さわとんのブ〜ログ。今。

さわとんのブ〜ログ。今。

5年半のうつ病、マンション最上階からの飛び降り、大腸全摘出、、、その後カウンセラーとして起業し、気づけば早10年。。「ありがトン(サンマーク出版)」、「人生をやめたいと思ったとき読む本(東洋経済新報社)」等の著者さわとん(澤登和夫)が、今、思うこと。今。

【お知らせ】


 


2018年4月より、下記のブログに移転しました。


 


「あなたが大切な人にできること」


 


うつで悩んでいる人の力になりたいご家族、友達、同僚向けのサイトにリニューアルし、うつ専門カウンセラーとしてわかりやすく書いていますのでぜひご覧ください。


 


テーマ:

Vol.2313

 

 

昨日から連日、失礼します。

 

 

起業10年を過ぎ

これからのさわとんステージは

「結果」にもこだわります。

 

 

 

【本日最終日!2日間で300名が登録!】
 
NHKに何度も呼ばれテレビ出演依頼殺到!
全国各地で講演を500回以上も呼ばれる副業、起業プロデュースとは!? 
https://sub.jinseidrama-kigyo.com/                   
 
 


ぼくの起業1年目の年収は
実は「2万円」でした^^
  
しかしそれから1年で
サンマーク出版さんからの出版依頼、
  
NHKから出演依頼、
 
全国からの講演依頼。。
 
  
なぜ一気に好転したかといえば
 
  
自分の「人生体験」を
起業の中で取り入れて
伝えるようにしたからです。
 
自己開示すると決めて
自分の人生ドラマを
紡いで編んでいったからです。
   
 
その後、
起業プロデューサーとして
様々な起業副業サポートを
するようになってからも
    
「人生体験、人生ドラマを
型に沿って取り入れると
活動が10倍伝わるようになって
売上も大幅アップ」
 
することがわかりました。
 
   
今回初めて
そのノウハウを一般公開します。

 

 

人生ドラマの爆発力

半端ないです。

 

誰にでも

人生ドラマがあります。

 

大小ではない。

 

あなただけの人生が

自分自身を、

そして周りの人を

幸せにします。

 

 

そんな人生ドラマを

形にしていく方法を

今回初公開します。

 

 

 


 
今日まで3日間のキャンペーンですが
2日間ですでに約300名の方に
お申し込み頂いています。
 
「1日目の内容がとてもわかりやすくて
早速プロフィールを書き直しました!」
  
という嬉しい報告も届いています。
   
本日が特典最終日です。
関心ある方は
今すぐご登録ください。
   
******************
  
【本日最終日・3大特典付】
  
<あなたの「人生ドラマ」を
「究極の強み」に変えてトントン拍子!
〜7日間無料メール起業レッスン〜>
  
無料登録はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://sub.jinseidrama-kigyo.com/

 

******************

 

 

PS、カウンセリングもやめませんよ〜。

カウンセラーと起業プロデューサーの

相乗効果でどっちもパワーアップ☆

 


テーマ:

Vol.2312

 

 

ブーログの皆さん

約1ヶ月ぶりです。

 

 

お久しぶりですが、、

 

今日は一つ

さわとんの新しい活動の

ご紹介です。

 

 

ちょっといきなりですが、、

ビビッと来る方には

お役立ちできると思います。

 

 

 

昨日10月10日(トントンの日)から
正式に新たなステージがスタートしました。
 

 

それは


「人生ドラマ型 起業プロデュサー」
 

 

 

つまり

 

「人生経験を活かして起業・活動したい」

 

「自分の経験を活かして、食べていきたい」

 

といった方向けの起業支援です。

 

 

 


これまでの起業10年間で

人生経験の力強さ、
爆発力を自分自身からも
クライアントさんからもたくさん感じてきました。
 
 
人生経験はその人がにじみ出る。
人生経験はその人の一部である。
 
 
自分自身も
人生体験を起業2年目から
思い切って伝えるようにしたら、
一気に様々なオファーが殺到しました。
 


起業がうまくいったことだけでなく、
素のまんまに生きられることも
できるようになっていく副産物も。
 
 
 
それをある程度の型も含めて
クライアントさんに伝えていったら
やっぱりすごい変化☆
  
クライアントさんが実際に起業するだけでなく、
売上など数値的目標も出るように。
 
例えば
セッション開始からたった10日間で
30万円以上のご契約をされた方が2名も!
 
 
 
起業支援は
この3、4年、ひっそりと
希望する方だけに行ってきました。
 
しかし
ここまで成果も出るようになったので
正式に公に行っていきます。
 
起業プロデューサーとしての
道に大きく舵を切ります。
 


カウンセラーも変わらず行いますが
両方あるからこその相乗効果。
 
 
  
そして、
 
今日から新たな学びの場をスタートします。
 
これまでの起業10年間で培ったノウハウを
7つのメールに詰め込みました。
 
 
題して
 
<あなたの「人生ドラマ」を
「究極の強み」に変えてトントン拍子!
〜7日間無料メール起業レッスン〜>

https://sub.jinseidrama-kigyo.com/ 

 

 


 
・”年収2万円”からたった1年で
 出版依頼を頂けた「人生ドラマ活用術」
 
・facebookだけで月462万円のご契約
 
・売り込まなくても講演依頼が舞い込んで来る方法
 
 
などなど(他にもたくさん!)
 
 
  
今後、起業プロデューサーとして
 
「自分の人生経験を活かした仕事がしたい」
「自分の人生経験を活かすことで、売上を10倍伸ばしたい」
 
という方に向けてトコトンサポートしていきますが
その「教科書」的な存在にもなるものです。
 
 
3大特典付は
明日12日(金)まで限定です。
 
******************
 
【明日12日(金)まで限定・3大特典付】
 
<あなたの「人生ドラマ」を
「究極の強み」に変えてトントン拍子!
〜7日間無料メール起業レッスン〜>
 
 無料登録はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://sub.jinseidrama-kigyo.com/ 
 
******************

 

すでに200名以上の方が

お申し込み頂いています。

興味がある方はぜひ一緒に学びましょう。


 
 
起業プロデューサーさわとんとしても
どうぞよろしくお願いします。

 

 


テーマ:
Vol.2311
 

 

ブーログの皆さん、

お久しぶりです〜

 



6月から約3ヶ月間、
妻トンの産休・育休で基本的に活動を停止していました。



6月30日、、
第一子となる男の子が誕生しました。

 



その時の記事は

うまれました! 「あなたが大切な人にできること」出産編



44歳にしてパパとなり最初は全てが戸惑いながらですが
本当に色々なことを感じています。


 

 





そして、
おかげさまですくすく育ちまして
2ヶ月でこんな感じになってきました。

 




想いを寄せてくださっている皆様、
本当にありがとうございます。

「あなたが大切な人にできること」として
子どもはもちろん、妻と接する上でもたくさんのことを感じているので
今後シェアできたらと思っています。


活動も基本的に再開しました。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

【重要】9月から一部をのぞき活動再開します(6月30日に家族が増えました)。

 

 

 

そして、、

 

 

今日はもう一つ大事なことが。

 

 

なんと!

 

 

 

9月10日〜16日の自殺予防週間を前に、
インタビュー記事がYahoo!特設ページに掲載されました。

 






これまでは、

うつや飛び降りを体験した側としてのインタビューはありましたが、

「悩んでいる人を支える」側としての記事は初めてです。

 

 

この視点を取り入れたことは、

特集としてもとても大きいと思います。

支えている人に伝わるように、

さわとんも限られた中で伝えたいことをお伝えしました。

 

 

インタビュー記事はこちらです。

 

 

Yahoo!特別企画ページ(さわとんインタビュー)
https://promotion.yahoo.co.jp/jisatsuyobou2018/





企画としては厚生労働省が主催で

自殺予防週間に向けてということですが、
 

「9月1日は子どもの自殺が一番多い日」


ということで自殺予防週間より前倒しして
掲載されているのもあると思います。



Yahoo!の検索やニュースで
「死にたい」や「自殺」と入力すると
一番上に出る設定になっているようです。
 




企画の趣旨に賛同された方、
記事を読んで周りの人に伝えたいと思った方は、
よかったら大切な人へリンクを送ったり、
シェアしてくださると嬉しいです。

この特集と記事が、
今死にたいほど悩んでいる方、
そんな悩んでいる方を支えたい方の
力に少しでもなれたら本当に嬉しいです。

 

 

期間限定ですので

お早めにご覧ください。

 

Yahoo!特別企画ページ(さわとんインタビュー)
https://promotion.yahoo.co.jp/jisatsuyobou2018/

 

 

 

このブーログは

これからもしばらくの間は

たま〜に書いていきますね(^0_0^)」

 

 

 

 

当ブログ「さわとんのブ〜ログ。今。」と同じ内容を、ブログ更新時に毎回メールマガジン(とんマガ)としてお届けしています。ブログが更新されたことも都度わかります。送信希望される方は、こちらからご登録ください(いつでも解除できます)。


テーマ:
Vol.2310
 

 

前回のブ〜ログ

妻トンが臨月であることお伝えしていたのですが、、、

 

 

うまれました!

 

 

 

6月30日午後2時22分、

3218グラムの男の子(第一子)が誕生しました〜☆

 

ありがトンございます☆

 

 

 

正直、今の気持ちとしては

妻トン(妻)とちょこっとん(赤ちゃん)

本当によくがんばったなぁということばかりです。

 

 

自分としては一生のテーマでもある

「あなたが大切な人にできること」

を試されるような場でもありました。

 

 

 

一生に一度あるか無いかのことなので

経過と感じたことをお伝えしますね。

 

 

まぁとにかく痛みが続く時間が想像より長かったです。


陣痛なるものがこんなに長い時間、ひどい痛みが続くものとは思わなかった。

 

どうしても映像とかでは出産直前がフォーカスされるのもあり。。 
  
 


前日、日本がW杯決勝トーナメント進出を決めた深夜2時頃に陣痛が始まり、

 

朝9時頃病院に行ってそのまま入院。
   
そこから何度も何度も体験したことないような激痛が襲ってくる。

 

最初は15分、10分おきとかなのが、5分、3分、、、

 

と少しずつ短くなっていく。。。


   

 

(この頃も実は大変だったけどまぁまだよかったなぁ)

 


 
のだけど、、妻トンは陣痛が止まったり頻度がなかなか

 

増えなかった(微弱陣痛)そうで、またそれがもどかしかった。

 

痛みはくるけどそれが出産に近づいているのかわからない。。
    


そりゃいつか終わるって頭ではわかっていても、

 

初めてだしとにかく今が苦しいのでその視点を持つのは本人も支える側もホント難しかった。
  
  


結局、、

 

破水は途中でしていたので、破水した状態で陣痛が長く続くのも良くないと

 

朝になって陣痛促進剤を点滴開始。
  
そこからは一気に頻度も増えて午後2時22分の出産へと向かっていったんだけど、

 

一気に陣痛が強まったもんだから妻トンもパニックっぽくなってそこからも大変だった。。
   
 


ようやく子宮口が10センチ開いたのでさぁ出産へとなったけど、

 

妻トンも疲れきっていた(助産師さんは「子宮も筋肉だから疲れが溜まってる」と)ので、

 

いきむ、ということもまた大変で。。

 

へその緒が首に少し絡まっていたそうでそこも注意しつつ。
   
 


こちらは妻トンの顔の横にいるので股は見えないけど、

 

いきむたびに助産師さんがグリグリやってる。引っ張り出してるのか。
   
これまでに見たことが無い表情の妻トン。


早く終わってあげてほしいけどなぁ。。


でも疲れきった表情の中でも少しずつ慣れていってる感じもする、すごいすごい!
 

 


 
ホント二人ともがんばり続けて、

助産師さんも声かけしながらサポートしてくれて、

少しずつ頭も見えてきて、、
 


さぁもう少し!
   
さぁ最後!

 


最後のいきみでは先生が少し切開しつつ、

 

助産師さん二人が上からお腹を押して、、

 

妻トンの悲鳴、

 

みんなの「がんばれ!!」
  
 


そしたら、、
 
ちょこっとんの


髪の毛が見え、、


頭が見え、、、


顔が見え、、、


 
全身が見えたぁ!!!

 

 


 
さわとん一気に目が潤む。
二人ともほんとよくがんばってくれたなぁ。
  
 
そして妻トンも泣くかと思ってたら、、
ちょこっとんを見た瞬間

目を見開いて怖がるような表情で「キャー!!!」
 
その表情があまりに怖い感じの表情だったので

おかしくなったのかと思うほどだったけど、
 
  
「キャー!!! いるー!!!」
 
 
その言葉に先生も助産師さんもみんなが笑いに包まれる中、

ちょこっとんは産声をあげました。

 


めでたしめでたし(^0_0^)」
 
 

 

 


夫としての

「あなたが大切な人にできること」は、、

 

まぁそれなりに頭も使ったけど、

 

結局は一緒にいる、しかできなかったかなぁ。
  


「助産師さんずっといて〜! この人じゃダメなの!!」 


と陣痛ひどいとき妻トンに言われつつも(笑)


一緒にいて、一緒に感じられることは一緒に感じる。
  


 
とてもまとめられないけど、、
出産は赤ちゃんの誕生のためなのだけど
ママもママになる儀式、
パパもパパになる儀式なんだろうなぁ
(出なくてもそれはそれだけど)。


ちょこっとんを受け止める包容力を
プレゼントしてもらった気がします。
   
ホントふたりともがんばってくれました。
たくさんの人に助けてもらいました。

 

 

ここからしばし、ちょこっとんフォトです。

当日がこちら。

 

 

 

 

がんばって出てきたから顔も腫れてるなぁ

毛が濃いですなぁ

さわとんに似なくてよかったか(^0_0^)

 

 

 

 

ここからは2日目。

 

 

 

 

たった1日で随分とスッキリして穏やかになった感じですよね。

 

 

 

似てますかぁ

 

 

おっぱいやミルクあげたりオムツ変えたり

早速始まって試行錯誤しながらやってます^^

 

 

 

という感じです。

 

ちょこっとんの変化を日々感じるので

何かちょこっとんの声が

聞こえる気もするんです。

 


 

「パパ〜
 

ぼくはいまをいきてるよ~。

 

いまだよ〜。

 

きょうだよ~。

 

すっぽんぽんだよ~。

 

パパもいまかんじることだいじにね」 
 

 

 

こんな声が聞こえる気がします。

 

 

これからも

なるべく育児に携わり

色々なことを彼から学びたいと思ってます。

 

なので

仕事はもっと効率的に

結果も出していきます。

 

 

またそこらへんも

落ち着いて決めて

お伝えしますね。

 

 

 

ちょこっとんの誕生、、、

 

ぼくも

生きてきてよかった。。。

 

そして、

色々な方の支えで、力で、

彼の命があります。

 

 

本当にありがとうございます。

ありがトン☆

 

 

 

当ブログ「さわとんのブ〜ログ。今。」と同じ内容を、ブログ更新時に毎回メールマガジン(とんマガ)としてお届けしています。ブログが更新されたことも都度わかります。送信希望される方は、こちらからご登録ください(いつでも解除できます)。


テーマ:
Vol.2309
 
お久しぶりです〜
暑くなってきましたがいかがお過ごしですか



さわとんは、、、

 
妻トンが妊娠10ヶ月、臨月になりました〜
 
 
以前書いた通り
妻トン(妻)が第一子を妊娠中で7月1日が出産予定日。
 


臨月に入りまして
それこそいつ産まれてもおかしくない
時期が近づいてきました。


まだそんなには実感ないんだけど、、、
 
楽しみな気持ちはもちろんあるけど
結構冷静なもう一人の自分も。
   
これからの1ヶ月で何が起こるのか、
色々と感じたいと思ってます。



で、
3月末に活動10周年を機に
「あなたが大切な人にできること」
としてリニューアルして以来
少しずつ活動を形にしてきたんですが、
 
 
この度、約3ヶ月のお休みを頂くことにしました。
 
 
 
 
 
6月から8月末まで3ヶ月間、
産休育休を頂くことにしました。
 
 
カウンセリングの新規受付などを
休止させてもらうことにしました。
 
 
詳細は、、
【重要】産休育休につき、8月末(予定)までカウンセリング等の新規受付を休止いたします
https://arigaton.com/sankyu-ikukyu/
  
 
「あなたが大切な人にできること」主宰者として
やっぱり一番身近な人を大事にしたいなと考えた結果です。


妻トンの心身の負荷も大きい時期なので
なるべく近くにいてサポートしたり、
一緒に感じる時間を大事にしようと。


産休育休といっても個人なのでお金も出ないどころか、
3ヶ月売上が無いのはかなり大変だけど--、

この機会に
限られた資源(時間やお金)を
効果的に配分・投資・循環できる自分へと
生まれ変わりたいと思っています。

時間が無いからこそ
効率的な仕組みを産み出すチャンス。




またたまにこのブ〜ログもアップしますね。
もしかしたら次は
パパトンになっているかも!?


ママトンの笑顔が見れるのも嬉しいです☆
 
    
  
 
 
<最近のブログ記事>

◆カウンセラーに関心がある人は必見!
 
さわとん流:カウンセラー の役割とは
https://arigaton.com/counselor-role/
  
  
◆アクセス増が止まらない全8回シリーズ
 
【うつ病の息子を支えた母親の体験記 第1話】自分の子どもがうつ病!?
→ https://arigaton.com/taikenki-sawatonhaha-01/
  
  
 

 

当ブログ「さわとんのブ〜ログ。今。」と同じ内容を、ブログ更新時に毎回メールマガジン(とんマガ)としてお届けしています。ブログが更新されたことも都度わかります。送信希望される方は、こちらからご登録ください(いつでも解除できます)。


テーマ:
Vol.2307
 
 

昨日ママトンと話して、活動の大事な【欠陥】が判明しました。
   
4月から「あなたが大切な人にできること」として、

主にうつのご家族向けの活動に特化。

 

Ebookも大好評で価値を確信しました。

 

Ebook完成の4月28日以降はずっとメインサービスを具体的な提示できる形にする作業を行っていました。

 

 

価値がある分それなりの有料サービス。
  
しかし!
 
この作業が進まない〜。


  
「このサービスはお役に立てる、価値がある」、

 

と頭でわかっていて途中まで進んだり案内ページを作っても、

 

提示できる最後まで形にならない^^
   


結局サービスの形も色々変わり、


・個別セッション
・対面講座
・オンラインビデオ講座
・オンラインサロン 
・カウンセラー養成講座
・これらの複合形
 

などそれぞれ数日かけて組み立てたんだけど、全て途中で気持ちが乗らなくなり終わる。。
 
 
「自分の弱さや熱意が足りないのかな」
 
などと相当長くグルグルして疲れてきたので、ママトンと会えば何かヒントあるかもと昨日実家へ会いに行きました。


そもそもこのサービスは「ママトンのような人を増やしたい」、つまり、家族のうつで笑顔が無くなったけど今は幸せ、という人を増やしたい想いからスタートしたし。
   

 

 


で、昨日実家でママトンと会って、、

 


さわとんのうつサポート3年半時代に苦しかった時の質問をしたり、今の状況も話してみました。

 

 

 

色々と話してくれました。


  

 

ときに大笑いしつつ(^0_0^)

 

 


で、その数時間後に、本質的な問題がわかりました。
   


  
「ママトンからお金を取れないんだ」
 

 
  
この活動のモデルはママトン、そんなママトンのような人からお金を頂くことへのブロック。
 
もちろん全くもらえないわけではないが、それなりの料金となると受け取れない。。
 
あれだけ苦しい思いさせて、無条件の愛を注ぎ続けてくれて、それでいてそれなりのお金を頂くことへの葛藤。。
 
 


これが有料サービスが進まなかった根底だと腑に落ちました。


これを「お金のブロック」だとか「親と何かあるからそのブロックを外していこう」と受け止めることはやめて、そのまま大事にしてくことにしました。
  
 


ということで、サービスとお金が循環する仕組みを再構築する必要があります。

 

多分考えられる方向性は3つあって、
   
1、それなりの安価でも循環していく形を作る
 サービスを使ってくれる方を増やす、など
  
2、対価(お金)は基本的に別の人から頂く
 具体的には、自治体等の予算で活動する(これまでの講演のようなこと)、どこかの会社や団体に属して給料や委託料をもらう、スポンサーについてもらう、クラウドファンディングなど
   
3、「あなたが大切な人にできること」自体をやめて、全く新しい形に生まれ変わる
 全く新しい、、と言っても根っこは変わらないし
 
 
ここのところをまた数日じっくり考えてみます。
  
「そんなことクリアしてから活動開始しろよ」って笑われそうだけど、

 

自分実験タイプはやってみて腑に落ちてようやくわかる(^0_0^)

 

 

この体質は損も多いかもしれないが生まれ変わりも早いのが取り柄です


 
  
<3つの教訓> 


・迷ったときはとにかくキーパーソン(この場合ママトン)と会え
   
・活動が進まないとき、根底にあるものは何か
  
・(想い+ニーズ+価値)+継続できるお金が回る仕組み作り

 
 

 

 

 

当ブログ「さわとんのブ〜ログ。今。」と同じ内容を、ブログ更新時に毎回メールマガジン(とんマガ)としてお届けしています。ブログが更新されたことも都度わかります。送信希望される方は、こちらからご登録ください(いつでも解除できます)。


テーマ:
Vol.2306
 
 
こんにちは。
お久しぶりです〜。


GWはいかがお過ごしでしたか?

 
さわとんは
今後の「あなたが大切な人にできること」
の活動について
あれやこれやと色々考えたのが多かったです。
 
今月中あたりに
新たな役に立てるサービスを
形にできればと思っています。



ところでこのE-bookもう読まれましたか?

「あなたが大切な人にできる10のこと(2018年版)」
 
 
びっくりするほど大好評です。
 
「段階ごとのささえるひとの混乱、ショックやとまどい
否定せずただ客観的に自分をみれてさらにその時期どんなことをしたらよいかヒントになりました」
 
といった感想も頂いています。
 
詳細・ダウンロードはこちらのページです。
 
https://arigaton.com/e-book-2018anatai10/




そして今日は母の日ですね。

母の日って特別な日、じゃなくてもいいと思うのですが
お母さんと接したり、改めて考えるチャンス。

どんなことが浮かびますか?



今回、母の日に間に合うように


「うつ病の息子を支えた母親の体験記」


というブログ記事(全8回)を書きました。




これはさわとんの母、通称ママトンが
うつ病だったさわとん接した3年半の体験記です。

2013年にママトンさわとんで新潟で
講演させてもらった時の講演録をもとにまとめました。


母から目線のうつを支える体験記が
当時のママトンの日記をベースにして
とてもリアルに描かれています。



途中まで読んだ方からは


「さわとんから聞くだけでも壮絶な話なのに、
寄り添って居たお母さんの目線が入ると超リアル。

多くの人の支えになると思います!」



なんて感想も頂きました。



【うつ病の息子を支えた母親の体験記 第1話】自分の子どもがうつ病!?
 


【うつ病の息子を支えた母親の体験記 第2話】「疲れた、もういいでしょ!」
 


【うつ病の息子を支えた母親の体験記 第3話】本当にマンションから飛び降りるとは
 


【うつ病の息子を支えた母親の体験記 第4話】「早く治ってほしい」 とらわれすぎているのか
 


【うつ病の息子を支えた母親の体験記 第5話】親も知らない間に高級マンションの契約、高級車の購入、
 


【うつ病の息子を支えた母親の体験記 第6話】私もうつなのか?
 


【うつ病の息子を支えた母親の体験記 第7話】開業、心からおめでとう! これからもよろしくね
 


【うつ病の息子を支えた母親の体験記 第8話(終)】気がつくと、まさにうつが私を救い、和夫を救ってくれました
 



うつを支える方はもちろん、きっと母親というものに対しても何か感じて頂けると思います。
よかったらぜひご覧ください。



第1話はこちらから読めます。


【うつ病の息子を支えた母親の体験記 第1話】自分の子どもがうつ病!?

→ https://arigaton.com/taikenki-sawatonhaha-01/



この母の日に、家族のこと、お母さんのことを
考える機会になれば、ママトン共々とても嬉しいです。



 
 
なお、4月からメインのブログは
 
 
になりましたが
このブーログは今後もこんな感じで
お役に立てそうなことを不定期に書いていきますね。
 

 

 

 

当ブログ「さわとんのブ〜ログ。今。」と同じ内容を、ブログ更新時に毎回メールマガジン(とんマガ)としてお届けしています。ブログが更新されたことも都度わかります。送信希望される方は、こちらからご登録ください(いつでも解除できます)。


テーマ:
Vol.2305
 
 
21日にリリースしたこのe-book(第0版)ですが
 
 
 

 

えっ、パピ夫がうつ!?

悩み続けた母みどり。

パピ夫が社会復帰するまでの3年間

 

2018年版

「あなたが大切な人にできる10のこと」

 

 

 

「この本は、商業出版される」と、、

期待も込め勝手に思ってます。

 

 


なぜなら「ありがトン」出版の時と同じようなことを

たくさん感じるからです。

 



「ありがトン」の時も決してすぐ書籍化されたわけじゃなく、

文字で8ページの小冊子→コミックエッセイ小冊子→出版。

(これだけじゃなく、この間にもたくさんのことが)

 

 

詳しく知りたい方は

自宅プリンターで作った8ページの小冊子から1年後に商業出版された話

をご覧ください。


  
10年やってくれば自己評価は高くても広がらず

終わってしまったものもあるけど、今回は違うのがわかります。
 
 
「ありがトン」と今回が共通することとして、
  
・第0版を読んでくれた本当に必要としてくれてる人が

 すごく喜んでくれて何か協力したいと自ら言ってくれてる
・第1版まで待ってと言ってるのに、すでに拡散してくれてる人がいる
・リアル版小冊子を作って欲しいと要望が多い
・キャラクターが大活躍
・オリジナリティと物語性
・うつに絞ってるけど、誰にも大事な普遍性がある

 
などです。


 
もちろんさわとんは出版業界の人でもないしベストセラー作家でもない。

「ありがトン」の時も編集者サンマーク出版の鈴木七沖さんはじめ、

本当に多くの方が支えてくれたし処女作だからこそのメリットもあった。
 
なので全く簡単に言えないけど、なんとなくそんな気がしてます。


必要な人へ届くために商業出版は大事なので 
落ち着いたら、出版の方ともお会いしてアドバイス頂きたいと思っています。
  


  
好評の第0版を、頂いた感想をもとにさらに読みやすくした

 

第1版の正式リリースは
 
明日4月28日(土)18時予定

 

です。

 


 
 

そして伝説となる(と勝手に思ってる)

第0版は本日27日の18時で配布終了

しますので、

ゲットしておきたい方は今のうちにダウンロードお願いします☆
 

こちらのページ

 

https://arigaton.com/e-book-2018anatai10/


 
これまで出版させてもらった他の本もそうだけど、

ターゲットを絞りつつも生きる上で大事なことを書いている本が

自分にはあってるようです。

 

 

 

 

当ブログ「さわとんのブ〜ログ。今。」と同じ内容を、ブログ更新時に毎回メールマガジン(とんマガ)としてお届けしています。ブログが更新されたことも都度わかります。送信希望される方は、こちらからご登録ください(いつでも解除できます)。


テーマ:
Vol.2304
 
昨日リリースしたこちらのe-book。
 
 
 

 

えっ、パピ夫がうつ!?

悩み続けた母みどり。

パピ夫が社会復帰するまでの3年間

 

2018年版

「あなたが大切な人にできる10のこと」

 

 

 

おかげさまで現在約40名の方にお申し込み頂いています。

そしてすでに読んで、感想を送って下さった方もいます。

 

 

「一気に読んじゃいました。

 

素晴らしい、すごいです。

わかりやすく、そして自分だったら、

と考えやすいです。」

 

 

「さすがの

完成度

わかりやすさ

温かさ

 

もうほんとわかりやすくて、

すんばらしかったです。

 

支える人の導入本になるといいですね。

救われる人たくさんいると思います」

 

 

なんて嬉しいメッセージを頂きました。

 

 

ありがトン☆

 

 

で、、

さわとんも今日改めて読んでみましたが、、

もっとこうしたらよかったな、

っていうのもありました。

 

読んで頂いた方からもありがたい

アドバイスを頂いたりしました。

 

 

ということで、

今回の第0版をより見やすく改良し、

 

4月28日(土)に第1版として

正式にリリース

 

することになりました。

 

 

 

というと、

第0版は正式では無かったのか、

といわれるかもしれませんが、

いや正式だったんです。

 

ですがせっかくなら

よりより形で伝えたいということで、、

ご了承頂けばと思います。

 

まぁ内容的には9割型は変わらないと思います。

 

 

ということで、

今ダウンロードできる記念すべき第0版は

たった1週間で見納めです。

 

プレミアムになります(笑)

 

 

もちろん、第0版をダウンロードして下さった方には

第1版もお送りしますのでご安心ください。

 

 

第1版まで待って頂いてももちろん大丈夫です。

 

もし第0版もゲットしたいという方は、、、

第0版のダウンロードは

 

こちらのページ

 

https://arigaton.com/e-book-2018anatai10/

 

からお願いします。

 

 

ぜひぜひっ、感想教えて頂けたら嬉しいです。

早めに送ってもらえれば、第1版の方にも参考にさせて頂きます。

 

 

 

また動きがあればお伝えしますね。

 

 

当ブログ「さわとんのブ〜ログ。今。」と同じ内容を、ブログ更新時に毎回メールマガジン(とんマガ)としてお届けしています。ブログが更新されたことも都度わかります。送信希望される方は、こちらからご登録ください(いつでも解除できます)。


テーマ:
Vol.2303
 
 
できました。
 
 
 
 

 

えっ、パピ夫がうつ!?

悩み続けた母みどり。

パピ夫が社会復帰するまでの3年間

 

2018年版

「あなたが大切な人にできる10のこと」

 

 

 

本日リリース予定ということでしたが、

遅い時間になりましたが完成しました。

 

 

 

主人公は「みどり」と「パピ夫」。
 
突然うつ病であることを告白し、引きこもる息子「パピ夫」。
  
それに対して息子が元気になるために奮闘するもなかなかうまくいかず悩み続けた母「みどり」。
  
みどりは自分もうつになるくらいどうしたらいいか悩みましたが、、、3年後、「パピ夫」は久しぶりに仕事を始めます。
 

 

数名のクライアントさんの実話をベースにした物語。

 

 

なんと全71ページになりました^^

 

 

詳しいことは明日書きます。

 

 

ダウンロードはこちらのページからとなります。

 

https://arigaton.com/e-book-2018anatai10/

 

 

 

ではまた明日です〜

 

 

当ブログ「さわとんのブ〜ログ。今。」と同じ内容を、ブログ更新時に毎回メールマガジン(とんマガ)としてお届けしています。ブログが更新されたことも都度わかります。送信希望される方は、こちらからご登録ください(いつでも解除できます)。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス