弾けたその先「ぴありな通信vol97」より | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
弾けたその先「ぴありな通信vol97」より

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

子供の頃、見ていた「日本昔ばなし」。

お話しは覚えていなのに、今も印象に残っていてる、シーンがあります。


高齢の母親を背中におぶっている息子。

どちらかは覚えていませんが、見える景色に「この世は、どこまで続くのか?」と聞きます。

聞かれた方は、遠くの山を指さしました。

「あの山まで続くのだよ」

「なんて広いんだろうね」


こんな会話だったと記憶しています。

昔は、TVもないし、遠くに行くにも、車もないから、見えている世界が全てなんだろうな。

もし、世の中が「ここまで」って思っていたその山に行って、さらにその先に見える、果てしない世界を見た時どう思うのだろう?

なんて、子供ながらに思いました。


ピアノの演奏って、弾けてからが「本当のスタート」という感じがしませんか?

それは終わりのないもの。

弾いても弾いても「どうしたら」が続く。

そうそう、今まで弾けていたのに、急に弾けなくなる事もありますよね。

そして、そこから脱した時、それまで以上に音楽が良くなっている。


コンクールなんて、まさしくこれだと思います。

「弾けている」というのが大前提で、ここから、表現・技術を磨いていく。

だから、たった一音の音の出し方でさえ妥協できない、なんて事が頻繁に出てきます。

きっと、先生がなんでこんなに細かく指導するのかが、はじめのうちは理解できないと思います。

でも、実際、曲がまとまり出し、実際にコンクールで、他の参加者の音を聴き、理解出来るのかと思います。


「発表会」でも、こんな風に曲に向き合えたらいいのですが「とりあえず弾けたらゴール」と思っている生徒も多いと思います。

最初の日本昔ばなしでいう「本当の広さ」を知らないだけかもしれません。


教室には、色々な生徒がいます。

一人ひとり、性格も違います。

生活環境も違います。

曲の向き合い方も違います。

きっと、発表会の仕上がりも違うと思います。


指導をする際、指導者が限界を決める事もしてはいけない気もします。

でも、曲が弾けたら「ゴール」と生徒が間違った世界を作るのも残念な気がします。


「その先に広い世界がある事も知らず(見ようとせず)ここがゴールと思う」

「この先に広い世界があることを知った上で、ここをゴールとする」


この2つでは、全く意味が違うと思います。

私としては、後者であってほしいのです。(もっと、もっとこうしたい…と思う気持ちがあっても、現在の技術、時間的制限などで、まとめる(ゴール)しなくはいけない事もあると思うから)

今、自分の弾いている曲には、いくらでも良くなる可能性を秘め、曲を良くしていきながら、あなた自身も、色々な意味で成長出来る事に気付いてほしいと願っています。


私は、発表会では、一人ひとりが、それぞれに成果を発表出来たらそれで良いと思っています。

それでも、最後まで、その曲の持つ可能性を見つけ、磨き、輝かせ、それを成果としてくれたら嬉しく思います。


今回、お配りしている「ぴありな通信」では、この話をどうしたら短く伝わるか…考えた結果、西遊記のお話しの冒頭を使わせてもらいました。

今回も、発表会の連絡事項も一杯あります。

width=

お釈迦様の手を、まずは超えましょ。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります