XS650チョッパー不調をどう解決するか....と、娘とバイク安全運転講習会参加 | ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシストの活動と平行して名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校の教務部長も務める


テーマ:


さて、GW皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

僕は3日前にニューヨークから戻って名古屋を経由して昨日から広島で数日間のGW休暇を頂いています。

 

さて、前回愛車のヤマハXS650チョッパーで不具合が出たと書きました。

 

image

 

その時はガソリンとかキャブの不具合だと睨んでいました。

 

image

 

早速帰宅してキャブを分解。

1975年物のミクニのCVキャブです。

 

image

チョッパーなので、搭載した状態でダイアフラムをばらしてみました。

 

image

 

特に問題なし。

 

キャブを分解清掃まではしていないのですが、組み付けて試走したら特に問題なく走るので、近所のバイクショップ24ファクトリーへ。

 

image

 

ここではキャブの同調をとってもらった。

 

image

 

結構狂っているね。

ただ、この狂いで突然のエンジンストップとかなさそうだよね。

 

image

 

自宅に戻って、インシュレーターを見てみる。ボルトをしっかり締めて密着させる。

 

ゴムも劣化しているわけでもなく、エンジンが温まると突然エンストする原因とは思いにくい。う〜んわからん。

 

とりあえず、問題なく走るので、翌日(今日4/28)は娘とバイクの安全運転講習会に行くことにした。

 

image

 

ボルティ改とチョッパーの二台で出発。

バイクが全然安全運転講習っぽくない.....💦

 

image

 

で、かなり調子よく走っていて、前日よりも調子いいんじゃない!!!!キャブの同調とったからかな!! というくらい絶好調。

 

真っ直ぐな道でギュイーン!!!!!

と気持ちよく走っていたら60kmくらいのスピードで突然、プシュ.......とエンスト。

 

すぐにニュートラルへ入れて、惰性で路肩へ逃げる。

 

唖然とする娘。

 

GWにバイクでツーリングすると大抵トラブルにぶち当たるというネタのような展開💦

 

image

 

キック数十発蹴るが全くウンともスンともいわない。

 

僕もバイク歴長いので、これがガソリン被ったとか、そういうのではないことはわかる。

全く火が飛んでいないという感じなんだ。

 

仕方なく、娘のバイクにタンデムでバイク安全運転講習会へ向かう。

 

遅刻なく現場へ到着。

とにかく気持ちは切り替えて安全運転講習会に参加しよう。

 

image

 

久しぶりの教習所。

プロテクターを付けて準備OK

 

image

 

教習中の写真はないけど、上級者向けだったので、やることが難しかった。

 

娘は高校生なのに僕と対してスキルは変わらない。

 

僕はホンダCBなんて乗ることがないので、こういうバイクでは娘とスキル差はないのです。

 

普段やらない8の字走行、クランク、一本橋やパイロンでの蛇行運転など、久しぶりのライダーさんは受講したほうが絶対によい。

 

僕も久しぶりにニーグリップをしてちゃんと走ることの勉強になりました。

 

終わってから、放置していたチョッパーの場所へ戻りました。

 

そこでキックを何十回してもかかりません。

 

これは自分で対処できる範疇を超えた本当に駄目なヤツや!

と察知して24FACTORYのツーさんにピックアップに来ていただきました。

 

image

 

この時点でガスがカブっているとか、そういう問題ではなく、電気的なことで絶対自分の手に負えないということはわかりました。

 

image

 

自宅まで搬送してもらい帰宅。

 

なんとか無事に帰宅できました。

 

そして、駐車場でバイクをおろして、ダメ元でキックすると一発で始動。

調子よくアイドリングしてくれています(ToT)

 

 

バイク故障あるあるですよね。

さてメカニックに見てもらおうと思ったら治るというやつです。

 

ただ、この時点でガソリン的な問題ではなくて、温まると調子が狂うということで、イグニッションとかそのあたりが問題ではないかという疑いが出てきました。

 

image

 

僕のバイクは多分MIKES-XSのフルトラキットが組まれています。

 

image

 

シート下は簡素な電気周りです。

バッテリーレスなので、少し大きめのキャパシターがついています。

 

あとはイグニッションコイルとウインカーリレーとイグニッションキーくらいですね。

 

image

 

フレームの下からの写真

 

上の黒い筒がキャパシター、その下がイグニッションコイル、キャパシターの横がキーシリンダーです。

 

image

 

現状、僕の推理はこのイグニッションコイルが熱を持つと駄目になるのではないかと読んでいます。

 

ネットでもイグニッションコイルは熱を持つと火が飛ばなくなり、冷めると治ったような症状になる事例を沢山見つけました。

 

電気なので正直、イグニッションコイル買って入れ替えて、症状出なかったらOK

 

症状が出たら次のパーツを買って入れ替えで潰すしか無いですよね。

 

完全に動かないわけではなくて、突然止まるというのが些か煮え切らない症状で気分が悪いですわ。

 

ということで、今日このへんで。

 

Keisuke Nishimotoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ