ピアノの先生は、家族の次に長い時間を過ごす大人 | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
ピアノの先生は、家族の次に長い時間を過ごす大人

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

「ちょっと、先生~聞いてください!!」

この生徒から、何度、この言葉を聞いた事でしょう・・・


友達とのケンカ。

家族とのケンカ。

進路の事。

最近では、学校の先生の話。


「学校の先生が本当にそんな事を言ったの?」

ちょっと、にわかには信じがたい言葉がポンポン飛び出ます。

本当だとしたら、問題じゃないのかな?(書けないけど・・・)

話し始めたら、聞き始めたら、これでレッスンが終わりかねない。

こんな時こそ、音楽で元気になって欲しい、スッキリしてほしいと思っているので、

「最後の5分だけね」

ってレッスンをしっかり行ってから、聞きます。そして、

「あ~先生に聞いてもらって、スッキリした~」

って、帰っていきます。


そうそう、学校の先生の最近の問題発言を聞いて、

「でもね、私も、結構、失礼な事、あなたに言っていると思うけど」

って言ったら、


「さとみ先生と○○は、長い付き合いだから、いいんです~ッ!!」


って返されました。

(これって、信頼関係があるって受取っていいのかな?)なんて思ったら、嬉しくなったのだけど。


考えてみれば、ピアノの先生って、3年、5年…長い子は10年以上と、親の次に長く接している大人かもしれません

担任の先生は1,2年で代わるし、異動になったら、なかなか会えない。

親戚は、年に数回しか合わないし。

ピアノの先生とは、毎週、マンツーマンで会ってるんだもんね。

生徒の人生にとって、私は、どんな影響を与えているのかな?


さて、先程の生徒に、私、どんなひどい事言ったかな・・・?なんて考えたら、思い出しました。

ここで懺悔。


ゴメンネ…

「スカートのチェック柄とマフラーのチェック柄、くどい」なんて言って。

ゴメンネ…

「前髪、変」なんて言って。

ゴメンネ…

「こんなにもピンクが似合わないのも珍しい」なんて言って。


もちろん、人格否定のようなヒドイ事は言ってはダメ。

一応、ゴメンネとは書いたけど、長い付き合い、この辺りは、コント的なボケ・ツッコミのお約束なので、今後も言うだろうな(笑)


そして、これからも、

「ちょっと~先生、聞いてくださいよ!!」

にもお付き合いしようかと思います。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります