北海道半周の旅!その⑰“ピア21しほろ” | 全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1160カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1132カ所ですから、まだまだ旅は続きます。

次はわずか15分ほどで

道の駅ピア21しほろ にやってきました。

 

 

 

 

 

“ピア21しほろ” に来るのはこれが3回目で、前回は2014年10月に来ています。

でも、以前来た2回はこの建物ではなく、この場所でもありません。

 

2017年4月に、移転、リニューアルしたのです。

以前の道の駅が次の写真です。

 

(2014年10月撮影)

 

ご覧のようにとんがり屋根のメルヘンチックな建物でした。

道の駅かみしほろから目的地に向かう途中、この建物は残っていました。

 

移転したことを知らなかったので、道の駅の看板がなくなっているのにびっくりしました。

新しい道の駅は、ここから更に2kmほど南下した場所にあります。

 

 

リニューアルした新しい道の駅は国道241号と国道274号が交わる場所にありますが、敷地の面積も以前より数倍広くなっていると思います。

 

十勝の農家でよく見られる牛舎をモチーフにした建物で、この屋根はマンサード型というそうです。

随分と大きくて立派に生まれ変わっていました。

 

 

 

道の駅のパンフレットに描かれていた店内案内図をお借りしました。

ショップやカフェ、レストランなどが同居しています。

 

 

重点「道の駅」にも選定されています。

 

 

 

 

天井が高くてとても開放感があります。

幌馬車風のブースも洒落ていますね!

 

“士幌町” は総面積の60%が農用地という、まさに農畜産業のまちです。

特に “しほろ牛” が有名でその飼育数は士幌町の人口の10倍以上だそうです。

 

しほろ牛はホルスタインの肉牛で、脂肪分が少なくジューシーで柔らかい赤身が特徴です。

 

 

牛舎風のメインの建物から横に平屋の建物が突き出たような構造になっており、そこが “にじいろ食堂” というレストランです。

 

リニューアル前もそうでしたが、ここの一押しメニュが “しほろ牛剣先ハンバーグ” です。

 

(道の駅パンフレットより画像借用)

 

これは本物の剣先スコップで、それを鉄板皿としてしほろ牛のハンバーグが乗っています。

このレストランでは、しほろ牛を一頭買いして提供しているのだそうです。

 

 

牛舎の一番奥に位置するのは “CAFE 寛一” というカフェでこだわりのコーヒーや、しほろ牛100%のハンバーガーを味わえます。

 

 

さて、私たちはテイクアウトコーナーでソフトクリームを買い、屋外の休憩コーナーで頂くことにしました。

 

外のテーブルに座ってソフトクリームを食べていると、マイクロバスから10数名のスーツ姿の男性が下りてきて、私たちのすぐ近くに集まってきました。

どうやら他の自治体からの見学者だったようで、それを士幌町の職員と思われる若い女性が前に立ち、道の駅の紹介を始められました。

 

近くに座っている私たちは気まずくなって、急いで食べ終えてそこから離れましたが、他から見学に来るほどこの道の駅は成功しているようで、他人事ながら嬉しくなりました。

 

 

 

 

フォローしてね…