とんでもない暑さが続いたかと思えば、今週は雨模様が続き…

サバイバルでもしているのかというような気候が続きますが、皆様お元気でしょうか。

 

 

再来週の土曜日、新宿御苑間近のピアノ店、輸入ピアノ.comさんにてサロンコンサートに出演します。

 

 

 

ピアノ店での演奏ということも活かして、2種のスタインウェイを演奏します。

 

シューマンの森の情景をドイツ、ハンブルクのスタインウェイで。

ラフマニノフのピアノソナタ第2番をラフマニノフが亡命したアメリカ、ニューヨークのスタインウェイで。

 

同じスタインウェイでも全く違う響きの二種、なかなか二台をひと舞台で聞けることは少ないですし、私自身にとっても貴重な会です。

 

残席まだまだございますので、お誘い合わせの上お越しいただけましたら幸いです。

リハーサルを無料公開しますので、遠方の方はそちらも是非!

 

いつの間にやら春になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は例年通り花粉と気候の変化にやられております。まあ、もう慣れっこです笑。

 

この時期はプロ野球のオープン戦が始まるなど、私にとっての楽しみも増えてくる時期ではありますが…

コロナの影響もまだまだ拭えない中、ロシアのウクライナ侵攻…、おまけに先日は大きな地震もありましたね。これ以上ネガティブな事柄が重なることは中々ないのではないのでしょうか。

自分ではどうしようもないことばかりですが、せめて手の届く範囲は明るくできるよう、ポジティブに取り組んでいきたいものです。演奏することはどうしても厳しさ、苦しさを伴いますが、音楽自体の素晴らしさには常に救われる毎日です。

 

 

さて、私の演奏会情報ですが…4/11にライブ&配信(有料)の演奏会に出演します。チケット情報なども以下のページに記載されているので是非ご覧ください。

私のいつもの演奏会とは趣向の違う会となりそうで、ワクワクしております。

 

 

企画の初回、そして私も配信を含む演奏会は初めて…

MCさんとのトークがどうなるかはとても心配ですが笑、いつも通り誠実に演奏します。

(プログラムは、ベートーヴェン:ソナタ5番、シューマン:幻想曲より1楽章、ブラームス:幻想曲集116より抜粋、など曲目は普段の私らしいものが並んでいます。)

 

 

また、日にちが決まっている演奏会を以下にまとめます。チラシ含め、詳細な情報につきましては近くなったら一つ一つ告知させていただきます。

 

7/23(土曜日) 夜公演 ※予定

サロンコンサート@輸入ピアノドットコム(新宿)

 シューマン :森の情景

 ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番(1913年版)

 

9/19(月祝)

室内楽演奏会(日本モーツァルト愛好会例会)

 モーツァルトの作品を中心に

 

10/29(土)

第九演奏会(佐賀)with 大坪健人

 モーツァルト:二台ピアノのためのソナタ(予定)

 ベートーヴェン/リスト:交響曲第9番

 

12/21(水)

ソロリサイタル@五反田文化センター 夜公演

 ベートーヴェン:幻想曲 作品77

 ベートーヴェン:ピアノソナタ第30番 作品109

 シューマン:森の情景 作品

 ブラームス:ヘンデルの主題に寄る変奏曲とフーガ 作品24

 

 

 

 

今後はメルマガのようなもので告知していくことも考えておりますので、形になりましたらそのご案内も…ネットに疎い私が出来るかどうかわかりませんが、新しいことにも取り組んでいきます。

 

心身ともに、皆様どうぞご自愛くださいませ。

 

 

 

 

ご無沙汰となってしまいました…。

 

いつの間にか11月も後半、めっきり寒くなってきましたね。

楽器の鳴りは良くなってきて気分は良いのですが、乾燥は喉には悪いですね。マスクは感染防止にも良いですが、喉の乾燥にも良誘そうなので、室内でも呼吸が苦しくならない限りマスクをしてしまおうかな。といって練習してると息苦しくて結局外してしまいますが。

 

音楽とは全く関係ない話となりますが、長年のヤクルトファンである僕にとって感慨深い数日を過ごしています。

ここ数年、というか90年代黄金期が終わって以降、随分戦い方が雑になってしまったと感じていたのですが、見違えるような粘り強さ。嬉しい限りです。

ちょっと高校野球的かもしれませんが、団結力と一所懸命さはやはり空気を変えるのかな。最近の勝てる気がしなかった数年と違い、ミスを補い、小さなチャンスをモノにする、勝つべき時に勝つ力があると素人ながらに思います。

 

あのグラウンドに立つプレッシャーはいかほどだろう。演奏家としては少しそんなことも考えてしまう。

接戦を楽しませてくれる両軍に感謝、晴れ舞台に向け僕も焦らず頑張ろう。

 

 

 

佐賀、東京両公演無事終演しました。

 

今はとんでもない雨が日本中(佐賀大丈夫かな…)で降っていますが、先週まではものすごい暑さの中の公演となりました。

マスクも暑さでかなり辛かったと思いますが…感染対策にご協力いただきありがとうございました。

 

 

やはり生の演奏会はいいですね、空間全体が音楽になっていく感じというか…全ての精神が集約する感覚がありました。

演奏者の集中力の問われるプログラムは聴衆にもそれ相応の集中力を求めるので、負担になりすぎやしないかと不安もありましたが、むしろお客様の集中力にこちらが助けられる瞬間も多かったように思います。

そして両公演とも素晴らしいピアノと調律師様に助けられました。

 

 

ひとまず、やり遂げたことに充実感と、何より感謝を。

また反省を活かして次に向かって…自主企画は本当にしんどいけれどやっていかねばな。。。

 

じめじめとした日々が続くなか、今日は強烈な晴れになりましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。


あまりにどんよりとしていて、しかもたまに雷が鳴り響く毎日、陽射しを求める気持ちが日に日に強くなっていましたが……

なにもここまでぎらつくような陽射しは求めてないのです。熱い。

何事も適度が1番、といっても適度な晴れが続いたらそれはそれで文句を言いたくなるんだろうけど笑



ちょうどいい、というのは中々に難しい。

今取り組んでいる曲たちはAllegrettoの曲が多いが、速度表記というより、「ちょうど良さ」を求められている気がしてならない。力まず、それでも気が抜けた音楽ではなく…。

言うも難し、行うも難し。高みに向かって頑張っていきます。


※この前の記事で宣伝した演奏会、特に東京公演はまだまだ席に余裕がありますので、ご都合よろしければ是非お越しくださいませ。