別冊さとみつ男児

別冊さとみつ男児

既婚バイセク漫画絵クリエイター・さとみつ男児が、思いの丈をぶちまけたり特にぶちまけなかったりするブログです。◆タイBL◆ホグミス◆ゲイ&アメコミ映画◆他、萬

【 ゲーム攻略&感想 】 「ハリーポッター ホグワーツの謎(ホグミス)」など
【 映画・ドラマ感想 】 最近タイBLに嵌まりつつあり、DCEU&MCUアメコミヒーローものが好物
【 その他 】 スポーツ観戦(フィギュアスケートなど)、音楽、演劇、旅行、読書、ネコなど萬諸々なんでもあり
チャリ&ダイエットブログはこちら】 チャリ痩せ!?~五十而知道~

◆ ブログランキング再開しました! クリック頂ければ励みになります! ◆

にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 両性愛・バイ(ノンアダルト)へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画へ

昨日の火曜日は幾つかの映画館のサービスデーという事で、ハシゴ観した映画の二本目がこちら。

 

タイものではないのですが、元々予告を観て興味惹かれてたトコに、沼仲間の方がレビューされてるのを見かけて、やっぱ押さえとかなきゃなぁ、という事になりまして…(笑

 

※当ブログの映画感想系記事は、基本的にモロネタバレは避ける方針で書いておりますが、感想上必要な範囲内で物語の核心に触れたり触れなかったりしますので、その辺ご了承の上お読みくださいませ。

 

Summer of 85』 フランソワ・オゾン監督

 

死に特別な想いを抱く文学少年のアレックスは、ある事故をきっかけに年上の青年・ダヴィドと知り合う。

陽気でチョイ悪、やんちゃだが繊細な面も併せ持つダヴィドに、戸惑いつつも惹かれてゆくアレックス…当然のように結ばれ、ひとつの誓いを交わした二人を待っていたのは、突然で絶対的すぎる別れの悲劇であった…

 

 

まず二人の主人公が素晴らしいですねぇ。

主人公アレックスの、十二分に美少年なのにどことなく匂い立つ地味なフツメン感のアンバランスな魅力。

 

 

個人的に印象的だったのが彼の寝起きシーン、本当に何気ないシーンなんですが、ベットから這い出たアレックスのパジャマが朝勃ちでかなり御立派なコトになっていて(笑、うわぁ、なんて突き刺さる若さの表現…と軽いショックを受けました…

 

そしてダヴィドの絶妙さ、アレックスが見つめた初恋の理想象と、素の彼自身の表情がなかなか見事に同じキャラクターの中で並立してる

大人ならパッと見で気付くであろう彼の危うさが、若いアレックスには気付かなかったんだろうなぁ、と思わせるバランスの説得力が凄い、これは役者の子が巧いのか、監督の見せ方が凄いのか?

 

 

アレックスのオヤジにダヴィドの母、文学の教師など、サブキャストのエグみもなかなか絶妙でしたね、ヒロイン?の少女の絶妙な可愛らしさも良かったし…(笑

 

 

主人公二人の年齢差は2歳なのだけども、実際の年齢差はもうちょっと大きいのだと思う、まだまだ純粋無垢なアレックスと、ちょっと擦れ始めてるダヴィド

 

とは言え、二人の距離はそんなに離れてる訳でもなくて、ダヴィドにとってアレックスはまだ幼く純粋だった、決して遠くはない過去の自分の姿を彷彿とさせるのだろう、だからこそ惹かれもしたし、ウザったくもあったのだろう。

売り言葉に買い言葉で、結果、二人の恋を叩き壊してしまったダヴィド、すぐに後悔してアレックスの後を追ったのだが本当は気付いていたのかもしれない、砕けた二人の関係はもう元どおりには戻らないという事に…

 

この作品で一番絶妙だったのが、最終的な決定打の前に、二人の恋が終わったトコにあったような気がします。

 

 

一方のアレックス、ゲイの少年にとってはよくあるただの初恋、ただの失恋だったはずが、ほんの小さな出来事で(まぁ小さくもないのだけれど)致命的な人生のエラーになってしまった。

ある意味アレックスは一ミリの罪もないのに、とんでもない罰の方だけを喰らわされてしまった訳で、そりゃテンパりもするわ、って話で…

 

他人には奇行に見える彼の行動も、砕かれた自分自身を取り戻す為のステップとしては理解できるというか、むしろ自然な行動にも思える…

遺体に会いたがったり「誓い」を守ったりしたのはあくまでダヴィドの為じゃなく、アレックス自身にとって必要不可欠な儀式だったのでしょうね…

 

そういう意味で、この映画の中でもちろん「ダンス」はこの作品で最も重要なシーンな訳で、必要充分なクオリティではあったのですが、個人的にはちょっと整い過ぎてる気がしました。

シナリオ的にもこのダンスは解決点じゃなくて過渡期なので、もうちょい壊れてる方向でも良かったように思う…

 

 

執筆による昇華、更には裁判の判決という区切りを越えてのエンディング、一見ハッピーエンドにも見えるけど、個人的にはあー、結局まだデヴィドの影を引きづってんのなぁ、って思いを強く感じて、いいんだか、悪いんだか感…

まぁ、あれはあくまで単に次の恋であって、それこそまだまだこれからアレックスが成長してゆく為のただの第一歩なのだ、と思えば、ハッピーエンドと言えなくもないのですけれど。

 

一点、おそらくアレックスとダヴィドの母が和解したっぽいのはちょい救いだったなぁ、と思いました。

 

◆ ブログランキング参加中!クリック頂ければ励みに!
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へにほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画へ

 

【タイBL沼】久々に…

【タイBL沼】T-POP

【タイBL沼】2Moons

【タイBL沼】諸々…

【タイBL沼】GMMTV EXHIBITION in JAPAN

 

 

あなたにとって思い出のブログは?

今日はAmeba16周年の日【あなたにとってAmebaとはどんな存在?】

今日はAmeba15周年の日【あなたの15歳の頃の思い出教えて!】

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

本日火曜日は幾つかの映画館のサービスデーという事で、またまた映画をハシゴ観しました。

 

※当ブログの映画感想系記事は、基本的にモロネタバレは避ける方針で書いておりますが、感想上必要な範囲内で物語の核心に触れたり触れなかったりしますので、その辺ご了承の上お読みくださいませ。

 

シャン・チー/テン・リングスの伝説』 デスティン・ダニエル・クレットン監督

 

伝説の腕輪"テン・リングス"を操り千年に渡り闇の世界を支配してきた犯罪組織の長・シュー・ウェンウーの息子として生まれたシャン・チーは、父と組織を捨て、アメリカで平凡なホテルマン・ショーンとして第二の人生を送っていた。

その父が送り込んだ殺し屋に母のペンダントを奪われたショーンは、アメリカ育ちの普通女子の親友・ケイティと共に、生き別れの妹・シャーリンを探し出し、やがて父の目的が母の故郷である未踏の桃源郷ター・ローにある事を知る…

 

 

マーベル・シネマティック・ユニバース」の第25作目でフェーズ4の映画作品としては『ブラック・ウィドウ』に続く2作目。

ドクター・ストレンジ」でちょろっとなぞられただけで影が薄めだったMCUのファンタジー魔法方面に、ようやく陽の目を当てる作品が出てまいりました(笑

 

ぱっと見、主人公シャン・チーのキャラ立てが微妙で、アジア人目線ではどうにもフツメン過ぎてどうなの?感は無きにしも非ずですかねぇ…欧米から見た古いアジア人のステロタイプのような。

いよいよBTSがビルボードの年間チャートにランクインしそう、みたいな年の映画にしては、若干の古みを感じなくもないような…少年期は結構可愛らしいんですが。

 

 

ちょっと冴えない主人公のヴィジュアル前提で、これ、どういうコンセプトで攻めてくんだろうなぁ?と興味深々で見始めたのですが、最終的にはマーベル最新作としては相変わらずの満点エンタメで良い出来だったと思います。

 

カンフー+ファンタジーの面白み、主人公のフツメンさも彼が捨てようとした運命の巨大さ、重さを思えば、逆に味に見えてきます…(笑

 

 

シュー役のトニー・レオン、イン・ナン役のミシェール・ヨーの貫録感も、凡庸な主人公コンビとの対比になってて良かったですね。

ショーン&ケイティがとても可愛らしくてよかったです(笑

でも、最終的に付き合っちゃうのかなぁ、この二人?友達モードも凄くいいんですけどね…

 

あと、ハリウッドナイズされてる感こそはありますが、竜や麒麟などの東洋系魔法生物が沢山描かれているのも楽しい点ですね。特に渾沌モーリスちゃんの可愛らしさ!(笑

水龍もかなり竜寄りで美しかったです、ちょいネバーエンディングストーリー感ありましたけど。

 

 

どうせなら、敵キャラのデザインももうちょいアジア&中国系の悪魔をモチーフにして欲しかった気がしますけど、饕餮とか蚩尤とか。

 

MCUシリーズとしては物凄く懐かしいサブキャストが登場します、確か「アイアンマン3」以来かしら?

あとミッドクレジットに登場するいつものメンバーのヴィジュアルからすると、この話は「インフィニティ・ウォー」と「エンド・ゲーム」の間くらいの話なのかしら?

 

アイアンマン+キャプテンアメリカベースで完全に近く構築され尽くした感のあるMCUですが、主役級のキャラをバッサリ外してでも次の世界を再構築してゆこう、という、マーベルのやる気感を感じた作品でした。

 

MCU次回作はいよいよ超期待作の「エターナルズ」ですね~!

 

 

ノマドランドライダー」のあのクロエ・ジャオ監督が撮るアメコミ映画、どうなるんだろう?とか思いつつ期待してるんですが、予告編を観る限りではちゃんと目からビーム出たりもしてますね!(笑

 

そして今年はもう一本、年末に「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」も控えています。

 

 

ドクター・ストレンジもガッツリ登場するようで、やはりフェーズ4は魔法の重要度が増しているのでしょうか?

そして動画ラスト、今作の敵はあのスーパーヴィランッッッ!?

鼻血出るほど楽しみです!!

 

【DCEU】ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結

『竜とそばかすの姫』細田守監督

【MV】『ゴジラvsコング』アダム・ウィンガード監督

【MCU】『ブラック・ウィドウ』ケイト・ショートランド監督

 

ブログランキング参加中! クリック頂ければ励みに!

にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ

 

周りの人に感謝の気持ち伝えてる?

今日はコスモスの日【コスモスの花言葉、知ってる?】

今日はコスモスの日【秋桜(コスモス)って書くって知ってた?】

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

強い主人公といえば誰?

 

日本の漫画のキャラクターで強い主人公と言えば、やはりドラゴンボールの孫悟空じゃないでしょうかねぇ、何しろ「宇宙一」強いという設定な訳ですから…(笑

 

そういえば、「鬼滅」アニメのシーズン2やるっぽいと聞いてネトフリで見直してたんですが、とりあえずやるのはシーズン1の総集編みたいな奴なんですねぇ。

 

とりあえず、シーズン1見た後に映画版観とけばいい感じなのかしら?映画版はもうレンタル出てるのかな?…調べてみたら、既に開始されてるみたいですね、レンタル。

 

 

も9/25に地上波でノンカット放送されるみたいだから、もうソッチ観とけばいいかな?

シーズン2はその後、という事であれば、始まるのは10月以降になりそうなんですかねぇ…

 

ブログランキング参加中!クリック頂ければ励みに…!

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 両性愛・バイ(ノンアダルト)へ   

 

今日は世界の法の日【自分で世界平和の法を作るなら?】

今日はプログラマーの日【パソコンのタイピング得意?】

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう