喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
ピアノの発表会の参加費についての考えは?

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

郡山市で、音楽教室を主宰されているKEIKO先生が、少し前の記事で、とっても参考になる記事、サイトをシェアしてくれました。

そのサイトのタイトルが、

「発表会でピアノの先生は儲かるの?参加費の内訳は?」

先生も、生徒さんも読んでみたくなるタイトルでしょ。

私も読ませていただきました。

記事では、安い会費と、高い会費の発表会の違いをあくまでも例としてですが、あげられています。


世の中、選択に迫られた時、メリットだけの選択はないと私は思っています。

こちらのサイトにも書かれていますが「参加費が安い」というのはメリットですが、安いなりの理由があるはず。


発表会費の中でも、会場費が占める部分は大きいと思います。

私の音楽教室の規模で、発表会場を決める時、生徒さんに『メンテナンスされている楽器で演奏し、心地よい空間・環境を提供し、こちらからの要望・相談にも応じてくれる』となってくれば、それなりの会費設定なります。

きっと、参加費をあげれば、色々な所にお金がかけられます。

でも、この地域の相場の範囲でやれることにしています。

上限も、どこかで決めないと、きりがないから。


今までの経験上『メンテナンスされている楽器で演奏し、心地よい空間・環境を提供し、こちらからの要望・相談にも応じてくれる』これは、私には欠かせません。

9月に開催した発表会、それぞれに価値観、捉え方は違うかもしれませんが、参加費以上の価値があったと思っています。


会場費と、環境やサービスは比例しています。

これは、当然です・・・よね。


「発表会は黒字を目指すべき」


とも書かれていましたね。

私が、単独で発表会を行う事になって決めていた事がありました。

それは「自分のお金は持ち出さない」という事。

赤字になって、先生ご自身がその分を負担されている先生方もいらしゃいます。

こうした事が「いずれ、黒字にして、負担した分を補う!!」というモチベーションになれば良いのですが、私の場合、性格上、モチベーションが下がると思ったから。

でも、やっぱり「先生が赤字分を負担はしない方が良い」というのが私の考えです。

私も、発表会はボランティアではないと思います。


KEIKO先生も、ご自身の発表会費の用途を少し書かれていたので、私も参考までに書かせてもらいますね。

参加費は、発表会を開催するのに外に支払う、実際にかかった実費に使っています。

そして、余ったら、収支報告(収入の合計と支出の合計)をして、生徒さんに返金しています。

事前に大目に予算を立てておいて、参加費を設定しています。

それでも、今年は、ホールをリハーサルと、発表会で二日間借りた事で「足りなくなるんじゃ…」と、ハラハラしました。

珍しいパターンかもしれませんが、私が返金しているのは、その後のお金の管理をしたくないので、発表会の参加費は1回完結で計算しています。


発表会についての考え方は、十人十色。

善し悪しをつけるのでなく、それぞれの先生の考え方、やり方があって良いものだと思います。


「発表会をよりよいものにしたい」


という思いは一緒だと思うから…


KEIKO先生の発表会が今月行われます。

私も、1度、聴きに行きましたが、KEIKO先生の目指す演奏・教育というのを感じる事ができた、素晴らしい発表会でした。


郡山の音楽教室KEIKOのブログ


発表会でピアノの先生は儲かるの?参加費の内訳は?



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります