中村三奈子さんをさがす会のブログ
1998年4月に突然行方がわからなくなった娘(中村三奈子)は韓国に入国したまま行方がわからなくなりました。
拉致の可能性が完全に排除できない失踪者として現在探しています。
平成10年行方がわからなくなって、まったく何の情報も入ってきておりません。

どうぞ心当たりの方はお知らせください。

家を出た当時の服装(帽子とパーカー)
中村三奈子さんをさがす会のブログ 中村三奈子さんをさがす会のブログ

さがしています
中村 三奈子
なかむら みなこ
≪1979年 9月生 30才≫


中村三奈子さんをさがす会のブログ

特徴
身長は165cm。髪は長く当時は三つ編み。目が細く色白。


家を出た当時の服装
◎ 紺のパーカーに同じ紺のジーパン、青いチェックの帽子。
◎ 持ち物は白い財布のみと思われる。
◎ 高校3年生の冬の通学時には、オレンジのオーバーや紺のパーカー姿で通学。

家を出た当時の様子
1998年4月6日予備校へ行く予定の日であったが行かず、その日以来消息が解らない。

疑問に思うこと
1998年3月に本人がパスポートを申請し、4月3日に取得している。
同日、旅行社へ中村三奈子と名乗って、24、5歳のハスキーな声の女の人から韓国への往復航空券の依頼があったという。
◎ 明日でも明後日でも、できるだけ早い便の航空券が欲しい。
   →なぜそんなに急いだのか。
◎ 韓国へは行ったことがあるので、ホテルの手配は必要ない。
   →外国旅行経験は全くない。
◎ 忙しいので、航空券は出発当日に、新潟空港で受け取る。
   →外国旅行経験がないのにこんなことができるのだろうか。

4月7日新潟空港で、派手なブラウスを着た女性(三奈子さんとは思えない)が、
航空券を受け取り人を捜している様子で、キョロキョロしながら搭乗口へ向かったとのこと。
荷物は少なかったという。

2009年9月末現在、韓国からの出国記録はありません。
そこで、特定失踪者問題調査会に連絡をし、7月30日、
第4次の発表で「拉致の可能性を完全には排除できない失踪者」として発表されました。


どんな小さなことでもかまいません、
お気づきの点がございましたら情報をお寄せください。


中村三奈子さんをさがす会のブログ

【連絡先】
新潟県長岡警察署・・・・0258-38-0110
中村 三奈子さんをさがす会・・・・090-4279-4724

ホームページ
会報
チラシ(PDF)
Youtube(さがす会:動画)
メールアドレス
振替 口座番号…郵便局「中村三奈子さんをさがす会」00510-1-80532


三奈子へとどいて 待っているよ

妙高の山道で,ちょうちょがそっと三奈子の指先に止まったよね。
あなたは、とっても嬉しそうに「見て、見て」と言っていたね。
《元気でいるよね》いつかまたこんな時間を過ごそうね。

待っているよ。


$中村三奈子さんをさがす会のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

新型コロナウイルスが流行っています。

三奈子に 届いて

三奈子 元気でいるよね。

どうしているの? いつも心配をしています。

今、世界中が大変なことになってしまいました。

新型コロナウイルスが流行っています。

三奈子のいる所ではどんな状態でしょうか。

家の周りの草花はみんな元気に自分を主張しているのに
すずらん・ボタン・ムラサキツユクサ・キクザキ二輪草・スミレ、
まだまだたくさんあります。

朝顔の種をまきました。

ようやく双葉が出始めたよ。

いつも3階の三奈子の部屋まで届きます。
今年も三奈子の部屋にグリーンカーテンができると思うよ。




マー君のおばちゃんから頂いたハナミズキの花が
「三奈ちゃんが帰って来るまでに咲くといいね。」
と言っていただいたのがもう二階まで届いています。

ピンクと白です。きれいでしょう。 


・4月の新潟飛行場での韓国へのチラシ配り中止
・5月30日の長岡高校の同窓会も中止
(同級生の皆さんがたくさんの同窓生の皆さんに三奈子のことを伝えてくださる計画でした)

三奈子になにも届けられずごめんね。


私も4月は少しばかり体調を崩して家の中。

5月3日の幸君の家に全員集合もコロナウイルスの流行で中止になってしまいました。

三奈子が生まれてからずっと続いていた会だったのに。

皆さん少しばかり年を取ったよ。

何もかも世界中がふるまわされてしまいましたね。


三奈子はどんなでしょうか。

自分の事をしっかり考え、よく食べて、体を大事に 負けるな

三奈子に届けたいのが山ほどあります。
食べてほしい物も山ほどあります。

いつでもオーケーです。

声を届けてほしいです。


今日はタケノコをいただいたのでたけのこご飯をしました。
お菓子も作りました。

三奈子の好きな紅茶も入れました。

川崎コミュニテイ―センターで三奈子の写真常設展を始めてくださったんだよ。

近所の方たちに来ていただき、少しでも三奈子の情報が聞けたらという事です。
びっくりです。

島岡センター長さんの温かい言葉を沢山いただきました。

心強かったです。

皆さん三奈子のことを忘れていません。

(写真はね、妙高で三奈子の指先にアゲハ蝶が止まっているもの・
川崎小学校の入学式・京都旅行銀閣寺の前で・長岡高校入学式で
みんな思い出したかな?)


三奈子 待っています。 

声を聞かせて   
母より

新潟日報さんにご掲載頂きました!中村三奈子さん常設展が完成

中村三奈子さん常設展が完成
長岡市のコミセンに


 北朝鮮に拉致された可能性を排除できない新潟県長岡市の特定失踪者、中村三奈子さん=失踪当時(18)=の写真の常設展が、同市の川崎コミュニティセンターに開設された。特定失踪者に関する個別の常設展は全国でも珍しい。コミセンは「何らかの手掛かりが出てきてほしい」と願っている。



 三奈子さんは1998年4月、新潟空港から韓国へ出国した記録を最後に行方が分からなくなった。三奈子さんが生まれ育った川崎地区で、昨年センター長に就任した島岡浩二さん(61)が「住民と一緒に活動を広げていきたい」と提案した。

 幼少期や高校時代の笑顔を収めたパネル4枚を、県から借り受けた。母クニさん(77)に寄り添って映る川崎小入学時の記念写真もある。展示は定期的に入れ替える。

 会場は新型コロナウイルスの感染拡大で休館し、11日の再開に合わせて始めた。12日にはクニさんが訪れ「地元から動きが始まったことが、ありがたい。良いチャンスをもらった」と感謝した。

 特定失踪者問題調査会の荒木和博代表(63)によると、拉致や特定失踪者の問題全般ではなく、個人を取り上げた常設展は珍しいという。荒木代表は「取り組みを続けていくことが新たな情報提供につながるはずだ」と期待を寄せた。

https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20200512542940.html

【ご掲載いただきました】救う会新潟などが新潟県の花角英世知事に要望書

救う会新潟などが新潟県の花角英世知事に要望書

救う会新潟(髙橋正会長)、大澤孝司さんと再会を果たす会(平岡一郎会長)、曽我さん母娘を救う会(臼木優会長)、中村三奈子さんをさがす会(金井英雄会長)の関係者が2日、新潟県の花角英世知事を訪れ、拉致問題に関する要望書を手渡した。



その要望書には、日朝首脳会談を早急に開催し全ての拉致被害者の早期帰国を実現するよう政府に働きかけて欲しいこと、県内各地で啓発活動などを行なって幅広く拉致への関心と理解が深まる取り組みを行って欲しいことなどが盛り込まれている。

救う会新潟の髙橋会長は、「コロナ問題が大変な時期で、拉致問題が風化する可能性があることから要望した。新潟県の知事は『北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会』の会長代行であり、新潟県は事務局もしているので、国に対し発言力がある」と述べた。その上で、「上越の観桜会で署名を行う予定だったが、中止せざるを得なくなった。非常に危機感を持っている。国民の関心が低下すると、北朝鮮が大したことないと捉える。また、(拉致被害者の有本恵子さんのお母さん(有本嘉代子さん)がなくなるなど家族も高齢化もしている。国に積極的な対応をしていただかなければならないことを知事に申し上げた」などと話していた。

大澤孝司さんの兄である大澤昭一さんは、特定失踪者を全国に認識してもらうために出版された書籍「『ただいま』も言えない『おかえり』も言えない」(特定失踪者家族会)などについて語っていた。

中村三奈子さんの母親である中村クニさんは、特定失踪者の問題がいかに待っている家族にとっても辛い問題であるかを語った。また、4月7日に空港で韓国に行く人たちにチラシを配布する予定だったが欠航でできなくなるなど、今後の活動への不安を語っていた。

臼木優会長は、曽我ひとみさんが帰国して以降、何一つ拉致が解決しないということで焦りがあることや、コロナ問題で署名活動がなかなかできないが、署名活動を通じて、政府を動かし、拉致問題が1日でも早く解決するよう活動していきたいことなどを話していた。

https://www.niikei.jp/33491/

【ご掲載いただきました】中村三奈子さんとの再会へ糸口求め 失踪21年 母・クニさん

中村三奈子さんとの再会へ糸口求め
失踪21年 母・クニさんが新潟空港で協力訴え



 北朝鮮に拉致された可能性を排除できない新潟県長岡市の特定失踪者、中村三奈子さん=失踪当時(18)=の母クニさん(75)が6日、新潟空港から韓国へ向かう乗客らにチラシを配り、情報提供を求めた。



 三奈子さんは1998年4月7日、新潟空港から韓国への出国記録を最後に行方が分からない。クニさんは毎年同じ時期に空港でチラシを配って手掛かりを求めている。ことしは三奈子さんの高校の同級生ら計8人が参加した。

 クニさんは、三奈子さんの特徴や経緯を韓国語で記したチラシを手渡し、「20年以上も捜している。知り合いにも広めてほしい」と呼び掛けた。

 仕事で来県していたソウル在住の男性(56)は「韓国でも同様の失踪が多数ある。帰国したら周囲にチラシを見せて協力したい」と関心を示した。

 クニさんは「三奈子の名前を口に出しただけで胸がいっぱいになる。できることは何でもやりたい」と語った。

https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190407461766.html

【ご掲載いただきました】特定失踪者 状況克明に 家族会など記録集発売 拉致被害者情報も

特定失踪者 状況克明に
家族会など記録集発売 拉致被害者情報も


 北朝鮮に拉致された可能性を排除できない「特定失踪者」の失踪状況などをまとめた記録集「『ただいま』も言えない 『おかえり』も言えない」(高木書房)が、発売された。横田めぐみさん=失踪当時(13)=ら政府が認定している拉致被害者も含めた失踪者計約300人のデータを収録している。

 特定失踪者家族会(東京)が編集し、特定失踪者問題調査会(同)が協力した。1974年に佐渡市で失踪した元県職員大沢孝司さん=同(27)=の兄で同家族会前会長の昭一さん(84)=新潟市西蒲区=は「訳の分からないまま失踪した肉親に、いまだに『おかえり』と言えない家族がたくさんいることを知ってほしい」と訴える。

 拉致被害者のほか、同調査会が公表している特定失踪者ら計295人分の顔写真や身体的特徴、失踪時の状況などを掲載。1948年から2003年まで失踪した年代順に編み、拉致事件に関連する出来事や北朝鮮の動きも載せている。

 同調査会の荒木和博代表(63)は「政府未認定の多くの失踪者について、失踪した年代や状況、職業などを一人一人たどって見ていくと、何か感じるものがあるはずだ」と語る。

 本県関係では、大沢さんや長岡市の中村三奈子さん=同(18)=ら6人の特定失踪者に加え、佐渡市の曽我ひとみさん(60)とともに拉致された母ミヨシさん=同(46)=ら拉致被害者に関する情報を収録している。

 また、めぐみさんの母早紀江さん(84)ら家族が寄せたメッセージも掲載している。

 四六判で302ページ。1500円(税別)。全国の書店で販売されるほか、インターネット通販サイト「アマゾン」でも購入できる。問い合わせは同調査会、03(5684)5058。




「ただいま」も言えない「おかえり」も言えない (日本語) 単行本 – 2020/3/28
特定失踪者家族会 (著), 特定失踪者問題調査会 (編集)

https://amzn.to/3bFeUoG
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>