元ハーレー乗りが ベネリ レオンチーノ250 試乗してみた / MC SHOP DESMO様にて | バイク馬鹿テクニカルベーシスト 西本圭介

バイク馬鹿テクニカルベーシスト 西本圭介

【バイク馬鹿テクニカルベーシスト】ケリーサイモン、トシヒケタ、島紀史などテクニカルギタリストと活動。レイ・ルジアー(KoRn)の教則ビデオにビリー・シーンと共に参加。

こんにちはけーすけです。
 
image
 
先日、MC SHOP DESMO様でベネリ レオンチーノ250を試乗させてもらいました。
 
こちらを見ていただいた方で初めての方に短めにバイク歴です。
 
以下↓ピンタレストに乗っていたバイクを集めました。

 

 
それ以外に、以下のバイクを持っています。


 

元々、ハーレーダビッドソンやBMWモトラッド、中古車を扱う店で働いたこともあるので、全くの素人というわけではありません。

 

ただし、スポーツバイクはビューエルくらいしか所有したことなくて、インプレとしてバイク乗りさんに対して気の利いたことが言えるようなバイクボキャブラリーはありません。

 

そんな僕が試乗をしてみたのです。

だから動画内のコメントでは十分ではないので、多少書き足したいと思います。

 

 

今回試乗させて頂いたのは、MC SHOP DESMO様
 〒731-0113 広島県広島市安佐南区西原2丁目29−24 
 
つい最近までYAMAHA XS650のリジットフレームチョッパーを乗っていましたが、縁があって譲ることになり、マイバイクがなくなってしまいました。
 
自宅には奥さんのボルティー250があり、その他奥さんのコレクションであるビジネスバイクが7台あります。
奥さんは大型免許持っていますし、3人の子どもたちもバイクの免許を持っています。
それくらいバイク好き一家なのですね。
 
僕自身も十分な数のバイクはありますけど、奥さんの250ccを除くと125cc以下のバイクばかりなので、自動車専用道路が最寄りの導線の地域の僕には不便があります。
 
これまでハーレーに乗り継ぎ、チョッパーを乗ってきましたが、次のバイクのコンセプトを以下に絞っていきました。
 
・自動車専用道路や高速が走れること。150cc以上
・修理やメンテナンスには時間を裂きたくない
・車検がめんどくさい
・腰が痛いのでサスペンションがあるバイクがいい
・軽いバイク
・足つきが良い
・人と被らない
 
このようなポイントを書き出して、グーバイクやヤフオクを見て探し始めました。
ハーレーやBMWは当然の如く何度も候補に入っては落ちてを繰り返し、ホンダのデュアル・クラッチ・トランスミッション 系のNCやX-ADVなどクラッチ操作が必要ないものまで候補に入れました。
またCBR250rrやNinja ZX-25Rなども候補に入れていきました。
 
そして、色々と調べた結果ですが、一旦は中古車は候補から外そうと決めました。
 
というのも個体差もあるし、素性がわからないということもあるので、メンテナンスに時間を取りたくないということからです。
 
一旦、広島のショップさんで買える新車に候補を絞っていきました。
次は試乗車があるかどうかになります。
 
今回のベネリ レオンチーノ250を試乗したMC SHOP DESMO様の社長さんとは顔見知りだったこともありますし、僕は人見知りなので、よく知らないショップにいって試乗を申し出る勇気がありません(笑)
そういう意味で丁度よいチャンスでありました。
 
またレオンチーノ250は足つきが良いという点以外は欲しいコンセプトにぴったりでした。
 
正直言って、ネットで探していた時の足つきインプレとか、カタログ数値にこだわりすぎていて、レオンチーノ250はシート高 (mm): 810なので全く候補ではなかったです。
 
800mm以下で探していたし、出来たら750mm前後で絞っていましたから。
 
試乗した結果ですが、足つきは最高ではないのですけど、車体が乾燥重量164kgと軽いので不安感はなかったです。
ただし、初心者で小柄な方だと怖いと感じるかもしれません。
 
ちなみに↓ベネリTRK251
 
当初、こういうアドベンチャータイプは全く候補に入れてなかったけど、跨ったら全然乗れると思いました。
 
正直、こっちもいいな〜と思いますけど、ガラスに写った乗車姿勢を見たときに、小柄な僕は乗らされている感が強く、お父さんのバイクを借りている感があった(笑) ので、ちょっと候補ではないと思いました。
 
でも、乗れるという実感を持ったことは収穫です。
将来、北海道に行ってレンタルバイク借りるならばVストローム250/スズキもありだなって思いました。
 
で、レオンチーノ250の感想ですが、比較が良くないかもですけど、同じ単気筒のボルティー250と比べたら、排気量が違うかと思うくらいの鼓動感、パワーです。
250ccの非力さは感じなくて、400ccくらいを乗っている印象です。
 
ビューエルのXB9Sという900ccのバイクを乗っていたことありますけど、あれと同じとは言わないけど、実用域でのフィーリングは似たものがあります。
その時点で250ccでも全然ありじゃん!! って思いました。
車検がないなら、なおのこと嬉しいです。
 
というか、このパワー以上だと僕の生活で使いきれるシチュエーションが思いつかない。
 
また古いバイクばかり乗っている自分としては、インジェクションというのも楽でいいと思いましたね。
ガソリンコックをONにしてチョークを引いてという手間が無いことがこれほど楽なんだと思いました。
 
そしてメーターの中のインジケーターも親切です。
特にシフトインジケーターがあるので、今何速かがわかって地味に嬉しかったですね。
ガソリンの残量計も嬉しい。
今時のバイク乗りさんは当たり前の装備が僕には全部親切設計だと感じるのです。
 
ブレーキの効きについては、イメージよりもフニャっ、またはジワーとした感じでした。
もう少し軽いタッチでカツンっと効いて欲しいとは思ったのですが、そういうのは後でカスタムの楽しみでいいのかもしれません。
この値段で何でもかんでもベストになっていることを望むほうが酷でしょう。
 
ちなみに2ストで1973年式のYB125のドラムブレーキのほうがガツンっと効くので、レオンチーノ250のブレーキは初心者を意識して、あまりガッツリと効かせない方向性の可能性はあります。
あまり強く効くとびっくりして立ちごけとかのリスクもありますからね。
 
そしてニュートラルなどのギアの入り方も、特にニュートラルの入り方が少しカチっと感が無いようにも感じたのですが、試乗車であることや使い込まれてから変わる可能性もあるのでなんとも言えません。
 
まあ〜ハーレーやビューエルのガッチャンガッチャンという大柄なシフトフィールも知っているので、まあっそんなに気にするほどでもないですね。
 
高速道路には乗っていないのですが、250ccに大型バイクのような余裕感とかずっしりと重くて安定しいる感を求めるのが無理な話なので、そのあたりは気にしないでいいでしょう。
 
少なくとも僕の場合、高速を使ったロングに出る確率は良い季節に年間2回程度。
広島⇒名古屋みたいな距離を走ることはまず無いし、あったとしても広島⇒愛媛とか、九州とかでしょう。
四国なんて125ccでも行けるしね、そんなに排気量でビビることは必要ないと思いました。
 
少しの間の試乗だったので、詳細なインプレは出来ないのですけど、ハイスペックなバイクに乗り慣れている人の評価はわかりませんが、僕のような古いバイクを中心に乗っている人からすれば、メーカー希望小売価格(消費税込み)548,900円
この価格は驚異的です。
 
製造国が中国ということですが、いま国産メーカーでもさ、純国産を探したらなかなか見つからんよ。
インド生産とかタイ生産なんて普通やもんね。
だから、僕自身はそこは全くどーでもいいと思っています。
これをイタリア製造にされて価格が80万とかになったら多くの人の候補から外れるもんね。
 
古いバイクが好きで、古いバイクを候補にしていたので、最近までこういう新型バイクには全く興味がなかったのですけど、乗らないとわからないことが多いと感じた試乗でした。
 
さて、次のバイクは何にしようかな.....
 
 
今日はこの辺で!!