おみくじ&お賽銭

勉強を遊びに変える薬も出してます
薬剤師・親勉グランドマスターインストラクター
牧野 宏香です

 

【おみくじ&お賽銭】
私が独身の頃。
宮島に毎月参拝していたんです。
その時に毎回おみくじを引いていたんですが、
まぁ、見事なまでにでるのは・・・


「凶!!!」


何回連続して出ただろう・・・?
データ取っておけばよかったなぁ。。。
というくらい、毎月凶!!!
まぁ、欲にまみれてたからですね(笑)


でも、最近は、といえば、
大吉ばかり♪

これは、これでやっぱり嬉しい(笑)

どうして、凶ばかりでていたのか、
今ならわかる気がする。

それはね、

これが欲しい、あれが欲しい。
(しかもラクして)
という事と、
こんなことをしたら、親がどう思うだろう?
職場の人がどう思うだろう?
友達がどう思うだろう?

一般的には、こうしなくちゃいけないのに、
私はできてない。

とか。

周りの目ばかりを気にして、
周りの事ばかりを考えて、
自分の本当にやりたいことを我慢して、
自分の本当に望むことを、見ないふりをして、
自分を生きてない感じ?


今はどう?
自分の好きなことができてるよね。
だから、独身の時にくらべたら、
心が健康な感じ。

だから、大吉が出るようになったのかな?

そしてね、
私はいつも、神社に行く時のお賽銭は、
千円入れてるんです。

でもね、昨日財布をみたら、千円札がない!!!
入っていたのは1万円札のみ

お守り買っておつりで。。。と思ったけれど、
これは、1万円入れられるか、試されてる!!!
と、勝手に思い込んで(笑)
思い切って、1万円札入れてきました!!!


ドキドキしたよね(笑)


でも、私の昔からの友人
(世界レベルの治療者)は、
「僕は毎回1万円札入れてるよ」
と、昔聞いたことがあって、

「えぇーーーすごいーーー!!!
だから、そんなに成功してるの?
でも、わたしには、絶対にできん!
(千円入れられるようになったのも、
去年くらいから)」

と、思っていたけれど、
払えるようになったんだ。
私、よく頑張った!と、思ったこと、


そして、
今年もすでに年商1700万円ある事も、
娘の目の怪我、
眼球に傷がつかず、まぶたの傷で済んだのも、
きっと守ってくださってたからかなー。と
感謝の意味を込めて、入れて来ました。


今の私があるのは、
自分の気持ちを大切にしてきたから。
自分のやりたい!と言う気持ちを
素直に行動に移してきたから。


やりたい事を我慢して、
息苦しい生活を送っていて
楽しい?
もっと自分を大切にしませんか?

お母さんだから、我慢しなくちゃいけない!
って事はないんですよ。
お母さんだから、ってやりたいこと我慢していたら、
あーーーーっという間に歳取ってしまいますよ。

やりたいことが見つからない?
それ大問題!
子供に対してイライラしたりしませんか?
だって、子供しか興味がないってことだから。
思い通りにいかないと、イライラしちゃいますよ。

まずは、手始めに、
プリン食べたいな。って思ったら、
それ満たしてあげてみてくださいね。

きっと、子供にも優しくできると思いますよ!

4300人の方が読んでる無料メルマガ
http://oyaben.com/makino/?0716
親勉グランドマスターインストラクター
牧野宏香


勉強を遊びに変える薬も出してます
薬剤師・親勉グランドマスターインストラクター
牧野 宏香です

 

水族館の牡蠣&アナゴ丼。
油断していると、アナゴだけ、
6歳娘に食べられたー!!!
うわーーーん!!!

 

アナゴ食べられるのなら、水族館外に出て、
美味しいアナゴ丼食べた方が良かったじゃーん、
だって、お子様カレー900円!
高いっ!!!

でもそれを高い!
だけで終わらせないのが、
遊ぶように勉強する学習法の親勉^_^

続きはメルマガで!
(って、先日から続きはメルマガで…
って、書く書く詐欺になってますが、
必ず書きます!)

 

4300人の方が読んでる無料メルマガ
「広島発!忙しいお母さんでもできる!
賢い子に育てるカンタン声かけ学習のコツ!」
http://oyaben.com/makino/?0715
親勉グランドマスターインストラクター
牧野宏香

勉強を遊びに変える薬も出してます
薬剤師・親勉グランドマスターインストラクター
牧野 宏香です

 

6歳娘の入院中は、 折り紙!
手裏剣、やっこさん、カブトに、
金魚を折れるようになりました。
でも、ふつうに折り紙はしない!
普通じゃないって?


それは、
「直角三角形になったね!」
「二等辺三角形だ!」
「正方形は、長さが全部同じなんだよー!」
「ここは90度!」
.
と言うだけで、
ちょっとだけ
お勉強の要素♡
.
もちろん本人は聞いてるのか?
聞いてないのか?
わからないけど、それでいい。
.
教えない。
.
これが大事
教えるとイライラするからね。
.
小学校に入り、算数の授業で、
あ!!これ聞いたことある!
.
って思ってもらうのが目的^_^
.
算数苦手になるのは、
知らない用語をいきなり教わるから。
.
折り紙使う時に、
ちょっとだけ
付け足してます^_^

他にはどんな声かけする?

4300人の方が読んでる無料メルマガ
「広島発!忙しいお母さんでもできる!賢い子に育てるカンタン声かけ学習のコツ!」
http://oyaben.com/makino/?0714
親勉グランドマスターインストラクター
牧野宏香

勉強を遊びに変える薬も出してます
薬剤師・親勉グランドマスターインストラクター
牧野 宏香です

 


6歳娘、念願の?!薬剤師体験。
今日は、粉薬(偽薬)を作りました^_^
白衣が大きすぎ(笑)
まぁ、ママのだからね、仕方ないね(笑)
      


薬局に連れてくると、
これ何?
あれ何?
       
患者さん来てる?
と質問しまくりなので、ハッキリ言って…
仕事になりません!
            
       
でもね…。
       
             
「お昼閉めるん?
なんで、ずっと開けてないん?
夜もずっとあけてたら稼げるんでしょ?」
               
おぉ…!!!
6歳娘から
「稼げる」と言う言葉が聞ける日が
こんなに早く来るとは^_^
           
            
夜もずーっと開けてたら稼げるんだけどね。
それには、人件費って言ってね…
と、仕事の話ができるようになって来ました^_^
   
             
どうしてこんな話をしているか?
それは、将来娘にパートナーの稼ぎを
当てにするのではなく、
「自分の力で稼げる子」になってほしいから。
自分の好きな事で「稼げる子」になって欲しい。
  
   
そのためには、何をしたらいい?
そんなことをメルマガに書いてます^_^
   
あ、1ミリたりとも、薬剤師になって欲しいとは、
思ってません!!!
   
4300人の方が読んでる無料メルマガ
「広島発!忙しいお母さんでもできる!
賢い子に育てるカンタン声かけ学習のコツ!」
http://oyaben.com/makino/?0713

 

勉強を遊びに変える薬も出してます
薬剤師・親勉グランドマスターインストラクター
牧野 宏香です

 

【今の感情を忘れないために書き記して置こう】
6歳娘は、今、私と病院にいる。
まさかの入院。


昨日Facebook投稿にて、
「譲れない戦いが娘との間で、勃発中」
という投稿をした。...


その理由はね、

土砂災害ではなく、不注意による怪我。


まぶたを1.5センチくらいぱっくりと。

えぇ。

みごとにぱっくり(2度言います)



その治療のための縫合、
拒絶っぷりが半端じゃない。
3歳児最大MAXイヤイヤ期が戻ってきた感じ。

 

前の晩から、何度も何度も言い聞かせてきた。


「ママは、あなたの顔に傷が残って欲しくない
だから、傷口を縫って欲しい。
がんばったご褒美は、プリキュアおもちゃ!」



これで、納得していたはずだったのに、
いざやろうとすると、暴れてできない。

 

 

うん、目の上だもんね、
大人でも怖い。

 

結局、大暴れをするので、

眼科・小児科混成チームになり、
鎮静剤を打たれることになりました。

 

 

またここからが更に大変。

 


点滴いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!
 

 

と、脱走。
床に転がり、ジタバタ。

 


そして、説得・説明すること30分。
叩いたり、蹴ったり暴れて
ラチがあかないので、
結局、看護師さん若手ドクター5人がかりで押さえつけ。


鎮静剤の量、薬品名を聞いてると、
かなりの量を使ってるのがわかる。

 


そして、計器の音がピピピッと鳴ったり、
音が変化するだけでも、
心臓が張り裂けそうな気持ちになっていたのに、

 

 

「酸素準備して!」

 

と言われた時は、
 

 

身体が震えていた。
こんなことは、未だかつて経験したことがなかった。

 


というのも、私の妹は、麻酔が原因で亡くなっている。

 


もう30年以上も昔のこと、
今とは医療技術がかなり違う、
 

しかも、今回使っているのは、

全身麻酔ではなく、鎮静剤。
 

 

薬剤師という職業柄、

問題ないのは、頭ではわかっているけれど、
心がついていかない。

娘がいなくなってしまうのではないか?
本当に治療する判断をしてよかったんだろうか?

 


娘は何度も何度も何度も何度も
 

 

「傷跡残ってもいいから嫌だ!!!」
 

 

と言っていた。

 

それでも、私は決して譲らなかった。
「絶対に縫合する」と。


でもね・・・


もし、これで何かあったらどうしよう。
私の判断が間違ってたらどうしよう。

そんなことが脳内をよぎる。

 

結果、無事に終わり、
意識が戻った時、心から安心した。
ひとまず安心。

 


日が暮れる頃には、すっかり薬も抜けたようで、
いつもの娘に戻ってた。

 

その姿を見て、言葉を聞いて、
本当に涙が出た。
 

 

良かったーーーーーと。

かけがいのない私のたった一人の娘。
 

シングルマザーなので、
娘が大きくなるまでは、
あらゆる場面での判断は私がする事になる。

 

これでいいのかな?
本当に良いのかな?
一つずつ、判断し、決断する。
 

今日のように、瞬時に結論を下さなければ
ならない時もくるだろう。

 

その時のためにも、毎日、一つずつ、
判断し、決断する、その練習を行っておくのみ。
 

 

決める基準が大事!

そして、今回の件でも、
娘の中で
 

「やっぱりママが決めたことは、
いくら泣き叫んでも覆らない」
 

ということがインプットされたことでしょう。

しかし。。。
娘の発言から、驚くべき事が発覚した。
その理由はメルマガにてー!
http://oyaben.com/makino/?0712