中古ピアノを譲ってもらえるとしたら? | 喜多方市 塩川町 会津若松市 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市 塩川町 会津若松市 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
中古ピアノを譲ってもらえるとしたら?

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

「先生、アップライトピアノをもらえそうなんです」

と、生徒のお母さんが、少し前にお話ししてくれました。

お家での練習楽器は電子ピアノです。


先月、LINEにメッセージが入っていました。

そのメッセージには、譲り受けるピアノを見てきた事、そして、実際に音を出して弾いてみたら「これはピアノの音じゃない」と思った位の不快に感じた音色だった事が書いてありました。

意見を求められましたが、こういう時、難しいですよね。

だって、私が、そのピアノを弾いたわけではないし、ピアノの技術者でもないので。

そのピアノは長い間、メンテナンスもされず、弾いていなかったからなのであって、手を加えれば大丈夫かもしれない。

でも、ピアノって、生きているから、お母さんが実際に弾いてみて感じた直感のようなものは、大切にした方がいいのです。

お母さんが書いてくれたメッセージには「言葉にすると難しいけど・・・でもねでもね、先生、こんな感じなんです」が伝わりました。


困った時には、ピアノの専門家へ!!

という事で、私が信頼する私のピアノの主治医、調律師さんに電話をしました。

LINEのメッセージにはメーカー・型番も書かかれていたのでそれも伝えました。

「○○○(メーカー名)の××ー×(型番)は、昭和○○年位に製造されて、価格を抑えるために質を下げた結果、メーカーの信用も落ちました、番号を見ると○番、その中でも下位モデル、僕でしたら、責任持てないので、このピアノは引き受けません」

時代、製造背景をすぐに言える調律師さん、これを聞いた時、プロだと思いました。

技術者だと思いました。

この調律師さんに、ずっと、お世話になろうと思いました。

そして、引き続き話された事は、

「その方は、実際にピアノを弾いてみて、何かがおかしいと思って先生に相談したんですよね、それはピアノを大切に思っているからです、じゃなければ、もらった後に『どうしましょう』って言います。そういう方は、正しい判断が出来ます『これはピアノの音じゃない』って思いながらアップライトピアノを弾くよりも『電子ピアノだからこういう音』って割り切って弾く方がいいかもしれません」

本当にその通り。

相談してくださったお母さんは、ピアノを大切に考えてくださっています。

この件があって「電子ピアノから比べれば、アップライトピアノが上」

という価値観がなくなりました。

正確には、やっぱりアップライトピアノの方が上は上なんですけど、残念なことではあるけど、現実には、質・状態の悪いアップライトもあるという事です。

私自身、よい学びでした。

昨日のブログ記事 から、関連して今日の記事を書かせてもらいました。

参考までに!!



 
・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方市・会津若松市 塩川町 ぴありな音楽教室 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります