愛用ベース ”2003 benavente Keisuke Model”  | ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシストの活動と平行して名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校の教務部長も務める


テーマ:


 

僕の愛用ベースはbenavente Keisuke Model

 

image

 

2003年に米ベナベンテ社で製作された。

僕の記憶が間違っていなければ、日本国初でモニター製作されたものだ。

http://benaventeguitars.com/

 

ココ最近、またこいつにはまっています。

一時売り飛ばそうと思っていたけど。

 

というのもフェンダーのジャズベとプレベがやっぱいいと思って、それに傾いていた時期があります。

まあっ今でも家ではプレベかジャズベしか弾かないですが。

 

image

 

学生にもよくどのベースがいいのですかと聞かれることがあります。

 

教えるのならジャズベかプレベがやりやすい。

 

image

 

ピック弾きでロック系ならプレベがいい。

 

image

 

スラップをやるのなら(基本ステージでは恥ずかしいからやらないけど)ジャズベ。

 

オールマイティなジャズベが一番オススメ。

 

ただ、このベナベンテは本当にマルチツールのように便利なのです。

 

 

とにかくタッチに対してのレスポンスが異常に良い。

 

セッションの場合だと、とにかく楽器を操っていることに対しての神経をできるだけ使いたくない。

 

プレベを弾くときは楽器をねじ伏せる楽しさ。

ジャズベの場合も楽器も同様。

上記の楽器は僕にとっては乗りにくいチョッパーを乗りこなすのと似た感覚なんだ。

 

image

 

benaventeは乗りやすい国産車みたいな感じ。

 

かなりカスタムされているベースなので、一般的にはbenaventeがチョッパーバイクのような特殊なもの、フェンダーが国産車みたいにおもうだろうが、僕は違うのです。

 

 

benaventeは本当に超ラク

これはテクニカルなことをやりやすいという意味ではないです。

 

テクニカルはジャズベのほうがやりやすい。

 

benaventeはとにかく弦振動のコントロールが楽。

ロックっぽい音からオールドスクールな音まで可変が楽。

 

33インチなので、セッションで緊張感あるようなシーンでも手が楽。

そして軽い。

 

33インチで弦の張りが若干弱いのでフレットレスのようなニュアンスのシミュレーショントーンも出しやすい。

 

そんな感じで一時期売ろうかと悩んだけど、今はメインに昇格しました。

 

でも、売るかもなので欲しい人はオファーしてください\(^o^)/ どっちやねん!!

Keisuke Nishimotoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス