橈骨神経麻痺 | サンテ整骨院へようこそ

サンテ整骨院へようこそ

福岡市博多区店屋町に本院があるサンテ整骨院グループのスタッフブログです。
天神整骨院、博多駅東整骨院、火の見下整骨院、と福岡県内に4院あります。海外にも進出中。
保険証が使える【交通事故対応認定整骨院】


テーマ:

博多駅東の桑原です。

 

今回は、橈骨神経麻痺の傷病についてです。

 

橈骨神経が上腕の中央部で傷害されると下垂手になり、

肘関節の屈側で傷害されると下垂指になります。

 

 

 
下垂手とは・・・
手首の背屈と手指の付け根の関節(MP関節、中手指骨関節)が伸ばせなくなくなります(伸展不能)。
手首と指が下がった状態になるので、こう呼ばれます。
第1関節(DIPとIP)と第2関節(PIP)は伸展可能。
 
下垂指とは・・・
手首の背屈は可能ですが、
手指の付け根の関節の伸展ができなくなります。
指のみが下がった状態になるので、下垂指と呼ばれます。
後骨間神経という運動神経のみが傷害された場合は
感覚の異常はありません。

 

上腕中央部での傷害では、

母指(親指)・示指・中指の背側(伸ばす側)を含む

手背(手の甲)から前腕の母指側の感覚の障害が生じ、

下垂手になります。
肘の屈側での後骨間神経の傷害では、下垂指になり、

感覚の障害がありません。
前腕から手首にかけての母指側がケガなどで傷害を受けるとケガの部位によりいろいろな感覚の障害が起こります。

前腕から手背の母指側、母示中指の背側の感覚の障害が生じますが、下垂手にはなりません。

 

《原因》

上腕部での麻痺の原因は、開放創や挫傷(ケガ)、

上腕骨骨折や上腕骨顆上骨折などの骨折、圧迫など

により生じます。

後骨間神経麻痺の原因は、

ガングリオンなどの腫瘤、腫瘍、Monteggia骨折

(尺骨の骨折と橈骨頭の脱臼)などの外傷、神経炎、運動のしすぎによる絞扼性の神経障害などで生じます。

 

《治療》

骨折や脱臼などの外傷や腫瘤によるものは早期に手術が必要です。原因が明らかでないものや回復の可能性のあるものは

保存的治療をします。

3ヵ月ほど様子を見て全く回復しないものや麻痺が進行するものでは手術が必要になります。

 

 

 

 

博多駅東整骨院はお子様連れの方を歓迎します。
産後ケアや育児にお疲れの方、お子様とご一緒にご来院ください。

 

 

 

サンテ整骨院グループ
サンテインターナショナル整体カレッジ 受講生募集中 随時入学可

 

ランキングに参加してます。励みになるので2つとも1クリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ


にほんブログ村



整骨・接骨 ブログランキング


 

サンテ整骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス