ラン×スマ

テーマ:

 

 NHKBS ラン×スマ

 

 1日の放送は、芸人の宇野けんたろうさんの四万十川100kmチャレンジでしたが、そのコーチとして登場していた高田由基さんは大学の後輩です。

 

 それだけなら業界的にはなんでもないことなのですが、実はこの2日前のランナーズミーティングではじめてお会いしました。そこで「ラン×スマに出ます!」ということだったので~。

 

 先輩後輩といっても20期も離れていますので、なかなか直接お会いするきっかけがなかったのですが、彼が学生時代からずっとウルトラマラソンのトップレベルで活躍していたのはもちろん知っていますし、自分でいうのもなんですが、私は「金は出すが口は出さない」母校長距離ブロックのレジェンド!的OB(笑)ですので、高田さんの方も私のことを知っていてくれて、ランナーズミーティングで声をかけていただきました。

 

  我が母校は、まあまあの陸上強豪大学ですが、長距離ブロックに限っては私学に押され、歴史的にもなかなか厳しい状況にあり続けています。最後に箱根駅伝に出場してから、もう35年も経ってしまいました。

 そんな中、たまに変わった選手が出てきて、卒業後も面白い仕事をしていたりします。

 

  高田さんも、小学校の教員をしていたのが、恩師の有吉正博先生(現関東学連会長=箱根駅伝のスターター!)に唆され?今は帝京科学大学の女子駅伝チームの監督に転身しています。そこんとこの経歴も私に非常に似ています。

 私も有吉先生の紹介で某大学の男子駅伝チームの監督を10年勤め、そして市民ランナー指導の第一人者だった先生の影響で、今の仕事に携わっています。

 

 番組的には~

 宇野けんたろうさんが、スピードを持て余しゆっくり走れない!というところが印象的でした。ウルトラの話ではありますが、フルマラソンでも非常によくある話ですね。ハーフマラソンのタイムの割りにフルマラソンを上手く走れないランナーにありがちな特徴(課題)です。

 

 果たして、レースの後半~終盤はどうなるのか!続きは8日の放送で!

 

 

 

 ランニング業界関係者が一堂に集う!「ランナーズミーティング」

 

    

 

  年に一度、ここでしかお会いしない方もたくさんおられる七夕状態。

 

 また、狭い業界ですから、お互いに顔も名前も知っていながら、はじめてお会いする方もけっこうおられますし、なんかいろんな業界話を持ちかけられます。けっこう名刺が出ます…。

 

 ホスト役のアールビーズの社員さんも、若手だと思っていた人が偉くなったり、お世話になった方が退職したりで浦島太郎状態。

 

   

つくばマラソン

 

 つくばマラソン

 

 秋晴れ…といっていいのか、75点くらいのまずまずのコンディションで開催された「つくばマラソン」。

 今年も始発で出発して、e-Athletesの陣地の設営と荷物番です。

 

 場所取り合戦も年々厳しくなり、例年のポジションから数十メートル西へ追いやられましたが、なんとか一定のスペースをキープ。

 

 事前に、私が走る!という噂が会員さんの間に広まっていたようですが、「走・り・ま・せ・ん!」

  

  「つくば」は近年、ウェーブスタートとなり、今年はスタートが5回もありました。混雑防止的には良いのでしょうが、第2ウェーブ以降は、レースの先頭など走ったことがない、そんなことが一生のうちに一度でもあるとは思いも寄らなかった皆さんが大集団の前を引っ張ることになります。けっこう動揺する人もいるでしょうね。

 

 おそらく数キロで、5分前に出た前のグループの最後尾に追い着き、そこからはずっと前を抜きっぱなしのレース展開になるのでしょうが、ペースコントロールが難しく、だいぶ勝手が違いそうです。

 

 特に、伸び盛り!のランナーさんは、どこまで行っても周囲とはペースが合わずに大変だったようです。ウェーブスタート、恐るべし。

 

  かつては、フラットなコースに間違いのないコンディションから、「高速レース」として人気だったこの大会も、数年前のコース変更から、高温や強風のこともあったり、他の大会に参加者を取られたりと、いろいろな意味でやや普通の大会気味になってきました。

 

  それでも今年は、その75点のコンディションに恵まれ、eAの会員さんもベスト更新率が例年より高いレースとなったのは一安心でした。 

   

  スタート前が肌寒く、皆さん、ウェア等の選択で大騒ぎでしたが、「途中から気温は上昇する!」という判断で指示を出したのも当たりましたね。

  

 

   

 

 「クリール」1月号

 

  特集の持久力再チャージe-Athletesが監修しています。

 

  「再チャージ」とは、1本目のマラソンが終わった後、2本目のマラソンに向けての補修を意味しています。

 

  1本目のマラソンの内容、課題を明確にした上で、2本目までの準備期間も考慮しなければなりませんので、基本的にこれは難しい取り組みではあるわけです。

 その基本的な部分と、状況別のチャートで解説しました。

 

 

 50歳以上のランナーのためのマラソン再生計画 は2回目(あと2回あります)です。

 今回は~
  ・自己流のトレーニングからの脱却

  ・身体資源の開発

  ・月間走行距離の弊害

 というところでやっています。

 50歳以下でも、まだまだタイムは伸びている!という方も、ぜひ参考にしてください。

 

 

  「持久力再チャージ」(P10~17)の後、P18からは「筋疲労の見極め方&ストレッチング法」~誰か、ケア方面の人に担当をお願いするとは聞いていましたが、誌面を見ると…あ、後藤敏雄くん!私が某大学チームの監督だった時代の教え子です。

 

 高校時代はペーペーで、大学2年でやっとこ5000m;14分台が出たという超遅咲きですが、その後は順調に伸び、当時、関東学連選抜があれば、4年次には箱根駅伝も走れたことでしょう。実業団に進んだ後は日本選手権の10000mにも出ています。

 

 高校・大学・実業団・埼玉県代表と、所属するすべてのチームで主将を務めており、人望だけ?は抜群!です。周囲からは「あいつの笑顔には騙されるな!」と言われていましたが。

 

 引退後、カイロプラティックの道へ進み、今は独立していろいろやっています。今回の掲載はウチとは関係なく、偶然でしたが、一緒に仕事をしたようで、なんか嬉しいですね。

 

 今月号は「トレーニングダイアリー」が付録でついています~。

 

 

コスプレ禁止

 「神戸マラソン」でプリキュアのコスプレランナーが快走したことで話題になりました。

 

 写真で見ただけですが、走るのにはあまり支障のなさそうな衣装でしたね。ちょっと見、驚きますが、持ち得る走力を発揮するには問題なさそうです。

 

 一昔前には、ニワトリの着ぐるみというか、ほとんど張りぼてみたいなものをスッポリ被って走る高速ランナーが首都圏近郊のレースを荒らしまわったことがありました。張りぼてですので横幅が1メートルくらい?あって、ちょっとコースの狭いところでは本人も抜く方も大変でしたが、ハーフを1時間20分前後くらいで走っていましたので、たいしたものです。

 

 それはともかく、コスプレ~まあ、要は仮装のことですが、近年、レースでは禁止の動きが強まっています。日本陸連もとうとう公認レースでのコスプレを明確に禁止するようになりました。

 

 そもそも日本陸連競技規則では「競技者は清潔で、不快に思われないようにデザインされ仕立て られた服装を着用しなければならない。」と規定されています。

 仮装に関しては、このルールをどう解釈するかで、長年、けっこうグレーな判断がされてきた経緯があります。いったい誰が「不快に思う」のかってところが鍵です。

 

 どこの大会も、コース沿道にはたくさんの人が声援を送っており、コスプレランナーはけっこう歓迎されているように思われるのですが、実はそうではない方々もおられます。

 

 もともと生活圏内の公道でマラソン大会なんか開催することに大反対で、非常に迷惑に思わっている地元住民の方もたくさんいるわけで、それでもスポーツ大会だからということでかろうじてしぶしぶ納得していたりするわけです。

 

 そのスポーツ大会に、おかしな格好をしてヘラヘラしながら走っているのは許せない!~こういう声は、実際少なくないのです。モンスタークレーマーとかじゃなくて、、、

 

 中には町興し的な大会で、仮装大歓迎!のところもあるのですが、そういう大会ばかりではありません。

 

 昨今は、仮装(コスプレ)の可否は大会要項にはっきりと書いてあることが多いので、必ず確認した上で厳守しないといけないですね。

 

 

 

 

 個人的には学生時代にウサちゃんの格好で小さな大会で優勝したことがあります。。。