フィンガーランプとかフィンガーレストとか作ってみる | ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシストの活動と平行して名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校の教務部長も務める


テーマ:
image
 
このフェンダーネックとメーカー不明ボディのコンポーネントベース。
プレベのピックアップ位置にバルトリーニのミュージックマンのリプレイスピックアップ
 
音はプレベよりも太いブリブリの感じ。
プレベをよりミッドレンジよりにした太いサウンド。
 
随分とガレージで熟成させていたが、弾いてみると意外にいい。
 
5~ー6年前にブルースの仕事でたまたまこいつを持っていったことがあったが、その時はルックス面で共演者が眉をひそめていたが、それ意外は全く問題なしのいい感じ。
 
で、こいつを鳴らしていこうと思って、少しカスタム。
 
 
といってもエボニーの板をこんな感じに切って。
 
image
 
両面テープはって。
 
image
 
いい感じでしょ。
ネジで穴をあけるタイプのフィンガーレストももっとるけど、穴を開けるのはね。
 
これならいらないときは剥がせばいいのよ。
 
なんでフィンガーランプにしなかったって???
 
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓
 
 
実はこんなのを作ってみたのだが、どうにもバランス悪い。
 
ボリューム、トーンポットがないので、もともとボディのデザイン的バランスが悪い。
 
そこにきて、フィンガーランプがどうにも主張が強すぎてだめだ。
 
肌色の木で作ればえかったかもね。
 
まあっこのベースでハイテクするわけではないし、フィンガーレストでいいかなと。
 
次に⇓
image
 
フェンダーのスティングモデル。
 
こいつもなかなか、昔っぽいいい音。
 
イングヴェイ・マルムスティーンもこのプレベで弾いているので、個人的にはこれでロックバリバリ弾きたいのです。
 
ただ、如何せんプレイアビリティが悪い。
 
image

 

そこで、これもテストでランプ作ってみた。

 

image

 

べっ甲のピックガードから切り抜いて

 

image

 

合板とエポキシで接着して整形。

 

image

 

でジャズベでいうとこのピックアップとピックアップの間を想定してフィンガーランプをつけてみた。

 

これも両面テープなんで、いらないときは外せる。

 

これもルックス悪いな......

 

image

 

やっぱプレベ系ってのはいらんことせんのがいいかもだね。

フィンガーレストくらいがギリギリセーフかなと。

 

とりあえず、弾きやすくなったので、レッスンなどで弾く機会を増やして熟成させていきたいとこです。

 

 
久しぶりにギブソン系を弾いたら意外といい感じなので、右側を使えるように調整してみよう。
 
これでハードロックは未経験ゾーンなので、やってみてーな。

 

ということで。

 

Keisuke Nishimotoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス