ライブ実習を終えて、エフェクター論 | ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシストの活動と平行して名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校の教務部長も務める


テーマ:
昨日は学校のライブハウス実習でLive Box UNLIMITS 大須で演奏をした。
 
image
 
僕がやっていたオクトパスという広島のライブハウスと規模感が一緒だったので、凄く懐かしい気分になりました。
 
image
 
新入生を対象にライブハウスで実践を学ぼうという企画。
ちなみに2/3の学生は高校時代にライブハウス出演歴がないのです。
 
僕は広島でライブハウスビジネスに限界を感じで撤退しましたが、若い子のライブハウス離れは年々深刻になっているような気がするっす....(汗)
 
image
 
学生は8バンドを組ませました。
好き嫌い関係なくランダムです。
ライブの発表という目的よりも、サウンドチェックやライブハウスマナーを教えることに重きをおきました。
 
image
 
学生と同じように僕たちプロチームもリハーサルを見せて、本番もみてもらい、その差を感じてもらうという意味合いもありました。
自分の子のような年齢の学生と勝負してもしょうがないのですが、やはり経験から得たものというのは語るよりも見せたほうが早い。
実際になんのギミックがないことを見せたほうが早いということです。
 
image
 
ベーアンはライブハウス常設のフェンダー製。
僕はベーアンは何でもいいっす。
 
ツアーがあるとか、ローディーが運んでくれるならば、好きなベーアンはありますが、セッションとか通常常設ベーアンを使うのは当たり前なので、できるだけフラットにセッティングするように心がけています。
 
フラットの意味は、できるだけ自分のベースの音がするようにという意味です。
 
このベーアンではスピーカーがアンペグの冷蔵庫みたいなやつだったので、低音が出すぎだったので、ローはカット。
ミッドとハイを少しついたくらいです。
 
image
 
エフェクター
 
❏ MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー ) / New Forest Green Compressor
❏ Zoom MS-60B ベース用マルチ・ストンプ
 
今回はビリー・シーンのコピーする必要かあったので、その曲だけコンプとディストーションを使いました。
 
EBS Billy Sheehan Signature Drive DELUXEのディストーション(リンク参照)も持っていますが、あれはビリー・シーンっぽくになる反面、原音感が弱くなるので、自分のオリジナルの原音ブレンド機能付きのディストーションを使いました。
 
自分のオリジナルディストーションはビリー・シーンモデルよりもファズっぽい音で、原音感はかなり強いです。
アンサンブルに混ざると普通のベースの音に聞こえるくらいにディストーションは隠し味的に慣らしている感じ。(リンク参照)
 
Zoom MS-60B ベース用マルチ・ストンプは保険のために常においています。
何も使わなくてもチューナーとして使えますしね。
今回はピッチシフター(1octaveアップ)をワンフレーズ、フランジャーを少々ってとこでした。
こいつはコンパクトなのに、ほぼ必要なエフェクターのモデリングが入っているので、超便利です。
 
New Forest Green Compressorについては、ダイナコンプみたいにポコポコにはならないので、少し使いやすいかなと思います。
 
image
 
学生くん達には何を使ったのかと凄く聞かれたのですが、基本はノンエフェクトです。
 
ビリー・シーンっぽいことするにはコンプとディストーションは必須なので、そのためだけ。
ピッチシフトとフランジャーもその時の思いつきで踏んだだけ。
映像で確認しても、自分しか踏んだ箇所は特定出来ないだろう。
僕はそれくらい、ベースの音をガラッと変えるのは嫌い。
 
指を中心に左手の運指とのコンビネーションで大抵の音は作れるし、それで足りない部分はピックアップバランサーで作って、補正を3バンドプリアンプでしているだけ。
 
ある学生くんがマルチエフェクターの内蔵のEQでかなり音を加工してコンプギンギンだったので、あまりマルチで根本的な音を変化させないほうがよいよとはアドバイスしました。
 
そのマルチエフェクターで作った音が良かったら別にいいのですが、たいていはベースの持つ本来のオーガニックなトーンがなくなって残念感です。
僕は弦がきしむ音や指のタッチで弦のカリカリ感とかシャリシャリ感とか出せるようなほうがええです。
 
あと、最近のロックの子達はトーンを絞ったような音が多いですね。
これは最近の傾向なのかな。
外付けプリアンプでモコモコの音にしている高校生もよく見るし。
 
多分CDで加工された音に聞き慣れていて、弦がグランジするような音をしらないのかな。
 
ラッシュのゲディ・リーとか、クリス・スクワイアとか、アイアンメイデンとか昔のCDを沢山聞いたほうがいいかもだね。
ジョン・ウェットンとか、僕の恩師のティム・ボガートとか、ジャック・ブルースとかさアンプと指で作ったブリブリの音を聞いたほうがええ。
今の子達は絶対そういうのきいたほうがええ。
 
そう思ったおっさんでした。
 

 

Keisuke Nishimotoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス