こんな話、普段は

なかなかできないです。

 

 

参加者の方が

ぽろりといった一言に

このお茶会の意味を

改めて感じました。

 

 

image

 

今日もご訪問ありがとうございます。

 

晴れの国で輝く美女を

増産中♡

菱田紗絵子です。

 

 

昨日の午後は

新しい販売店さん主催の

温布お茶会でした♡

 

幸子さん、ありがとうございます♡


 

↑幸子さんのblogはこちら↑

 

 

昨日のお茶会は全部で5名。

いや、6名♡

 

ひとり赤ちゃんを連れてきて

下さった方がいて。

 

ほんとーーーーーに!

癒されました!!照れ

 

 

この方は、幸子さん経由での

お申込みだったのですが

私も数年前に一度だけ

お会いしたことがあって。

 

 

勝手にとっても

嬉しくなりました♡

 

 

そしてね。

昨日は会場に行くと

顔見知りの方が・・・

 

あれ?

偶然こんなところでー!

 

と思った直後。

 

 

・・・あれれ。

 

 

違うな。

 

びっくりびっくりびっくり

 

今日のお茶会に

お申込みいただいていた

〇〇さんって

この方だったわーーー!!

 

 

と、気づく私w

 

 

 

フルネームを

知らなかったこともあって

(言い訳w)

事前のやり取りでは

全然気づいていませんでしたゲッソリ

 

 

 

そういえば

私のブログを

読んでくださっているって

言ってもらってたんだったー!

 

 

ほんとだったんだー!

(失礼w)

 

うれしいー!!

 

みたいな、

サプライズもありつつ。

 

image

 

そしてそして

先日おけいこ.comに

ご加入いただいた先生も

来てくださったり。

 

 

私にとっては顔見知りだけれども

まだしっかりお話したことが

ないご参加者のみなさんでした。

 

 

 

お茶会初開催の

幸子さんでしたが・・・。

 

 

なにせ、雰囲気が

とっても柔らかくて♡

 

全員がママだったこともあり

「子育てをしながら

自分を大切にするって

どういうことか」

 

といった話、

 

「子どもを本当の意味で

『信じる』とは

どういうことか」

 

といった話、

 

 

そして貴重で具体的な

経験談などなど

 

初対面ながら

とても深い話ができました♡

 

 

お茶会を振り返りながら

「なぜ」初対面なのに

こんな話ができたか、

考えてみると。

 

 

やっぱりね、

ファシリテーターである

幸子さんの

自己開示能力の高さ

あるな、と思いました。

 

 

いい意味で「飾らない」

彼女だからこそ、

本音を話せるというか。

 

 

そして昨日の参加者の方も

「私も〇〇なんですよ」とか。

 

「こんな病気を経験しました」とか。

 

 

そんな話を笑顔で

してくださるんですよね。

 

肩書きに関係なく

一人の女性として

語り合える、

 

初対面から深い話ができる。

 

 

そんなとーっても

素敵な空間をみなさんで

作ってくださって

本当にありがとうございます♡

 

 

 

このお茶会は

「温布」という商品に

興味を持ってきてくださる方の

集まりではありますが。

 

 

温布は、言ってしまえば

「自分を大切にする」ための

ひとつのツール

過ぎないんです。

 

 

ひとつの、

でもとても効果的な

アプローチ方法、です♡

 

 

IMG_20170326_002251750.jpg

 

この商品をきっかけにして

「自分を大切にする」習慣を

手に入れる女性が

もっともっと増えたらいいな。

 

 

そう思います。

 

 

そして、ご自身で

試行錯誤しながら

「自分を大切にする」に

挑戦され続けている

幸子さんだからこそ、

 

 

これからも、きっと

参加者に寄り添った

温かいお茶会になる

だろうなー♡

 

 

そう感じました♡

 

 

そしてね、

お茶会もとーっても楽しくて

あっという間だったのですが。

 

 

お茶会終了後に

私にとって

最高に嬉しい瞬間が

訪れました。

 

 

それが・・・

 

今日頂いた参加費と

温布の売上金を

幸子さんにお渡しした

瞬間でした札束キラキラ

 

 

これまで

お金を扱うときって

基本的に

 

「提供するモノや

サービスに対して頂く」

 

もしくは

 

「提供されたモノや

サービスに対して払う」

 

 

のどちらかでした。

 

 

今回は、言うなれば

 

「いただいた豊かさをシェアする」

 

 

という感覚おねがいキラキラ

 

 

それがとーーっても

幸せだったんです!!

 

 

あーーー、

私がずーっと

やりたかったことが

できたー!!

 

って思えた瞬間でしたおねがい

 

 

これまでもね、

起業する女性をサポートしたり

 

いいな!と思ったものは

ブログやリアルでシェアして

「間接的に売上をサポート」

した経験はたくさんあります。

 

 

手伝ってもらって

その対価としてお金を

お支払いしたこともあります。

 

 

この間は

「こんな仕事をしてみたい!」

という子に

 

「あ、じゃあこのお店はどう?

知り合いに聞いてみるね!」

 

とつないで

実際に採用になったり♡

 

(↑もちろんこれは

「私のおかげ」よりも

彼女の実力ですよ!)

 

そういうの、すごく

嬉しいんですよね。

 

 

でも、こうして

一緒に企画して

私が主役じゃなくて

サポートにまわって

 

 

そして喜ばれる様子を

私も直接見て、

受け取ったお金を

渡すことができる♡

 

 

それがこんなに!

嬉しいものだなんて・・・♡

 

・・・感動でしたおねがい

 

 

 

おそらく、こういうことが

おけいこ.comでも

どんどん!出来ていく

予感・・・♡

 

 

私、一人勝ちのビジネスには

興味がないんです。

 

 

一人が圧倒的に

豊かになるよりも

 

みんなでそれを

分け合いたい。

 

 

そう思っています。

 

 

これまでぼんやりとしか

描いていなかった未来が

ここへ来てようやく

はっきりとした輪郭を

持ち始めています。

 

 

どうやってたどり着くか

わからないような場所も

 

「行ってみたい!」と

思って考え続けていれば

道が見えてくるもの

なんですね。

 

 

おけいこを一緒に支えてくれる

仲間もできました。

 

 

なあなあじゃない

きちんとビジネス脳をもった

行動し続ける人です。

 

 

仲間というか、

 

・・・「同志」って本当に

素晴らしいですねおねがい

 

 

 

周りへの感謝の気持ちを

しっかりと持って。

 

 

これからも進んでいきたいです♡

 

幸子さん、初めてのお茶会開催

おめでとうございました♡

 

 

初めてって、

一生忘れられない経験に

なりますよね♡

 

 

そこに立ち会わせて

いただいて、ありがとう。

 

 

早速次の企画も決まったことだし

(本当に仕事早い)

楽しんでいきましょう-!

 

image

 

今回はご予定があわなかった方も

大丈夫です♡

 

これからも定期開催していく予定です!

 

 

私のブログでも都度

ご案内していきますね!

 

 

それでは、また♡

 

 

 

 

 

昨日のブログを朝、書き終えて。

 

ヨガをしていたら、

携帯が「ピコン!」と

なりました。

 

 

この音ってなんだっけ?

 

 

と思いつつ、

ヨガを終えて携帯を見ると。

 

 

 

「ブログにコメントがつきました」

 

 

の文言。

 

 

見ると。

 

 

なんと・・・・

 

 

image

 

 

どひゃーーー!ポーンポーンポーン

 

 

CHIGUSAさん!!

 

 

そうです。

 

そうです。

 

 

みなさん!!

 

 

image

 

私がハマりすぎて

すでに周りの人が

数十名購入した!

 

CITTA手帳の生みの親!

 

青木千草先生ですよー爆  笑キラキラ

 

 

朝から嬉しすぎて

テンションが

上がりすぎました。

 

 

CITTA手帳は

使えば使い込むほどに

その良さがわかる手帳ですが。

 

 

個人的にはまだまだ

50%くらいしか

使いこなせていないので。

 

(そのくらい、これ凄いです)

 

 

もっともっと!

 

極めたいと思っています。

 

 

青木千草先生♡

コメント、本当に

ありがとうございました!!!

 

 

image

 

改めまして、

今日もご訪問

ありがとうございます!

 

 

晴れの国で太陽みたいに

輝く美女を増やしています♡

 

 

image

 

菱田紗絵子です♡

 

 

昨日はですね、

東京で芸能関係のお仕事を

長らくされていた方と

ご一緒させていただきました。

 

 

その彼の「プロ意識」に

かなり学ばせていただき。

 

また、興味深い話も

たくさん!聞かせて

いただきました。

 

(ここではとても書けないw)

 

 

とにかく日夜

「選ばれる」人について

考えている私なので

 

 

芸能界で選ばれた人たち

つまり「売れている

人たちの裏側ってね、

すごく気になるのです。

 

 

私がしているお仕事も

しかりですが、

 

とくに、

 

フリーランスで

やっていく

 

=「自分を売る

 

 

ということだから。

 

(もちろんコンテンツ

ありきではあるのだけど)

 

 

これってね、

いわゆる「起業女子界」にも

すごく相通ずる話だと

思うのですよね。

 

 

 

今日は、その方が教えてくれた

 

 

「売れている

芸能人全員が、

必ずしていること」

 

 

を、あなたにも

シェアしたいと思います。

 

 

なんだと思いますか?

 

 

それはね・・・・

 

 

それは・・・・

 

 

努力」だそうですキラキラ

 

 

え、何?

 

 

「当たり前すぎて

つまんない?」

 

 

いやいやいやいや。

 

 

これってすごくすごく

大切なポイントですよ。

 

 

いいですか。

 

 

売れている人は

 

正確には、

「売れ続ける人」は

 

もれなく

必ず

 

努力しています。

 

 

ということは、

売れるためには

「努力」が絶対条件だと

いうことがわかりましたね?

 

 

 

そういうことです。

 

 

え、まだよくわかんない?

 

 

じゃあ、もう少し

大事なことを言いますね。

 

 

ここでもうひとつ

考えるべきポイントは

 

 

「売れる人は必ず

努力している。

 

 

ただし。

 

 

努力すれば

必ず

売れるわけ

ではない。

 

 

ということです。

 

 

 

これも、当たり前の

ことですよね。

 

 

たとえば芸人さんでね。

 

面白くない人は

どれだけがんばっても

売れないわけです。

 

 

それって

当たり前田のクラッカーでしょ!?

 

 

なのにね、みんな

芸人さんとか他人のことなら

わかるのに。

 

 

自分のことになると

とたんに冷静に

判断できなくなるの。

 

 

この話はね、

起業女子だけじゃないよ。

 

婚活中の女性にも

 

就活中の女性にも

 

もちろん男性でも

 

「選ばたい」人は

みんなに役に立つ話だと

思います。

 

 

では、もう少し深堀りしますね。

 

 

 

売れるためには

「努力」が絶対条件である。

 

ただし、

努力したからと言って

絶対に売れるわけではない。

 

 

 

ここまでは、良いですよね?

 

 

 

はい、そうなると

選ぶ選択肢は3つです。

 

 

①それでもがむしゃらに努力する

 

 

だって「好き」なんだもん!

みたいな感じですね。

 

 

どうしようもなく「好き」だから

選ばれなくてもいい。

 

努力が報われなくてもいい。

 

 

可能性にかける!

みたいな感じです。

 

 

客観的に見れば、

このケースは望み薄。

 

でも、諦めなければ

夢は叶う!かもしれませんよね♡

 

 

はい、次♡

 

 

②もういいや、とあきらめる

 

 

 

どーせがんばっても

選ばれないなら

いいや、とあきらめてしまう

パターン。

 

これはもったいないなーと

個人的には思います。

 

 

私のおすすめは断然次!

 

 

➂勝てる土俵で努力する

 

 

これですこれです♡

 

絶対これが

楽しいし、自然なのです。

 

 

これができるためには

「私ってどんな人なのか」を

きちんと自己分析する

必要があるのですね。

 

 

そして、

「自分が他人から

どのように見られるか」

 

ということも、

客観的に分析する

必要があります。

 

 

これができてこそ、

 

「では、私は何を

努力すべきなのか?」

 

という力の注ぎどころが

明確になって、

次のステップに

行けるんですよね。

 

 

 

素材の持ち味を確認して、

調理方法を見極める。

 

 

 

そう、これってたぶん

「タレント」を売り出すときに

芸能事務所がしていることです。

 

 

芸能人であれば

他人の手を借りながら

プロデュースしていけるので

より早く結果がでます。

 

 

自分らしいフィールドを

みつけて

 

見る見るうちにきれいになる

女優さん、たくさん

いますよね。

 

まさに、水を得た魚♡

 

 

でもね、私たち

一般人は基本的に

それを「自分で」する

必要があるのです。

 

 

でも、多くの人が苦手とする

ところです。

 

 

そんなこと、

教えてもらわないもんね。

 

image

 

「それ」を学ぶのが

おモテなし美人塾だと

私は思っています。

 

 

私が「正解」を

持っているわけじゃなくて。

 

 

自分と向き合いながら

自分で見つけていく。

 

 

それが、「より」選ばれる女性に

なるために必要なことです。

 

 

そしてそこに私だったり

他の塾生のアドバイスが

あったりするから

 

「内観」を深めると同時に

「客観視」もできる。

 

 

これが、少人数で

開催するメリットであり

ポイントです。

 

 

ただいま開催中の第4期は

7月で卒業。

 

 

第5期は、10月開講を

予定しています♡

 

 

おモテなし美人塾ってどんなことを

するの?

 

 

気になる方はこちらから

ご確認ください♡

 

※受付開始!となっていますが

現在は受け付けておりません。

 

 

先行案内をご希望の方は

こちらのお問合せフォームより

ご連絡ください♡

 

 

image

 

売れるためには

「努力」が必要。

 

 

どうせなら、

 

正しい努力を

楽しくしませんか?

 

 

売れたい方、お待ちしています♡

 

 

それでは、また!

 

 

ずーっと身につけたかった

習慣が、ここへきて

ようやく!

身についてきました♡

 

 

それは・・・・

 

 

 

image

 

そう、ヨガです。

 

 

毎日ヨガをしたい、

という想いは

ずっとあったのだけど。

 

 

なかなか

毎日しっかり時間をとる

 

ということができずにいましたが。

 

 

今は15分~30分

しっかりと時間をとって

することができています♡

 

 

image

 

 

今日もご訪問いただき

ありがとうございます♡

 

菱田紗絵子です!

 

 

 

「毎日ヨガ」は手帳の会でも

ずーっと言っていた、

取り入れたい習慣でした。

 

 

でも、なかなか

スムーズにはいきませんでした。

 

 

今日は、取り入れたい

習慣があるけど

なかなかできない・・・

 

というあなたの役に

たつかもしれない、

 

 

私の実例をご紹介したいと

思います♡

 

 

 

 

「毎朝ヨガをしたい。

できれば30分くらいしっかり

やりたい。」

 

 

これが、私の取り入れたい

習慣でした。

 

 

 

今年に入って、まずは

「ヨガマットの上に立てればOK!」

 

という低いハードルから

はじめた私。

 

 

これはなんとなくすぐ

クリアできたので。

 

 

次に、朝起きて自然な流れで

できるように

 

「夜ヨガマットを敷いて寝る」

という行動目標を立てました。

 

これはできたりできなかったり。

 

 

それから、

朝早起きすれば

ヨガができる!!

 

 

というご褒美にしよう!と

朝4時起きを

始めたばかりの頃は

 

起きてすぐヨガを

してみました。

 

 

そしたらそれが

気持ちよすぎて

気が付いたら小1時間していてw

 

 

「お仕事」を圧迫しだしたので

朝1時間はムリだ、と

きがついて。

 

 

まー試行錯誤しながら

今のスタイルに落ち着きました。

 

 

で、なぜこうして

自分の望む習慣を

きちんと取り入れられるように

なったかというと・・・。

 

 

image

 

これのおかげなのです♡

 

 

講座をさせていただくことになって。

 

 

「時間の使い方」を

意識することが

さらに楽しくなってきて。

 

 

改めて、本だとか

講座だとかそういったものから

もっと学ぼう!

としているのですが。

 

 

 

でも、やっぱり

「自分が実践してこそ」だな、と

思ったのです。

 

時間の使い方について

机上の空論は語れないな、と。

 

 

それでね。

 

 

自分の講座でやろうと

思っているワークを

改めて自分でやってみました(笑)

 

 

そしたら・・・

 

 

決めたその日から、

一日も休むことなく

続いているんですよね。

 

 

 

というわけで、

そのワークを今日は

ブログに書いちゃいます♡

 

 

(夏休みの講座では

時間をとってやろうかなと

思っていますが

 

保育園の講座では

できないと思うので)

 

 

それでは、よければ

手帳、もしくはノートを

ご用意ください♡

 

 

 

 

では、いきますね。

 

 

 

まず、

 

①あなたが「毎日」

行いたい習慣を

書いてください。

 

 

次に

 

②なぜ、するのか

 

その理由を書いてください。

 

納得できる理由が書けたら(ここ大事)

 

➂いつするのか、どのくらいするのか

 

それを決めて、書いて下さい。

 

 

 

はい!これだけ♡

 

 

これね、たくさん書く必要

ありません。

 

 

実際に私が書いたのはこちら↓↓

 

image

 

こんな感じで

ちゃらちゃらっと書いただけです。

 

 

でもね、この

「書く」ということが

とっても大事!大事です。

 

 

ヨガを習慣にしたい人、

している人は

多いと思います。

 

 

でも、「なぜ、するのか?」

 

その理由は人それぞれ違うはずです。

 

もちろん私にも

他にもいろいろな理由が

ありますが

 

 

 

でも、シンプルに浮かんだのは

 

「身体と心を整えるため」

 

という答えでした。

 

 

そして、それを書いてみると。

 

 

今日一日

一緒に過ごす自分の

身体と心を整えるために

 

朝30分の時間をとることは

とても必要なことだって

思えたんですね。

 

 

だから、きちんと習慣にしよう。

 

そう、思いました。

 

 

(目標設定にも

コツがあるので、

 

マンツーマンの手帳レッスンでは

この目標設定から一緒に

やっていきます♡

 

お楽しみにー!)

 

 

1日は24時間だから。

 

自分にとって

価値あることに

時間を使いましょうね!

 

 

はじめて10日ほどたって。

 

ヨガのレッスンに行くと

やっぱりそれまでと

全然身体の動きが違ってね。

 

 

嬉しくなって、母に

報告したんですよね。

(ヨガの先生=母です。)

 

 

そしたら、

「それはとても良いことだね」

 

と言ってくれたので、

気になっていたことを

相談してみました。

 

 

「でもね、30分とかだと

いろいろなことができないのよ。

 

ねどこのムドラー

(という名前の基本のアーサナ)で

終わってしまう、毎日。

 

いいのかな?」

 

 

 

そう聞くと母は、

「それで良いのよ。

 

同じことを毎日続けたらいいの。

 

 

『薫習』っていう言葉があるんだけど。

 

毎日続けることで

身体が覚えていって

響く場所も変化して

 

より深いところで感じられるように

なるから。」

 

 

そう、教えてくれました。

 

 

なるほどー♡

 

ねどこのムドラーってね

ものすごく地味なんです。

 

 

最初にやったときは

「へ、これがなんなの?」

 

みたいなw

 

 

でもね、今は少しだけわかる。

 

あの頃の私の身体は

ガッチガチだった。

 

 

続けていくことで

少しずつ緩んできて

ほぐれてきて

 

今は毎朝30分

「気持ちいいーーーー♡」

 

 

って思いながら、

それができているんですよね。

 

 

身体も

性格も

 

急にはかわらない。

 

癖や習慣をひとつずつ

意識しながら変えていって

それぞれを無意識レベルに

落とし込めるようになっていって

 

 

あぁ変化したなって

感じられるものなのだと

思います。

 

それにしても「薫習」って

良い言葉だなぁ♡

 

 

またお気に入りの言葉が

増えました♡

 

 

私にとって、

自分の本当にしたいことが

できる朝時間は

とっても幸せな時間です。

 

(ブログもこの時間に書いてます。)

 

 

この日々の積み重ねが

未来の私を作っていくのだな。

 

そう思います♡

 

 

私のように4時起きするかは

別として(笑)

 

朝に自分時間をきちんととる。

 

 

おすすめですよー♡

 

 

取り入れたい習慣のある方は、

良かったらワーク、やってみて

くださいね!

 

 

さぁ、今日もマイクをもたせて

いただきますよー♪

 

image

 

 

それでは、また♡