1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
April 26, 2018

5月のトレラン練習会 一般受付スタート!

テーマ:練習会

【 5月のランガール★練習会ご案内 】
SALOMON×RunGirl トレラン練習会 ~トレイルランを、マナビ・タノシム~
────────────────────────────────────

5月は毎年恒例の“トレラン練習会”です!

本日より一般申し込みも受付スタートいたします。
(ランガール正会員の方も引き続きお申し込みいただけます)
 
※5/1現在、5月練習会へのお申し込みはおかげさまで定員となっております。
 

今年もSALOMON×RunGirlのコラボ企画として
トレイルランナーから幅広い支持を受けるSALOMONさんとのタイアップで、
イチ押しのトレランシューズとバックパックの貸し出し付きの練習会を開催します!

前からトレランに興味があったけど触れるチャンスがなかった方や
トレランを始めてみたいなあ・・と思っていた方にも
ぜひ参加していただきたいです!

さらに今年は、SALOMONアスリートの牧野公則さんに
ランの前に机上クリニックの時間も設けていただき、
ギアの使い方や山での注意点などをレクチャーしていただきます。
その後、サロモン昭島アウトドアヴィレッジ店をスタートして、ロードとトレイルを合わせて
16km程度のコースを予定しています。(途中休憩も挟みますのでご安心ください)

また、当日店舗にて商品を購入される際は
10%割引のサービスも実施していただけることになりました!

ぜひこの機会にSALOMONのギアと新緑の中を駆け抜ける気持ちよさを
体感してみてください!


【練習会概要&お申し込み】
◆日時・スケジュール
5月27日(日)
10:00/集合・受付 ※各自着替えた状態で集合してください(時間厳守でお願いいたします)
10:10-11:10/フィッティング・机上クリニック
11:10-/ランニングスタート
(ロード5km→トイレ休憩→トレイルコース7km→ロード4km)
 ※今回は、サロモン昭島アウトドアヴィレッジ店にて手荷物を預かっていただきます
14:10/サロモン昭島アウトドアヴィレッジ店に戻り次第、店内にて商品説明、ショッピング等
(当日商品購入に際し、10%割引のサービス付き!)
15:45/練習会終了予定

希望者は、店舗から約1.5km離れたところに温泉入浴施設があります。
昭島温泉 湯楽の里 http://www.yurakirari.com/yura/akishima/

◆講師プロフィール
牧野公則(まきのまさのり)さん
(SALOMONアスリート/トレイルランナー / 救急救命士)
 

山梨県大月市消防署で救急救命士として勤務。 
高校~大学まで山梨学院陸上競技部に在籍。 
2014年からトレイルランニングのレースに参戦している。 
SALOMONやトレイルランニングを通じて、走る事の楽しさや、
地元大月市・上野原市の魅力を発信している。
                                        
 
◆集合場所
サロモン昭島アウトドアヴィレッジ店
東京都昭島市田中町610番地4 モリパークアウトドアヴィレッジ 棟5
(JR青梅線 昭島駅・駅から徒歩5分)

◆コース
サロモン昭島店~道の駅八王子滝山
ロード5km―トレイル7km ―ロード4km の約16km
http://girlsrun.secret.jp/map/0527_map.pdf

◆練習会参加費 (当日現金にてお支払いください)
・ランガール正会員の方 / 2,000円
・一般の方 / 4,000円
*アクエリアス(500ml)1本プレゼント
*終了後に温泉を利用される方は各自お支払いください

◆持ち物
・トレランができるウェアー、専用シューズでご参加ください。
・バックパック
※シューズとバックパックはレンタル有り。下記ご覧ください。

・レインジャケットなどの雨具(傘不可)
・ポケットティッシュ、タオル 
・サングラス(必要な方) 
・日焼け止め
・飲み物(アクエリアス500mlPETはご用意しますが、その他必要な分は各自ご用意ください)
・行動食(お昼を挟みます。パンやおにぎり、エネルギーゼリーなど簡単に食べられるものを各自ご用意ください)
※バックパックのレンタルにはハイドレーション(給水用のアイテム)は付いていません

◆レンタルに関して・お申し込み時の注意事項
・シューズ、バックパック、いずれかまたは両方のレンタルが可能です。
・シューズは下記のどちらかになります。(スタッフがセレクトします)
SENSE RIDE(https://www.salomon.com/jp/product/sense-ride-w.html?article=398477
SENSE PRO MAX(https://www.salomon.com/jp/product/sense-pro-max-w.html?article=400701
・バックパックの種類は選べません。当日スタッフがセレクトします。
・当日のスムーズなご案内のために、レンタルを希望される方はお申し込み時に必ずご申請ください。
(数量が足りなくなってしまうため、必ず事前のお申し込みをお願いいたします)

 
レンタル希望の方は、エントリーフォームの【会員番号】欄に
会員番号/シューズのレンタル希望有無(有の場合、サイズを記入)/バックパックレンタル希望有無
を入力してください。いずれもレンタル不要の場合は会員番号のみ記載してください。
下記の例をご参照ください。

 <例>
 100521・シューズ希望24.0cm・バックパック不要
 100522・シューズ不要・バックパック希望
 100523 


◆参加にあたって
・今回の走行距離はトレイルで7km、ロードで9km程度の予定です。
(ご参加の目安はハーフマラソンを完走出来る方とさせていただきます)
・各自着替えた状態で集合となります。
・手荷物のお預かりはSALOMONさんの店舗で行ってくださいますが
 極力少ないお荷物でお願いいたします。貴重品はお預かりできません。
・ビギナー向けの開催ですので、雨天時は開催を中止いたします(小雨開催)。
 前日判断といたしますので予めご了承ください。
・天候などの事情によって、終了時刻が前後する可能性がございます。
 時間に余裕をもってご参加ください。

▼お申し込みはこちらからどうぞ ※ランガール練習会は女性限定となっております。
 

 ※お申込の際、パソコンのメールを受け取れるメールアドレスのご登録をお願いします。
(携帯の場合は@rungirl.jpのメールを受信できる設定をお願いします)

【その他のご案内】
●お申し込み後に受付完了メールが届きます。
 届かない場合はアドレスに誤りがある可能性がありますので再度ご確認ください。
●お申し込み後、キャンセルされる場合は、なるべく早めに、entry@rungirl.jpまでご連絡下さい。
 当日キャンセルの場合の連絡先は、別途お知らせします。
●アクエリアスをお配りしますが、その他の給水をご希望の方は各自ご用意ください。
●荒天時など中止の場合は、お申し込み時のメールアドレスへご連絡いたします。
●ランガール練習会は保険に入っておりません。
 練習会中に被った事故、ケガ、盗難などはすべて自己責任となっております。
 心配な方は各自で保険にご加入ください。
 貴重品も自己管理となります。
●練習会の様子は写真、映像の撮影をすることがございます。
   写真や映像は主催者及び関係団体等の活動報告等でBlog,FacebookやInstagramなど
   各種媒体にて使用させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

●下記に該当する方は参加をお断りする場合があります。
(1)医師から運動をとめられている方
(2)お酒を飲んでいる方
(3)自分の健康、安全を確保できない方
(4)伝染病に罹っている方
ご自身の体調にあわせて充分ご注意の上、ご参加ください。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
April 25, 2018

RunGirl★Night the FINAL 寄付先決定のお知らせ

テーマ:ランガール★ナイト

RunGirl★Nightでは、より多くの女性たちが末永く健やかな生活を送れるように、との願いをこめて

大会運営を通じてチャリティを行ってきました。

※過去8年間に11団体(地域)へ計4,759,751円の寄付を行ってきました。

 過去のチャリティについては こちら に掲載しています。

 

今年の寄付先が以下の2団体に決定しましたのでお知らせいたします。

 

なお今年は、例年通りランナーのみなさまのエントリー費の一部(各500円)と

大会当日のチャリティグッズの売り上げの一部による寄付金のほか、

ランナーならではの取り組みとして、Tシャツとスニーカーの直接寄付も初めて実施することになりました。

お預かりするTシャツとスニーカーは、ジョイセフを通じてザンビアに送られます。

 

みなさまのチャリティへのご理解・ご協力に心より感謝いたします。

 

【2018年の寄付先】

 

 

一般社団法人日本パラ陸上競技連盟 https://jaafd.org

日本の障がい者の陸上競技を統括、代表する団体。

陸上競技の普及並びに振興を図り、パラリンピックを始めとする各種競技会を通して、障がい者の心身の健全な発達及び社会参加を促進しています。

同時にまた、自らも社会貢献活動を行い、日本の社会に寄与することを目的としています。

 

 

国際協力NGOジョイセフ(JOICFP) https://www.joicfp.or.jp/jpn/

女性のいのちと健康を守るために活動している日本生まれの国際協力NGO。

1968年の設立以来、国連、国際機関、現地NGOや地域住民と連携し、アジアやアフリカで保健分野の人材養成、物資支援、プロジェクトを通して生活向上等の支援を行っています。

今回の寄付金は、「ランの思い出をザンビアに届けよう」(Tシャツとスニーカーの寄付)の取り組みを実行するために必要な経費として役立てていただく予定です。

 

 

【ランの思い出をザンビアに届けよう】

今年のランガール★ナイトでは、ランナーだからこそ出来るチャリティに初めて取り組みます。

あなたの手元にあるランニング用Tシャツ(マラソン大会の記念・完走Tシャツ含む)とスニーカーを誰かのために役立てませんか?

みなさんの大切なランの思い出を寄付していただき、ジョイセフが支援活動を行なっているザンビアへ送ります。

 

★物品寄付の際の注意事項★

■大会当日、会場(ランナー受付横)にて直接物品の寄付を受け付けます。(郵送は受け付けられませんのでご了承ください)

■ランニング用Tシャツは新品、使用品を問いませんが、使用済みのものは洗濯してきれいな状態のものに限ります。(サイズは問いません)

■スニーカーは、ランニング用でなくても構いません。新品、使用品を問いませんが、使用済みのものはあらかじめきれいに洗ってきてください。(サイズは問いません)

■Tシャツ・スニーカー共に、ご家族やご友人のものも枚数・個数問わず受付いたします。

■個別包装の袋から出してください。タグ付きの場合は取り外してください。

■ 著しい汚れなどある場合は受付できません。その場でお持ち帰りいただくこともございますのでご了承ください。

 

  

(写真提供:ジョイセフ)

 

 

★Why ザンビア?★

ザンビアの農村地域では、保健サービスへのアクセス、​安全な​妊娠・出産の情報の不足が、妊産婦死亡(出生10万に対して224件(世界人口白書2017))や10代の妊娠などにつながっています。

またわずかな生計の中、10人近い子どもがいる家も少なくなく、遠く離れた保健施設へ行く交通費がなかったり、子どもの健やかな成長に必要な物資が不足したりしています。

今回、Tシャツとスニーカーを寄贈することにより

・その分の支出を保健施設へ行く交通費にあてられる

・子​どもたちの足を怪我や寄生虫から守る

・衣料品や靴の配布がきっかけで、女性が健診を受けるようになったり、母子保健に関する知識を広める集会へ現地の人々が足を運ぶようになる

・若者がスポーツ振興の担い手として活躍できるきっかけとなる

などの効果が期待されます。

 

 

 

 

(写真提供:ジョイセフ)

 

みなさまのご協力をお待ちしています!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
April 16, 2018

ホノルルハーフマラソン・ハパルア 2018 〜大会当日編〜

テーマ:海外

引き続き、くらさわかずえ&柴田玲が走ってきた

ホノルルハーフマラソン・ハパルア2018」の様子をご紹介します!

 

いよいよ4月8日(日)レース当日です。

 

スタート地点は、ワイキキビーチの目の前のメインストリート、カラカウア通り。

ちょうどハイアットリージェンシーホテルのツインタワーがあるあたりです。

ゴール地点はそこよりも少しダイヤモンドヘッド寄りに歩いたところにある

カピオラニ公園(ホノルルマラソンと同じ!)ということで

ワイキキ周辺のホテルに宿泊していれば、余計なものを持たずに身軽に歩いて行って帰れるので

とってもラクです!

 

私たちは朝4時ごろ起床し、5時過ぎにホテルを出て5時半までにスタート地点に到着。

スタート前はまだ空も暗い時間ですが、

すでにスタート地点には大勢の人とライトが当たって賑やかな雰囲気!

 

 

この日はとても湿度が高く、まだ陽が昇っていないうちから

少し動くだけで汗が出るほどでした!

 

 

 

 

そしていよいよ朝6時、一般ランナーのスタートです!

 

 

 

今回は、シバタがカメラマンとなり、

隣を走るかずえちゃんを激写しつつ、観光案内しながら走らせていただきます!

 

 

ホノルルマラソンのいいとこどり!とも言われているハパルア。

その通り、ホノルルマラソン前半とほぼ同じところを走り、

最初から最後まで、ホノルルの主だった観光名所を自分の足でまわれるんです!

 

ここから先は、ぜひ観光気分でご覧ください。

 

スタートしてまずは、ワイキキから西のアラモアナ方面へ向かいます。

 

 

右手にアラモアナセンターが見えてきました。

 

 

左手にはアラモアナビーチパーク。

この頃には日の出時刻を過ぎています。

残念ながらこの日は曇り空でしたが、日差しがない分、走りやすかったかも!

 

 

さらに進んでいくと、ホノルルのビジネス街であるダウンタウンが見えてきます。

 

 

その先左手にアロハタワー、の標識の文字も見えますね。

 

ダウンタウンのビル群は、ワイキキとはまた違った表情です。

 

 

ダウンタウンの中を少し走って抜けると

アメリカ合衆国に唯一存在する宮殿、ハワイの歴史を物語るイオラニ宮殿が現れます。

 

 

その反対側には、カメハメハ大王像も。

ゼッケンをつけたランナーも立ち止まって記念写真を撮っていました!

 

 

その後、コースは再びワイキキのメインストリートへ戻ってきます!

スタート直後とは違ってすっかり明るくなったワイキキ。

ホテルやブランドショップの間を走り抜けます。

 

 

カラカウア通りに戻ってきた時点ですでに12kmぐらい。

かずえちゃん、もう半分過ぎてるよ!がんばろう!

 

 

日差しはなかったのですが、とにかくこの日は蒸し暑くてバテました!

 

14kmの表示が見えてきました。

右手にワイキキビーチを眺めながら走ります。

 

 

 

ワイキキを通り抜けたあたりには、ホノルル動物園も。

 

そのままダイヤモンドヘッドのほうへ向かいます。

 

ここからしばらく、コースの中でいちばんの上り坂。

(少しレンズ曇っててすみません)

 

 

といっても急な坂ではなく、ゆるやか〜な坂なのですが、

ちょっと、、、長い(笑)です。

ここ、がんばりどころです!

 

それを知ってか、応援してくれる人の姿も多くなります!

ありがたい。

 

 

「私は坂が好き」とか

「楽しいことを考えよう」など書いて応援してくれています。

 

 

走ったらビール!

走ったらマラサダが待っている!

そうだ、そうだ!

 

 

うん、たぶん気のせいです!

 

ダイヤモンドヘッドトレイルへの入り口の横も通ります。

 

 

とにかくこのゆるやかに長く続く上り坂で歩みをとめないよう

ゆっくりでも走り続けると、やがて嬉しい下り坂がやってきます!

 

 

こんな風にバギーを押して参加する人もかなり見かけました。

 

こちらのお父さんは双子を連れてのラン!

 

 

一番海を見下ろせる見晴らしのいいところには太鼓の応援も!

 

 

残念ながら曇り空でしたが、左手に海が広がって

視界が一気に広がる気持ちのいい場所です。

冬にはこのあたりから海を眺めると

遠くでジャンプしたり潮を吹くクジラの姿も見えたりします。

 

 

 

 

見えてきた表示は 12マイル=約19キロ!

知っている何かに例えようと、思わず

「あと駒沢公園一周ぐらいだよ、かずえちゃん」

ホノルルで駒沢を思い出すわたしたち。。。

 

 

ちなみに距離の表示は、キロとマイル両方出てくるので安心です。

 

そして見えてきた、ゴール地点のカピオラニ公園!

 

 

ここからはゴールまで一直線のラストラン。

ホノルルマラソンを思い出します。

 

振り返れば、ダイヤモンドヘッドもよく見えますよ。

 

 

 

ゴール直前の左手には、ホノルル水族館もあります!

 

 

 

ゴール、、、までの直線は、ちょっとあります。

あ、見えてきた!

 

 

いよいよFINISHです!

 

 

ゴーーーール!!

 

ということで、2人で一緒に走りきりました!

やったーーーー。

 

 

 

ゴール直後には、完走メダルをかけてくれます。

 

 

 

今回のメダルは、真ん中がくるくるまわるデザインで

女性の顔と男性の顔が両面に描かれています。

こちらは耳にお花を飾ってる女性の顔の面です。

 

 

 

ゴール後のカピオラニ公園では、いろいろ美味しいものが待っています。

暑かったので、シェイブアイスが嬉しかったです!

 

 

 

マラサダもその場で揚げています!

 

 

 

また今回、わたしたちはJAL便を利用してハパルアへ参加したので、

JALテントも利用させていただきました。

気持ちのいいおしぼりや、冷えたジュースやお茶。

また、疲れた体にやさしいお素麺まで!

 

 

 

 

公園の広場では、フィニッシュ地点の映像を20分遅れで流してくれています。

みんな、自分のゴールする姿を見ようと集まっていました。

 

 

 

最後に、わたしたちそれぞれからの感想です。


 

くらさわかずえ

「私にとっては初の海外レース。 

全くどんな雰囲気かも想像がつきませんでしたが、とにかく楽しもう!!と思って当日を迎えました。

ホテルから手ぶらで(少しの現金と携帯電話は持って)、歩いてスタートゲートに行けるので

気持ちにも余裕を持てました。

コース上では、周りの景色や、参加者の皆さんのランウェアもチェックしたりと

走ることだけに集中するのではなく、観光まででき、楽しく走ることができました!

景色が走るごとに変わっていく、街と自然が一体となっていてるハワイだからこそ体験できる

楽しいコースでした。

そして、レースが終わってもまだ午前中。

一休みしてから観光に出かけられるのもハーフマラソンの醍醐味の一つ。

フルマラソンを走るとなると、どうしてもランを中心に旅程を考えてしまいま すが

ハーフだと旅も楽しみながらランも楽しめます。

来年もまた参加したいなと思う、素敵な旅ランになりました!」

 

 

柴田玲

「楽しかった!!の一言に尽きるハーフマラソンでした。

ハワイのレースは、6回のホノルルマラソンを含め、小さなローカル大会などをいれると

これまでに15回ほど出ているのですが、

このハパルアは初めてで、

こんなに贅沢にホノルルをめぐることができるコースはほんとうに最高でした!

走るからこそ感じられる空気や街の表情などがたくさんあって、まさにランの素晴らしさを実感。

今回は、2人で一緒に楽しく走ってゴールしよう!と決めていたので、

スタートからゴールまで、ずーーーっと話しながら、景色を楽しみながら走って、

とってもいい思い出になりました。

人にオススメしたくなるハーフマラソンです。

制限時間もなく、7歳以上から参加できるので、友達や家族で走って楽しい思い出を作って

いただきたいです!」

 

 

ちなみに私たちは、暑かったこともあり、お素麺を食べたあともまだ麺が食べたくて、

ホテルに戻って一休みしたあと、冷麺を食べに出かけました!

 

 

 

満面の笑みのかずえちゃん(笑)!

 

そのあとドライブしたり、まだまだ元気なわたしたちでした〜。


 

さて、一度はホノルルを走ってみたいという方!
今年も12月にホノルルマラソンが開催されます。

 

12 月 9 日(日)に開催される「 JAL ホノルルマラソン 2018

実は今日4月16日(月)正午から、4月25日(水)23:59 まで、10日間限定で

アーリーエントリー(早期割引)が実施されます。

フルマラソンだけではなく、10Kラン&ウォークも対象となり、

それぞれお得なエントリー料金に割引されますので、
初めての方も、リピーターの方も要チェック!

 

特に注目は、昨年から10Kのほうもラン&ウォークとして計測が行われるようになり、

完走メダル&完走証がもらえます!

より参加する楽しみが増えましたね。

 

制限時間のないホノルルマラソンなら、フルマラソン初チャレンジの方も参加しやすいですし、

フルは無理かも、という方は10Kで楽しめます。

ぜひ「 JAL ホノルルマラソン 2018 」の公式サイトもチェックしてみてくださいね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /