中村三奈子さんをさがす会のブログ
1998年4月に突然行方がわからなくなった娘(中村三奈子)は韓国に入国したまま行方がわからなくなりました。
拉致の可能性が完全に排除できない失踪者として現在探しています。
平成10年行方がわからなくなって、まったく何の情報も入ってきておりません。

どうぞ心当たりの方はお知らせください。

家を出た当時の服装(帽子とパーカー)
中村三奈子さんをさがす会のブログ 中村三奈子さんをさがす会のブログ

さがしています
中村 三奈子
なかむら みなこ
≪1979年 9月生 30才≫


中村三奈子さんをさがす会のブログ

特徴
身長は165cm。髪は長く当時は三つ編み。目が細く色白。


家を出た当時の服装
◎ 紺のパーカーに同じ紺のジーパン、青いチェックの帽子。
◎ 持ち物は白い財布のみと思われる。
◎ 高校3年生の冬の通学時には、オレンジのオーバーや紺のパーカー姿で通学。

家を出た当時の様子
1998年4月6日予備校へ行く予定の日であったが行かず、その日以来消息が解らない。

疑問に思うこと
1998年3月に本人がパスポートを申請し、4月3日に取得している。
同日、旅行社へ中村三奈子と名乗って、24、5歳のハスキーな声の女の人から韓国への往復航空券の依頼があったという。
◎ 明日でも明後日でも、できるだけ早い便の航空券が欲しい。
   →なぜそんなに急いだのか。
◎ 韓国へは行ったことがあるので、ホテルの手配は必要ない。
   →外国旅行経験は全くない。
◎ 忙しいので、航空券は出発当日に、新潟空港で受け取る。
   →外国旅行経験がないのにこんなことができるのだろうか。

4月7日新潟空港で、派手なブラウスを着た女性(三奈子さんとは思えない)が、
航空券を受け取り人を捜している様子で、キョロキョロしながら搭乗口へ向かったとのこと。
荷物は少なかったという。

2009年9月末現在、韓国からの出国記録はありません。
そこで、特定失踪者問題調査会に連絡をし、7月30日、
第4次の発表で「拉致の可能性を完全には排除できない失踪者」として発表されました。


どんな小さなことでもかまいません、
お気づきの点がございましたら情報をお寄せください。


中村三奈子さんをさがす会のブログ

【連絡先】
新潟県長岡警察署・・・・0258-38-0110
中村 三奈子さんをさがす会・・・・090-4279-4724

ホームページ
会報
チラシ(PDF)
Youtube(さがす会:動画)
メールアドレス
振替 口座番号…郵便局「中村三奈子さんをさがす会」00510-1-80532


三奈子へとどいて 待っているよ

妙高の山道で,ちょうちょがそっと三奈子の指先に止まったよね。
あなたは、とっても嬉しそうに「見て、見て」と言っていたね。
《元気でいるよね》いつかまたこんな時間を過ごそうね。

待っているよ。


$中村三奈子さんをさがす会のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

夢の中の三奈子

三奈子 元気でいるよね
三奈子の夢を見ました。
三奈子の夢を見た・・・という時はいつも幼稚園くらいの時ばかり・・・でもおとといの夢は、中学生くらいでした。
三奈子と二人で山道を一生懸命走りまわっていました。
(逃げまわっていたのかな?)
広い山の中で、背丈くらいある木々の中を、何も持たず、ただただ一生懸命出口を捜していました。
三奈子の髪は三つ編み・とても元気でした。
チエックのブラウスを着て、帽子はかぶっていませんでした。一生懸命走っている間に三奈子はいなくなってしまいました。おしゃべりもできなかったんだよ。木をかき分けているときに目が覚めました。

三奈子 どこかで病気などしているのではないですか?大丈夫ですか?

昨日ある会で長岡高校で三奈子より一年下の方がおられるというお母さんと隣同士で食事をしました。
結婚が遅く心配をしたけれど、今では二人のお孫さんもいて一番幸せとのことを言っておられました。

三奈子はどんな生活をしているのだろうか?
想像もつきません。
母の手の届くところに帰ってきてください。
三奈子 待っています。  母

会報26号ができました

皆様、いつもご支援とご協力を賜り誠にありがとうございます。

この度「中村三奈子さんをさがす会 会報26号」ができましたのでご知らせ致します。

会報26号 電子版
https://ameblo.jp/sagasukai98/entry-12564318803.html


ダウンロードはこちら
https://drive.google.com/open?id=16OD8GUHq90Cb_9di1rz405eL6B1syQQJ

中村三奈子さんをさがす会 会報26号

中村三奈子さんをさがす会 会報26号【電子版】



さがし続けて21年~ 絶対に風化させてはいけない~
さがす会代表 金井 英雄

日頃より「三奈子さんをさがす会」に対し物心両面のご支援ご協力を頂き、ありがとうございます。
今年の市民集会も、「長岡市」から共催、「新潟県」「長岡青年会議所」からは後援をいた だき、準備からいろいろとお世話になりました。

ご多用の中多数の皆様にお集まりいただき無事終了することができました。感謝申し上げます。

三奈子さんが行方不明になってから21年の歳月が流れ、9月18日で40歳の誕生日を迎えました。
拉致された方々、及び、特定失踪者のご家族の皆様方には、想像できないほどの苦難を感じていると思います。
昨年と今年で、トランプ大統領と金総書記とのトップ会談が3回も行われましたが、拉致問題は進展しません。
日本と北朝鮮との直接の交渉もほとんど進んでいません。
このような状況の中、私たちにできることは拉致事件について、世の中が忘れないように、風化していかないように世間にむけて活動を発信していくことだと考えています。

9月8日の集会では、「海を越えて」を作詞作曲してくださった小林眞一様にも参加していただき、片野大輔様よりチェロ演奏をしていただきました。





「さがす会」は三奈子さんとの再会を願い、活動を続けていきます。
皆様にはこれからもどうぞよろしくお願いいたします。   

皆様から頂いた署名(1200名分)を11月16日の県民集会で内閣府大臣
藤原崇政務官にお届けいたしました。
また、募金もご協力いただきありが         
とうございました。



【集会の記録】 
☆ご挨拶・メッセージいただいた方々~ 再会できることを願って~
【挨拶】
 磯田 達伸 様 (長岡市長)
  渋谷  武 様 (新潟県知事政策局国際課拉致問題調整室長)
  上村 英輔 様 (一般社団法人長岡青年会議所 理事長)
【メッセージ】
 大澤 昭一 様 (特定失踪者家族会会長)
  関  正史 様 (山古志闘牛会副会長)
  井口 明彦 様 (長岡高校同級生)         

【講演「今 もう一度 拉致・失踪を考える」
特定失踪者問題調査会 代表 荒木和博様】

今日はいくつかの事件の情報を紹介しながら、三奈子さんの失踪についてお話したい。

〇三奈子さんの失踪前夜の様子や家を出た状況、韓国入国の情報から、三奈子さんが自分の意志で韓国に行ったとは思えない。
着の身着のまま支度もしていないことを考えると、家を出たのは本人の意志でも、そこから先は本人の意志ではない。
三奈子さんが韓国に行ったと偽装し、どこか別の所に連れ出した可能性もある。
今回、お母さんが韓国のテレビ番組に出演したにも関わらず、反応がほとんどない。
これで北朝鮮にいる可能性は高まったと思う。何度も韓国に行っているのに情報があまりないのは偽装の可能性があるからではないか。

〇1989年頃、新潟市でアベック2組が拉致未遂事件にあったという記事が2002年11月の新潟日報に掲載されていた。
また、1979年5月5日、富山と石川県境で拉致未遂が起きていたことが最近わかった。
(都庁職員と交際中女性が車で移動中、白いスカイラインに尾行され、自分の車の窓を開けたらいきなり殴られた。何とか逃げ切り難を逃れた。)
このように情報は埋もれていて後から出てくることがある。

〇ここ数年、日本海沿岸に漂着船が増えた。
冬の間だけでも100隻以上の船が漂着している。
船での潜入は気づかれにくく、陸地と違い海の国境は壁を建てることもできない。
日本に入ってくることも、人を連れ出す事も簡単にできる。

〇横田めぐみさんは家の2軒前の角で計画的に拉致されたと考えられる。
蓮池さん、曽我さんも事前に調べておびき出している。
拉致はランダムに行っているわけではなく、しっかり下調べをして、標的を狙って行っている。
三奈子さん失踪も同様で、彼女の周囲に誰かいたのではないかと思われる。

〇帰国事業の中での拉致も相当ある。
最後の一人まで拉致された人を取り戻すには今の北朝鮮の体制を変えるしかないだろう。
どこかでチャンスがくるはず。それを逃さないよう努力する。

〇常識的に考え、韓国語を全く話せず、韓国のことも知らない18歳の女の子が韓国へ行って、そこで一人で何かできるはずはない。
気になっているのが、長岡市立図書館。
三奈子さんは図書館に度々通っている。図書館で何かなかったのか。
三奈子さんが北朝鮮への拉致であるなら、この長岡で何かあった事は間違いない。
三奈子さんの近い所にいて拉致をやろうとした人間、引っ張った人間がいるはずである。

〇情報は、何十年経って突然出てくることがある。
今日は、三奈子さんの同級生の方もみえている。
拉致や失踪問題解決のため、埋もれている情報を掘り起こしたい。どんなことでもいいので情報提供をお願いしたい。





☆活動を振り返って ~訪韓~
〈平成30年11月17日~20日 〉特定失踪者家族会の方たちと韓国訪問 


北朝鮮を目の前に統一展望台


脱北者のお話を聞く



家族会の皆さんと大使館へ

〈 1月10日~15日   1月22日~2月2日 〉金明子様宅にお世話になり、KBS

テレビ「歌が好き」の出演準備。また鍾路警察署、大使館訪問へ


KBSテレビ収録
「釜山港へ帰れ」の歌を金さんと二人で歌う


KBSテレビ
日本の友人の案内で金明子さんとスタジオでとても緊張しています。


鍾路警察署
新潟県ソウル事務所の方たちと訪問


大使館訪問(領事部長を訪ねて)新潟県ソウル事務所長阿部さんと通訳の文さん
 
※KBSテレビ出演にあたっては、金明子さん、日本の友人、新潟県ソウル事務所の皆様より2か月間にわたり大変なご協力をいただきました。感謝申し上げます。


※正装した園児の皆さんが金園長先生にお正月の挨拶をし、お年玉(セベトン)を頂きました。





※鍾路警察署から頂いた三奈子さんの40歳の推定写真



☆ 活動報告(2018年9月~2019年9月)
2018年 9月23日 署名活動 山古志闘牛場
10月21日 署名活動 山古志闘牛場
11月17日~20日 訪韓(特定失踪者家族会と共に) 韓国
11月17日 忘れるな拉致 県民集会(メッセージ) 市民芸術文化会館
12月 7日 小学校6年生 人権教育の学習会 長岡市立川崎小学校
12月15日 拉致問題に関するシンポジューム 東京イイノホール

2019年1月10日~ 15日 訪韓(KBSテレビ打合せ)
1月22日~2月2日 訪韓(KBSテレビ収録) 韓国
3月 5日 知事訪問 新潟県庁
3月 10日 大沢孝司さんと再会を果たす会 巻文化会館
4月 6日 韓国向けチラシ配り 新潟空港
5月 19日 国民大集会 東京砂防会館
5月 24日 特定失踪者家族会デモ行進 東京日比谷公園から
6月 8日 署名活動(全繊主催) 新潟駅前
6月 19日 長岡西倫理法人会 長岡市
6月 20日 長岡南倫理法人会 長岡市
7月 14日 署名活動 山古志闘牛場
8月 11日 署名活動 山古志闘牛場
8月 30日 小千谷倫理法人会 小千谷商工会議所
9月 8日 中村三奈子さんをさがす会集会 アオーレ長岡



拉致被害者を取り戻すために


12月8日 川崎小学校学習会
6年生の人権同和教育授業


3月5日 県庁 花角知事訪問


10月23日 山古志闘牛場 署名活動


                           
三奈子に届いて
三奈子 元気でいるよね。何度韓国を訪問したことでしょう。
今年こそきっと三奈子に会えるスタートと思い大変な挑戦をしました。

金明子先生と友人のおかげでKBSテレビ局に出演させて頂いたのです。
韓国の地に立ち、三奈子に向かって呼びかけました。
「釜山港」の歌は母の声です。
海雲台の海辺や水原やソウルの町を捜しまわりました。

三奈子に届かないはずはないと信じています。

三奈子、40歳のお誕生日おめでとう。

夢を見ました。

トゥラワヨ 三奈子!
オンマガ キダリコ イッタンダ‼


ダウンロードはこちら
https://drive.google.com/open?id=16OD8GUHq90Cb_9di1rz405eL6B1syQQJ

新潟日報さんに掲載いただきました「家族の奪還 今年こそ政府が実現を」

家族の奪還 今年こそ政府が実現を
特定失踪者家族が弥彦神社で署名活動


 北朝鮮に拉致された疑いがある特定失踪者の大沢孝司さん=失踪当時(27)、新潟市西蒲区出身=の兄昭一さん(83)と中村三奈子さん=同(18)、長岡市=の母クニさん(76)や支援者らが2日、新潟県弥彦村の弥彦神社前で署名活動を行った。みぞれが降る中、「日朝首脳会談を実現して今年こそ家族を取り戻して」と声を張り上げ、拉致問題解決を求めた。



 昭一さんとクニさんらは多くの参拝客がある正月に合わせ、毎年行っている。

 にぎわう東参道入り口でマイクを握った昭一さんは、「外国頼みもいいが、日朝のトップが直接対話し、日本人の手で救出してほしい」と呼び掛けた。クニさんも署名してくれた人に深々と頭を下げ、チラシを手渡した。

 上越市三和区の農業男性(39)は「なぜ早く北朝鮮から帰すことができないのか。家族にはつらすぎる」と話した。

 孝司さんは県職員だった1974年、勤務地の佐渡市で行方不明になった。三奈子さんは98年、新潟空港から韓国へ出国した記録を最後に足取りが途絶えた。

 大沢さんは3日も同所で署名活動を行う。

https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20200103516645.html#inline-content_01

6年生の授業に参加して

三奈子 長岡はとても寒く、明日は雪が降るかもしれません。
三奈子のいる所はどうですか。元気でいるよね。

川崎小学校の授業も終わりました。



6年生の皆さんはとても静かで最後まで話を真剣に聞いてくれました。

私の方から声をかけ質問をするとしっかりと向き合い、自分の問題とし、もし自分の家族だったら…と家族への思いも話してくれました。

初めて会ったようには思えないくらいに私も受け入れてもらったように思いました。

突然家族の誰かがいなくなった時の思い・・・
拉致って・・・特定失踪者って・・・
ドキッとしたことも・・・


Yクンは
「家に帰ったら三奈子さんが帰ってきていたならばどんな言葉を・・・」

・・・言葉に詰まりました。

三奈子 どんな話をするだろうね。話したいことは沢山ありすぎて…でもきっと何にも言えないと思います。今はしっかり三奈子をつかまえて離しません。そして少しずつ話ができればいいと思います。


三奈子
当たり前の生活が途切れてしまったね・・・



2013年12月もうすぐクリスマスなので三奈子にプレゼントしようとしたものを持っています。
誕生日やクリスマスになると三奈子にプレゼントを届けます(三奈子の机の上でストップしています)

もう山ほどあります。

早く帰ってきて。

三奈子 家から離れて21年が過ぎました。
あと10日でお正月です。

今年は、ABCも幸君のおじちゃんも桜田おじちゃんもみんないろいろの手術をして入院でした。

来年こそ願いが叶いますように・・・ね

母 三奈子 待っているよ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>