ドレスのレンタルでのお父さんのやさしさ | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
ドレスのレンタルでのお父さんのやさしさ

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

日々、書きたい事があっても、追いつかない感じです。

お盆前に、二週続けて、土曜日、最後の生徒のレッスンを終えてから、レッスン室がドレスのレンタルショップになりました。

狭いレッスン室、一度に借り来られても困るので、二人ずつ、15分で区切りました。


性格が出ますね。

もうすっかり、目がハートになっている、あれこれ着たい子。

これって決まったら、もう他のは着ない子。


保護者が「これがいいんじゃない?」って言っても、気に入ったものがあったら、それが着たいよね。

低学年でも高学年でも一緒。


体調のすぐれないお母さんに代わって、お父さんが付き添いだった生徒がいました。

「私は、生徒さんにメールを送らなければいけないので、自由に着て選んでください」

と、お父さんと、生徒に言った後、しゃがみ込み、レッスン日の変更希望の返信をしていました。


この生徒は、完全に目がハートでした。

自分の弾く曲のイメージに合わせて考えているようでした。

私は声しか聞こえなかったのですが、かなり迷っているようでした。


メールも長文だったのと、耳がダンボだったので、メールを打つ作業に集中できず、結構な時間をかけて送信しました。

その時、気付きました。


(お父さんは、一度も「早くしなさい」とも「これがいいんじゃない」とも言っていない)


ドレスを選び終わった生徒に「お父さんは“早くしなさい”って一度も言わず、ずっと、あなたが選ぶのを待っていてくれたね、素敵ね」

そしたら「いや、褒められちゃった」ってお父さんが照れてましたけど。


時には「早くしなさい」って必要なんだけど、待つ心の広さ、ちょっと私には足りないかな?って気付かせてくれたのでした。

あっ、でも、発表会前の今だけは「早くしなさい」がたくさん、私の口から出ちゃうけど、今はみなさんの方が広い心で受け止めてやってください。

width=


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります