボクが自分では好きだし、それで良いって今なら言える。
 
じゃないとサービス業なんてやってこれなかったと思うんですよ。基本は奉仕の精神がなかったら無理だと思うから。
 
アマノジャクってのもわかるなぁ。
 
嬉しいのに、素直に表現することが出来ないし、照れてる自分を見られるのも恥ずかしいし、何よりハードルを下げてるから褒められても特段すごいと思ってないんですよね。笑
 
そして自己肯定感が低いから色々見ちゃってブレるしね。笑
 
ん〜めんどくさい性格ですね。岡崎選手もボクも。笑
 
でもこう客観的に自分のような人を見るとポジティブでもネガティブでも、アマノジャクでも、例えブレたとしても、エゴイストでも、誰かのためだとしても、大切なのは目の前のことと心で向き合っていくということが大切なんだと思います。(他人事だとよく理解出来たりする。笑)
 
大切にしたいものはその時々で違うだろうし、変わっていっても良いんだと思います。
 
自分も周囲も変わっていくもの。
 
それを理解し、自分のその時の肌の感覚を大切にしていくこと。卑屈にならない。
 
自分ってものを信じることが自信ってものに繋がっていくと思うから。
 
ボクはそんなことを大切にしていきたいなと思ったし、大切にして欲しい。
 
薔薇には薔薇の、菜の花には菜の花の良いところがあるのだから。
 
 
自戒しながら大切なあの人に伝わってくれたら嬉しいな。
 
美しく晴れた日の菜の花のように、菜の花は菜の花らしく凛と咲き誇って欲しいです。
 
おめでとう。
 

------------------

 

on Twitter

考え方や感覚とかその他日常をつぶやいています。

気軽にフォローしてくれると嬉しいです。

@vino696

 

on Instagram

ワインとかお酒とか本に関することを上げています。

ボクの世界観を覗いてナンカいいなと思ったらフォローしてくれると嬉しいです。

vino696

Satoshi Unuma

 

 

お仕事に関するお問い合わせ

 

◆SNSでどうやったら集客できるのだろう...

◆売れるスタッフを育てたい...

◆飲食店の新規出店相談

◆その他各種セミナー、講演依頼

◆ワイン会、ワインセミナーのご相談など

 

ご依頼、ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらから。

その他、ワインを教えてほしい、鵜沼に会ってみたい(笑)などなど

「こんなこと出来る?」と、まずは聞いてみて下さい(^^♪

↓↓↓↓

 

お問い合わせフォーム

 


テーマ:

外に出た瞬間から「冬のコートはもういらないかな?」と感じるような春の陽気。

 

ポカポカと背中を押され、太陽に感謝したくなる。

 

そんな時にいつも思うのが、愛し愛され、人に恵まれ、着るものや食べるものにも困らず、少しの利を得ることが出来る。

 

甘い考えかもしれないし、欲がないと言われるかもしれないけど、これだけあれば生きていくには有り余るほどの幸せだとボクは思います。

 

 

{A6EEB0DE-F910-43A6-8C5D-DAC17AD74A2D}

 

そういう生き方をするためには学ぶことや五感で感じることをしていかなければならないと思うし、人の役に立とうという心構えが必要だと思います。

 

そして何より「人の気持ちに触れる」ことがすごく大切だと思うんです。

 

これからはモノやサービスを作ったり考えてから売る手法を決めたり、人の心理を操るように売るコトを求める時代はなくなると思うから。

 

42歳男性、サラリーマンで家庭があり、子供が3人。この人を思い浮かべてマーケティングを考える。

 

ペルソナ(仮面)なんていう風に外側から見てとれる「人」のイメージを細かく設定するマーケティング手法もあるけど、もっと内面的な感情に観て触れて感じ取れるようにならないといけないなって最近は特に思うんです。

 

 

{48960555-2886-4B96-AA28-0F2E42FCF81E}
磨く武器も時代によって変わる

 

 

世の中はどんどん個人化に向かい、24時間インターネットに触れ、スマホで好きな情報に触れることが出来る今は、1人1人の価値が細分化して多様性に向かっていっているじゃないですか?

 

「あなたにオススメ」なんて「あの人」と一緒にされて分析されたものを表示されても、みんなが同じ価値観や大切にしていることが違うし思考なんてものを年齢や性別や環境で1つに絞るなんてことは出来ないと思っています。

 

ボクが学生の頃はテレビ、ラジオ、新聞、雑誌の情報しかなかったし、売り出そうというモノだけを前面に出せば売れたわけです。

 

CD売上は100万枚を超えるものが溢れ、プロモーションをすればするほど流行になり、カラオケでみんなが歌うようになった。

 

でも今はどうかというと、音楽は情報をいくら打ち出しても選ばれなければ買ってもらえないし、そもそもCDを買わずにダウンロード、最近ではアーティストではなくジャンルで分けられたり、定額で何でも聴けるサービスの中の一つの曲としてしか扱われなくなっていき、古い曲と新しい曲が並列に扱われ、カラオケはお一人様も多い。

 

出来ることや、楽しみ方が増え、価値の種類が増えてきました。

 

そして何よりSNSを通じて個人がそういう情報を発信して共有出来るようになった。

 

だからもっともっと細かく人の気持ちに触れていかないとならないなと思うんです。

 

 

{3045177A-0164-42C9-A4FA-FC61F6B39B6C}

辞書も使わなくなって久しい

 

 

逆にいうと自分のそういうところに触れてもらうってことも必要だと思うんですよね。

 

同じ価値観って人をつなぎます。

 

同じところに住んでいた

同じ学校を卒業した

同じスポーツをやっていた

同じことが好き

 

こんなことがわかるとすぐ仲良くなれるじゃないですか?

 

「自分の好きなことを人に興味を持ってもらうこと」ってのが大切になって来るんじゃないかと思うんですよ。

 

一方的な感情ではなく共感とか共有するってことがとても大切に感じる。

 

自分の好きなものを紹介して「これ私も好き」とか「オススメしてもらって良かった」って言ってもらえるって嬉しくないですか?もちろん相手も嬉しいだろうし。

 

分析されてグループ分けされるより、その人がオススメしてるからってものすごく力があるよなぁと思うんです。

 

自分や自分の好きなことに興味を持ってもらうためには表現力や言葉なんかも必要で、そんな「伝える力」がこれから益々大切なような気がします。

 

 

{B6D0E706-6353-4FE0-A47D-424352655B05}

 

ボクが伝える力を学んだのはエクスマ塾です。

写真は先日比布町で行われたエクスマセミナーの写真。

 

 

もっともっとボクも磨かなくちゃな。

 

今日は3人のかけがえのないボクの大切な人の誕生日。

 

少しだけ豊かな生活してもらいたいから、「人の気持ちに触れる力」や「伝える力」を意識して大切にしてほしい。

 

そんなことが今日生まれてきてくれたあの人にいつか届いたらいいな。

 

直接は言えないから心から伝えるよ。お誕生日おめでとう。

 

 

------------------

 

on Twitter

考え方や感覚とかその他日常をつぶやいています。

気軽にフォローしてくれると嬉しいです。

@vino696

 

on Instagram

ワインとかお酒とか本に関することを上げています。

ボクの世界観を覗いてナンカいいなと思ったらフォローしてくれると嬉しいです。

vino696

Satoshi Unuma

 

 

お仕事に関するお問い合わせ

 

◆SNSでどうやったら集客できるのだろう...

◆売れるスタッフを育てたい...

◆飲食店の新規出店相談

◆その他各種セミナー、講演依頼

◆ワイン会、ワインセミナーのご相談など

 

ご依頼、ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらから。

その他、ワインを教えてほしい、鵜沼に会ってみたい(笑)などなど

「こんなこと出来る?」と、まずは聞いてみて下さい(^^♪

↓↓↓↓

 

お問い合わせフォーム

 


テーマ:


今日から旭川の北の町・比布町へ師匠・藤村先生のサポートをするため一路特急カムイで旭川へ向かっています。


明日は毎月恒例の比布エクスマ化プロジェクト、明後日は前代未聞のエクスマセミナー in ぴっぷ町あるので。(まだお席があるので来たい方はまずご連絡を)


そんなJRの車内で読んだ芥川龍之介の短編小説「羅生門」


{5627B6E8-B6CC-4EF9-8B45-AE6A47D4A500}


芥川龍之介の処女作「老年」を含め、名作と言われる「鼻」や「芋粥」も含まれていて、読んだ方も多いかと思います。


ボクは「蜘蛛の糸」を知った後に興味が湧いてこれを読んだはずなのに内容をほとんど忘れてました。なので新鮮な気持ちで読みました。笑


この中に「煙管」(キセル)というタイトルのお話があるんですが、


加賀の前田斉広(まえだなりひろ)という殿様が季節ごとに江戸城に登城する(行く)お話なんですが、加賀百万石という意味をご存知の方も多いと思いますが、すごくお金持ちの国と言われていた加賀の国。


{3841E5BE-C44C-4BB7-ACFA-1912ADD4A78D}
ボクが前田+キセルと聞いて思い出すのはこの人。引用:花の慶次〜雲のかなたに〜


その殿様の使うキセルは黄金で出来ていて、とても風流なものだし、もちろんとても高価なものだったそうです。


この殿様は加賀百万石を持ち歩いているような気になるから、このキセルを見せびらかすのが好きだったそうです。目立つから注目も浴びるのが優越感に浸れるものだったそうです。


そして江戸城でこのキセルを1人のお坊さんにねだられるという話なのですが、興味を持ったのが殿様は結果お坊さんにキセルをあげてしまうんですが、とても高価なキセルをあげたにもかかわらず、ご満悦で加賀に帰るんです。


なぜだと思います?


話の本題は別なところにあるのでネタバレしますが、殿様はこの黄金のキセルをお坊さんにあげることで「一介のお坊さんに黄金のキセルをあげた太っ腹な殿様」という箔がつくという理由です。


そしてこの黄金のキセルを部下にまた作らせるのですが…というところからが話の本筋に入っていくのですが、この話を読んだ時に「ああ、この殿様は黄金のキセル自体の値段的価値は感じていないんだな」というところ。


このキセルを持っていることで味わえる気分、キセルをあげることで気分が良くなる体験をしたんだということ。


これが明日からのエクスマの考え方「モノを売るな、体験を売れ!」にすごく近いなって思いました。(あくまでも近いって話)


{39D30F59-4D4D-449D-B984-87F014FDBB59}
コンビニの珈琲と喫茶店で飲む珈琲の違いって何?


黄金の価格としての価値ではなく、そのモノを手に入れたらどういう気分になれるか?どういう体験が出来るか?ということに注目しました。


黄金としての価格的価値はすごいものでしょう。でも黄金の価格的価値以上の気持ちがそこにあるからこの殿様はまた部下に作らせるわけです。


金額じゃなく、どういう気分に浸れるか?ってこと。


考えてみて下さいね。とても大切な視点です。


これ、黄金だからわかりづらいけど、値段以外のことに価値があるということです。


高価じゃなくても同じだってことですよ。


同じ3,000円のワインがあったとして、同じ場所、同じ作り方、同じ人が作っていたとして(実際にはあまりないけど)


値札にワイン名と値段だけしか書いていない情報の少ないものと、かたやそのワインを作っていく上での苦労話とか作られた理由とか思いが書いてある、景色を思い浮かべられるワインだったらどちらを飲んでみたいですか?って話です。(身の回りのモノ、あなたの商品やサービスに置き換えてみて下さい)


値段ではなく(時には少し高かったとしても)商品の質でもない。飲む理由に至る情報が決め手だよなって思いません?


そしてそれがインターネットという世界中の情報の中にあるんです。その情報は埋もれやすいし、似たような情報や商品はたくさんある。


特にSNSなどで、芸能人でも有名人でもない個人が情報を発信出来るようになった時代だと、お客さまが語ることが出来たり、お客さまに語られることになったりすることが大切になってきてます。


だってその他は埋もれちゃうから。


{F34058B6-E778-4096-8537-39EABD9D8DD7}
この中からボクが芥川龍之介を選んだ理由は「文豪ストレイドッグス」という漫画を通じたから。



みんな美味しいワインであれば良い。それに飲む理由や値段以外の価値があればいい、さらに、友達や知人が売っていたら尚いい。


{E4CB4E2A-5431-4C7B-BCEA-BD4890BEABC6}
引用:花の慶次〜雲のかなたに〜


でもそれってちゃんと伝わってますか?昔親友と思っていた友達にすら伝わってないことありませんか?


今自分が何者か?


それを伝える手段はSNSという手段で、誰でもどこでも平等に出来るはずです。


広告なんて自分の伝えたいことを伝えるだけのツール。


今はみんな何かと忙しい。一方的に話す知らない人や企業の話を見たり聞いたり読んだりするほど暇じゃないはずです。


でも、自分の人生の中のどこかに関係性を見出せたら、そこに関係のあるものは興味を持つわけです。


語れることも価値、そして語られることが新しい価値。


もし、自分たちのサービスや商品をそういう視点で考えたことがなかったとしたら、そんな視点で考えてみて足りないことはないかなぁと思いを巡らせてみてはどうでしょうか?


明日からのスタッフミーティングを熱く終わらせた後、温泉に浸かり、ひと息ついた比布町の宿泊施設「遊湯ぴっぷ」で思ったことはそんなことでした。



------------------

 

on Twitter

考え方や感覚とかその他日常をつぶやいています。

気軽にフォローしてくれると嬉しいです。

@vino696

 

on Instagram

ワインとかお酒とか本に関することを上げています。

ボクの世界観を覗いてナンカいいなと思ったらフォローしてくれると嬉しいです。

vino696

Satoshi Unuma

 

 

お仕事に関するお問い合わせ

 

◆SNSでどうやったら集客できるのだろう...

◆売れるスタッフを育てたい...

◆飲食店の新規出店相談

◆その他各種セミナー、講演依頼

◆ワイン会、ワインセミナーのご相談など

 

ご依頼、ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらから。

その他、ワインを教えてほしい、鵜沼に会ってみたい(笑)などなど

「こんなこと出来る?」と、まずは聞いてみて下さい(^^♪

↓↓↓↓

 

お問い合わせフォーム

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス