XS650チョッパーの社外製イグニッションコイル取付/イグニッションコイルの熱パンクだったのか | ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシストの活動と平行して名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校の教務部長も務める


テーマ:


さて、昨日04/28に近所で走行時に突然エンストして止まってしまった件。

 

image

バイク屋さんにレッカーされて帰宅したら、一発でキック始動できてしまった。(昨日のブログ見てね⇑)

 

キャブではなくて電気だということは、止まったときにプラグを外してキックして電気が飛ぶかを自分でも見たし、エンジニアにも同様に見てもらったけど、プラグから火が飛んでいない。

 

これて電気系だということは、大体察しが付きます。

 

ただ、どの部品の問題かというのが特定できない。

 

となると、気になる部品を買って交換してみて、症状が次に出るかどうかを試せばいい。

 

image

 

まずはこのイグニッションコイルが気になるので、交換しようと思う。

 

なぜここかって??

 

それはオルタネーターだったら数万円の出費だからだ。

 

 

色々調べてみて、取り付けピッチが僕のは102mmなのだけど、102mmピッチのやつで安いのがなかなか探せない。

 

あっても中国から輸送だと2週間ちょっと待たされる。

 

プライム会員で翌日発送のこれで妥協することにした。

 

昨夜注文して、今日の15時前には配達された。

凄い!!! 

 

 

買ったやつと比べると、まあほぼ一緒なんで大丈夫でしょう。

ほんまかいな????

 

ただ、前記したように取り付けピッチが9cmのやつで僕のは10.2cm

約1cmほどステーが足りない。

 

 

そこでこういうコの字型のステーを自作。

 

 

ステーを介して装着。

振動でステーが折れないかが心配ではある。

直角に曲げている部分を作っていないし、ステンなので多分大丈夫かと。

 

 

もとの位置にパシっと収まった。

ステーが同じ長さなら、さらに気分もいいが、この値段で翌日入手と考えると妥協点としてはまあまあか。

 

 

そして、雨なのでガレージ内でキック始動のみやってみた。

 

なんと一発始動でいい感じにアイドリングもしているし、吹け上がりもいい。

 

特にこの状態では不具合があるようには感じない。

 

やっぱイグニッションコイルの熱パンクだったのかな....

 

明日晴れていたら、温まって止まるのを想定して30分くらい近所をグルグルして見ようと思う。

 

今日はこの辺で!!

 

Keisuke Nishimotoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ