アンサンブルやめっちゃおうかな・・・ | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
アンサンブルやめっちゃおうかな・・・

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

人間だもん・・・

弱音も書くよ。


この前の日曜日、家の掃除をしながら、思いました。

「発表会で、アンサンブル(連弾含む)するの、もうやめっちゃおうかな」って・・・


実はこれ、何度も思っています。


「発表会は『一人で演奏するソロ曲のみ』ってしたら、もっと、ソロ曲に力を入れられうのかな?」

「そもそも、2曲弾かせるのは許容範囲を超えているのかな?」


近年の、発表会の指導の中で感じている事、

ソロ曲がメインで、アンサンブルは「おまけ」のような取り組み方を感じる事。

なんとなく合っていたら完成・・・みたいな意識を感じる事。


私個人が主宰する発表会では、ずっと、ソロ曲とアンサンブル(連弾)を演奏していました。

先日も10年一昔的な記事を書きましたが、掃除機かけながら昔の事を思っていました。


(あの頃の生徒たちは、どうだったのだろうか?)


記憶は良い部分のみ残っているのかもしれないけど、むしろ、ソロ曲より、お友達と演奏する曲を楽しみにしていたような気がする。

兄弟・姉妹間、先生との演奏でも、甘えはなかったかな。

そして、今より相手を思って取り組み、演奏できていたような気がする。

もちろん、私も、今より、経験が少なかった訳で、見えていなかっただけかもしれないけど・・・


「やめちゃおうかな?」

何度も思っているのに、今年もやってる。

なんで、やっちゃうんだろう?


責任者としての私が「子供たちのスケジュールも、意識も変わってきてるのかもしれないよ、見直したら?」

指導者としての私が「一人ひとりの曲の完成度を上げるには、1曲に絞ったほうがいいじゃないの?」

教育者としての私が「アンサンブル力は、音楽的な事以上に、人間力も養う事ができるでしょ」


あっ、そうか、こんな風に考えれば良いのだ。

私の中にも、色んな立場があって、考え方が違うんだ・・・だから、いっつも迷うんだ。

と、心理学を学んだおかげか、はじめて、こんな風に捉える事が出来ました。


私は、アンサンブル指導が好きなんだけどな。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります