本日1月14日は49才の誕生日です | ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシストの活動と平行して名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校の教務部長も務める


テーマ:
image
 
HAPPY BIRTHDAY🎂 自分
 
この年齢になりますと、健康に歳を取れていることに感謝です。
 
奥さんは1/8が誕生日なので合同誕生日を先日しました↓

 
この年齢になると同級生や知人が倒れた、入院した、亡くなった(;_;)の話も珍しくなくなります。
 
健康に関しては、金持ちだとか、有名人だとか全く関係なく死ぬときは人類みな平等だと思います。
 
四十代最後の年の抱負は五十代をどう生きていくのかの準備にしたい。
一般的には60歳が定年と言われていますので、僕には後10年ちょっとしか現役バリバリ時代はないといえます。
 
今の仕事があると過程しても10年。
そのあとど〜すんねん!!! という話です。
 
学校ビジネスも少子高齢化ですので、右肩上がりではない。
10年後に自分が必要とされているかというと、組織は若い頭の柔軟な人のほうがエエわね。普通に考えると。
 
そろそろ、次の展開について考えながら今の仕事も一所懸命やらんといかん。
そして、明日は我が身と思ってリストラに対応できるような保険を自分にかけないかん。
 
特にミュージシャン、ミュージックビジネスは水物なんでね。
いつまでも今のような音楽教育スタイルのわけない。
 
おそらく近い将来は音楽や楽器はタダで学べるようなツールだらけになるだろう。
そもそも楽器を学んで弾くということが過去のものになるかもしれない。
 
若い子たちが目指す職業にエンターテインメント業界、スポーツ業界はすでにトップにはない。
今はITやAI、eスポーツ、ユーチューバーとかそういうものにシフトしているからね。
 
49歳の自分は本当に頭を柔軟にして若者の感覚を理解できるようにならないといかん。
 
要するに老害になったらいかんのだ。
自分は絶対に老害ならないと思いこんでいるが、自分と同年齢の周りを見ると老害化した者が少なくない。
 
おそらく自分の周りからは老害と思われ始めているだろう。
そういう前提をもって自分を律していかないと、不要人材になる可能性高い。
 
とにかく若者を理解する。未来を予見して先を読む。
 
そのあたりを頑張りたい。
 
そして健康だ。
 
とにかく健康でないと僕が倒れたら家族はどうなる!
本当に子供たちを社会人にするまでは最低限倒れれない。
 
100歳までいきる人が多い時代だけど、僕が社会に必要とされる時期は賞味15年くらいなんかなと思うと先は長くない。
 
かなり加速させないとやばい。
 
本当に誕生日の日にそう感じるのです。
 
今日はこの辺で。

Keisuke Nishimotoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス