金子修介監督とのオフ会・イベントで、話題になった『信虎』
12/16にDVD発売・レンタル開始されますので、その紹介です。

https://www.nikkatsu.com/package/HPBN-398.html



信虎(のぶとら)
(DVD)

マドリード国際映画祭でベストコスチューム・外国語映画最優秀監督賞、かつらで文部科学大臣賞を受賞!金子修介監督による本格時代劇が武田信玄450回忌の記念イヤーに待望のパッケージ!



🔶映画『信虎』オフィシャルサイト 2021年10/22公開
https://nobutora.ayapro.ne.jp/

 



🔷映画『信虎』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=GkP2kk_odaI

 



公開作品として、Amazon Prime Videoなどの配信開始日も紹介していきます。 

過去の公開の作品紹介記事です 

💛2022/11/14~11/20の外国映画公開作品の紹介です
https://ameblo.jp/sdi00963/entry-12774704379.html



💛2022/11/21~11/27の外国映画公開作品の紹介です
https://ameblo.jp/sdi00963/entry-12775809353.html


🔷『トロール』
Netflixで2022年12月1日から配信。
https://www.netflix.com/title/81245455

#トロール #ローアル・ユートハウグ 監督 #アイネ・マリー・ウィルマン #キム・ファルク

ノルウェーの山間部で、爆破により長い眠りから呼び起こされた古代のトロール。首相の科学顧問に任命された古生物学者が、壊滅的な大惨事を阻止すべく未知との戦いに果敢に挑む。

🔶予告編: トロール
https://www.netflix.com/jp/title/81245455



🔷『ブラックアダム』
劇場公開日2022年12月2日
https://wwws.warnerbros.co.jp/blackadam/

#ブラックアダム #ジャウム・コレット=セラ 監督 #ドウェイン・ジョンソン #オルディス・ホッジ

「ワイルド・スピード」「ジュマンジ」シリーズなど数々の大ヒット作で人気のドウェイン・ジョンソンが、DCコミックスが生み出したアンチヒーロー、ブラックアダムに扮したアクションエンタテインメント。



🔷『あのこと』
劇場公開日2022年12月2日
https://gaga.ne.jp/anokoto/

#あのこと #オドレイ・ディワン 監督 #アナマリア・バルトロメイ  #ケイシー・モッテ・クライン

2022年度のノーベル文学賞を受賞した作家アニー・エルノーが若き日の実体験をもとにつづった短編小説「事件」を映画化。「ナチス第三の男」などの脚本を手がけたオドレイ・ディワンが監督を務め、2021年・第78回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した。法律で中絶が禁止されていた1960年代フランスを舞台に、望まぬ妊娠をした大学生の12週間にわたる戦いを、主人公アンヌの目線から臨場感たっぷりに描く。



🔷『百年の夢』
劇場公開日2022年12月3日
http://www.pan-dora.co.jp/hyakunen/

#百年の夢 #ドゥシャン・ハナック 監督


スロバキアの山間で暮らす老人たちの世界を描いたドキュメンタリー。1972年、共産党政権下のチェコスロバキアで製作されたが、当局によって完成から16年にわたって輸出禁止とされた一作。輸出禁止措置が解かれた1988年に世界各地の映画祭で上映されてさまざまな賞を受賞し、今回2022年12月、デジタルリマスター版で再公開。



🔷『マイ・ドッグ・ステューピッド』
劇場公開日2022年12月2日
https://kinocinema.jp/lp/kinofes2022/

#マイ・ドッグ・ステューピッド #イバン・アタル 監督 #シャルロット・ゲンズブール  #イバン・アタル

「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール」などで知られるフランスの俳優で監督のイバン・アタルが監督・脚本・主演を務め、パートナーであるシャルロット・ゲンズブールも共演したコメディドラマ。



🔷『泣いたり笑ったり』
劇場公開日2022年12月2日
https://www.mimosafilms.com/naitari/

#泣いたり笑ったり #

イタリアの美しい景色を背景に、2組の家族の父親同士の再婚が巻き起こす騒動を描いたコメディドラマ。



🔷『マッドゴッド』
劇場公開日2022年12月2日
https://longride.jp/mad-god/

#マッドゴッド #フィル・ティペット 監督 #アレックス・コックス  #ニキータ・ローマン

「スター・ウォーズ」「ロボコップ」「スターシップ・トゥルーパーズ」など誰もが知る名作SFで特殊効果を手がけてきたフィル・ティペットが監督を務めたダークファンタジー。地獄と化した世界をめぐる物語を、ストップモーションアニメで描いた。



🔷『アングリーバードとバナナ合唱団』
劇場公開日2022年12月1日
https://angrybird-banana.com/

#アングリーバードとバナナ合唱団 #ジー・ヘウォン 監督 #キム・チェチャン

インドのスラム街で子どもたちの合唱団を指導する韓国人オペラ歌手と、合唱団の子どもたち、そして彼らの親たちが、コンサートに向けた練習を通して心を通わせていく姿を追ったドキュメンタリー。



😊<名画座の上映予定(関東周辺)の情報>
名画座の上映作品の情報については下記のHPがお勧めです。
http://www.miwaku-meigaza.com/joho.htm

🔶<特集上映の情報>
今行われている特集映画上映の情報については下記のHPがお勧め。
https://intro.ne.jp/contents/sfs.html

🔷<映画祭の情報>
今行われている映画祭の情報については下記のHPがお勧め。
https://intro.ne.jp/contents/cinefes.html

 


<新型コロナウイルス感染症に関する最新情報は、下記から確認ください> 
https://www.mhlw.go.jp/index.html 

■過去の紹介
・2022年11月(11/21~11/27)の日本映画公開作品の紹介
https://ameblo.jp/sdi00963/entry-12775810290.html

・2022年11月(11/14~11/20)の日本映画公開作品の紹介
https://ameblo.jp/sdi00963/entry-12774553870.html



🔷『THE FIRST SLAM DUNK』
劇場公開日2022年12月3日
https://slamdunk-movie.jp/

#THE FIRST SLAM DUNK #井上雄彦 監督

1990年から96年まで「週刊少年ジャンプ」で連載され、現在に至るまで絶大な人気を誇る名作バスケットボール漫画「SLAM DUNK」を新たにアニメーション映画化。



🔷『I AM JAM ピザの惑星危機一髪!』
劇場公開日2022年12月3日
https://www.iamjam-movie.com/

#I AM JAM ピザの惑星危機一髪! #辻凪子監督 #辻凪子 #きばほのか #長野こうへい

俳優であり監督としても活躍する辻凪子と、関西を拠点とする活動写真弁士の大森くみこがタッグを組み、映画にまだ音がなく活動写真弁士による語り(活弁)と生演奏とともに上映されていた「無声映画」を令和の時代に復活させた長編作品。活弁付きの上映を前提に製作された(活弁を事前に吹き込んだ「活弁吹き込み版」での上映もあり)。



🔷『月の満ち欠け』
劇場公開日2022年12月2日
https://movies.shochiku.co.jp/tsuki-michikake/

#月の満ち欠け #廣木隆一 監督 #大泉洋 #有村架純  #目黒蓮

2017年に第157回直木賞を受賞した佐藤正午さんによる同名ベストセラー小説を、大泉洋さん主演、有村架純さん、目黒蓮さん(Snow Man)、柴咲コウさんの共演、廣木隆一監督のメガホンにより映画化。



🔷『スペースアドベンチャー コブラ』
劇場公開日2022年12月2日
https://theater-ods.toho.co.jp/sa_cobra40th/

#スペースアドベンチャー コブラ #出崎統 監督 #松崎しげる  #榊原良子 #中村晃子

寺沢武一の名作SFアクション漫画「コブラ」を、テレビアニメ「あしたのジョー」「ベルサイユのばら」などの名匠・出崎統監督がアニメ映画化。
日本初公開:1982年7月3日、公開40周年を記念して4K映像でリバイバル公開。



🔷『光の指す方へ』
劇場公開日2022年12月3日
https://hikarisasu.com/

#光の指す方へ #今西祐子 監督 #犬飼直紀 #役松崎映子  #伊藤悌智

2021年に東京都青梅市にオープンした木造建築の映画館・シネマネコをロケ地に、若者の初めての挫折と再生を描いたドラマ。



🔷『夜のスカート』
劇場公開日2022年12月2日
https://twitter.com/yorunoskirt

#夜のスカート #小谷忠典 監督 #小沢まゆ #木村知貴  #新井葵来   #南久松真奈

「少女 an adolescent」などの俳優・小沢まゆさんが企画・プロデュース・主演を務め、ある心残りを抱える女性を主人公に描いた中編映画。




🔷『未知との交流』
劇場公開日2022年12月3日
https://eiga.com/movie/97243/

#未知との交流 #宇賀那健一 監督 #石田桃香  #吉村界人  #田中真琴

「異物 完全版」「転がるビー玉」などを手がけてきた宇賀那健一監督による短編集。連作短編「異物 完全版」の一作として公開もされた「適応」(2020年製作/10分)と、「モジャ」(2022年製作/29分)、「往訪」(2021年製作/17分)の3作品で構成される。



🔷『泥の子と狭い家の物語』
劇場公開日2022年12月2日
https://doronoko.com/
#泥の子と狭い家の物語 #西岡眞博 監督 #織田ひまり  #田中美里  #月丘七央

2012年に「劇団テノヒラサイズ」で上演され、13年にNHKでラジオドラマ化されたオカモト國ヒコさんの同名戯曲を、ガールズポップユニット「BREAK TIME GIRLS」の織田ひまりさん主演で映画化。



😊<名画座の上映予定(関東周辺)の情報>
名画座の上映作品の情報については下記のHPがお勧めです。
http://www.miwaku-meigaza.com/joho.htm

🔶<特集上映の情報>
今行われている特集映画上映の情報については下記のHPがお勧め。
https://intro.ne.jp/contents/sfs.html

🔷<映画祭の情報>
今行われている映画祭の情報については下記のHPがお勧め。
https://intro.ne.jp/contents/cinefes.html

 

 

 

 

2022.11.27  あまや座にて
劇場公開日 2022年8月19日
https://www.hark3.com/frances/

 



この映画みて、ラストの彼女の気持ちの急変が理解できず
(こういう気持ちかなと思うけど、絶対間違ってると思う気持ちが強く^^;)
この映画、女性じゃないと理解できない面があるのではと、
ちょっと悔しい気持ちになってます。

 



映画は、30代女性と6歳の少女のひと夏の交流を描き、サウス・バイ・サウスウエスト映画祭2019で観客賞と審査員特別賞を受賞したヒューマンドラマです。

主演を務めるケリー・オサリバンさんが「レディ・バード」(17)の女性の描き方に触発され、自伝的要素を盛り込んでオリジナル脚本の執筆を開始したそうで、
これまでタブーとされることの多かった、生理、避妊、中絶など女性の心身にまつわる本音を、ユーモアを交えながら軽やかに描き出したところが、高く評価されています。

 



軽やかというか、悩んだ主人公の本音であり、そう言う会話を通して、周りの人たちと、もちろん6歳の少女とも、話し合って、頑張って触れ合っていく姿に、
これでいいんだ、自分も頑張っていけるという勇気をもらえる映画だったと思います。



ps
「フランシス」は、この6歳の少女の名前です。
うーん、あのラストは嬉しかったのかな・・。

🔶映画『セイント・フランシス』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=0xyw1_oWGEE


 


2022.11.27 WOWOWにて
劇場公開日は、2021年12月24日
http://www.cetera.co.jp/voiceoflove/



なるほど、同じ時期に、今年は『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』が、2022年12月23日に公開されるのを知りましたが、
昨年2021年の作品を1週間前に、セリーヌ・ディオンさんの歌/映画で
WOWOWで観てました。



先にツレが見ていて、後ろでパソコンをしていたのですが、綺麗な歌声が流れていて、
BGMには最高な映画だなと思って、「その映画何?」って聞いたら、「セリーヌ・ディオンさんの映画、14人兄弟の末っ子だったんだって、驚きだわ!」と。



映画は、世界的歌姫セリーヌ・ディオンの半生をモチーフに描いた音楽映画で、曲も映画の中で、約36曲歌われます、聞きごたえ十分です。

映画監督としても活躍するフランスの女優バレリー・ルメルシエが監督・脚本・主演を務め、セリーヌ・ディオンの軌跡を忠実に再現しているとのこと。ラストの「セリーヌのために」というテロップでも
その思いが伝わってきます。

また、彼女の人生の中では、特に、親子ほど離れたギィ=クロードさんとの愛が素晴らしく、素晴らしい方と出会えたと思えます。

 


それに、エンデングの曲の歌詞には「私は、有名だけど、普通の女~♪・・。」や
「私の歌を聞いて、私のことを知って~♪」と、普通の幸せを求める彼女の気持ちが溢れていて、心温まる終わり方だったのも好感が持てます。



ps
映画では、本名なのでしょうが、「アリーヌ・デュー」でした。
少女時代から成人と演じる、俳優さん達が素晴らしく。年の差を感じないほど、
凄く似ていたのには驚き。


🔶映画『ヴォイス・オブ・ラブ』 予告
https://www.youtube.com/watch?v=gmUr02-DkEQ
 


2022.11.26 TOHOシネマズにて
劇場公開日 2022年11月23日
https://www.zarigani-movie.jp/



全世界で累計1500万部を売り上げたディーリア・オーエンズの同名ミステリー小説の映画化なので、話も面白いのですが
この映画は、6歳の少女役の**さんと、16歳?役のデイジー・エドガー=ジョーンズさんの映画です。映画の中の二人の笑顔が素敵で、また健気な姿に目が離せないのです^^)
あの、雑貨屋の夫婦じゃないけど、映画を観ながら応援したくなってしまいます。
(自分が、じいじになったからでしようね^^)



映画は、リース・ウィザースプーンさんが製作を手がけ、ドラマ「ふつうの人々」で注目を集めたデイジー・エドガー=ジョーンズさんが主演を務め
音楽は「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」でアカデミー作曲賞を受賞したマイケル・ダナさん。テイラー・スウィフトさんが本作のためのオリジナルソングを書き下ろしたことでも話題を集めたそうです。

 



そうですね、エンデングに流れる主題歌の「カロライナ」の
歌声が素晴らしく、綺麗にこの映画のラストを締めくくってくれます 

🔶映画『ザリガニの鳴くところ』主題歌 Carolina – Taylor Swift
https://www.youtube.com/watch?v=v-lcttAPeTY

映画『ザリガニの鳴くところ』予告1 11月18日(金) 全国の映画館で公開
https://www.youtube.com/watch?v=W0fgYxW8cno

 



ps
予告編で、題名を観て
田舎生まれなので、小さいころは何十匹と、カエルの皮を剥いて枝に吊るして、ザリガニをつっていたが、ザリガニが鳴いたのを一度も聞いたことがない^^?

 


2022.11.26 TOHOシネマズにて
劇場公開日 2022年11月18日



「ラストナイト・イン・ソーホー」の目の大きいアニヤ・テイラー=ジョイさんが、この映画では、レイフ・ファインズさんを喰っちゃいましたね、素晴らしいです。
スタイルも抜群。

 


ありえない話ですが、ラストの彼女の気転が面白く、なるほどと頷いてしまいました^^)

映画は、レイフ・ファインズ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ニコラス・ホルトの共演で、孤島にある高級レストランに隠された秘密が明らかになっていく様を描いたサスペンスで、R15指定の映画。



料理にガッツいていた青年・ニコラス・ホルトさん、いい味出していましたが
彼、ヒュー・グラントさん主演の映画「アバウト・ア・ボーイ」で注目された
少年です^^)、懐かしい!



🔶『ザ・メニュー』津田健次郎さんナレーション入り日本オリジナル予告映像
https://www.youtube.com/watch?v=E-JNKUsQmwM

 


2022.11.26 TOHOシネマズにて
劇場公開日 2022年11月25日
https://transformer.co.jp/m/greenknight/



良かったです。
幻想小説を、旨く映画化したような、ゆったりとした作品で楽しめました。
ちょっと間の長い切り方は、デビッド・ロウリー監督独特ですね。

 



映画は、「指輪物語」の著者J・R・R・トールキンが現代英語訳したことで知られる14世紀の叙事詩「サー・ガウェインと緑の騎士」を、「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル主演で映画化したダークファンタジーです。

 



ラストも良いし、あの子狐ちゃんが好きでした。
それに、挿入歌(3曲くらい)が素敵で、あえて言うと昔の「ブラザーサン・シスタームーン」の様な綺麗な歌声でした。恋愛映画だったら良かったのにと思った(笑)



🔶A24が贈る、初の本格ファンタジー『グリーン・ナイト』予告編【2022年11月25日公開】
https://www.youtube.com/watch?v=LaK7Oz83mc0

 


2022.11.26 TOHOシネマズにて
劇場公開日 2022年11月23日
https://wwws.warnerbros.co.jp/bosei/

 



極端に娘と母親の視点での映像が違うのが面白い。
母親が狂っているのか、それに、永野芽郁さんの目の大きな彼女独特の
驚きの表情が旨く使われていて、あの表情は彼女しかできないな^^v



映画は、ベストセラー作家・湊かなえさんの同名小説を映画化し、
戸田恵梨香さんと永野芽郁さんが母娘役を演じたミステリードラマ。
ある未解決事件の顛末から物語が始まり、主人公の彼女の“娘を愛せない母”と“母に愛されたい娘”それぞれの視点から振り返り、今までの人生と再出発していく姿を描き出す。



もう一つの映画の見どころは、父の秘密を娘が見つけて、それに対峙するシーン
娘の姿が健気で、私は感動してしまった(出来すぎという感もありましたが)



🔶映画『母性』ファイナルトレーラー 2022年11月23日(水・祝)公開
https://www.youtube.com/watch?v=UEiLnMfa3xU

 


2022.11.22 DVDにて
劇場公開日 2022年6月17日
http://www.zaziefilms.com/threesisters/

 



この映画みたいに、映画の評価が見ていて、
出だし(長女の自虐性、末子の依存性など)見ていても悲惨で20点、
最後は90点(最後泣けた)と格差がこれほど大きい作品は、はじめて。

 



観ているときは、当然ツレも一緒にみていて、
「面白そうだから借りてきた」と言った手前、
たまに、自分が好きでも、血がドバーというのとか、ツレの評価が低いと
「この映画みたくない、あんた一人の時観て!」と言われる映画もあり^^;

この映画も、私の評価20点なので、ツレの横顔を見ながら、ドキドキしながら見てましたが、
ツレが、ぼそっと「この映画、ラストが良いんだろうね」と、肯定的なことをいう?

(あとで気が付きましたが、私が勝手に見てると、「あんた、この映画の題名なに?」と、よく聞いてきて
良くネット調べているので(ながい題名だと、ゲオレンタルのレシート観て答えるのですが)、今回も聞いてきたので、評価がいいの知ってたのでしょう、
私など今感想書くのに調べて、評価が良い映画だったんだと知った次第です^^;)

 




映画は、ドラマ「愛の不時着」のキム・ソニョン、「オアシス」のムン・ソリ、「ベテラン」のチャン・ユンジュが三姉妹を演じ、第42回青龍映画祭をはじめとする韓国の主要映画祭で多数の女優賞を受賞した人間ドラマです。

 



とくに、「愛の不時着」は見ていませんが、多くの作品に主演しているキム・ソニョンさんの演技が素晴らしいです。
能面の表情に、怒り、諦め、悲しみ見えて、このキム・ソニョンさん凄いなと感動していました。

 



🔶映画「三姉妹」予告編|6月17日(金)公開

https://www.youtube.com/watch?v=z4IgqxHv_b8&t=1s