さとみつブログMk-II

さとみつブログMk-II

あのさとみつ男児が思いの丈をぶちまけたり特にぶちまけなかったりするブロググ。

※当ブログの映画感想系記事は、基本的にモロネタバレは避ける方針で書いておりますが、感想上必要な範囲内で物語の核心に触れたり触れなかったりしますので、その辺ご了承の上お読みくださいませ。

 

第2位 『パラサイト 半地下の家族』 ポン・ジュノ監督

 

下水臭う半地下の部屋に住むキム一家は、全員が失業中の貧困家族。

ある日、友人の紹介で長男が大富豪パク氏の娘の家庭教師をする事になった事をきっかけに、富豪家族を狂言で誑かし、妹、父、母と全員まんまと職を得ると、その豪邸に入り込み勝手放題。

しかしその豪邸にはキム、パク両家族の想像を超える秘密が眠っていた…

 

もはや説明の必要もないでしょう、65年ぶりのカンヌ最高賞&アカデミー作品賞ダブル受賞、特にアカデミー賞では非英語作品初の作品賞受賞という韓国発の怪物映画です。

作品としての感想はこちらも過去のブログでほぼほぼ描き切ってますので、こっちには何を書こうかしら。

 

改めてこの作品の凄いなぁと思う点は、毛色の違う二つの映画賞を両方取った事からも明らかなように、娯楽性の高さと芸術性の高さを、かなりいい線で両立させている所にある気がします。

それを思えば、近年の日本映画はかなりカンヌ寄りになってますよね、それはそれでいいんですけど、完全にエンタメ力で韓国に水をあけられちゃったのはちょっと残念感あります。

 

この作品に最も近い手ごたえの国産作品は、ベルリン金獅子とアカデミー長アニを制した宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」あたりになるんでしょうかね?

 

 

何回か見直してて気づいたのは、タイトルでもある「パラサイト(寄生)」について、一見半地下家族が富豪家族に寄生してる、という形に見えるけれど実際はどうかのか?と。

金と権力に飽かせて半地下家族をいい様に使おうとしてる富豪家族の方も、ある意味で労働力の寄生じゃないの?とか、ふと思いついて。

社長がプライヴェートなパーティーで半地下父さんにインディアン役をやらせようとした一連のシーンなんかが特に象徴的ですね。

 

労働と賃金が対等ならそれは立派な共生になるんですが、この作品の両家族はそれぞれの思惑が絡み合う寄生し合い状態で、ある種の共依存状態のようにも見えてきます。

で、その共依存を破壊したのは、格差の裏に静かに、でも確実に存在する差別やヘイトな感情…

それはどんどん格差が広がり、ヘイトが募り続けている世界の現状の縮図にも見えてきます。

韓国社会の片隅を描いた小さな作品が世界的に評価されたのは、そういうトコなのかもしれません。

 

そして、社会という大きな視点で見た場合、本質的により寄生している、といえるのは、日々額に汗して働いてる労働者と、彼らの年収分をあっという間に投資の不労所得で荒稼ぎするような連中と、どっちなんでしょうね…

 

それにしても、コロナ禍でますます格差が大きくなってゆくであろう今後、こういう破綻が世界中で広がってゆくのかもしれません…

 

オレ的映画TOP10 year end chart 2020 第3位

オレ的映画TOP10 year end chart 2020 第4位

オレ的映画TOP10 year end chart 2019 第1位

オレ的映画TOP10 year end chart 2018・第1位

 

タバコ吸ったことある?

 

今日はタバコの日

今日は世界禁煙デー

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

※当ブログの映画感想系記事は、基本的にモロネタバレは避ける方針で書いておりますが、感想上必要な範囲内で物語の核心に触れたり触れなかったりしますので、その辺ご了承の上お読みくださいませ。

 

第3位 『ぐらんぶる』 英勉監督

 

スキューバダイビングクラブを舞台にしながらも、ほとんどダイビングをせずに裸で飲み会ばかり、という型破りな展開で人気を集める青春コメディ漫画「ぐらんぶる」を英勉監督が実写映画化。

 

 

ウォーターボーイズ」あたりから男の子の裸体を売りにする映画は増えてきていますが、この作品も広義で言えばその一本。

ですが本作は、その手の作品にありがちな爽やかな青春スポーツ映画というよりは、おバカな若者が無駄に男の裸垂れ流すだけのバカ映画、といった趣です。

 

ただし、ただの漢裸バカ映画かと思いきや、っていうか、まぁ完全にただの漢裸バカ映画なのですが、これがバカに振り切っててなかなか面白い。

 

しつこすぎ!と非難されがちなオープニングの繰り返しも個人的には好きでしたし、「Vamos!」という曲に合わせてミュージカル的に踊り狂うバカ演出が要所要所でアクセントになってて良いですし。

おバカ系エンタメ映画として基本のストーリー展開などは全然王道ではあるんですが、どことなく変でミニシアター系な気配もあって…

 

ちなみに、この映画見てからアニメ版も観たんですが、むしろそっちが凄く普通に見えちゃう、くらいの勢いがある作品ではあります。

 

 

男子の裸体表現に関しても、特撮系イケメンの主人公二人を中心に全裸尻あり、パンツもっこありで、惜しみなく披露されてると思います。

ゲイ的には綺麗目の主人公達よりも、脇を固める筋繊維太めの先輩方の方が気になりがちかもしれませんね。

 

あと、これだけのバカ映画にも関わらず意外と配慮されていて、原作(アニメ)ではポリコレ的に完全にアウトだったミスコンのスカート捲りネタなんかは変更になってたりします。

更に良いのは、ただ別ネタになってるだけでなく、それがある意味で元ネタより深く味わいを増しているトコで、下種味も残しつつポリコレにも配慮、という21世紀的なおバカ映画に仕上がってるのが良い感じですね…(笑

 

ポリコレネタで言えば、主人公2人+ヒロインは大学1年生の新入生なのですが、ガボガボ酒いっちゃう設定に配慮してか、全員20歳という年齢設定に変更されているそうです…全員2浪かよ!(笑

 

オレ的映画TOP10 year end chart 2020 第4位

オレ的映画TOP10 year end chart 2020 第5位

オレ的映画TOP10 year end chart 2019 第1位

オレ的映画TOP10 year end chart 2018・第1位

 

ウィンタースポーツ、何が好き?

 

ウインタースポーツはスキーもスケートも基本的にしませんねぇ、観る方ではフィギュアスケートは好きですけども。

 

今日はスキーの日

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

※当ブログの映画感想系記事は、基本的にモロネタバレは避ける方針で書いておりますが、感想上必要な範囲内で物語の核心に触れたり触れなかったりしますので、その辺ご了承の上お読みくださいませ。

 

第4位 『ワンダーウーマン 1984』 パティ・ジェンキンス監督

 

あれから70年後の1984年、スミソニアン博物館で働くダイアナの元に届いた謎の石、ドリーム・ストーン。

その石をめぐり同僚のバーバラ、ペテン師のマックスとの確執が始まろうとしていた時、彼女の前に現れたのはWW1で戦死したはずの恋人・スティーブだった…

 

作品の感想はほぼほぼ前回の記事でも書きましたが、この作品の良いトコは、やはり一方的な腕力のごり押しでなく敵を制すという展開が、女性ヒーローとして新たなるヒーロー映画の地平を切り拓いた所にあると思います。

フェミニズム的にも高く評価された前作を、更にパワーアップさせてきました(笑

 

一方で、この展開を評価するのはあくまで「アメコミヒーロー映画としては革新的」という事であって、普通に一本の映画として観た場合は特段優れた驚きのストーリー、という訳ではない事もちゃんと明記しないといけないかもですね…

そもそも、ワタクシDCEU映画はファンなんで、贔屓しがちなんで…(苦笑

 

あと、意外に良いなぁ、と思ったのが、いつの間にか神というより宇宙人の一種としてSFベースの世界観に取り込まれた感のあるMCUのソーと違って、しっかりと神話系ファンタジーとしての軸がブレてない所。

今作のヒットで第三弾の映画化も決定した模様なんで、次回作もしっかり次のステージを目指してほしいとも思います。

 

同じDCEU映画で女性ヒーロー映画と言えば、今年は『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』もありましたが、こちらはまだ男社会と闘うオンナ達、というポジションで、更には結局は殴り合いの末にオトコを倒す、といういつものパターンだったので、まぁそれはそれで爽快感で良いんですが、次世代フェミニスト的という意味ではWWのが一歩先を行っていたような気がします。

 

 

そもそもハーレイクインはヴィランでトリックスター、お色気と裏切りをナオンの武器としてノシてゆく系のキャラクターなので、フェミニズム的な展開との相性にはそもそも限界があったのかも。

その分を女刑事モントーヤや格闘歌手ブラック・キャナリーが埋め合わせていくわけですが、全体的に主軸が定まってない感じになっちゃったんで、面白くないこともないんですがもうちょい欲しい感が残る作品になのも事実…

 

もう一本公開予定だったMCUの方の女性ヒーロー映画『ブラック・ウィドウ』は延期延期で今年のGWですか。

彼女はどっちかというと陰のある半ヒーロー半ヴィラン的なキャラなので、陽性マーベル映画群の中でどんなアプローチの作品になるのか、ちょっと楽しみにしていたり。

 

そういえば、昨日見つけたんですけど、パティンソン版「バットマン」の予告がとっくに出てたようで。

 

 

暗い…そして重い…!!(爆

 

DCには暗重を期待!と公言してはばからないワタクシの目から見ても、予想を超えてくる暗重さ…(笑「ジョーカー」がヒットしたおかげで目が覚めてくれたんですかねぇ、特にバットマンはこうじゃないと感あります!

 

ロバパティ君も凄く良いです、本年度中の公開予定かぁ、どうなるか感はあるけど、ムッチャ楽しみ!

 

オレ的映画TOP10 year end chart 2020 第5位

オレ的映画TOP10 year end chart 2020 第6位

オレ的映画TOP10 year end chart 2020 第7位

オレ的映画TOP10 year end chart 2020 第8位

オレ的映画TOP10 year end chart 2020・第9位

オレ的映画TOP10 year end chart 2020・第10位

オレ的映画TOP10 year end chart 2019 第1位

オレ的映画TOP10 year end chart 2018・第1位

 

好きなお餅レシピ、教えて!

 

一番好きなのは餡+きな粉ですかねぇ。

豆餅 in ぜんざいも結構好きですが。

 

今日は鏡開きの日

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

※当ブログの映画感想系記事は、基本的にモロネタバレは避ける方針で書いておりますが、感想上必要な範囲内で物語の核心に触れたり触れなかったりしますので、その辺ご了承の上お読みくださいませ。

 

第5位 『TENET テネット 』 クリストファー・ノーラン監督

 

「現在から未来に進む」通常の時間のルールを逸脱する逆行現象の実在を知らされた名もなき工作員の主人公は、それがいづれ第3次世界大戦、そして人類滅亡の危機を生むことを知り、時間の逆行を操る謎の組織に立ち向かってゆく姿を描くSFアクション大作。

 

 

過去、現在、未来が入り乱れる難解な設定と展開が逆に話題になって注目を集めた本作。

思えば映画映像の初めからあったであろう「逆回し」の技巧を、時間逆行というSF要素と絡めてここまでのSF作品に昇華させるのはさすがノーラン監督。

オープニング、オケチューニングシーンから始まるテロのアクションシーンは特に見事で、アクションモノにあまり興味のないワタクシでもぐっとくるものがありました。


難解とされる時間の設定ですが、私は先の日記でも書いたよう、初見の時なまじSF好きなせいで、ハイペリオンのシュライク神殿をイメージしてしまい、それ故に逆行と順行をホイホイ移動できる、という設定を理解するのが遅れて(シュライク神殿はあくまで時間を逆行し過去に向ってのみ進む設定だったので、そのイメージに囚われ過ぎた)、「???」となった部分がありましたが、パンフレットを熟読して復習した後見た2回目ではすっかり全ての状況を把握できました。

 

把握できたのは良いのですが、そうなるとだんだん極々フツーのSFアクション映画に見えてくるんですよね、良くも悪くも。

「よくわからない」状態でアタフタしながら必死でストーリーを追っかける状況こそが、むしろこの作品を楽しむキモだったのかもなぁ、と思いました。

 

 

主人公の名もなき男を演じたジョンデビッド・ワシントンもキュートでしたが、何といっても相棒役のロバート・パティンソンが良かったですね。

トワイライトの吸血鬼やハリポタのセドリックなど、美イケメンのイメージが強かった彼ですが、ちょい年齢を重ねてくたびれ感出てきたトコが妙な味になってきてます

ネトフリオリジナル映画『悪魔はいつもそこに』でも嫌らしい最低男キャラを見事に演じて主演のトム・ホランド君が霞む勢いでしたし。

 

いよいよ来年公開予定の新作「バットマン」のブルース・ウェイン役がとてつもなく楽しみになってきました。

こちらのバットマンはあくまで既定のDCEUとは別規格にあるとの事で、イメージとしては昨年の「ジョーカー」みたいなポジションになるんでしょうかねぇ?

DCEU版のベン・アフレックが不評だったんで(オレ的には彼は彼でブルース感あったと思うんですけど)、ロバパティ君には頑張ってもらいたい所です。

 

オレ的映画TOP10 year end chart 2020 第6位

オレ的映画TOP10 year end chart 2020 第7位

オレ的映画TOP10 year end chart 2020 第8位

オレ的映画TOP10 year end chart 2020・第9位

オレ的映画TOP10 year end chart 2020・第10位

オレ的映画TOP10 year end chart 2019 第1位

オレ的映画TOP10 year end chart 2018・第1位

 

110番したことある?

 

そういえばないですねぇ。

最近交番にいったのはチャリパクられた被害届を出した時くらいで、それも何年も前ですしね…

 

今日は110番の日

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

※当ブログの映画感想系記事は、基本的にモロネタバレは避ける方針で書いておりますが、感想上必要な範囲内で物語の核心に触れたり触れなかったりしますので、その辺ご了承の上お読みくださいませ。

 

第6位 『キャッツ』 トム・フーパー監督

 

1981年にロンドンで初演されて以来世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」をスティーブン・スピルバーグ製作総指揮、トム・フーパー監督で映画化。

 

今年のヘンテコ映画第三弾、映像公開から「猫ニンゲン!化け猫!キモい!」と世界中の悲鳴を集め、最低映画の祭典・ラジー賞にて作品賞など6部門を独占した方面で話題になり気味のこの作品ですが。

不気味の谷を越えたその先に、これまで見たことのない意外とオモロイ楽しい作品に仕上がってたように思います。

 

 

人の体に毛としっぽを生やすと、そのままでは骨格の関係からネコというよりサルに見えてしまいます。

(常に四つん這いの姿勢をとってる訳ではなく、ガンガン二足歩行状態で踊りまくる訳ですから…)

なので、合間合間にネコ感を出す仕草が挿入させるのですが、これがなかなかネコっぽい。

人間とネコとの融合具合がむしろ出来過ぎているが故に、人はそこに不気味の谷を感じるのですね。

 

更には設定が野良猫の世界な訳で、ゴキブリを獲ったり残飯を漁ったりもする、その辺が生理的にダメな人もいるでしょう。

オレ自身、ゴキブリパーティーのあたりで完全に一度挫けかけました…(苦笑

 

 

ただその線を乗り越えちゃえば、普通にネコ、あるいはネコを演じる人間に見えてきます。

そうなってしまえばこっちのモノ?で、奇妙な世界観と素晴らしいダンスの変わり種ミュージカルとして十二分に楽しめます、多分…(笑

 

歌唱に関して言えば、キャストによっての善し悪しが多少あるかな?

この監督はミュージカルを撮る時、歌を別録りしないで同時に撮るそうなので、そういう影響もあるのかもしれない。

 

ジェニファーのメモリーは抑えめの演技でしたが、下馬評通り良かったです。

テイラーちゃんはパフォーマンスとしては秀逸だったけど、歌唱そのものはもうちょい欲しい感も無きにしも非ず。

思い切って言っちゃえば、歌詩も全て日本語化されている吹替版が聴きやすくてクオリティも高いので、キャッツ初心者はそっちで観てみるのもありかもしれません。

 

ストーリーはあってないようなもんですが、繋ぎ部分が最低限で、ほぼほぼ歌で繋いでいく感じなのがオペラ感あって斬新だったかも。

 

そういや、いっその事冒険せずにミュージカル版のメイクにすれば良かった、みたいな意見もあるようですが、思えば80年代当初はそもそもその独特ネコメイクが結構キモがられてキワモノ扱いされてたわけで、そういう意味でこの映画はキャッツイズムをきちんと受け継いでる作品、と言えるのかもしれません。

 

オレ的映画TOP10 year end chart 2020 第7位

オレ的映画TOP10 year end chart 2020 第8位

オレ的映画TOP10 year end chart 2020・第9位

オレ的映画TOP10 year end chart 2020・第10位

オレ的映画TOP10 year end chart 2019 第1位

オレ的映画TOP10 year end chart 2018・第1位

 

風邪予防、教えて!

 

つか、今のこの時期にこの質問するか?感ありますね…

 

今日は風邪の日

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう