今年に入って、心の振り幅が大きい。

20年一緒に暮らした義理の母が亡くなり、

既に実の母と父も送って、

死ぬこともまた自然と教えられて、あまり怖くなくなった。

ちょうどいい時にちゃんと逝けるんだと感じたから。

そして自分の誕生日に大きな花束をもらった。

欲しいのでちょうだいと言えた。

なんか幸せが押し寄せてきた。

自分から幸せと感じることができる。

コロナも日本に押し寄せていた時期。

すべて意味があるんだと思うと

怖いとは思わなかった。

 

だがこのコロナの時期のエネルギーはこれだけ世界中の人が大変な状態になるほどのもの。

それは大きなものなので、やはり自分の中にもどーんといろいろやってきた。

まだまだ怖れが自分の中にあるということがわかった。

人間同士の怖さ。意見の違いでの争い、懐疑心、生命よりも利益のうごき...

壊れそうになるほど、自分に向き合うことが押し寄せた。

でもその時にどうするかというのが自分のテーマでもある。

自分の思いを伝えることはいいと思う。

よりよく生きるために。

ぶつかってもいいと思う。

言葉や行いで他を殺さない、自分を殺さない。

認めるというか。

それぞれの生きる世界があるし。

 

この時期何が大事なのかも、自分の主観だけれどもわかっていた。

それは自分を信じること。

急に不安になることがあり、

自分がそうだと思って発した言葉や行動が、

次の日取り消したくなってしまう。

もちろん動機というものは重要だと思う。

もしそれが自分の利益のみ、相手をおとしめるとか、

それはそれなりの結果がくる。

でもその時ふと出た言葉、直感でしたことを信じること、

つまり自分を信じることを

何度もなんどもわかるまで、

そういう状態がやってきている。

 

あと全てはじぶんの心が元で、

周りの出来事が変わってくることもわかる。

くそっと思ったら私の心にくそっと思う部分がある。

いいなと感じたら自分の中にもそれがある。

 

そして怖れが自分の中に押し寄せる時、

心を落ち着けるように”愛しかない”と心で繰り返す。

そして自分はどう生きたいのか。

よりはっきりと肚がしっかりした。

自分の浄化作業なのかな。

地球も進化していて、

人も進化するのが自然。

もう前には戻りたくない。

新しい自分へ、生き方へ、地球への接し方へ

進化している。