最悪な場合のパパの付き添い | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
最悪な場合のパパの付き添い

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今、年少さんになった生徒は、3歳になった頃、レッスンを開始しました。

レッスン時間を決める際、

「父親(パパ)は、音楽の事は全くわからないので、私が付き添いになると思います」

そんなかんだで、お母さんの予定を考慮して、レッスン時間を決めました。

今月、お母さんが仕事で付き添いが出来ない日がありました。


ママ「最悪な場合、パパで良ければ、レッスンに来られます」

私「あの…パパの付き添いは『最悪』じゃないと思うんですけど・・・」


そして、その日が来ました。

自分で、カバンをかけて、手を洗って、シールを貼って・・・

お父さんは、はじめてのレッスンなので、見守る事しか出来ません。


その日の生徒は、いつもよりテキパキなのです。

お母さんの付き添いの場合、ゆっくりペースで準備は、、甘えたい気持ちがあるからかと思います。

でも、今日はお父さん、自分が出来る事を見てていて欲しいのかもしれません。


レッスンの始めは、短調・長調の調性の聴きとり。

私の弾く3拍子の音に対し、短調の曲の時は短調のカード、長調に切り替わったら、長調のカードを持ちます。

これが聴き取れたら、プラス2拍子の長調・短調のカードも混ぜて、4枚のカードの聴きとり。

即時反応で聴きとれる我が子を見て、お父さんの口から、


「すげえな」


が出ました。(でしょ)

スティックを持って床を叩く場面で、私がCDをかける準備をしていたら、背後で男ふたりが、スティックでなんかしてる。


「そこで、チャンバラごっこしない!!」(もちろん、けしかけたのは、子供の方です)


この日は、ファの音の読譜に入り、ピアノ演奏の前に、グロッケンで音出しもしました。

口数が多い生徒ではありませんが、この日は、たくさんお喋りしていました。


お父さんの付き添いは「最悪」じゃなかったですよ、お母さん。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります