郡山の音楽教室KEIKOのブログ
福島県郡山市のピアノ教室です。

レッスンのことや普段の感じてることを書いていきます音譜
手段はピアノピアノですが、教室の元気が、人から人へ、
周りのみんなを楽しくキラキラ明るくキラキラしてくれるといいな~
と思っています。

  • 18Nov
    • まだ1週間ある!

      発表会まで1週間となりました。昨日は、別の会場ですがリハーサルを行いました。もう1週間しかないぞー!と言いたくなるが、まだ1週間あるぞ!と思うことにする。。。私も、生徒のこと言えない。間に合うのか!?いろいろ盛り込みすぎたかな。。。今年のプログラムもかわいくできました! KEIKO音楽教室発表会201811月25日(日)13時開演@郡山市中央公民館 多目的ホール

      9
      テーマ:
  • 29Oct
    • 日本一になりました!

      ありがとうございました!日本一、頂きました!…と言っても、私ではなく、伴奏で一緒に演奏させて頂いた郡山高校合唱団。週末、長野で行われた全日本合唱コンクールで、金賞、文部科学大臣賞を頂きました!本当に美しく素晴らしい演奏でした。私は、3曲めの曲だけの伴奏だったので、最初の2曲はステージの上でじっと聴いているだけだったのですが、1曲目のシューベルトで美しすぎて涙が溢れ、2曲目の「ル、ルル〜」で気持ちを取り戻したものの、3曲目も、終わりの部分、ピアノの音が消えてアカペラで終わるのですが、自分の演奏が終わって歌に聴き入ってしまって、涙が溢れました。あんな美しい音楽を奏でる合唱部と一緒に演奏できたことは、本当に光栄だったし、それがちゃんと会場の方々、審査員に伝わったことが、本当に嬉しい。郡高は、今年、Nコンも日本一なので、2冠達成!顧問の朋子先生、郡高合唱団、本当におめでとうございます!自分では金メダルなんて獲れないので、メダルをかけさせてもらって、金メダルの重さを味わいました(笑)そして、長野は、お天気にも恵まれ、周りの山々は綺麗でした。(帰り、善光寺でお詣りしてきました)こんな機会をくださって、本当にありがとうございました!

      19
      2
      テーマ:
  • 25Oct
    • 今日から長野!

      今日から長野出張!お外はお天気に恵まれ、紅葉している山を眺め、途中下車したい気持ちを抑え、長野市へ。きれいな街ですね〜。出張は、夜はゆっくりできるので、ありがたい。(途中下車できなかったけど・・・)普段は夜はゆっくりご飯食べたり、こんな風にゆったりしながらブログ書いたり、ちょっとボーッと考え事したり、なかなかできる日がないので緊張感もありますが、同時にリフレッシュしたい。

      6
      テーマ:
  • 22Oct
    • 缶タータ (笑)

      Facebook の Ludwig van Beethoven ページから借用しました合唱との合わせのあった日で、余計に目に入っちゃった(笑)

      8
      テーマ:
  • 19Oct
    • 発表会は来月です!

      いよいよ来月は発表会です。毎日のレッスンは発表会に向けて必死です。練習が思う通りに進まず、間に合うか〜⁉️と、焦っているのは、・・・私だけ??みんなに言っていますが、私は「間違わずに音符をなぞる」だけは望んでおりません。きれいなタッチで、一人ひとりの音楽がお客様に届く演奏を目指しておりますなので、レッスンは、ピアノの蓋を全開にしてレッスンする事にしました。自分の出す音を、よく耳をすまして聴いて欲しいなと思います。それだけで半分以上は音が良くなる〜。焦りながらも、楽しみな発表会です。一般の方もご自由にお越しください!KEIKO音楽教室発表会11月25日(日)12時半開場13時開演 (16時半終演予定)場所:郡山市中央公民館 多目的ホール入場無料

      7
      テーマ:
  • 17Oct
    • ありがとう、真央ちゃん!

      真央ちゃんのアイスショー、観に行ってきました!まさかの、地元郡山での開催!チケット予約は、2回落ちて、3回目でやっと取りました。ずっとフィギアスケート、生で観てみたかったんです。それが、まさか郡山で、しかも真央ちゃんが観られるとは!真央ちゃんがこの「サンクスツアー」のために結成されたメンバーで、オリジナルのプログラム。このツアーにかけた思いなどのVTRも流れたりして、真央ちゃんが登場したときは、思わず、うるっと来ちゃいました。とにかく、最初から最後まで、とても良かったのですが、これは音楽を勉強している生徒たちにも見せたいなぁ思いました。他のアイスショー観たことないのですが、真央ちゃんのプログラムはクラシック音楽が使われることが多いように思います。この「音楽を動きにする」というのは、演奏するものにとっても、とても大事なイメージだと思うのです。随分前に、テレビの取材で見たのですが、真央ちゃんは、音楽選びもとても慎重で、クラシック音楽もよく勉強されていました。演奏する時に音やメロディの動きイメージする事はよくある事で、なかなかイメージできない子ども達にとっては、イメージされて動き化されたものを見ることはとても参考になると思いました。・・・そう言えば、花憐団の選曲も、かなり真央ちゃんに影響され、真央ちゃんが使っていた曲を何曲も弾いてきたなぁと、改めて確認そう思うと、真央ちゃんやフィギアスケートがクラシック音楽界に与えた影響大きいですね〜。いつもテレビで見るフィギアスケートは、ソロかペアが多いですが、グループでの演技や小道具を使った演技も楽しかったです。職業柄、そんな視点でも観てしまいますが、純粋に、真央ちゃんの人柄溢れる素敵なショーでした。また機会があれば行きたいな。

      7
      テーマ:
  • 14Oct
    • ベジタリアンって?

      デンマーク人のお友達が遊びに来てくれました。このブログにも、多分何度か登場しているので知ってる人もいるかな。彼らは今スイスイに住んでるので、スイスから来ました。10年ぐらい前に郡山に住んでいたので、その時以来のお友達です。彼らは、日本に住んでいるときから「ベジタリアン」になりました。でも、その時はまだ「魚」はOKのゆるいベジタリアン。日本の後インドに引っ越してからは完全なベジタリアン。「ベジタリアン」と聞いて、どんな風にイメージしますか?私が初めて「ベジタリアン」という言葉を聞いたのは、多分20年ぐらい前。やっぱり外国人の友達からでした。外国人と話すと、日本人の知らない新しいことを教えてくれます。彼らも、いつも私に日本人の友達からは出ないような新しい考え方や、新しい情報を教えてくれます。私が初めて「ベジタリアン」という言葉を知ってから20年ぐらい経ちますが、郡山は「ベジタリアンメニュー」を置いているレストランは数軒しかありません。ただ、ベジタリアンもいろいろいます。肉は食べないが、魚は食べるベジタリアン(ペスカトリアンともいう)、動物性のものは食べないベジタリアン(ヴィーガンともいう)ヴィーガンは、乳製品、卵も食べません。果物、木の実など、地に落ちたものしか食べないフルータリアンという人もいるらしい。それから、ベジタリアンになった理由もいろいろです。健康志向からそうなった人もいれば、生き物は殺したくない、殺すべきでないという動物愛護的な考えからの人もいれば、肉の味が嫌いという、単なる好き嫌いからの人もいる。いずれにせよ、日本、特に田舎では外食はもちろんですが、食材を手に入れるのも一苦労で、ベジタリアンにとって田舎暮らしは、大変です。周りの人の理解もなかなか得られないのも、一苦労。よくある話は、レストランで「ベジタリアンメニュー」と書いてあるのに、単に野菜の量が多いだけで、ベーコンなどお肉が使われていたり、「これはお肉入ってないから大丈夫だよ」と言われても、よくよく聞くとダシに鰹が使われていたり、卵が入っていたり。この前は、レストランのオーナーはアメリカに長年住んでいた日本人なので、理解してもらいやすいだろうと行ったレストランでは、とうとう、アレルギーじゃないのになぜ食べないのか理解されなかったとか。私は、ベジタリアンではないですが、家ではあまり肉は食べません。(鰹節は使いますが)ベジタリアンの人と一緒に、ヴィーガンの食事をしても全然平気、、というか、好んでヴィーガンやベジタリアンメニューを食べます。(逆に、ベジタリアンじゃないのに、なぜベジタリアンメニューを頼むのかと言われたこともあります。)今回、彼らはウチに5日間泊まっていました。家での食事は、動物性を抜いて作りました。問題は外で食べるとき。彼らと、外出した時は、知っている蕎麦屋さんに、前もって肉魚を抜いてもらうように予約しました。快く作ってくださいました↓でも、知り合いでもないと、面倒なことなのでなかなか頼みづらいですね。そこの土地のものを! 出されたものを感謝して食べる!のような、日本の考え方もあるとは思いますが、多文化社会、あるいは外からのお客さんをもっとお迎えできるよう、もう少しそんなお店が増えるといいなぁと、改めて実感した彼らの訪問でもありました。スイスではどんどんヴィーガン思考が進んで、「週に1日はお肉を抜こう」的な考え方もあり、「ビーガンデー」と言って、その日は動物性を抜いたメニューを出すレストランも増えたとか。再来年は、スイスへ私が行くぞ!

      9
      テーマ:
  • 09Oct
    • コンクールに出る意味

      コンクールは、メリット、デメリットあると思うので、参加については、よく本人や家族と話し合って決めます。メリットの一番は、やはり「ググっと上達すること」です。音楽なので、まー、言ってみれば、本人の好きなように、楽しく弾ければいいと思うのですが、好きなようにやっているだけだと上達しない部分があると思うのです。一曲にとことこん向き合って、どんな音が一番いいか、そのためにはどんなタッチにすればいいか、どんな音楽を作ったらいいか、作曲家は何をイメージして作ったか、などなど。。。突き詰めて練習することで、いろんな技術が上達します。そして、私以外の先生からも評価をもらう。それで自信がついたり、違った視点から考えるようになったり。昨日、ブルくミュラーコンクール東北大会に、生徒が一人参加しました。できたばかりのコンクールで、東北大会は初めての第1回目です!ブルクミュラーの1曲をとことこん突き詰める(^^)突き詰めるとブルクミュラーも深いですね。お陰様で、ブルクミュラー賞を頂き予選通過しました!コンクールのデメリットの一つは、結果に囚われること。どんな心の準備をしてもやはり結果は感情を揺さぶる。良い結果の時ばかりではないからね。思う通りの結果がもらえなかった時の立ち直りかた、次への曲への取り組み方も、メリットととらえられればいいのだけど。今回は、たまたま良い結果でよかったけど。コンクールのデメリットのもう一つは、練習がコンクールの曲ばかりになりがち。他の曲も練習しながらファイナルに向かいたいと思います。おめでとう!

      10
      テーマ:
  • 08Oct
    • 一流の音楽に触れる

      去年までの 「野口英世ばんだい国際音楽祭」改め日程、会場共拡大され「野口英世ふくしま国際音楽祭」となった、恒例の音楽祭。去年は行けなかったけど、今年は行ってきました!今年も豪華メンバーで、どの演奏会にするか選ぶのが大変なほどでしたが、やはり私としてはノエ君は外せない。というわけで、午前中モナちゃんのピアノを聴いてから、午後はノエ君とピアノ、チェロのトリオのコンクールへ。本当にこの音楽祭はいい。世界の第一線で活躍する演奏家が来てくれる。毎年聴くたびに、あ〜、こういう人たちがプロいうんだよな〜と思う。超絶的なテクニックももちろん、その音、音楽性、世界観に観客が取り込まれる感覚がある。そして、1日に何本も本番をこなし、全部プログラムが違う。それを3日間続ける。世界各地から来る演奏家同士のアンサンブルも、多分、数日前来て数回合わせただけだろう。それが、それぞれの音楽をぶつけながらも、共鳴させて一つの音楽にする。ノエ君の演奏も、この音楽祭が始まった年から聴いているが、年々レベルアップしているのが分かる。(ついでに日本語も上手になってきてる)あんな風に情熱的に演奏したい。客席がまだまだ空いていた。あー、もっとみんな聴きにきて欲しいなぁ。彼らの情熱的な音楽に触れてほしい。

      6
      1
      テーマ:
  • 05Oct
    • 伴奏のお仕事(合唱)

      先週は全日本合唱コンクール東北支部大会でした。今年は、合唱コンクールの伴奏、小・中学校・高校、それぞれ1校ずつ担当しました。小・中学校の伴奏は、もう終わってしまったのですが、高校生たちと一緒に東北大会へ。3曲演奏する内、伴奏つきは最後の1曲だけなのですが、ヘマしてご迷惑かけてはいけないと思うと緊張します。でも、お陰様で、いろいろな大きなホールで弾かせていただけるので、そう思うと有り難いです。コンクールなので、結果を聞くまではドキドキなのですが、審査発表を待つ間、ホールでは恒例の学校ごとの合唱合戦や、ステージで複数の高校合同演奏のパフォーマンスや、全員で「大地讃頌」歌ったり。他校生同士が和気あいあいと歌っている姿を見ると、コンクールのピリピリした空気も和らぎ、微笑ましい↓郡山市内の男子高校生合同パフォーマンス。ウルトラセブンは面白かったぞ!この後の審査発表は、ドキドキでしたが、担当した学校、金賞を頂き全国大会へ!私は、1曲だけだし、便乗しているだけのおいしいどこ取りなので申し訳ないのですが、一緒に全国大会へ行けることに。ありがとうございます。最後はもっとうまく弾けるように練習します。全国大会は今月末、長野です!

      10
      テーマ:
  • 28Sep
    • 伴奏のお仕事(バイオリン)

      先週の日曜日はバイオリン教室の発表会の伴奏でのお手伝いでした。(リハーサルの様子↓ あ、こちらピアノは私ではありません。生徒のお母様。親子のアンサンブルはいいね。)小さな子たちが、一生懸命バイオリンを持つ姿はかわいいですね。最近は、伴奏合わせ用に、テンポも変えられるカラオケCD?みたいなもので練習しているようで、伴奏合わせもスムーズにできる子が多いですね。今回は小学生と、OGで音大バイオリン科の方の伴奏を務めました。お客さんもたくさん来ていただいて、大変盛り上がりました。バイオリンも難しそうだな〜。バイオリンとピアノは、みんな小さい時から練習してますからね。さて、今日は合唱コンクールです。高校生たちと一緒に頑張ります。

      10
      テーマ:
  • 26Sep
    • 消えた(泣)

      30分ぐらいかけて、やっと書いた記事が、今、アップしたら、消えた!まるごと消えた。ショック。もう一度書き直す気力ない。ので、今日は一旦ここまで

      7
      テーマ:
  • 22Sep
    • グループレッスン週でした

      最近、レッスンの話が少ないんですが^^;でも、ちゃんとレッスンしてますよー今週はグループレッスンの週でした。2,3ヵ月の1回のペースで行っています。(もっと増やしたいけど、今のところ、これが限界)2,3か月前のこと、忘れちゃうよねーということも多々ありますが、それでも力がついて来ていると思います。今回のプログラムは、♪今回は、記号、音符の書き方の復習♪リズムの聴き取り♪新曲視唱♪聴音リズムの聴き取りが、伸びてきました。次回は11月かなー。

      10
      テーマ:
  • 20Sep
    • 連弾勉強会「はんどいんはんど」!

      連休中、デュオールさんご指導の、連弾の勉強会「はんどいんはんど」に参加しました。6月に続き2回目です。毎回、宿題が出されるのですが、今回は、前回に引き続き、モーツァルトの連弾ソナタKV381の1楽章と、日本の歌「からたちの花」と「この道」。ピアノの先生方10名ぐらいで参加していて、交互に弾いていきながらご指導を受けます。花憐団の相方、絵美さんと参加したので、最初にどうぞと言われ、モーツァルトのソナタを見てもらいました。前回も言われたのですが、フレーズの終わりの弾き方を、また注意されました。私の悪い癖らしい。と言うか、最近変えたタッチのせいか。。。良かれと思って変えたのですが、このままだと、フレーズの終わりの音が大きくなってしまうらしい。自分ではそんつもりないのだけどでも最後が強くなるのは良くない。やっぱり言ってくれないと分からないですね。次回までには、直したい!タッチについても、また少し迷走している感がありますが、またいろいろ試してみよう!日本の歌2曲は、難しいです。ピティナの課題曲になっていた曲です。譜面は簡単なんだけど、やはり歌詞のフレーズ感、意味を持って弾くのは、子どもにはもっと難しいかも。でも、さすがの山田耕筰。歌詞とメロディーが一致していて美しい。いつか花憐団でも弾きたいな。連弾の技術も、そう言えば教えてもらったことないんですよね。今更ながら、やっぱり教えてもらわないと分からない事がたくさんありますねー。連弾もレベルアップしたい!さて、今日は山形出張です。山形大学。初めて行くぞ!

      11
      テーマ:
  • 19Sep
    • 「合わせ」の連休

      合わせ尽くしの2日、いや3日間。猪苗代のベートーヴェンの演奏会の後、高校の合唱部さんと合わせ。演奏会があったので、時間を遅くして頂きました。すみません。。。次の日、祝日の月曜日、午前中は前回から参加している連弾の勉強会、「はんどいんはんど」デュオールさんによるご指導。連弾合わせの後、午後はヴァイオリンとの合わせ。そして、連休あけた昨日は、声楽合わせ。伴奏のご依頼を受けるのは、ありがたい。アンサンブルは、やっぱり楽しいね。伴奏の技術ももっと上げたい。

      6
      テーマ:
  • 18Sep
    • ベートーベンソナタ32曲聴く会

      連休はいろいろ忙しくしておりました。まず、日曜は、前回、ゲストで出させていただいた、後藤泉さんのベートーヴェンソナタを聴く会。猪苗代の個人宅、あ、今では、このために営業許可を取った蕎麦屋さんってことか。猪苗代のAcoustic 「MIYU」さんで。今回で第7回。今回は、私は出演しないので、お手伝いとして。写真は公開?リハから。忙しすぎで、これしか写真取れなかった。この演奏会、家主のそばランチ付きなので、演奏会のお手伝いというか、飲食店のバイトのような過酷な現場です。約50食のそばランチセット。他のお客さんにも手伝ってもらいながら、なんとかお食事を出して、演奏会。今回のプログラムは、ソナタ3番と21番のワルトシュタイン。華やかな2曲。ソナタ3番は、高校生の時に弾いたのを思い出しました。出だしの3度の平行。苦労しました。ワルトシュタインは、昔、CDプレイヤーを目覚ましに使っていたころを思い出しました(笑)2曲ともいい曲だ。そして、今回のゲストは、いつもウチの発表会にも参加してもらっている、英純君!自作の曲や、アンコールの即興演奏は、お客さんにも喜んでもらえたようです。楽しかった!また、今年の発表会でも弾いてもらいます^^それにしても、今回もお客さん40~50名ほど来ていただきました。この個人主催のクラシック音楽の演奏会にこんなに人が集まるなんて、すごい。主催の小桧山さんの力を感じます。次回は11月11日だそうです。なかなか楽しい会ですよ。そして、連休の忙しさはこの後も続く。

      6
      テーマ:
  • 15Sep
    • キュートな大坂なおみ選手♪

      いつもFBで、アメリカのトークショー、The Ellen showを見ているのですが、そこになんと大坂なおみ選手が出演していて、うれしくなった。大坂選手、急成長で、急に有名になっちゃって、テレビやインタビューに答えることに慣れるスピードが追いついていない感じが、なんか親近感を覚える。身近な友達が急に有名になった感じで、その”友達”が、The Ellen showに出てる!しかも、Ellenとのやりとりが、面白い!Ellenに対して「本物なの?!」みたいなこと言っちゃったりして。そして、そんなあどけない彼女にも誠実にEllenが対応してくれているのもうれしい。(いつもこの番組を見ているが、彼女は誰に対しても誠実で、そして、社会貢献している人を応援して、お金やプレゼントも気前良くって、とても気持ちがい)これ↓は英語の字幕もついているので、英語の勉強にもなる!なんかうれしく、何回も見ちゃった。

      8
      テーマ:
  • 12Sep
    • 神社で口笛コンサート♪

      日曜に、開成山大神宮で行われた、口笛のデュオコンサート行ってきました。日中、雨がザーザー降っていたけど、夕方には雨があがり、境内での野外コンサート。写真↓、暗すぎでよくわかりませんが映像の前にお二人、口笛奏者がおります^^;後半は、映像と音楽のコラボでした。口笛奏者、お一人は、3年前の教室の発表会のゲストで来ていただいた柴田さん!もう一人は、柴田さんと同じ、口笛国際大会でチャンピオンの青柳君。口笛のデュオなんて、なかなか聴けない!この日の外は、秋風吹く肌寒い日でしたが、とてもよかったです。風に吹かれる口笛の音色。境内の中だったので、音楽の途中で吹く風は、神様が音を運んでいくかのようでした。野外コンサートだと、音響的にどうなのかと心配でしたが、最近の機材は優秀なんですね~マイクの響きもとてもよく、きれいに響いていました。相変わらず、抜群にうまい柴田さんの音色と、また柴田さんとは少し違う低めの音色を持つ青柳君の二重奏(?)はとても素敵でした。改めて、口笛、いいなあと思っちゃいました。楽器もいらないし、場所も選ばないし、最高ですよね!ちょっとやりたくなっちゃって、この日以来、実は車の中で口笛、練習してます。・・・が、なんと音の出ないこと・・・。音階で言うと、かすかなミからシまでの5度音程しか出ません。。1オクターブも出なくて、まともな曲にならない・・・。柴田さんは3オクターブぐらい出るらしいです。これは、練習したら3オクターブと言わずとも、1オクターブぐらいは出るようになるのでしょうか。ちょっと練習してみます。皆さんもお試しください。口笛の音、どのぐらい出ますか?

      6
      テーマ:
  • 08Sep
    • 新しい出会いはドキドキ

      ブログが滞っている間に、西では台風、北海道には大地震。被災地がどんどん増える。。。北海道の震度6強は、東日本大震災の時の郡山は6弱だったので、相当揺れたでしょう。怖かったでしょう。6弱でも、かなりの恐怖でした。地面がひっくり返ると思いました。でも、なんだかんだ言って、やっぱり日本は強いと思います。もしこれが他のアジアの国だったら、もっと被害が大きく、亡くなった人も多いと思うのです。復旧するまでしばらくはしんどいですが、頑張ってください!お祈りしております。さて。あっという間に新学期、始まりました。震災があると、こうして仕事ができることは、幸せなことだとつくづく思います。短大の授業も始まりました。この短大の仕事、そういえば、震災の年2011年から始めました。もう8年目です。私の持っている科目は、前期は2年生の授業、後期の授業が1年生必修の授業なので、9月になって初めて1年生とご対面!いつも最初の授業の時はドキドキします。1クラス40~50人なので、50対1!私、こう見えても(どう見えてるか分からないけど^^;)元々、かなりの人見知りです。小さい頃は、初対面の人や新しい場所では、とにかく黙ってしまうタイプ。でも、人生(^^;)いろいろな経験を重ねて、年も重ねて、随分と克服してきました。・・・というと、聞こえはいいが、まー、ずうずうしくなったというか、神経が図太くなったというか。でも、根は人見知りの性格なので、やっぱり最初は緊張したり、こちらか声をかけるのは緊張する。ましてや、40人もの大勢の前ですから、緊張しないわけがない。けど、長年の経験で、緊張していないフリをするのですが^^;1回目の授業では、授業も目標や内容の説明、心構えを話すのですが、最近は、お互いの自己紹介に時間をかけています。そうすると、若い学生たちも、かなりの割合で「初対面の人が苦手」と言います。お互い様だね^^;みんなが気持ちよく、ニコニコできる授業を目指します寝てしまう人も防ぎたいが・・・。それにしても、学生たちが自己紹介で言う「好きなアーティストは○○です」の、○○。ほとんど分からなかった…。

      9
      テーマ:
  • 24Aug
    • 「最後のなんとか」と言われるとギクッとする。

      Yahooのホームページをその日一番に開くと、右側にこんなものが出てきます。↓いつもほとんど見ないのですが、今日、何気に目を止めたらこんなことが↑書いてありました。「平成最後の夏」!!確かに!来年5月?で年号が変わるということは、今年のこれからのすべては「平成最後の○○」になりますね。平成最後の秋、平成最後の冬、平成最後の発表会⁈「最後」って言われると、なんかとても勿体なく、貴重なものに思えますね。今年が平成最後って、そういえば、そこまで意識してなかったなぁ。今年も折り返し、もう少し意味を持って過ごそうかと、Yahooの言葉にギクッとしたのでした。P.S.あ、そうそう、昨日のNコンの予選。伴奏を担当した小学校は残念ながら予選通過はならなかったのですが、なんと、中学校は予選を通過しました。郡山の激戦区。予選通過は厳しいかなぁと思っていたので、うれしい驚きです。が、お陰様で、少々レッスンにもご迷惑をおかけするかもしれません。すみませんが、よろしくお願いいたします。。。来週は、全日本合唱コンクールも始まりまする。平成最後の合唱コンクール。頑張りましょう!

      9
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス