打鍵と離鍵 | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
打鍵と離鍵

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

ピアノは弾いて音を出します。

どうやって弾くかと言えば、指を鍵盤に落とします。(・・・知っていますよね)

これを「打鍵」って言ったりします。

でも、指を落とすことばかり意識が行きがちですが、指を鍵盤から離す(離鍵)意識も必要なのです。

音をつなげて弾く時、前に弾いた音の指が上がっていないまま、次の音を弾くと、音が重なって濁った音になります。

きっと、こうした奏法もあるのかと思いますが、まずは一音ずつ、つなげて弾く事が基本。


レッスン中、ピアノを習い始めたばかり生徒さんの、重なる音が気になりました。

もちろん、指のタッチもまだまだ不安定。

「どこまで理解出来るか?」そんな思いを持ちつつも『音が重なっている事』『そうならならいようにするにはどうしたら良いか』を伝えました。


その後、この生徒は、一度、弾きはじめた演奏を止めて、弾きなおしをしたのです。

width=

その弾きなおした音を聴いて思ったことがあり、演奏後に声をかけました。


「ひょっとして、音が重なったから、弾きなおしたの?」

首をこくりと、前に振りました。


幼くても、習い始めたばかりでも、わかるのですね。

何より「自分の音を聴いていた」から気付いた事。

「まだムリかもかもしれない」と思いこむのは、可能性を摘むことかも知れません。



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります