中村三奈子さんをさがす会のブログ
1998年4月に突然行方がわからなくなった娘(中村三奈子)は韓国に入国したまま行方がわからなくなりました。
拉致の可能性が完全に排除できない失踪者として現在探しています。
平成10年行方がわからなくなって、まったく何の情報も入ってきておりません。

どうぞ心当たりの方はお知らせください。

家を出た当時の服装(帽子とパーカー)
中村三奈子さんをさがす会のブログ 中村三奈子さんをさがす会のブログ

さがしています
中村 三奈子
なかむら みなこ
≪1979年 9月生 30才≫


中村三奈子さんをさがす会のブログ

特徴
身長は165cm。髪は長く当時は三つ編み。目が細く色白。


家を出た当時の服装
◎ 紺のパーカーに同じ紺のジーパン、青いチェックの帽子。
◎ 持ち物は白い財布のみと思われる。
◎ 高校3年生の冬の通学時には、オレンジのオーバーや紺のパーカー姿で通学。

家を出た当時の様子
1998年4月6日予備校へ行く予定の日であったが行かず、その日以来消息が解らない。

疑問に思うこと
1998年3月に本人がパスポートを申請し、4月3日に取得している。
同日、旅行社へ中村三奈子と名乗って、24、5歳のハスキーな声の女の人から韓国への往復航空券の依頼があったという。
◎ 明日でも明後日でも、できるだけ早い便の航空券が欲しい。
   →なぜそんなに急いだのか。
◎ 韓国へは行ったことがあるので、ホテルの手配は必要ない。
   →外国旅行経験は全くない。
◎ 忙しいので、航空券は出発当日に、新潟空港で受け取る。
   →外国旅行経験がないのにこんなことができるのだろうか。

4月7日新潟空港で、派手なブラウスを着た女性(三奈子さんとは思えない)が、
航空券を受け取り人を捜している様子で、キョロキョロしながら搭乗口へ向かったとのこと。
荷物は少なかったという。

2009年9月末現在、韓国からの出国記録はありません。
そこで、特定失踪者問題調査会に連絡をし、7月30日、
第4次の発表で「拉致の可能性を完全には排除できない失踪者」として発表されました。


どんな小さなことでもかまいません、
お気づきの点がございましたら情報をお寄せください。


中村三奈子さんをさがす会のブログ

【連絡先】
新潟県長岡警察署・・・・0258-38-0110
中村 三奈子さんをさがす会・・・・090-4279-4724

ホームページ
会報
チラシ(PDF)
Youtube(さがす会:動画)
メールアドレス
振替 口座番号…郵便局「中村三奈子さんをさがす会」00510-1-80532


三奈子へとどいて 待っているよ

妙高の山道で,ちょうちょがそっと三奈子の指先に止まったよね。
あなたは、とっても嬉しそうに「見て、見て」と言っていたね。
《元気でいるよね》いつかまたこんな時間を過ごそうね。

待っているよ。


$中村三奈子さんをさがす会のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

三奈子 文藝春秋の記事を見て

三奈子 先ほどに続きます。
いつもお世話になっている菅野朋子様が下記に記事を書いてくださいました。
どこかで三奈子が読んでくれていると信じます。きっと厳しい中で頑張っていると思うのでもう少し自分を大切にして頑張ってください。

「韓国行きの航空券がほしい」新潟で18歳少女が謎の失踪…不可解な足跡にちらつく“ハスキー声の女” | 未解決事件を追う | 文春オンライン (bunshun.jp)

待っているよ  三奈子へ  母より

コーヒー

三奈子 元気でいるよね

三奈子はコーヒーが好きですか?
最近おいしいコーヒーを見つけました。
三奈子が小さいときはコーヒーは飲んではいけない?…と言っていたように思います(お姉ちゃんに言われました)いつも冷蔵庫には、沸かした麦茶を用意したように思います。
三奈子はもう40歳。コーヒーくらいは飲んでいるかも知れないね。

今はコロナウイルス騒ぎで安心して出かけることができません。
4月の新潟空港でのチラシ配りも中止になりました。いろいろな行事が中止になりました。でも7月からまた山古志闘牛場でのチラシ配りを始めます。できるかな?
また、附属小学校でのお話会をさせていただくことになりましたのでもう少しで準備をします。純ちゃんの子供さんは附属小学校の5年生だよ。大きくなったよ。

先日お友達とコーヒー豆を買いに行ってきました。
朝ゆっくりできる日には、いい香りの中でコーヒーを飲んでいます。
三奈子と一緒に美味しいコーヒーを飲みたいです。
(お姉ちゃんはコーヒーが嫌いです。紅茶は大好きのよう)
三奈子 コロナウイルスにかからないように
三奈子に大好きなものを届けたい  三奈子  元気でいるのよ 母より

文春オンラインさんにてご掲載頂きました「「韓国行きの航空券がほしい」新潟で18歳少女が謎の失踪」

「韓国行きの航空券がほしい」新潟で18歳少女が謎の失踪…不可解な足跡にちらつく“ハスキー声の女”

 1998年4月6日月曜日。この日、長岡高校(新潟県)を卒業したばかりの中村三奈子さん(当時18歳)は、こつ然といなくなった。その後、韓国に入国したとされたが、その後出国した記録はなく、いまだに行方は分かっていない。そして、その足跡にはいくつもの謎が重なる――。



※本記事は、ノンフィクションライターの菅野朋子氏が「文藝春秋」2011年12月号に寄稿した「拉致疑惑 消えた少女・中村三奈子さんの謎」をもとに、新たな取材成果を加筆修正したものです。

◆ ◆ ◆

続きはこちらをご確認ください
https://bunshun.jp/articles/-/45271

Tジョイ長岡さんにて『めぐみへの誓い』上映中です

北朝鮮に拉致された横田めぐみさんを中心とした映画「めぐみへの誓い」がTジョイ長岡でも上映しております。

https://tjoy.jp/t-joy_nagaoka/cinema_schedule/C2617

他の地域での公開情報
https://www.megumi-movie.net/




【映画の内容】
13歳の時に北朝鮮に拉致された横田めぐみさんを中心に、拉致被害者とその家族の苦悩と闘いを描いたドラマ。
劇団夜想会主宰の野伏翔が演出・脚本を手がけた舞台劇「めぐみへの誓い 奪還」を、野伏監督のメガホンで映画化した。
1977年11月15日、新潟県の中学校に通う横田めぐみは、部活からの帰り道に拉致され、北朝鮮へと連れて行かれる。朝鮮語を覚えたら帰国できるという言葉を信じて必死に勉強するめぐみだったが、18歳になった時、その約束が嘘であったことを知り、絶望のあまり精神に破綻をきたしてしまう。
一方、日本に幼い子どもたちを残して拉致された22歳の田口八重子は、若い工作員キム・ヒョンヒの日本人化教育の教師となり、姉妹のように心を通わせていく。
しかしキム・ヒョンヒは、大韓航空機爆破事件の実行犯となる。
日本では、めぐみの両親とその支援者たちが必死の署名活動を続けていた。



1998年4月5日 午後9時

三奈子に届いて  三奈子 元気でいるよね
‥‥8395日‥‥長いねえ

1998年4月5日 午後9時~
23年前のこの時間  始業式の前日、三奈子は教材づくりを手伝ってくれました。
色紙で作った桜の花びらの中に、子供たちの名前を一人一人書いてくれたよね。
まだ一人一人の様子もわからず、名前と顔を思い出しながらおしゃべりをしたよね。
 11時を過ぎた頃「もう遅いから寝よう・・・ 」ということだったよね。
4月6日 翌日、出かけるとき 三奈子の部屋で 
「今日は予備校に入学金をおさめる日だよ。」
あなたは布団の中から 「うん」と返事をしたのに・・・
  昼休みに家に電話をしても誰も出ませんでした。
  夕方帰ってきても 家の中は真っ暗 いつまで待っても「ただいま」が届きません。
そして8395日が過ぎてしまいました。

三奈子 毎日毎日待っています。
周りは沢山変わってしまいましたが、我が家は何も変わりません。ただ、三奈子がいなくなってしまったことだけ大きく変わってしまいました。
〇 元気でいてくれること そして声を聞かせてください。 
  いっぱいおしゃべりがしたいです。
待っているよ 三奈子 母より



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>