音にバッジが付いている | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
音にバッジが付いている

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

発表会の曲では、学習してきていない事も出てきます。

◇学習してない音域

◇学習していないリズム

◇学習していない記号

低学年、習い始めの生徒さんの場合、それらが、すぐ理解し、実践できそうな場合は、説明してから進めます。

この先、発表会も終わり、いつものレッスンに戻った時に、それらが、早い段階でレッスンの中に登場してくるような場合も、説明し、先々のレッスンに活かします。


「それを今、説明しても、実際、レッスンに出てくるのは先だから、忘れちゃうだろうな」

とか、

「それを今、説明したら、面倒くさいとか、難しいと思っちゃうかも」

そんな風に感じたら、説明も何もなく答えを教えます。


音域だと、ピョンと、飛び出ている音なんかは、楽譜を読ませず「これは『ド』この高い(低い)鍵盤で弾きます」って教えちゃいます。

リズムだと、音価などは教えず、言葉を付けて弾かせたりします。

♯・♭などの記号は「音にバッジが付いていると、特別だから、いつもと弾く所が違う」と言って、楽譜に鍵盤シールを貼って「この場所を弾く」と教えます。

width=


まれに「これって(♭を指さし)シャープで、黒い鍵盤を弾くんですよね」っと、学校で仕入れた情報を教えてくる生徒もいますが、

「それはシャープじゃないよ、フラットだし、白い鍵盤の時もあるし…」

とサラッと流します。

♯や♭の学習は、時間を取って正しく学習した方が、結果的に一生ものだと思います、中途半端な説明は誤解の元になる時もあるのです。


幼児の生徒は

「ここにもバッジ、ここにも…せんせい~けんばんシールはって」

と宝探しのようになっています。

多分、本当にバッジのように見えているのでしょう。

結果的に、その音符を弾く時は、意識しているみたいです。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります