中京大学総合政策学部坂田隆文ゼミ活動写真館

中京大学総合政策学部坂田隆文ゼミ活動写真館

この写真館は中京大学総合政策学部坂田隆文ゼミの活動を記録したものです。

ゼミHP(http://www.sakataseminar.jp/)もご覧下さい。

 

 第2回坂田隆文ゼミガイダンスでは、1年生に対し実際に坂田ゼミでの指導風景を見せながらゼミについて知ってもらうということを行いました。内容は、私たちゼミ生が、坂田先生がご用意くださった画像を用いて1〜3分間のプレゼンを行いその出来を先生に評価して頂くというものでした。自分がどの画像に当たるのかはもちろん、どんな画像が用意されているのかも分からない中で画像を見てから10秒以内にプレゼンをスタートさせ、指定時間通りに話さなければならないという経験は初めてであり私たちにとって非常に学びの多いものでした。

 中でも難しく感じたのは、話に一貫性を持たせるということです。話に膨らみを持たせるために画像に基づいた内容に話を展開した結果、話が飛躍し過ぎてしまい中身が薄くなってしまったということが私のプレゼンの問題点でした。画像の内容をそのまま話さなければならないということはありませんが、話を広げたとしても最終的に画像の内容に戻す必要があり、話に一貫性を持たせることでよりまとまりのあるプレゼンになるということを学びました。

 予め自分で用意した資料を用いたプレゼンとは違い、その場で即座に話を構成し話すというのは非常に難しく、就活においての面接対策にもなるレベルの高い経験をすることができました。今回の学びを元に、より中身のある話をするにはどうすべきかということを日頃から意識していきたいと思います。

(19期 M・K)

 

 私は今回のガイダンスで自分のプレゼン力の低さを思い知りました。

 私は小さい頃から人前に出て話す機会が多くあり、前に出て話すということには慣れていました。また、ゼミ内でも話し方については先生に認めていただけることが多くあり、私は人前に出て話す力があると自負していました。

 しかし、今回のような、「話し出す直前に出された画像について決められた時間内でプレゼンをする」という経験は、何を話すべきかを考えるということに意識が向きすぎてしまい、いつもに比べて堂々と相手に伝えるという意識を持って話すことができなくなってしまいました。私が今まで行ってきた人前での発表は、あらかじめ用意された原稿を上手に読むことにしかすぎず、本当の意味でのプレゼン力やコミュニケーション能力が試されるものではなかったのだと気付きました。

 今まで自分が得意だと考えていたことも、一つやり方を変えただけでできなくなってしまうようではまだまだだと感じました。これからは今回行ったような高度なトレーニングを積み、今のままで満足するのではなくもっと高いレベルに達することができるよう努力していきます。

(20期 S・K)

 

※ゼミHP (sakataseminar.jp ) もご覧ください。

 

 本日は敷島製パン様へ向けた、「なごやん」に関するご提案の最終報告会が行われました。

 最終報告を終え、本産学連携活動を振り返ったとき、「約7ヶ月間楽しかった」という思いが一番強かったです。

 中間報告では「商品が売れるといえる根拠がない」などと批判が多く、言い返したくても何も言えない自分にとても悔しい思いをしました。しかし、中間報告が終わってから何度も考え直し沢山悩み、チームで意見を出し合うことで最終報告には自分達の納得のいくロジックをたてることができました。

 話し合いの中で良い方法を考えても思いつかないことばかりで苦戦しましたが、チームメンバーがいたからこそチームのためにも頑張ろうと思えました。また、今回の活動で資料の作り方・プレゼンの仕方を学んだのはもちろんですが、何よりも仲間であるチームメンバーの大切さに気付かされました。1人では気づけないことも仲間と協力し、指摘しあってこれからもゼミ活動に取り組みます。

(20期 Y・O)

 

 昨年末から始まった本産学連携活動は、私が今までのゼミ活動で経験したことがない挑戦や苦労がありました。

 まず、挑戦という点は、何人もの後輩を率いてチームリーダーを担ったことです。まだ右も左も分かっていない後輩たちに対して「どう指示を出そうか」と悩んだり、自分の負担を少なくするための工夫を模索したりしました。初めての挑戦に対して逃げなかったからこそ、「先輩としての自分」の欠点や課題を見つけることができました。

 また、苦労という点は、敷島製パン様を納得させることです。本産学連携活動は、過去の産学連携活動やビジネスプランコンテストと比べ、一筋縄ではいかないものでした。鋭い批判や意見を頂き、挫けそうな時も沢山ありましたが、その分、今まで以上の学びを得ることができました。

 このように、本産学連携活動はゼミ生として非常に鍛えられる機会でした。このような機会を与えてくださった坂田先生や敷島製パンの方々に感謝の気持ちを持ち、これから次々と始動していく産学連携活動にも精進して参ります。

(19期 M・T)

 

※ゼミHP(http://www.sakataseminar.jp/)もご覧

 

 

 本日は名鉄レストラン様との産学連携活動のキックオフが行われました。私は、このキックオフを通し私達が1から商品を提案できることへの期待がさらに高まりました。

 私は本日のキックオフを迎える以前に、刈谷ハイウェイオアシスへ事前調査に行きました。その際に、「この商品は売上が無さそうだからこんな売り方をしたら面白そう」といったことや、「名鉄レストハウスがあまり目立たないのはなぜか」といったことを考えました。現在の問題点を見つけることや、刈谷ハイウェイオアシスに人を呼び込むためにはどんな新しい商品を提案したら良いか考えることはとても面白かったです。

 今回のキックオフを通し、人を呼ぶ込むために私たちが考えた案を企業の方へ提案できるということへの実感が湧きました。また、提案内容をイメージすることができる有意義な時間となりました。企業の方とチームメンバーのような形で活動させて頂けることに感謝し、新しい学びを得られるよう自分から行動していきます。

(20期 M・Y)

 

 今回のキックオフ会では、名鉄レストランさんの方々から本プロジェクトの内容や目標についてお話し頂きました。また、名鉄レストランさんの方々の思いや考え、そして私たちに対する期待を聞いて、なんとしても産学連携を成功させたいという思いが強くなりました。

 本活動で私はチームのリーダーを担わせていただきます。初めてのリーダーでとても不安や、プレッシャーを感じています。しかし、リーダーとして得られる学びや、経験はこれ以上ないもので、今後の活動に大きく影響を与える機会だと感じています。また、これまでのゼミ活動で学び、成長した事を示す絶好の機会であることは間違いありません。何よりも企業の方とやりとりをさせて頂き、関係を築くことが出来ることを感謝し、いい企画を提案できるように全力で努めて参ります。

(20期 M・N)

 

※ゼミHP (sakataseminar.jp)もご覧ください。

 本日は、新たな産学連携活動のキックオフ会として、ドリーム様に伺わせていただきました。初めに、ドリーム様から本活動に関する説明をしていただきました。本活動は、チーム単位ではなく個人で取り組み、進めさせていただきます。そのため、説明を聞かせていただく中で、新たな活動が出来る楽しみとともに、「1人で進めて行けるのだろうか」という不安を感じました。

 1人ということは全て自分のペースで進めることになります。私は、物事を後回しにしてしまうことが多いです。そのため、個人のペースに委ねられている本活動を無駄にせず、今ある悪い癖を克服し成長できるよう、努めてまいります。

また、1人で行うからこそ、チーム活動の中では気づくことができない弱点を知ることや、学びを得ることができます。この機会を最大限活かすためにも、1人だという不安に負けず、強い気持ちをもって取り組んでまいります。

(20期 M・K)

 

 今回の訪問では、商品企画において大切な「アイデアの視点を変えてみること」について勉強させていただきました。ドリーム様が、実際に商品化に成功されている数々の商品を見て、ありそうでなかった面白い商品が生まれているということを感じました。その中で、新しい商品を作ろうとするのではなく、アイデアの見方を変えてみたり、アイデアの足し引きや掛け算をしたりすることが大切だと学びました。

 私はいつも商品を企画するとき、「斬新なもの」や「世の中にないもの」を作ろうとしすぎてしまいます。そのため、消費者のニーズが無かったり、自分の中では真新しいアイデアのつもりでいても、既に他の誰かが実現させているアイデアであったりと、行き詰まることが多いです。しかし、今回ドリーム様に商品企画をさせていただく時には、アイデアをアレンジするという方法も取り入れてまいります。また、情報収集にも力を入れ、面白いアイデアが提案できるよう、尽くしてまいります。

(20期 S・K)

 

※ゼミHP(http://www.sakataseminar.jp/)もご覧ください。

 本日は総合政策学部1年生に向けた坂田ゼミガイダンスが開催されました。このガイダンスでは坂田先生から坂田ゼミの活動に関する具体的な紹介が行われました。

 私は、この一年間があっという間であったことへの驚きと、すぐに後輩ができるということに対して焦りを感じました。

 私は1年生の時、「2年生になったらゼミの活動に集中しよう」と考えていたため、アルバイトや遊びを優先していました。そのような感情があったこともあり、今は自分の実力の低さを身に染みて感じています。1年生の時に、自分が成長出来る取り組みに対しての時間の割合をもう少し増やせばよかったと後悔しています。一年があっという間に過ぎてしまったことを忘れずに、次の一年間は、「自分の成長の為に費やす時間を大切にしていこう」と強く思いました。

 また、今の成長スピードでは私の尊敬する先輩のようになるには時間が足りないと感じました。そのため、「今まで以上に主体性や対応力を常に意識し自分を奮い立たせながら活動していこう」と今後の活動に対し気合いが入りました。

 坂田ゼミガイダンスは、このように自分を見つめ直すいい機会となりました。一年後「自分は全力でやり切った」「後悔はない」と言え、後輩に尊敬されるゼミ生になれるよう頑張ります。

(20期 M・Y)

 

 私は坂田ゼミガイダンスへ参加するのが今回で3回目となります。「学び・楽しみ・楽しませる」「うまくいくまでやる」「自分を成長させてくれる人」など、坂田ゼミガイダンスには、坂田ゼミにおける重要なキーワードが散りばめられています。

 正直、1年生の時は、これらのキーワードの正しい意味をしっかり理解することなどできませんでした。また、2年生の時は、「なぜ自分は坂田ゼミを選んだのか」と、初心を思い返しながら参加していました。

 そんな中で、今回は「自ら与えられる側にまわる」というキーワードが1番印象に残っています。なぜなら、ゼミ活動を通して知り合った社会人の方々や、ゼミのOB・OGたちの顔が次々に浮かび、私も「与える側」になりたいと思ったからです。これは3年生になった今だからこそ、考えられることだと思います。

 ガイダンスの内容はほとんど変わってないのに、年によって心に残るキーワードや聞く姿勢が全然違いました。それは僅かでも自分が成長している証拠だと自信を持ち、これからもゼミ活動に精進して参ります。

(19期 M・T)

 

※ゼミHP(http://www.sakataseminar.jp/)もご覧ください。

 

 本日は中日ドラゴンズ様に対して、私たちの考えた案を発表する中間報告会が行われました。

 私が今回学んだことは、緊張に打ち勝つことの難しさです。私は、初めて企業の方の前でプレゼンを行いました。そのため、事前に練習を重ね、伝えたいことは何なのかをキーワードにまとめて、本番を迎えました。しかし、実際にプレゼンをしてみると、緊張で早口になってしまったり、言葉が詰まってしまったりとスムーズに伝えることが出来ませんでした。また、質疑応答の際には、企業の方の疑問に答えたいという思いで話し始めたのですが、頭で思っていることが上手く言語化出来ず、しっかりと自分の伝えたいことを伝えられなかった場面もありました。

 緊張に打ち勝ち、自分の思いを伝えられるようになることが今の私の課題です。そのためにも、質疑応答の場面があれば、積極的に答えるなど、失敗を恐れない姿勢を大切にします。

(20期 A・N)

 

 今回の産学連携活動で1番大切だと感じていることは、「企画を楽しむ」ということです。中間報告会に至るまでのゼミ内発表で、坂田先生から何度も「その提案は自分たちが楽しめているのか」とご指摘頂きました。

 私は、「企画を完成させなければいけない」「企業の方に納得していただけるものにしなければいけない」という想いに囚われ過ぎて、企画を楽しむということができていませんでした。そこでチームで一から企画を練り直し、自分たちがやりたいと思う企画にこだわって考えました。すると、アイデアが次々と湧いてきました。

 坂田ゼミのゼミ訓は「学び・楽しみ・楽しませる」です。産学連携活動をしているとうまくいかなくて辛いと感じることもありますが、自分たち自身が楽しむという企画の基本はこれからも忘れないようにしていきます。

(20期 S・K)

 

※ゼミHP(http://www.sakataseminar.jp/)もご覧ください。

 

 本日は、新入生に向けてゼミガイダンスを行いました。昨年度のゼミガイダンスで、「他のゼミに比べ圧倒的にプレゼンがすごい」と思った坂田ゼミの代表としてプレゼンを行うことは私にとって憧れでした。そんな憧れていた先輩方のように登壇させて頂き自分の成長を感じました。

 本日のゼミガイダンスを迎えるまでには、悩む日々が続きました。プレゼン練習を行う中で、私のプレゼンは他のメンバーよりも劣っていると自分でもわかるレベルでした。メンバーに迷惑をかけてしまうこともあり、そんな不甲斐ない自分と向き合うことが辛く辞めたいと何度も思うことがありました。しかし、一緒に頑張ってくれる、支えてくれる仲間や親身になって相談にのってくださる先生がいたため、最後まで頑張ることができました。

 結果的には満足のいくプレゼンを行うことができませんでしたが、プレゼンの準備から発表までに辛い経験を繰り返し、大きく成長できたゼミガイダンスとなりました。今回のことはしっかりと反省をし、これからもめげずに成長し続けていきます。

(20期 N・K)

 

 本日は、総合政策学部でゼミのガイダンスが行われ、私はゼミ代表として、1年生の前でプレゼンをさせていただきました。

 本番までの準備の活動は、私の思っている以上に大変でした。資料作りでは、写真一枚、言葉一つに意味があるのかを問い続け、今まで自分がいかに無駄を意識していなかったかを痛感しました。また、プレゼンでは正しく説明することがすべてではなく、どう伝えるか、自分にしかできないプレゼンにこそ価値があるということを学びました。私は瞬時に自分の中で、文章を組みたてて話すことが出来ず、自分の言葉で伝えるということの難しさに直面しました。練習していく中で、少しずつ上達したつもりでしたが、本番では緊張してしまい、話すことに必死になってしまっていました。この経験から、事前準備の大切さを実感しました。本番で100%の力を出すにはそれ以上の力での準備や練習が必要であり、今回はそれが出来ていませんでした。

 悔しさが残る結果でしたが、代表をさせていただいたからこその学びは沢山ありました。最後までやり切れたのは、共に代表を務めた3人、指摘をくださった先生、練習に付き合ってくれたゼミ生の存在があったからです。このことに感謝を忘れず、この経験で得た学びを活かし、自分やゼミに還元してまいります。

(20期 M・K)

 

※ゼミHP(http://www.sakataseminar.jp/)もご覧ください。

 

 本日は、マドラス様との産学連携活動に向け、マドラス大口工場へ工場見学に行かせていただきました。

 実際に工場では、革靴を作る一つ一つの工程を手作業で行っており、社員の方々誰一人として欠けることの出来ない重要な役割を担っている事にとても驚きました。職人技を間近で見られる機会、そして、体験することが出来る機会は滅多にありません。このような貴重な経験をさせていただける機会を作ってくださったマドラスの皆様、坂田先生に感謝の気持ちでいっぱいです。

 工場見学を終えて、私たちの力で商品化を実現したいという思いが、以前と比べてとても強くなりました。企業の方、坂田先生、先輩方、同期から学んでいることを余すことなく、本活動に活かします。マドラス様に負けない熱い思いを持って、期待を上回る事が出来るよう取り組んで参ります。

(20期 M・N)

 

 マドラス様での工場見学には、楽しさと学びがありました。

 「楽しさ」とは、職人の手で一つひとつ靴が作られていくところを近くで見ることができたことです。普段見ることのできない縫製や塗装の職人技に圧倒させました。「学び」とは、可愛げの大切さや人柄に関するものです。今回、工場の案内をしてくださった工場長代理は面白い方でした。マドラス様の靴の革の在庫を見せて頂く中で、将来働く上で歳の離れた方にも可愛がられるためにはどうすれば良いのかという話がありました。そこで相手の話に合わせるための知識を増やすこと、相手の話を拾い言葉のキャッチボールをすることが大事だとおっしゃっていました。私は日々、自分の知識の無さを感じています。だからこそ、この言葉が響きました。

(20期 N・K)

 

※ゼミHP(http://www.sakataseminar.jp/)もご覧ください。

 

 本日は2022年度の初回ゼミが行われ、新たに20期生が加わりました。私は先輩という立場になり、信頼出来る先輩として後輩との関係を築くことができるか不安は大きいですが、後輩指導を通した学びというものをこの一年、沢山得たいと考えます。

 坂田先生によるゼミガイダンスに加え、一日が30時間になったら、逆に20時間しかなかったらというテーマでのディスカッションも行いました。今までの生活と比べてどのような取り組みを増やすのか、減らすのかを考えたことにより、時間の大切さを改めて感じました。やりたいこと、やるべきことを行うためには効率性が求められます。一日一日を無駄にすることなく、限られた時間をいかに効率的に過ごすかを常に考え、行動したいと考えさせられました。

 坂田隆文ゼミは「自分で考え、自分で決め、自分から動き、自分で責任を持つ」ということが活動において大切になります。坂田先生は様々なプロジェクトをご用意して下さりますが、そのプロジェクトに参加するかどうかは自由であり、何事も取捨選択が必要です。

 私は春からゼミ活動だけでなく資格の勉強を始めます。「未来と自分は変えられる」という先生からの教えを胸に刻み、自分を信じて努力を続けたいと強く思いました。

(19期 A・A)

 

 「学び•楽しみ•楽しませる」坂田ゼミのゼミ訓であるこの言葉に、私ははっとさせられました。現在私は、4つのプロジェクトに参加しています。もちろん自分から希望して参加させていただいていますが、毎日やるべきことがあり常に頭の中で大変や忙しいなどマイナスなことばかり考えてしまっていました。

 プロジェクトの参加は学べることがとても多いですが、私はいつの間にか大切であるはずの自分自身が楽しむということや相手を楽しませるということを忘れかけていました。

 坂田ゼミに入ることが決まった当初は大変という感情以上にワクワクや楽しみといった感情が多くありました。しかし最近では、同時に様々な活動、そして100案出し等を行なっている中で案を出すことに悩む日々が続いていました。

 これからは目の前のことばかり悩むのではなく自分達で考え抜いたアイディアを企業の方に認められたときのことなどを考え、自分が楽しむことを大事にしながらプロジェクトに取り組もうと思います。そして、最後には自分達が考えたアイディアで多くの人を楽しませていきます。

(20期 Y・0)

 

※ゼミHP(http://www.sakataseminar.jp/)もご覧ください。

 本日は1期生から20期生までが集まる坂田っこ総会を行いました。昨年同様コロナウイルス感染予防のため、オンラインツールを用いて行いました。

 総会には20人近くの先輩方が顔を出して下さり、坂田ゼミが築いてきた縦の繋がりの強さを感じました。先輩方に当時のゼミ活動のお話をお聞きすると、自分の頭で考えた主張を同期や先輩、時には先生にもぶつけるというエネルギッシュな活動を行ってきたと教えて下さりました。そして、その意見のぶつかりがあったからこそ、自分の間違いを知り成長したり、相手の意見を理解することで絆が深まったりしたのだと知りました。今回の総会でも先輩方同士、学年関係なくお話しされる姿を拝見し、私も十数年後、このように話せる関係作りに向けて今行動しようと思いました。

 私はこの春から就職します。今回お話させて頂いた先輩方はどの方も自分で考え選択した道で変わらないエネルギッシュさを持ち生活されているように感じました。私も先輩方のような、後輩から憧れられるかっこいい社会人になれるように頑張ります。

 そして、こうした先輩方との繋がりを持てることは決して当たり前ではないため、自分には何を返せるか考え続けることを後輩として忘れないようにします。坂田先生をはじめ、お忙しい中ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

(17期 M・K)

 

 本日は、坂田ゼミ卒業生の1期生から新ゼミ生である20期生までが集まる坂田っこ総会が開催されました。

 私は今年が2回目の参加だったので、昨年に比べ社会人の方と会話する緊張が減り、ゼミ卒業生の方々からゼミ現役時代や社会人時代に関する様々な体験談やアドバイスを聞くことができました。しかし、卒業生の方から話を振っていただくことが多く、自分のコミュニケーション能力の低さを痛感しました。この反省を活かし、次回開催時には積極的に卒業生の方に話しかけ、話題を回せるように努力します。

 総会の中で1番心に残っていることは、坂田ゼミで学んだことが何十年経っても成長に繋がっていることです。数えきれないほどのご指摘やプロジェクト進行中にぶつかった壁などは、今は辛くとも社会人になった際の糧になるとのお話を聞き、ゼミ活動にさらに尽力しようと思えました。

 お忙しい中時間を作って坂田っこ総会に参加して下さった先輩方と、坂田先生に深く感謝をし、学ばせていただけた縦の繋がりを大切にしながら私も何十年後かに後輩へ自分の経験を伝えられるよう、今後のゼミ活動に取り組んでいきます。

(19期 T・Y)

 

※ゼミHP(http://www.sakataseminar.jp/)もご覧ください。