坂口涼太郎 オフィシャルブログ powered by Ameba

坂口涼太郎 オフィシャルブログ powered by Ameba

坂口涼太郎 オフィシャルブログ powered by Ameba











テーマ:
{C513149E-BB4D-44C7-94C7-3C583CCAD1E2}

いよいよ本日3月17日から映画「ちはやふる ー結びー」が公開されます。

上の句、下の句に続き、今作でも北央学園のヒョロくんこと木梨浩役で出演しています。

「ちはやふる」との出会いに関してはこちら


{136AFE24-24A7-40DB-A733-15B6741CAA74}

撮影は昨年の初夏でした。
二年ぶりにキャストやスタッフの皆さんと再会したときはとても嬉しく、帰ってきたんだ、という気持ちになりました。

「ー結びー」ではヒョロくんは高校三年生になり、北央学園競技かるた部の部長になっています。

北央学園競技かるた部のメンバーも新しくなりました。

{145A9E03-DD44-4E4F-B87B-B2F7AE434AE9}

新しい部員のみんなにはとても助けられました。
たくさん心を動かせてもらいました。
みんなありがとう。

僕のクランクインの日は大規模な大会のシーンだったので、大勢のエキストラの方々と一緒でした。
競技かるた選手の皆さん、ちはやふるを好きな方々がたくさん集まってくださり、共演してくださいました。
特に北央学園の生徒役を演じてくださった皆さんには、部長であるヒョロくんの無茶振りとも言える芝居に全力で対応してくださり、心から感謝しています。

今回の撮影では、かるたーの聖地、近江神宮にも行くことができました。
前回の撮影では行くことができなかったので、とても嬉しかったです。

せっかく滋賀県に来たので、信楽に行きました。

{F8BF65A0-79E4-49C6-8BD1-8AD05BBF8569}

信楽焼の狸がひしめいていて、可愛かった。

{D096AAD6-EA83-411C-906B-4893158E55B2}

{ED04C4D5-9BA0-44A4-8570-EC773332EF4E}

{CDD133DE-4649-4B69-8475-1614F3C14D32}
ヒョロくんに出会えたことは僕にとって宝物です。

ヒョロくんを演じることが決まったとき、僕はヒョロくんを、特別な存在になれなかった人たちの為に演じたい、と思いました。

大会で優勝できなかった人、予選で敗退してしまった人、負けて注目されなかった人。
ひと握りの勝者になれなかった人たちの為に演じたいと思いました。

何故ならば、特別な存在になれなくても、勝つことができなかったとしても、ひとりひとりが人生の主人公だからです。
人生に脇役はありません。
対戦相手には、対戦相手の人生がある。
敵か味方かなんて本当に些細なことです。

僕は登場人物たちひとりひとりが物語の主人公として描かれているのが「ちはやふる」という作品の素晴らしさのひとつだと思っています。
そのスピリットをヒョロくんを通して表現できたらいいなと思って演じさせていただきました。

そして、恥を捨ててでも努力を惜しまず仲間の為に尽くす一生懸命なヒョロくんを演じることで、自分自身も励まされました。
そんな素敵な経験をさせていただけたことを心から感謝しています。

{74D10275-7829-46AF-8D90-AEF4789C5E4D}

「ちはやふる ー結びー」は素晴らしい映画です。

映画を観て、誰しもが経験し得る青春時代の思い出が蘇ることはもちろん、この「ちはやふる」という作品を見事に集約させ、美しく物語を結んでいます。

そして、競技かるたを通して、瞬間的な決断、一回性の刹那の連続が描かれ、百人一首を通して、過去、現在、未来という永遠の中で繰り返される人間の人生の連続をも描いています。

いつの時代にも青春はあります。
まだ言葉が無かった時代も、どんなに科学が進歩した未来でも、人はその瞬間が訪れるごとに悩み、苦しみ、葛藤し、それでも生きていくのだと思うと、なんだか愛おしく、穏やかな気持ちになります

百人一首の和歌のように、この「ちはやふる」という作品が1000年後を生きる人たちに届いたとき。
きっと今の僕らと変わらず笑い、涙するでしょう。

そんな作品のひとつになれて、果てしない価値を感じます。
「ちはやふる」という作品に出会えて本当に良かった。
この幸福を感じさせてくださった末次由紀さん、小泉徳宏監督、全てのスタッフ、キャストの皆さんに感謝を込めて。
ありがとうございます。

{D15AB9FF-5749-46E8-8812-8B5DC3F45F6F}









テーマ:
{41731BAE-E659-4918-8272-13B76CE2056C}

木ノ下歌舞伎「勧進帳」横浜KAATでの公演が幕を閉じました。
沢山のお客様に観ていただけて幸せでした。

{3292ABD5-CC37-4C74-91FA-3DF095034E48}

富樫左衛門を演じるのはやはり難しくて、自分の非力さを嘆くこともありましたが、邦生さんや木ノ下先生のおかげで、以前より深く彼を表現できた気がします。
境遇や立場が違うだけで、彼も僕らと変わらない普通に生きている一人の人間だということを改めて意識し、前回よりも身近で、人間味のある富樫になりました。
いまも世界のどこかに富樫左衛門のような人はいると思うし、どんな役を演じているときも願っている事ですが、誰かが彼の姿を観て少しでも孤独ではないと思えたり、人生の慰めになれば、こんなに幸せなことはないと思っています。

{881758FF-2AC7-4B13-9C6A-F15B9C65D6BC}

千穐楽の本番前に楽屋で空を見上げていたら、てんとう虫を見つけました。
それまで、もっと富樫の心情をうまく表現できるはずだ、と少し思い詰めてしまっていたのですが、てんとう虫の姿をぼうっと眺めていたらとても心が晴れやかになり、とにかく心をたくさん動かそう、という初心にかえり、とても気持ちよく本番を迎えることができました。
てんとう虫さん。ありがとう。

{A94E0F99-BAE0-40B8-961B-F9B70D62B943}

今年の秋に"ジャポニスム2018"という企画で、この作品をパリポンピドゥセンターで上演します。
パリ公演の前に横浜公演で演じる感覚とお客様の反応を改めて確認することができ、とても励みになりました。
国境というボーダーラインを越えて、この作品を観ていただけるのがとても楽しみです。

{7FC4CBC1-541F-46AA-A914-E1C1265B8DBD}

千穐楽を終えて、大好きなみんなと。
もう本当に家族だと思っています。

{A5CC4D62-28CC-4E41-9CD6-56FF37191E02}

今回の公演を支えてくださった皆さん、観に来てくださった全てのお客様に、心から感謝を。

ありがとうございます。

旅はまだまだ続きます。


{F6EC2856-C237-412D-972D-63B214FA7E74}

次回は同じく木ノ下歌舞伎 舞踊公演「三番叟」に出演します。
2016年にリクリエーションした「勧進帳」を初めて上演した、信州・まつもと大歌舞伎へ再び参加させていただきます。
そして、今回も「三番叟」をリクリエーションして上演するということで、とても楽しみであると同時に身が引き締まる思いです。

「K.テンペスト 2017」以来、三度目の松本。
初めて「勧進帳」で訪れて以来、毎年松本で作品を発表する機会があり、とても縁を感じています。
行く度に役者として得難い経験をしているので、僕にとって聖地のような場所です。
頑張りますので、是非楽しみにしていてください。

{4C1A0F3B-9C4B-4F3A-A597-6915E3553AD2}

{99CB4713-F9B6-45F6-994A-CD012E6A80E3}

3月9日・16日は二週連続で「ちはやふる 上の句・下の句」が日本テレビの〈金曜ロードSHOW!〉地上波初放送します。

観てくださった方も、まだの方も、沢山の方に「ちはやふる」の世界が届きますように。

そして、3月17日公開「ちはやふる ー結びー」を観に、是非劇場に足を運んでくだされば幸いです。

また「ちはやふる ー結びー」のことについては、改めて書きます。

では、春はもう目の前!


テーマ:
{2E681540-3921-4242-B399-44C6D8F45411}

僕の最新映像作品「Rebirth 」が公開されました。
今回はプロデュースに加え、出演、脚本、作曲、振付、監督を自身で手掛けました。
撮影、編集、共同監督は米山智輝。
今年8月、韓国から帰国したのちに構想を練り、9月中に作曲、振付、リハーサルを経て撮影しました。
今、一人の人間として伝えたいことを、言葉を使わず、音楽、舞踊、演技、映像、身体を通して表現したいと思い、制作しました。
少しでも、心に響いてくだされば幸いです。
どうぞ、ご覧ください。



「Rebirth」

出演・脚本・作曲・振付 : 坂口涼太郎

撮影・編集 : 米山智輝

監督 : 坂口涼太郎  米山智輝


Title "Rebirth"

Starring/Story/Music/Choreography : Ryotaro Sakaguchi

Director of Photography/Editor : Tomoki Yoneyama

Directed by Ryotaro Sakaguchi & Tomoki Yoneyama






テーマ:
どうも。現在こたつで丸くなりながら、人様にお見せできないぐうたらの権化みたいな体勢で文章を綴っている坂口です。
だがしかし!心の中では正装し、ぴんと背筋を伸ばし、きちんと正座して皆様の御前に自らの姿をお見せしている気分だということを、声を大にしてお伝えしたい。(みかんをつまみながら)

{10025FBE-59A0-4DC6-B7A9-BFAE4E506B9E}

いよいよ、明日11月10日 11:00/14:00/20:00 から、僕たち新キャストによる
たくさんの人のアイディアが詰まった、驚きと遊び心に満ちた作品になりました。
昨日、今日と入念にリハーサルをし、早くお客様に観てほしいという気持ちが昂ぶっております。


{942D5F7A-7DD7-4262-A903-47FFAE681359}

稽古場で、ああでもない、こうでもないとぼやきながら実験を重ね、ほぼ路頭に迷っているときにぽんと生まれる閃き。
なぜもっと早くに顔を出してくれなかったのか、と改めてぼやくこともあるけれど、その過程はひとつも無駄ではなく、むしろ有意義だった。
そんな血の滲むような閃きの集積を、銀河系のようにひとつにまとめ、たくさんの惑星が軌道に乗ったあと、僕たちは気づいた。

この銀河系を完成させる為の最後の星は、お客様の想像力だということを。

きっとこの作品を見終えたとき、日常生活では不必要で使っていない感覚、大人になることで忘れていく感動、体の奥に眠っている感性を釣り上げていただけるのではないかと思います。
生きていくことに実質不必要で非生産的だと思うことほど、無駄じゃない。
"W3"はお客様の日常をいつもと違う景色にさせる魔法をかけることができると信じています。

明日の幕開けから千穐楽まで、常に高みを目指し続け、最後まで完璧を追い求めることを誓います。
是非、青山DDDクロスシアターに足を運んでみてください。

W3 HP


{E85CEC85-4A9D-47AB-95EF-184C4E1F22A2}

そして、ついに!!
僕が初めてプロデュースした映像作品
Rebirth」が、2017.11.15 Wed 18:00公開することが決定しました。
それに合わせて、今日、特報映像が公開されました。
是非ご覧ください!

"Rebirth"特報映像
初プロデュース作品「Rebirth」
2017.11.15 Wed 18:00 公開

My new video is coming up soon. 
Title "Rebirth"
Release Date : 6pm, November 15, 2017
Ryotaro Sakaguchi-Rebirth-Trailer



そして、所属事務所キューブのサポーターズクラブが発足し、イベントが開催されることになりました。
久しぶりのこのような機会なので、皆様にお会いできることを楽しみにしています!

「キックオフトークイベント」
2017.12.17.sun
坂口参加回 16:30/19:00
¥3000

{A6DF583E-0D7C-4C04-A54A-0F3881789138}

それでは、明日からロングランするワンダースリー、15日公開の「Rebirth」、12月のトークイベント、どれもこれも、よろしくお願い申し上げます!




テーマ:

{2D527469-3B10-4DB8-A01A-BE5242C688CB}

只今、京都の河原町にある喫茶店で、珈琲を飲んでいます。

この数日、京都で仕事があったので、京都の街を散歩したり、友人と会ったり、気になっていたお店に行ったり、奥が深い京都の底に少しでも触れようと、手を伸ばしていました。

でも、まだまだ。

何度訪れても、結局これはまだ上澄みなのではと、帰りの新幹線で、ほわっと思うのです。


先月訪れた韓国でも、似たようなあと味がしました。

右も左もわからず、勢いで行った韓国。

驚くほど魅惑的で、街に、人に、力が漲っていて、圧倒されました。

一つひとつのビルや建物、お店の内装や商売の仕方に、こだわりや主張があり、見ていて清々しいというか、あっぱれ!と思うのです。


{04AB808D-45E4-4093-B8E3-5A4B6C23A32C}

{693E66E0-FD97-4298-9E8F-F8EE34A1C144}

{FEA209F0-73FA-48C7-AA8B-9680FB8443CA}

{3E4D0770-886E-44A8-B8E1-A83F9B3A5625}

{EA25DD0D-7E48-431A-B317-B82A5DEA8EE4}

{6FF562FD-4528-4BA0-88E5-3CC819FB84C8}

{ED14D7F1-BA85-4981-BC03-8B0EA927BE02}


{098B1736-F8D7-46E7-82CE-1D49F44F1B1F}

{793ED341-2705-4C66-BB17-9C8C6A4D300D}

{E82AADE8-7B61-4562-99CD-75FE585A473A}

{A117832E-3908-496A-919E-98E25721C6A1}


夜は長く、朝は早く、街には常に人がいました。

韓国の方はとても優しく、情が深いというか、少しでもこちらが困ったそぶりを見せると、必ず声をかけてくださり、助けてくれました。

あまりにも親切なので(その言い方よ)、自分が日本にいるときの、日本人としての態度を見直そうと、反省しました。


韓国の方から見ると、僕はかなり現地に住まうソウルっ子に見えるようで、ハングルで話しかけられるのはもちろん、韓国の方に道を訊かれるほどの馴染みっぷり。

皆さん口を揃えて、日本人には見えないとおっしゃるのですが、日本人ってそもそもどんな風貌なのだろうかと考えても、人それぞれ、としか言いようがないなあ。


あと、驚いたのは、韓国の男性のスタンダードな髪型が、おかっぱだということ。

日本では僕のような髪型は少数派で、同じ髪型の人とすれ違うと、仲間意識で「あ、ご苦労様です。お互い頑張りましょう」的なアイコンタクトを交わすのですが、韓国だと男性のほとんどが僕と同じおかっぱヘアーなので、励まし合いのアイコンタクトを交わしていると、きりがない。

というか、そもそも多数派なので、励まし合う必要もないのでした。

そんなこんなで、珍しく街行く人々に、妙に馴染むことができ、とても居心地がよかったのでした。


滞在中は何よりもまず、食事第一主義を貫き、一日に何食も、あらゆる料理を食べました。

どれも思わず声が漏れるほど美味しく、そして、値段が安かった。

空腹など二の次で、フードファイターのような生活をしていたので、マイ・スイート・ストマクにはかなりの負担をかけていた筈でしたが、食事が体に良いのか、滞在中は日本にいるより健康で、元気でした。


{31E5E37B-8F8C-4527-9E3F-BE1AB4C2F06C}

{897102BB-1536-4FF9-85B4-9B5160171597}

{40F70804-0882-42C0-89EF-F50CF9B8179C}

{388B0227-3D62-4C71-A62F-BC0CD6309A73}

{CCBB4350-BE62-4174-A090-56163B552977}

{060F3539-55F7-4E08-9B70-29504D2EED50}

{A96241C5-1842-4446-B7A5-C1E664F1170E}


数日間の韓国滞在。

人と街の、スケールの大きさに圧倒され、初めての経験の数々に感動し、慣れない環境で人間としての野性を思い起こしました。


そんな、たくさんの刺激を受けたせいか、帰国してから有り余るほどの力が漲り、創作意欲の化け物と化しました。


街を歩きながら、目をギラギラさせ「あいでぃあはねぇが~、あいでぃあはねぇが~」と、目に映るもの全てに何かを見出そうとしていると、ふと閃いたことがあったので、その閃きを実現させる為に、この一ヶ月間、奔走していました。


というわけで、初めて、映像作品をプロデュースします。


おそらく、来月には皆さんにお披露目できるのではないかと思います。

心に響いていただけるように、頑張ります。


{96272872-F5D1-4CEA-9F22-378A32B06577}

{A871856A-FCC3-4DC8-B328-6DB50D7DAEEA}

{567219A2-4A87-47B6-8CCF-78634FF2528B}


さて、今年はもう舞台に立つことはないであろうと、漠然と思っていたのですが、そんな予想とは裏腹に、11月から、二ヶ月間のロングラン公演に出演することになりました。

人生って本当に、アンフォースィアボー。


{E50DEBFE-61C2-4E17-A30E-B67BB2F514ED}



手塚治虫生誕90周年記念

MANGA Performance W3 (ワンダースリー)」

【構成・演出】ウォーリー木下

【会場】DDD青山クロスシアター

【日程】2017113日(金)~1222日(金) 

http://www.manga-p-w3.com


世界中の方々に楽しんでいただける、最先端ノンバーバルパフォーマンスです。

手塚先生へのリスペクトを胸に、僕のスキルとセンスを総動員させ、稽古に挑みたいと思います。


{A31623C7-5A0B-4F70-B749-2B991B7F798E}

{AB423DC2-670B-47A5-99F2-67183874C972}

{B3EB7881-9EA8-4591-8F61-1FF64D446D01}

このところ、世の中に漂う不穏な空気。


悲しい気持ちになります。


どうか、世界が平和になりますように。


戦争が起こりませんように。


祈り続けたいと思います。


🎼#impro 💡 #improvisation #comtemporarydance #comtemporary #dance #japanese #dancer 🎷#felakuti #roforofofight

A post shared by 坂口涼太郎 (@ryotarosakaguchi) on




Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み