近畿・中国・四国の旅:地中海風の景観!“小豆島オリーブ公園” | 全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1160カ所に達しています。
私が走破したのはその内の1132カ所ですから、まだまだ旅は続きます。

前回に引き続き

道の駅小豆島オリーブ公園 のご紹介です。

 

 

 

 

前回もご紹介したオリーブ公園の案内図ですが、オリーブ記念館の左隣に “ふれあい広場” というのがあります。

最初にここの写真をご覧いただきましょう。

 

 

 

 

この写真、なんだか地中海を望むギリシャの神殿跡にいるような気分になりませんか?

ここもギリシャ風車に並んで、私の好きなスポットのひとつです。

 

この公園は小高い丘になっていて、ここから見下ろす瀬戸内海の眺めもなかなかのものです。

 

 

 

 

 

 

下に見える樹々はもちろんオリーブの樹です。

 

この地は “日本のオリーブ発祥の地” であり、公園には約2000本のオリーブ畑が広がっています。

明治41年に当時の農商務省がアメリカから苗木を輸入し、三重県、鹿児島県、香川県(小豆島)で植樹を始めたのですが、温暖な気候に恵まれたここ、小豆島だけが栽培に成功したのです。

 

小豆島を走っていると、一般家庭の庭先でもたくさんのオリーブの樹を見かけます。

 

 

 

 

園内にはこんな像がいくつもあって、ギリシャの雰囲気を醸し出しています。

そしてこんなものも!

 

 

 

 

これは “幸せのオリーブ色のポスト” といいます。

 

オリーブの花言葉は 「平和」 「安らぎ」 「知恵」 「勝利」 であり、オリーブ発祥の地からたくさんの幸せが届くよう、道の駅では専用のポストカードも販売しています。

 

 

 

 

 

ここはオリーブ記念館から一段下にある “イベント広場” です。

中央のステージのような丸い台に、不思議な形のモニュメントがあります。

 

これは古代ギリシャにおける、「オストラキシモス(陶片追放)」 で使われた投票片がモチーフです。

投票片は市民による選挙あるいは追放、裁判などで使われたもので、中央の心棒があれば “無罪” であり、なければ “有罪” を表わします。

このモニュメントには心棒がありますから “無罪” すなわち “平和” を表現しています。

 

 

 

 

イベント広場へ下りてゆく親子連れも、やっぱり “魔法のホウキ” を持っています。(笑)

 

 

 

 

そしてここでもホウキに跨って、ジャンプ!!

良い写真が撮れたでしょうか?(^O^)

 

 

 

 

これがオリーブ記念館からイベント広場へ下りる階段ですが、その向こうに見えるのは “サンオリーブ” というレストラン、温泉の建物です。

 

ほとんどの建物がこのように “白” で統一されており、地中海を意識しているのが分かります。

 

 

 

 

バックに瀬戸内海をゆく白い船が写っています。

みなさん、いろんなポーズで写真を撮っていますね!

 

 

 

 

これは道路を挟んだ向かい側になりますが、左が “搾油所コミロス” 右手の青いのが “温室ガーデン” です。

温室のもう一段上には、“雑貨・ハーブカフェ コリコ” があり、これが映画 『魔女の宅急便』 のロケセットをそのまま残したものです。

 

 

 

 

 

道の駅のパンフレットから、室内の写真の一部をお借りしました。

ちゃんと壁に、魔法のホウキが架かっています。(≡^∇^≡)

 

さて、道の駅の本体である “オリーブ記念館” に戻りましょう。

 

 

 

 

 

 

ここにはオリーブやハーブの加工品などをたくさん揃えた売店や、オリーブの歴史、産業、オリーブオイルの特質などを資料や映像で紹介する 「オリーブまるごと情報ギャラリー」 などがあります。

 

ここで最初にご紹介したいのがこちらの写真です。

 

 

 

 

事務室のすぐ隣にあるこのコーナー、ここで “魔法のホウキ” を貸し出していたのです。

ホウキの上には、魔法のホウキで空を飛んでいる写真がいっぱい並んでいます。

 

この無料レンタルのホウキを借りるには、いくつかの “心得” を守らねばなりません。

 

 ①公園内ならどこでも 「持ち出しOK!」

 ②とにかくキキに 「なりきる」 そしてスマホで 「連写」

 ③ホウキが怒ると魔法が使えないので 「ホウキに感謝して大切に使う」

 ④みんながキキになれるよう 「すばやく」 「ホウキを黒猫しっぽに返却する」

 

というものです。

そういえば、ホウキがかかっているのはよく見ると黒猫のしっぽです。(^∇^)

 

 

 

 

あまりに人が多いので正面からは撮れなかったのですが、玄関から入ったロビー中央に立つこの像は、オリーブの女神である “アテナ像” です。

 

 

 

 

こちらが売店ですが、オリーブオイルや化粧品など様々なオリーブ製品が並びます。

 

 

 

 

私はオリーブソフトクリームを味わって、オリーブ公園の締めくくりとしました。

 

 

 

 

 

どくしゃになってね…