坂口涼太郎 オフィシャルブログ powered by Ameba

坂口涼太郎 オフィシャルブログ powered by Ameba

坂口涼太郎 オフィシャルブログ powered by Ameba










映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」が昨日から公開されています。



元々オリジナルの韓国版が大好きだったので、出演が決まったときはとても嬉しかったです。


しかも、監督は敬愛する大根仁さん。


大根監督の抜群のセンスでリメイクされ、観ると最高の気持ちになれる素晴らしい日本映画です。



僕は主人公奈美(広瀬すずちゃん)の兄・慎二を演じました。


すずちゃんとは映画「ちはやふる」以来二度目の共演で、この間はライバルでしたが、今回はまさかの家族。


しかも、母はキムラ緑子さん、父は橋本じゅんさん、祖母は三田和代さんという演劇好きにはたまらない、夢のような家族。


昔から皆さんが出演されている舞台を何作も観ている僕としては、並々ならぬ覚悟が必要で、撮影する日は武者震いしました。


もしかしたら、今まで経験した撮影の中で一番緊張したかもしれない。


それぐらい思い入れの強い現場でした。



僕ら阿部家は阪神淡路大震災がきっかけで、兵庫県の淡路島から引っ越してきた一家です。


家の細部までこだわり抜いた美術は素晴らしくて、1995年当時の懐かしい品で溢れていました。



僕の演じた慎二はアニメオタクで引きこもりの青年。


役作りとして撮影前にアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を全作品見返したのですが、こんなに楽しい役作りはないと思うほど、純粋にエヴァに心酔していました。



カルチャー的なことが盛り上がっていた一方で、1995年は阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件、ハルマゲドン、ノストラダムスの大予言などがあり、"引きこもり''という言葉もこの時期から使われるようになりました。


僕は当時5歳でしたが、あの頃のカオティックな雰囲気は鮮明に覚えています。


不安なことやショッキングな出来事がたくさん起こり、慎二のように現実を受け入れられず、心が弱っていた人は少なくなかったと思います。


なので、慎二という役を通して1995年という混沌とした時代を少しでも表現できたらいいなと思い、演じました。


当時しんどい思いをした方がこの映画を観て、笑ってくだされば幸いです。



僕は先ほど満席の劇場でこの映画を鑑賞してきました。(最後のひと席だった!)


鑑賞するのは二度目だけれど、ぼろぼろ泣きました。


劇場内では笑いが起きたり、涙を拭う音がしたり、スクリーンに向かってツッコミを入れる人がいたり、子供が親に質問したり、韓国の方々が観に来ていたりして、映画と同時に劇場内から感じ取れるものがたくさんありました。


これこそ映画館で観る醍醐味だと思います。


是非、劇場でたくさんの方とご一緒にご覧いただき、サニーな気分になってください!







最近とても眠い。

何をしていてもまどろみの中にいるようで、まるで吉本ばななさんの小説「白河夜船」の主人公みたいに一日中眠ってしまう。

白河夜船の主人公は恋人からの連絡にだけぱきっと目を覚ます。

僕はマネージャーからの連絡で飛び起きる。

そこが違うぐらい。


目が覚めて本を読んでも、先行きが気になるのに睡魔が襲ってきて、
「ああ、不可抗力、、」と思いながら睡魔に屈し、その後目覚めてリベンジしても数ページ読み進めると本の隙間から、
なんか眠くなーい?寝なーい?」と涅槃像のような体勢で話しかけてくる睡魔に逆らえず、
「くそう、、」と歯を食いしばりながら眠りにつく、という堂々巡り。


気づけば一日の大半をデカいはんぺんのような白いベッドの上で過ごしていて、そして今はブログを書いている。


ベランダからは「ゲッゲッゲッゲッゲー!」というカエルなのか鳥なのか虫なのかわからない鳴き声が聞こえてきて、怖い。

あまりにも正体不明の声すぎて、ちょっと見に行けない。

「もし、おじさんとかだったらどうしよう」

という、予想外すぎる展開を想像して余計に怖くなり、その場合ちょっと立ち直れそうにないので、やっぱり見に行かないでおこう、と心に蓋をする。


睡魔と格闘しながらとはいえ、川上未映子さんの「ウィステリアと三人の女たち」三島由紀夫さんの「命売ります」又吉直樹さんの「劇場」などを読んだ。


そして、特に心を鷲掴みにされたのは川上未映子さんのエッセイ「きみは赤ちゃん」


読み始めて2ページ目でぼろ泣く、という衝撃。

その後はドラマの現場で訝しげな目で見られるほど声を出して笑い、電車の中で乗客に心配されるほど泣き、読み終えたときは件のはんぺんの上で本を抱えたまましばらく動けずにいた。


当たり前のことだけど、今この世界に存在している人間には皆、女性から産まれてきたのだ。


繁華街の雑踏の中に身を置いたとき、
「ここにいる人全員が女性から産まれてきたのだ」と思うと果てしない気持ちになる。

まるで「宇宙」について考えているときと同じような感覚。

そんな当然のことに改めて感動した。


そして、女性の身体について知らないことが多すぎた。

妊娠してからの身体の変化、精神的なこと、どんな風に出産や育児と向き合っているのか。

知識として知っているつもりだったし、女性の気持ちを想像して接しているつもりだったけど、実際は未知なことが多すぎて驚いたし、反省した。


同じ人間だけれど、男性と女性はほとんど違う生き物だと思って慎重に関わるべきだと思う。

どれだけ思いやっても、本当の実感は絶対に理解し合えないし、理解したつもりになってはいけないと思う。

身体の構造が違うということは、根本的な感じ方が違う。

それはトランスジェンダーやトランスセクシュアルの方々に対しても同様で、「違い」をちゃんと認識した上で、同じ人間としてお互いを思いやり、尊重し、敬意を込めて接することで、ようやく対等に関わる権利や資格みたいなものを得ることができるのではないか。


川上さんは出産や育児の記録をこと細かく、ユーモアを交えて正直に、真摯に綴ってくださっている。

いま生きていること、生きている人達について幸せな気持ちにさせてくださった。


いま僕は大切に思う人達にこの本を配布したい勢いです。

そして、世の中の男性全員に「きみは赤ちゃん」を読んでいただきたい。

僕は、男性は全員フェミニストでいいんじゃないかと思っている。

そのぐらいの感覚でやっと「平等な関係」に近づくのではないかと思う。

僕らが絶対に理解し得ない、子どもを産むことについて、少しでも知っておくべきだと思うし、純粋にこの本を女性以外の性の方に読んでみてほしいと思います。

本当にやばいですから。

産みの親ではないとか、血が繋がっている、いないとか、そういうことではなく、世の中のお母さん達への見方が変わると思う。

ほぼ神やもん。


さて、仕事の話しを。

毎週日曜よる10時30分から日本テレビにて放送の日曜ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」に出演します。


僕は今週の日曜日、7月22日放送の第二話から登場する島津という役を演じます。


島津がどんな役なのか、物語とどう絡んでいくのか、是非ご覧いただければと思います。


一千億円を賭けたサバイバルゲームの行方をどうか見届けていただきたい。


よろしくお願いします!


ゼロ 一獲千金ゲーム」の現場については第二話が放送してからじっくり綴ろうと思います。


お楽しみに!








木ノ下歌舞伎 舞踊公演「三番叟

先日千穐楽を迎えました。

今回も2年前の「勧進帳」に引き続き、信州・まつもと大歌舞伎に参加させていただきました。


松本に訪れるのは四度目で、2016年から毎年この地で作品を上演する機会に恵まれています。

四度目ともなると、まるで家から二駅ほど離れた街へふらっと出かけてきたような、そんな身近さを感じました。

ここへ来るたびに新しいことを発見でき、俳優として成長させてもらえるので、松本は僕にとって特別な場所です。


能の「」をもとにした「三番叟」には千歳三番叟の三柱の神が登場します。

僕はを演じました。

現代においての祝福、寿ぐとは何なのかを探しながら創作していき、最終的には舞踊作品というカテゴリーに収まりきらない異次元の祝祭のような作品が完成しました。

踊り続けることによって肉体を限界に到達させると精神が興奮状態になり、最後は自分の気持ちをコントロールできなくなるほどでした。

スリリングで貴重な体験をさせていただきました。


千穐楽はなんと会場から手拍子が起こり、まんまとそれに乗せられて、気持ちが高揚し、自分で踊りながら驚くほどの力を発揮できました。

あのカーテンコールの喝采は忘れられません。

まさかこんな経験ができるだなんて。

今までの人生が全て報われた気がしました。

お客様の人生を肯定していたはずが、自分の存在を肯定されているようで、ああ、生きていていいんだ、と思えました。

本当に素晴らしいひとときでした。


コクーン歌舞伎の「切られの与三」に出演されている歌舞伎俳優の方々をはじめ、出演者、スタッフの皆さんも観に来てくださり、とても嬉しかったです。



十七歳のときにダンス公演で初舞台を経験してから十年。

今回十年ぶりに踊りと真正面から向き合う機会をいただき、改めて踊ることの喜び、難しさ、怖さや開放感を感じることができました。

久しぶりに踊りと向き合ってみて思ったことは、踊ることとお芝居をすることは全く同じだということでした。

台詞という自分の言葉ではないものを、いかに自分の心から湧き出る真実の言葉にできるかどうかという作業と同じで、踊りは振付という指示を体に叩き込んで、いかに自分の身体から自然と湧き出てくるようにするかという作業でした。

言葉を発するより身体はもっと正直で、まるで振付という異物を体内に取り込み、拒否反応を示しながらも細胞たちが格闘し、分解して、やがて自分の肉体の新たな一部にしてしまうような感覚でした。

北尾亘さんの振付は全てに意味があり、まさにひとつの戯曲のようでした。

亘さんから与えられた筋書きをどう読み解くかを考えるのはとても面白い作業でした。

だから、今回の「三番叟」は僕にとって身体の動き一つ一つが言葉であり、思いであり、意思でした。

全てがそのまま伝わるわけではないですが、きっと感覚的に共鳴するはずだと信じているので、もっと身体を通して雄大で豊かな表現ができるように、技術と心を磨きたいと思います。


同時上演の「道成」を創作された素晴らしい踊り手のきたまりさんと「三番叟」の神々

この座組みの一員になれて光栄でした。


きたまりさんは僕が心から尊敬する踊り手の一人です。

一年前に初めてきたまりさんの踊りを観たときの衝撃と感動は今でも忘れられません。

今回近くで作品を創作する姿を見ることができてとても刺激を受けました。


「三番叟」の振付と三番叟役を務めた北尾亘さんとは以前から交流があり、今回やっとご一緒することができました。

こんこんと湧き出る緻密でオリジナリティ溢れる振付は驚きの連続でした。

常に僕らの気持ちに寄り添ってくださり、奮闘する姿を見守ってくださいました。


千歳役の内海正考さんは温和で木漏れ日のような人でした。

翁と三番叟を結ぶ架け橋として、大きな身体で穏やかに力一杯表現してくださいました。


45分ビートが鳴り続ける「三番叟」の最高にdopeな大曲を創り上げてくださったTaichi Masterさん!

Taichiさんの音楽にどんどん身体が埋没していって、音楽と一体化しているようでした。

音楽から踊り方や気持ちの流れのヒントをもらえました。

最高の音楽をありがとうございました!


これは千穐楽直後の写真。

杉原邦生さんの演出はやっぱり凄い。

僕にとって全ての面で絶対的な信頼を置ける存在です。

今回も最高に刺激的でわくわくする創作を一緒にできて楽しかったし、いつも特別な経験をさせてくださいます。

本当にありがたい。

大好きな演出家です。


そして、木ノ下歌舞伎主宰の木ノ下裕一さんはいつも僕に劇的な"気づき"を与えてくださいます。

先生のふとした一言で心の霧が晴れて、そういうことかと納得ができ、いい方向に導かれます。

二年前の「勧進帳」に続き、このお二人と一緒に創作すると、なんて楽しくて有意義な時間を過ごせるんだろうと幸せな気持ちになりました。

今回の「三番叟」も、何か特別なものが宿った演目ができた気がします。


最高で大好きなスタッフ、クリエイター、ダンサーの皆さんと最後まで完璧を追い求め続けました。

公演を支えてくださった方々。
そして何より、観に来てくださったお客様。

心から、ありがとうございます。


きっとまた、木ノ下歌舞伎の「三番叟」をどこかで上演できると信じています。

そして、もしその機会があれば、できれば生きる気力を失ってしまった人に観ていただきたいです。

この作品でなくとも、もし今、死にたいと思っている人がいたら、近くの劇場に足を運んでみてほしいです。

どんな作品でもいいので観ていただければ、きっと少しは自分を許せたり、もう少し生きてみようかな、と思っていただけると思います。

どうか、そんな人達に僕らの思いが届いてほしいと願っています。


最後に、皆さんの人生が祝福されることを祈って、翁の呪文を綴ります。


とうとうたらり

とうたらり







只今新宿の喫茶店で、K's cinemaの台湾巨匠傑作選2018で上映される「牯嶺街少年殺人事件」の開映を待っているところです。
先週はそのプログラムのひとつである「非情城市」を観てきました。

なぜ、そんなにもいま台湾映画に興味があるのかというと、少し前に台湾に行ってきたからです。

昨年韓国に行き、とても刺激を受けたので、次はどこに行こうか思案していたのですが、今回は食文化や映画作品などから興味を持っていた台湾に行くことにしました。


まず向かったのは台北

到着して街を歩くと、舗道や建築の雰囲気は少し韓国に似ている感じがしましたが、街から漂ってくる空気感は全く異なり、どことなく怪しさを感じました。

驚いたのは飲食店の多さ。

街にある建物の9割が飲食店なのではないかと思うほど、どこもかしこも飲食店。

建物だけでは収まらず、道路にも屋台がたくさん出店しているので、台北の面積のほとんどが飲食店なのではないかと思ってしまいます。

そんなに飲食店ばかりだと商売敵が多くて経営は大丈夫なのだろうかと余計な心配をしていましたが、割とどの時間帯でもほとんどのお店が賑わっていて、不思議に思っていました。

後にそのことを台湾の方に聞いてみたら、台湾には外食文化があるらしいのです。

台湾の人達は家であまり料理をせず、お店で食べるか、テイクアウトをして家で食べるのだそう。

確かに驚くほど安いし美味しいので、食材を買って作るよりもいろいろと効率的なのかもしれません。

そう思うと、ひとつひとつの飲食店がその地域に暮らす人達の食生活を支えていて、良い関係だな、と思いました。


台北ではいくつもの夜市、朝市に赴き、食欲を満たしました。


饒河街夜市では胡椒餅。
士林夜市ではフライドチキンや包子、そして胡椒餅。
寧夏夜市では牛肉麺や炒め物。
光復市場では野菜の包子。
その他の朝市では豆漿や焼餅、豆花などを食べました。

どれもこれも美味しくて、お店の方のこだわりを感じました。


これが台北で食べたものの写真。

一番感動したのは「正好鮮肉小篭湯包」というお店の小籠包。

肉と野菜とネギの風味が口に広がり、思考が停止するほど美味しかったです。
忘れられない味になりました。



問屋街の迪化街には、漢方や陶器、アンティークショップなどが立ち並んでいます。

軒先を見て回るだけでも普段日本ではあまり見ないものがたくさんあり、これは何に使うのだろう、と思いながら、植物なのか生き物なのかわからないものをじっと見つめたりしていました。

茶芸館もあり、美しい茶器でお茶をいただきました。
日本茶や紅茶とも違う独特の香りに心が安らぎました。


台北の街にはたくさんの、いわゆる寺院がありました。




松山慈祐宮は煌びやかな佇まいで、夜市で賑わう通りにあります。


地元の方が立ち寄る姿をよく見たので、身近な廟なのかなと思いました。





龍山寺は切実な願いを持った人々が集っている印象を受けました。

ちょうど訪れたときに大勢の人が声明を唱えていて、その響きに圧倒されました。

声明というのはお経を歌にして唱える仏教音楽です。
その大合唱の中に身を置いていると身体が熱を帯びてくるようでした。

ひとりひとりの願いや祈りに押し潰されるのではないかと思うほど熱狂的な念が立ち込めていて、気丈さを保つのが難しくなるほどでした。

人々が熱心に集う、それほどの何かがある場所なのだと思いました。

日本の神社仏閣では感じ得ない雰囲気を味わいました。



中正紀念堂にも行きました。

複雑な歴史をもつ台湾。

蒋介石の像が撤去されるなど、今も問題が残る中、民進党政権が中正紀念堂の改革に着手し、工事も進んでいるようでした。

この場所を今後どうしていくのか、まさに過渡期である今の台湾を象徴するような光景でした。


映画「非情城市」の舞台になった九份にも行きました。




九份にある台湾最古の映画館「昇平戲院


スクリーンで映像を観ることもできて、感激しました。


侯孝賢監督作品はもちろん、日本映画のポスターもありました。


日本統治時代に上映されていたのかと思うと、当時日本に対して複雑な思いがあったであろう台湾の方々が純粋にひとつの芸術として日本映画を観て楽しんでくれていたら良いな、という気持ちになりました。



台湾映画を観るとインテリアが素敵だと思うことが多かったのですが、実際に台湾に行ってお店に入ると、映画で観たような木の椅子や机が多く使われ、その使い込まれて光沢の出た家具に囲まれた空間に温もりを感じました。



安くて美味しい食べ物が身近にあり、美しい家具や食器を使う台湾の人々。


その姿を見て、経済的な格差に関係なく、精神的に豊かな生活を送ることのできる気品と知恵を感じ、僕も見習わなければと思いました。



ふと思いついて訪れた台湾。


たくさん収穫のある旅でした。





{C513149E-BB4D-44C7-94C7-3C583CCAD1E2}

いよいよ本日3月17日から映画「ちはやふる ー結びー」が公開されます。

上の句、下の句に続き、今作でも北央学園のヒョロくんこと木梨浩役で出演しています。

「ちはやふる」との出会いに関してはこちら


{136AFE24-24A7-40DB-A733-15B6741CAA74}

撮影は昨年の初夏でした。
二年ぶりにキャストやスタッフの皆さんと再会したときはとても嬉しく、帰ってきたんだ、という気持ちになりました。

「ー結びー」ではヒョロくんは高校三年生になり、北央学園競技かるた部の部長になっています。

北央学園競技かるた部のメンバーも新しくなりました。

{145A9E03-DD44-4E4F-B87B-B2F7AE434AE9}

新しい部員のみんなにはとても助けられました。
たくさん心を動かせてもらいました。
みんなありがとう。

僕のクランクインの日は大規模な大会のシーンだったので、大勢のエキストラの方々と一緒でした。
競技かるた選手の皆さん、ちはやふるを好きな方々がたくさん集まってくださり、共演してくださいました。
特に北央学園の生徒役を演じてくださった皆さんには、部長であるヒョロくんの無茶振りとも言える芝居に全力で対応してくださり、心から感謝しています。

今回の撮影では、かるたーの聖地、近江神宮にも行くことができました。
前回の撮影では行くことができなかったので、とても嬉しかったです。

せっかく滋賀県に来たので、信楽に行きました。

{F8BF65A0-79E4-49C6-8BD1-8AD05BBF8569}

信楽焼の狸がひしめいていて、可愛かった。

{D096AAD6-EA83-411C-906B-4893158E55B2}

{ED04C4D5-9BA0-44A4-8570-EC773332EF4E}

{CDD133DE-4649-4B69-8475-1614F3C14D32}
ヒョロくんに出会えたことは僕にとって宝物です。

ヒョロくんを演じることが決まったとき、僕はヒョロくんを、特別な存在になれなかった人たちの為に演じたい、と思いました。

大会で優勝できなかった人、予選で敗退してしまった人、負けて注目されなかった人。
ひと握りの勝者になれなかった人たちの為に演じたいと思いました。

何故ならば、特別な存在になれなくても、勝つことができなかったとしても、ひとりひとりが人生の主人公だからです。
人生に脇役はありません。
対戦相手には、対戦相手の人生がある。
敵か味方かなんて本当に些細なことです。

僕は登場人物たちひとりひとりが物語の主人公として描かれているのが「ちはやふる」という作品の素晴らしさのひとつだと思っています。
そのスピリットをヒョロくんを通して表現できたらいいなと思って演じさせていただきました。

そして、恥を捨ててでも努力を惜しまず仲間の為に尽くす一生懸命なヒョロくんを演じることで、自分自身も励まされました。
そんな素敵な経験をさせていただけたことを心から感謝しています。

{74D10275-7829-46AF-8D90-AEF4789C5E4D}

「ちはやふる ー結びー」は素晴らしい映画です。

映画を観て、誰しもが経験し得る青春時代の思い出が蘇ることはもちろん、この「ちはやふる」という作品を見事に集約させ、美しく物語を結んでいます。

そして、競技かるたを通して、瞬間的な決断、一回性の刹那の連続が描かれ、百人一首を通して、過去、現在、未来という永遠の中で繰り返される人間の人生の連続をも描いています。

いつの時代にも青春はあります。
まだ言葉が無かった時代も、どんなに科学が進歩した未来でも、人はその瞬間が訪れるごとに悩み、苦しみ、葛藤し、それでも生きていくのだと思うと、なんだか愛おしく、穏やかな気持ちになります

百人一首の和歌のように、この「ちはやふる」という作品が1000年後を生きる人たちに届いたとき。
きっと今の僕らと変わらず笑い、涙するでしょう。

そんな作品のひとつになれて、果てしない価値を感じます。
「ちはやふる」という作品に出会えて本当に良かった。
この幸福を感じさせてくださった末次由紀さん、小泉徳宏監督、全てのスタッフ、キャストの皆さんに感謝を込めて。
ありがとうございます。

{D15AB9FF-5749-46E8-8812-8B5DC3F45F6F}